タグ: ナラティワート

久々にナラティワートの四川料理屋、川御坊に行ったが。。 2019年05月23日

2019-06-03_06-46-42
↑ 担々麺。見た目からして辛そうな感じではないですな。うまかったけど。

久々に会う人と一緒にこれまた久しぶりのナラティワートソイ24の川味坊へ。昔友人と一緒に行って死ぬほど辛かった記憶があり、久しぶりに痺れる辛さの四川料理を食おうという企画。

前回行ったのがもう2年ぐらい前なので記憶が薄いが、Google Mapのお店のレビュー読んでも「激辛!」って書いてたので、覚悟して行ったんだが、

「?」
「??」
「???」

あれ?ちょっと辛いぐらいだった。。。日本人二人で行ったから結構手加減してくれたのか?嬉しいんだか悲しいんだかよくわかんない展開。。いや、嬉しくはないな。。

で、その後に改めて自分の過去のブログ見てみたら「普通の食事はそれほど」「火鍋は死ぬほど辛い」って書いてあった。ああ、すっかり忘れて同じことをしていたということか。。。

川味坊・ナラティワート24の四川中華料理屋 2017年06月25日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide
川味坊にて後悔する火鍋 2017年07月22日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

バンコク帰ってきた儀式 2018年08月13日

20180813-190046-6

バンコクに帰ってきましたの儀式を行いました。

去年、アマゾンに就職するためにバンコクを離れることになって、日本への出発前日に家のちかくの日本式居酒屋で食事して、ルーフトップのバーでビールを飲んでました。今年アマゾン辞めてバンコクに戻ってくるとき、ちゃんと仕事が見つかってビザも目処がついたら、改めて同じ居酒屋、同じルーフトップバーで「帰ってきました儀式」をしようと決めてました。とりあえず本日儀式を執り行いました。

さああとは行こうと前々から決めていたインド旅行だ!

20180813-193112-9

20180813-212647-15

タイ米を炊いて。。またベジカレー生活に戻るかな。 2018年07月12日

すべての写真-4735

朝から昼飯用の米を炊いたり。しかし、かなり高級米に分類されると思われるこの銘柄のタイ米は鍋で炊いてその後にお湯を切って蒸らす方式で炊く、いわゆる湯取り法に向かない。含水率が高いし、大量に水を沸かしてもすぐに水に粘りが出て来て、湯切りの際に米の間の水が落ちてゆかなくてべちゃべちゃした米になる。炊飯器向けの米ですな。もっと安いパサパサした本当に安い米の方が湯取りにはいいのかもしれない。

そして晩飯は以前の会社の同僚と。バンコクでの就職の話が早くも違う方向に流れて来ている。まあ、最初からそのリスクはあった状態で見切り発車で来ているので驚きはしないが、さてどうしようかと週末考えることにする。

20180712-213716-4

久々のナラティワートとサトーンの交差点。いつもの車のヘッドライトの帯だ。

ARNO’S BURGERS で ダブルトラディショナル 2017年09月11日

image

さてさてバンコク生活も後数日。タイを出る前にこれは食っておきたいと思ったバーガーがこれ。ドライエイジビーフのステーキで有名なARNO’Sがやっているバーガーショップ。

ナラティワートとサトーンの交差点(チョンノンシ)からラマ3方面に数百メートル進んだところにあります。

お持ち帰りで、と持たされたのが1番上の写真みたいな長細い箱。なんか運動靴でも入ってんのかな?というような大きさの箱。んで結構重い。

image

開けるとこんな感じで箱の中に箱。セットの付け合せはサラダにしたので箱(目的のバーガー)、サラダ、ソース各種、ペーパーナプキン等。

image

image

ついにバーガーとご対面!と思って箱を開けたらまだ紙に包まれていた。土壇場でかなり焦らしますなあ。

image

ああ、包み紙が油でギットリ。こちらもウットリ、と言いたいところだがもうそこまで言い切れる歳ではございません。

image

はい!どーん!ビーフ1枚200gのTraditionalの2枚重ねでございます。肉重量400gか。かなりなもんですな。当然ながらかぶり付いたりはどう考えても無理。皿の上でナイフとフォークでこねくりまわす感じです。

image

これはうめーわ!と言いたいところですがお肉に余計な味付けをしていない分味がシンプルでチーズなどの味とイマイチバランスが悪いような気が。。。うまいのはうまいんだが、なんだかこれだけのしっかりした牛肉ならやっぱり厚切りのステーキで塩と胡椒だけで食いたいという気持ちが先行してしまう。

というわけでやはりARNO’Sならバーガーよりステーキに行きましょう。


ARNO’S BURGERS で ダブルトラディショナル 2017年09月11日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

またまたSteak Arno’s Butcher And Eateryでビーフイーティング 2017年07月08日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

川味坊にて後悔する火鍋 2017年07月22日

Chinese Hot Pot 2

またまたなぜかインドの匂いのするバンコクのナラティワートソイ24にあります、四川料理のお店「川味坊」に。なんか適当に中華でも食うか、という感じで行ったんですが隣のテーブルの先客が火鍋を食っていてその香りがどうしても気になり、火鍋を注文することに。

Chinese Hot Pot 3

そうすると厨房からやってきた赤白2色の火鍋はこんな感じ。「うわー、うまそー!」みたいにはしゃいでいたのは最初だけですな。

鍋の具が到着しだしていろいろと投入していきますが、ちょっと辛い方のスープを器にとってすすってみると「ぐわっ!」とすすって5秒後ぐらいにすぐに来た。唐辛子と花椒とにんにくがゴロゴロ。そして上面はこってりラー油のような油で覆われていますので、

スープが熱い + 唐辛子が辛い + 花椒のビリビリがずっと残る + 油が唇にべったり残る

この四重奏が凄まじく今まで食べた四川料理の中でもダントツの辛さ。もうトムヤムとかソムタムとかタイプラーとかそんなんじゃなくて、とかく辛くて水水水、麦酒麦酒麦酒!でもあまりに辛くて麦酒いくら飲んでも酔わないべ、って状態。

Chinese Hot Pot 1

以前ラチャダー方面のニューチャイナタウンの火鍋を食った時は全然大したことなかったけどここのはすごいわー。ナラティワートソイ24に来る日本人の方はそうそう居ないと思いますが気合入った辛さなんでご注意ください。。。