サニーデイのライブがシンプルトリオ構成で男気一本! 2021年08月27日

サニーデイって最近初めてライブを見たので初期のころはどうだったのかはわからないが、ライブがすごくいい。すごく音がいい。ドラム、ベース、ギター、ボーカルの超シンプルな音構成だけど曾我部恵一のギターがうまくてぜんぜん音が細いと感じるところもない。それも超絶テクで速弾きが、というようなうまさではなく、ライブ慣れしてて3人構成のシンプルなバンド構成でうまく聴かせる技量がしっかりしてる。スタジオアルバムのアレンジとはことなってエフェクトも少なく、ゴリっと生音勝負!(エレキだから生音ってのもなんだけど、でもそんな感じ。)

フジロックでサニーデイ見て以来、結構印象に強く残っていて連日Youtubeで最近の音源やライブ映像を見ています。最近のアルバム聞いてもぜんぜんソングライティング力は衰えてないですな。昔通りの胸きゅんな旋律が満載です。


↑ こちらスタジオ録音バージョン


↑ Birth of a kissのジャケはザッパの「Fillmore East – June 1971」思い起こさせるw

YouTube Live、オンラインでフジロックの日曜日 2021年08月23日

フジロックフェスティバル入り口

2021年のフジロックはYouTubeのライブ配信でバンコクからでも観ることができるようになった。当初あまり関心がなかったが、土曜日にふとURLを開いてみたら、3ステージ同時配信で会場に居るよりももっと簡単に好きなバンドを選んで(しかも瞬時に!)観ることができる。40代半ばのおっさんには結構実際に会場に行くよりも快適でいいかもしれない。満足できる音が出るスピーカーやヘッドホンをちゃんと揃えておけば結構満足感が高いやんか。

というわけで土曜日の昼以降は結構ウキウキしてました。土曜日はサニーデイ・サービスとナンバーガール、日曜日は御大電気グルーヴとまりんを見てもうお腹いっぱい大満足。あの事件以来に瀧を見て、そしてグリーンステージ最終日のトリが電気グルーヴ、あんまりしゃべりもなくしっかり盛り上げてすんなり終わるお姿が大人だなあと感慨深いものがありました。

ぜひ来年のフジロックもYouTubeで配信してほしいもんですな。

合間時間にようつべで昔の2chまとめ動画 2021年08月18日

最近、ちょこちょこと昔の2chのまとめ動画を見ている。結構2chの怖いスレでおもしろい話が多い。深夜に1人でヘッドホンで聞いてて、一人暮らしだと不安になり、ついつい後ろを振り返りたくなるような神経逆なで系でどうにもフィクションの匂いしかしないが、それでも面白くて結構見ている。

↑ 釣りがほとんどでしょうが、こういうストーカー的な話が多い。でも結構おもしろい。

↑ 超ファンタジー。人生のやり直しとあの未来との邂逅。

↑ これもまたファンタジー。こういう不可思議なことがホントに起きてるとしたら、まだまだ日本もアメージングで面白い国だと思えるのだが。。。

関係ないけどタイのショッピングサイトShopeeで映画「Into the wild」のDVDを購入189バーツ。タイで購入だからSpoken LanguageとSubtitleもTH/ENしかないが、英語で再生して字幕付けたらこれぐらいの映画だったらなんとかわかることを期待して購入。さて、何日で届くでしょうか。最近確かに流通がパンク気味なのかLazadaなどの購入品の配送が遅い。


↑ なにげにAmazonで結構いい値段ついてるね。

NHKの番組の展開の遅さに絶句する 2021年08月14日

Youtubeに勝手にあげられた動画だからどうせすぐ消えちゃうんだろうけど、NHKの「原爆初動調査 隠された真実」というものを見た。内容どうこうというより、この番組の展開の遅さに辟易。Youtubeなので再生速度を1.5倍にして再生。語りもインタビュー内容もぜんぜん普通の感覚で見ていられる。さらに1.75倍、2.0倍まであげてみてみるが、1.75倍でもまだ普通、2.0倍でちょっと早口かな?という程度で、全然見ていられる速度でした。結局2.0倍で最後まで見ました。。。

ていうかこの展開の遅さはたぶん年寄り向け?そうだとしたら、自分も年取るとこれぐらいの展開でないと頭が追いついていかないということなんだろうか?ちょっとショックで年取るのが怖くなるな。。。

デルタ猛威の引きこもりにRussian Doomerを聞く 2021年08月03日

毎回書いてるが、タイはデルタ猛威でさすがの自分もこりゃ外出たらロクなことがないなと自宅引きこもりをキメてるわけですが、リモートワークとその後は学校の勉強と忙しくている間に聞いてる音楽はLo-Fi Hiphop、youtubeのLo-Fi hiphopのLiveのチャンネルをえんえんと2時間も3時間も流しっぱなしというのが常ではありましたが、最近は少し変化がついてきて少し前の記事で紹介した日本の夜の街歩き動画だったりを見ています。

そして最近少し触肢が動いたのがRussian Doomerなプレイリストたちであります。上の画像に書かれているwojak君がどの動画にも居座っておりますが、ロシア語のポスト・パンクな曲たちが目白押し。Russian Doomerってなんやねん、という人は以下の2リンクほどを読んでいただけるとご理解いただけるかと思いますが、このダウナー加減がデルタ猛威&包囲の状況に絶妙に合うのであります。

ゴム、シンゲリ、アマピアノ… 要注目の「最新音楽ジャンル」たち | ARBAN

偉大なるソヴィエトウェイヴの、思ったより奥深い世界|verylongunagi|note

しかしこれ、日本に居て、だいたい1月か2月の冬のまっさかりの晩、仕事でもプライベートでもいいけど、きっつい失敗した後にとぼとぼと歩いて家に帰る、なんていうシチュエーションにもめちゃくちゃ沁みるでしょうな。そういった気分を味わいたいがためにまたちょっとだけ日本ホームシックになったりします。


↑ 動画はこちら。

あー、そんなこと言ってたらお気に入りのBOSEのノイズキャンセルイヤホンが壊れた!!