タグ: india

チェンナイ最後の日は映画館にて映画鑑賞 2018年08月25日

20180824-112016-2
↑ 無駄に豪華な映画館のロビー。

インド最終日は飛行機のフライトが夜で、当然宿泊してる宿は12時のチェックアウトで出ないといけないのでフライトまでの時間をどう過ごそうかと考えておりましたが、かなり暑いのでまちなかを歩き回って汗だくになった状態で飛行機には乗りたくないと思いエアコンの効いたところはどこかないかと考えていたら「そうだ映画を観よう」ということになりました。

で、向かったのはやはりPhoenix Mallの映画館LUXE。一番上の写真が映画館のロビーなんですが、超豪華インテリア志向です。

20180824-112012-1

席の予約はスマホ連携で40インチぐらいのディスプレイを贅沢に使ったシステムで。ここも無駄に豪勢。自分もこれで予約しようと思いましたがなぜかクレジットカード決済がうまく進まず、結局有人のカウンターで購入。

20180824-112034-4

20180824-131451-2

20180824-131506-3

20180824-131819-4

金キラ、キラキラ、豪華。それでも床には客のこぼしたポップコーンが散乱していたりと多少ちぐはぐ。

20180824-132243-7

シアター内に入るとここはそれほど豪華というよりこじんまり。それなりの内装に収まってます。観た映画は「MERKU THODARCHI MALA」という映画で南インドの農村のスパイスプランテーションの話。なんか共産党とかも出てきていろいろ村のいざこざが、、、みたいな話でしたがタミル語で字幕もなしなのでさっぱりわかりませんでした。。。

しかし、インド映画と言えど歌と踊りは全く出てこず、農村の一人の青年が結婚して家庭を持って、、のようなわりかし淡々とシリアスに描くもののようでした。上映時間も間に休憩を挟む二時間超えの長尺。とりあえずは眠らずに見ることができました。

映画が終了したところでは控えめながらお客さんから拍手が。あまり興奮してオベーション、という雰囲気ではなかったのでインドでは映画鑑賞の終了時にはマナーとして拍手で退室、というのがマナーなんかな?

チェンナイのローカルバー 2018年08月24日

20180822-221909-4
↑ 南インドは酒類販売の規制が強くて取得しにくく、販売免許の取れるホテルではほぼ必ずバー併設らしい。

一応、8月24日にはチェンナイから飛行機でバンコクまで戻ったんで、晩に飲みに行ったりはしてないのですが、書くことが多かったのでもうちょっと書くことにします。

チェンナイ滞在の後半ではほとんど宿の外に飲みに行ってましたが、インド式のローカルバーにも行きました。TASMACの酒屋立ち飲みスタイルya
The Vaultみたいなコジャレたバーはあまり有名ではないですがインドで酒を飲むというと男ばかりのむさいローカルバーが有名(少なくとも自分の周りでは。。)。で、Google Mapで調べてみるとこれまた宿の近く、歩いて10分程度の場所にあったので行ってみました。夜だと多少歩いても暑さはほどほどで汗だくにはならなくていいですね。

20180822-201558-5
↑ 結構つまみメニューも豊富。インド料理か中華料理しかないですが。

20180822-201803-8
↑ すすけた薄暗いホールにスクリーンがあって終始インドポップスのPVを流していた。

20180822-202032-9
↑ 席につくと自動的に出てくるデフォルトつまみセット。結構な量がある。

20180822-204312-10
↑ Paneer Fryなど酒のつまみに最適。カッテージチーズにマサラな衣つけて揚げたもの。

ちなみに上に写っているキングフィッシャー・ストロング。店員に勧められるまま飲んでみたがストロングというだけあってアルコール度数が8%もあって大ビンひとつ飲むと結構回った。。。

20180822-204929-12

飲んでる途中、前のスクリーンでバーフバリの劇中の曲が流れて感激!インドのバーでバーフバリ聞きながらビール飲むて最高かよ!意外と周りのインド人はまったく反応してませんでした。日常風景なんかね。。。

20180822-221550-1
↑ 客も店員も男ばっかりです。

20180822-221903-2
↑ ええ酔い加減で宿までぽてぽて歩いて帰りました。

チェンナイでの飲酒。。。 2018年08月23日

20180821-182626-76

今回のチェンナイの滞在ではTナガーのポンディバザール周辺に滞在していましたが、なかなかインドらしくない(というと失礼かもしれないが)シャレオツなバーを発見。インドの若い子たちが男の子も女の子もいっぱい来てました。

歩き回りにくいハイアットリージェンシーを出て、サービスアパートメントに泊まってからはずっと外で飲んでました。

20180821-182256-74

20180821-182513-75
↑ スマホで注文

20180821-182024-72

↑ Vault Bar Stock Exchange

そして以下がTASMACというチェンナイ(タミル・ナドゥ?)の政府公認酒屋。一応チェンナイは種類販売は合法なようだけどどこでも売ってるわけではなく、ホテルかTASMACという政府公認の酒屋のみ。Google Mapなどで調べてみるとちょこちょこと街なかにある。どうやら酒屋のスペースで立ち飲みが出来るようなので行ってみる。

20180821-143018-27
↑ ぱっと見、非常に入りにくい。

20180821-142214-25
↑ あんまり見ない銘柄のタミル・ナドゥのビール。

20180821-200250-80
↑ 南インドの人はほとんど酒を飲まんのかと思ってたら結構な人数がわきあいあいと立ち飲み。

20180821-202747-82
↑ ちなみに金網の張ってあるカウンタでこうやって人を押しのけながら買います。自分もこうしました。

汗だくで歩いて海を見に行ったら。。。 2018年08月22日

20180821-141731-24
↑ ここは割と普通の住宅街。

さて、今回のインド旅行では家で留守番していた彼女へのお土産を買いに行きました。地球の歩き方に載っていたアート雑貨やオーガニック食材の店で何かおみやげになるいいものがないかと探していましたが、Kalpa Kshemaというオーガニック食材のほうは手頃にいいものがいくつかあった。いくつかを買い込み店を出る。

20180821-152929-33

20180821-152854-31

せっかくだからこの辺を歩いて帰ろうかと見てみるとチェンナイの有名なヒンドゥ寺院がなんとか歩いて行けそうなので頑張って歩いてみることにする。案の定汗だくになってたどり着いた寺院の門。40mほどあるそうだ。だが、門の周りは割と閑散として活気はない。めんどくさいので寺の中には入らず門だけを眺めて、さらに歩いて海を見に行こうとする。

20180821-160123-44

20180821-160842-49

20180821-160807-48

海まで行こうと思うと全体では結構な距離を歩くがどうせ汗だくついでだ。

20180821-162636-55

頑張って歩いて、海がもうすぐ。

20180821-162944-57

ん??なんか雰囲気が。。

20180821-163123-60

20180821-163421-64

がーん!!なんじゃこりゃー。途中からスラムなエリアに入ってしまい、海岸までスラムな景色でした。くそー頑張って歩いてきたのに待っているのはこれだったか。残念。

20180821-163749-67

さらにこのエリアからチェンナイの中心部に戻る際に、荒れ果てた広大な空き地に羊が飼われており、道端に止まったトラックの荷台に生きたまま四足を縛られた羊がまさに「出荷」される瞬間を見かけた。周りの雰囲気と相まってなかなかしんどい風景でした。

うーん、もうちょっと明るい景色のチェンナイが見たい。。。

柄にもなくハイアットリージェンシーに泊まる 2018年08月21日

20180819-213954-24

チェンナイのハイアット・リージェンシーが一泊7,500円ぐらいで泊まれるような価格で出ていたので2泊ほど止まってみました。

部屋もスタッフも対応は素晴らしい。ただ一点、ルームサービスでビールを頼んでも40分とか50分待たされる。飯ならともかく、ビールだけなんで早くしてほしい。また得てしてこういうハイブランドのホテルの周りにはだいたい商店がないのでちょっと外に出て飲む、ということも不可なので困ってしまう。で、結局は2泊で見切りをつけて移動しました。

20180819-214139-2

20180819-114833-9

ルームサービス以外に関しては最高でした。ルームサービスやホテル内レストランもチェックアウト時に結構な値段になってるだろうなと思ってましたが以外に高くなかった。(毎回サービス利用した際に伝票にサインはしてるが、不思議に安かった。なんか間違ってるのかな?)

チェンナイのサービスアパートメントに移動します。

20180819-205035-6
↑ こちらは晩飯時に行ったエグモア駅周辺。

20180819-211232-13
↑ バンコクにも支店ありのサラワナバワン。

20180819-205630-8
↑ 店内。

20180819-205822-11
↑ パニールマサラドーサ、だったかな?