OISHIのเจ, ベジタリアンメニュー 2020年09月16日

2020-09-18_05-59-44

うちのオフィスのビルに入ってるOISHIの立て看メニュー、ベジな自分としては嬉しいことにベジメニュー(เจ)です。

が、

上のほうに写ってるのが ราเมนผัดซอสโหระพาเจ ラーメンパットソースホーラパージェー。ガパオのように見えて実はガパオではなく、たぶんソイミートとスイートバジルのソース炒めラーメンという聞いててもイマイチどんな味なのか想像しにくいメニュー。

そして下のほうに写ってるのが มาโบโทฟุราเมน マーボードーフラーメン という、これは味がまだ想像しやすい名前のメニュー。

ただ、どっちの写真を見てもぜんぜんうまそうに見えないのがなんとも言えないところ。まあ、自分がベジで、あまり選択肢の少ないバンコクのベジメニューなのでとりあえず試してみたいとは思いますが、あんまり気が進まないんだよな。。。まあ、後日うまくてもまずくてもご報告いたします。

ベジ用のバーガー、ムートート、乾燥シイタケの軸をFBで購入 2020年09月15日

IMG_20200912_102539__01

最近 facebook でバンコクベジタリアングループに参加したらベジ用食材を作ってる業者の広告もいろいろと投稿されていた。その中で先の記事にも書いたけどチェンマイソーセージであるサイウアなんかも買ってみたら、他にも同じ業者がベジのハンバーガー用パティも作ってたり、ムートート หมูทอด という豚の揚げ物(結構形態はいろいろある)も作っている模様。なのでこれらも早速注文。

IMG_20200912_102545

IMG_20200912_102526

ベジバーガーパティはやっぱりイマイチ。ソイミートともお肉とも違ってなんだか変わった食感の何か。

IMG_20200912_115915
↑ ベジバーガーをフライパンで焼いてるとこ。

IMG_20200912_115918
↑ ムートートをフライパンで温めてるとこ。

ムートートはたぶんソイミートの薄いやつを揚げてる感じ。こちらは歯ごたえ良くなかなかおいしい。ちょっと甘いが。。たぶんごはんと一緒に食べるとおいしいはずです。

そして問題のしいたけの軸。500gと大量。かつ乾燥ものなので一旦お湯などで戻してから使うんだが、お肉のような食感に調理するには佃煮のように煮詰めるか、叩いて繊維をほぐす必要があるかと思う。ただ、しいたけの軸の調理法ってあんまりネットでもレシピが出てないんよね。昔オーガニックマーケットで食べた牛肉風にしたしいたけの軸の炒めものがなかなかうまかったので自分でもそれを作ってみたいと思って買ったが500gは量が多かった。そして結構調理が難しい。。まあ、乾物で日持ちするのでじっくりといろいろ調理してみて試してみるが。。。

で、結局人におすすめ出来るものはムートートぐらいでしょうか。。。


↑ アマゾンでもしいたけの軸売ってますな。500g、1kg、、大量。

チェンマイソーセージのヴィーガン仕様、サイウアジェー(ไส้อั่วเจ)を喰らう 2020年09月07日

2020-09-08_12-15-14

facebookのバンコクベジタリアングループに投稿されていた記事で、北タイのソーセージ、サイウアのベジタリアンバージョン、サイウアジェー ไส้อั่วเจ を作ってるところがあったのですぐにFBメッセンジャーでコンタクト、銀行振込でお金振り込んで自宅までベジサイウアを送ってもらった。

注文したのが晩で、次の日の朝に発送済み連絡、その次の昼間には受け取りしました。発送の連絡は詳細でしっかりやってくれる。が、やっぱりコンシューマー向けの配送では冷蔵での配送をやってるところがないのか冷凍でもない、冷蔵でもない状態のパックで到着。とりあえず冷蔵庫で再度冷やして保管。

Screenshot_20200908-122030__01

Screenshot_20200908-122055__01
↑ 雑な写真でごめんなさい。前投稿で書いたようにyoutubeもやろうと思ってVLOG用に動画は撮ったが写真を撮り忘れる。慣れんわー。。。

晩メシに食べようとカットしてフライパンで加熱。見た感じはかなり本物と近い。焼いたときの匂いなどもそのもの。

Screenshot_20200908-122155__01

さて、テイスティング、実食。

。。。

。。。。

うーん、なんかだいぶもっちりしててソーセージの食感とは違うなあ。。。生麩にいろいろとサイウアのハーブ足したような。。。たぶんグルテン使ってるんだろうなあ。。これならソイのほうがもっと美味しくできるような気がするが。。スパイスなどは本物のサイウアとまったく変わりなく芳しいのですが、フェイクミートの再現性がイマイチかな。ベジの人でどうしてもサイウア食いたい!っていう人には向いてるかも。400gで95バーツと割とお値ごろなのもいいかと思います。

ครัวบ้านย่าอาหารเจ – ホーム
↑ 上記facebookページからメッセンジャーでコンタクト取って買うことができます。

Lazadaでベジ向けソイミートを購入 三枚肉だ! 2020年09月03日

IMG_20200901_192736

上の写真、ちょっと写り方が悪くて内容物が見えにくいですが、Vegan向けのフェイクミートをLazadaで買ってみました。300gで90バーツとお安い。

これ、なかなかよく出来てて、一応ソイミートらしいがちゃんと豚肉の三枚肉の脂身の部分と赤身の部分が再現されている。

IMG_20200901_192815

それをフライパンで焦げ目がつくように焼いてみると、、、

IMG_20200901_201311

こんな感じ。見た目かなり豚の三枚肉。面白い。

IMG_20200901_201618

青菜と一緒に炒めてこんな感じ。ぱっと見はソイミートとわからない感じじゃないでしょうか。

歯ごたえなんかもちょっと柔らかめの三枚肉に近い感じなんだが、さすがに味までは三枚肉というようにはいきません。ちょっと下味のついた生麩のような感じ。個人的にはちゃんと食べれるものだと思うが、好んで食べるか?と問われるとNoかな。ただ、調理の仕方によっては肉と区別がつかないぐらいまで仕込むことができそうなのも確か。

下にLazadaのリンク張っておきますが、ベジの人でソイミート好きな人にはおすすめ。ただし、300gで90バーツとお安いが、たぶん元は冷凍食材。Lazadaで配送してくる間に全部冷凍が溶けちゃって生な状態で配送されてました。今のLazadaの配送インフラではこれはしょうがないのかな。そしてLazadaの販売ページには「Unflavored(無味)」と書かれていたが、化学調味料系のもので薄っすらと下味は付けられていた。そのへん、やっぱり加工食品なので添加物には注意。個人的には乾物として長期保存に向いている通常の乾燥系ソイミートのほうが使い勝手よくて好きかな。。。

PLANT BASED PROTIEN, Imitation PORK (unflavored), Textured Vegetable Protein (TVP), Vegan Meat Substitute, Made with Yellow Soybeans & Seitan (Vital Wheat Powder/Wheat Gluten) 100% Vegan, Vegetarian, All Natural –Made in THAILAND– by NATURAL THAI VEGAN | Lazada.co.th


↑ アマゾンでは乾燥系ソイミートがほとんどね。

ベジ仕様 辛ワカメラーメン 2020年08月10日

IMG_20200725_144501

農心の有名な辛ラーメン、タイ人にはなかなかに不人気。我が家ではタイ人に不人気なWaiWaiのラーメンも、この農心の辛ラーメンも大好き。スーパーでは売り切れることがほとんどないので気軽に買えて嬉しい。

そして、この辛ラーメン(カップのやつね)、少し前にベジタリアン・ヴィーガン系のYoutuberの間でも話題になっていたけど原材料名に植物性のものしか書かれておらず、意図してベジタリアン向けとしたわけではないけど、ベジタリアンに人気のカップラーメンとなっている。カップ以外は微妙に原材料異なるのかベジタリアン向けとしては紹介されていない。まあ、たしかにタイのママーのトムヤムクンヌードルとかもカップだと乾燥小エビが入っていたりと若干仕様が変わるもんね。

で、この辛ラーメンカップ、食べてみると今まで袋麺で食っていた辛らーめんよりも椎茸出汁の香りが強い気がするし、味もキムチ的な香りより醤油、味噌のベースの香りが結構強い印象。非常に地味な味である。

IMG_20200725_144526

で、ベジなんでこれに増えるワカメを溢れるぐらいに入れて食べるのが大好き。大量にワカメ入れるんで、ワカメみたいなもんでもかなり膨満感を演出してくれて腹一杯になる。石立鉄男は出てこないがベジ仕様の辛めのワカメラーメンで満足。熱量もカップなら1食290kcalで、1パック35g程度となっている増えるワカメをどさっと入れても増えるカロリーは5kcalか10kcal行かないだろう。ということはこの辛ワカメラーメンは300kcalで腹一杯になれるなかなかグッドなメニューであります。