ギターのジャック。。 2021年05月12日

Lazadaでギターのジャック部品を購入。70バーツぐらいだったかな?自分の持ってるジャパン製のストラトの交換用。 東京は高円寺、AVガレージで確か8万円ぐらいで買った Fender JAPAN のストラト(確か93年製だったはず)をわざわざバンコクまで持ってきてが、タイの気候の中に放置。そして朽ちていく直前だったところを改めてリストア(あまりに汚かったのでネックと電装部品全部外してボディ水洗いしたぜ)。そして先日ピックアップをオリジナルからFender USAのFat 50sに付け替え。ぐっと魅力的な音になって僕の中では第一線のギターとなって復帰しました。 が、ジージー言うノイズがだいぶ増した。なのでトグルスイッチから、ボリューム、トーンポッドまで全取っ替え及びピックアップ及びトレモロスプリングのカバーをノイズ対策することを計画中。その一環でジャック部分の交換(弦も外さなくていいので一番簡単)を先にやってみようとしたが、このジャック、ナットが一つしかついていなくてジャックプレートを挟みこめずまともに固定できない。。。しまった、2つ買っとけばよかったよ。。あまり見ない形のジャックだけどグラウンド側もしっかり挟み込むガリが出にくそうなやつなんで買ってみたが、、、うーん。

Yamaha QBIXのキャリア 2021年05月11日

バンコクでの自分の足、YAMAHA QBIX のリアキャリアが届いた。週末に取り付け予定。そして次はリアキャリアケースを買う。今までおっさん臭くてあまり付ける気にならなかったが、やっぱり便利だよね。そしてワンタッチでケース自体の付け外しができるのでとりあえず付けてみてもいいかなと。 気に入らなければキャリアケースは外してキャリア自体はつけっぱなしにしておこう。一応荷台としてはある程度機能しそうなので。。。

またまた久しぶりにGibsonのギターに触れたらラッカーフィニッシュのギターが欲しくなりました 2021年04月16日

Gibson

今のギターはほとんどがポリ塗装のギターになってると思うが、やっぱり触れてみるとラッカー塗装のギターがよいですな。音が良いかどうかというのはちゃんと同じモデル、同じアンプ、同じセッティングで聞いてみないとわからないが、生鳴りではやっぱりラッカーの塗装の薄い方がよく鳴ってる気がする。しかしながら何よりも引き心地で実際に木に触れている感覚があって、しばらく弾いてると手の脂が塗装に染みていくことによりギターが手に馴染んでくる感覚が本当にあって、この感覚はポリには全くない。こういう事は楽器メーカーの売り文句なだけでポリ塗装もそれほど変わらんはずだと思い込んでいたが本当に触ってみないとわからないことが思いの外ギターの世界にはあることを再認識。チューブアンプの一件もそうだったし、ラッカー塗装もそうなんであります。
自分は去年に買ったPRSのジョン・メイヤーモデル Silver Skyがあって、このギターのネックが非常に薄いラッカー塗装になっていて1年経ってるからネックの裏はもう手の脂が馴染んでテッカテカになってるんだが、このネックの握りと指の滑りが最高です。このネックを握るたびにボディもラッカーのギター欲しいなあと思うわけです。で、FenderのストラトなどはMade in USA であってもラッカー塗装は上位機種の高いやつしかないが、Gibsonはほぼ全てのモデルで(廉価なモデルでも)ラッカー塗装なのでGibsonに目がいくのです。これまたハムバッカーでもP90でもMarshallで鳴らせばいい音がするんですわ。

FacebookのMarketPlaceで中古楽器を売り買いしながらまだまだ楽器探求の旅は続きます。。。


↑ Tributeモデルは結構悪くないと思う。。。んで、最近のレスポールって中身くり抜いてあって結構軽いのね。SG並みに軽いのでびっくりしました。Satinフィニッシュにも興味が。Satinの方がサラサラしててプレイヤビリティは高いんじゃないかと思う今日この頃。すぐにテカテカになると思いますが。。。

やっぱ Marshall で育ったのよ 2021年04月15日

IMG_20210406_075749

ふとしたことから30年ぶりぐらいにMarshallアンプを買うことになって、手にした瞬間「ああ、やっぱり自分が聞いて気持ちいと思う音はほとんどが Marshall で作られていたのだ」と改めて自分がハードロックベースで育ってきたことを実感。なんで今まで Marshall を敬遠して来たんだろうと取り戻せない時間を散々悔やんでおります。その反動か Marshall のアンプが3週間ほどで4つも家に届いてしまいました。1台めの Marshall こそソリッドステートですが、2台め以降はフルチューブです。Marshall で目から鱗状態でしたが、改めて人生初のフルチューブを弾いてこれまた、「なんで自分はギターも好きでロックも好きなのにフルチューブを今まで買ってこなかったんだろう?」とさらに今までの人生を悔やむことに。

ということで4台のMarshallに囲まれて生きてます(MG15:ソリッドステート、DSL1CR:フルチューブ、DSL5C:フルチューブ、ORIGIN20C:フルチューブ)。Youtubeやらウェブ記事やら色々情報を仕入れるソースはありますが、チューブアンプのアタック感とか、コンプ感とか、ピッキングニュアンスがすごく小さい音からゴリッとした強いピッキングまで幅広く出て表現力がすごく広いこととか、ぜんぜん伝わらないですな。楽器屋で適当に試奏してもいまいちわからない(下手くそなので試奏するとすごく緊張するし)。買って家で弾き込んでみないとわからんものもまだまだこのご時世でもあるのだと実感です。
というわけで最近はアメリカのオンライン大学で勉強してたりもしますが、仕事と勉強の時間以外はずっとギター弾いてたりします。そしてアンプとギターの物欲はまだまだ収まらずさらなるジャーニーへ向かいます。。。


↑ お気に入りのORIGIN20C。アッテネーターを手に入れたらどんだけ大出力でもフルテンで演奏できるから、極力20W以上を買う方がいいですな。というわけでDSL1CRとDSL5Cを買ったのも少し後悔。と言いつつも買わないとフルテンの音とか、音圧感とかはわかんないしね。。。中古で売ってまた買うか。DSLなら40Wが良さそうね。

ケトン体測定尿検査紙は開封後すぐ機能低下する? 2021年04月14日

断糖ダイエットかつ一日一食かつ菜食をずっと実施しているわけですが、断糖してちゃんとケトン体質になっているかどうか検査するためにケトン体測定用の尿検査紙を買った。タイでもちゃんとLazadaなどで売ってるわけです。100回分の検査紙で大体100バーつぐらい。非常にお安いので使いやすい。

しかしながらこの検査紙、パックを開封してから多分1ヶ月かそこらで反応がすごく鈍くなる。以前、「全然ケトン体出なくなったなあ」と思っていたら、新しいパックを使用し始めた途端にがっつり出るようになったが、今回同様の体験2回目。どうも開封して一定期間経つと機能が低下しちゃうんじゃないかと思う。今回はちゃんと開けた日を記録しておく。

しかし、開けてから割とすぐダメになるのであれば100回分のパックではなくて50回分のパックを買い足したいのお。。

ちなみにケトン体が尿に出るようになると健康診断で尿酸値が跳ね上がります。今回僕も健康診断で尿酸値が10以上になりましたが、ケトジェニックやってる人の典型的パターンらしい。この傾向はケトン体出てる場合には問題ないらしい。