昨日の雨はすごかった。。。 2022年05月18日

IMG_20220517_232923

夕方ぐらいからザザ降りの雨。珍しく18:30にお客さんと会う。その後飲みに行く。10時ごろ「さて帰りますか」という感じで店の外に出たらまだザザ降り。「こりゃあ帰れませんな。とりあえずもう一件行きますか」ということでさらに次の居酒屋へ。

2軒めの居酒屋もそろそろ閉店、となってきたので11時半ごろにお会計して外へ。「うわあ。まだ降ってるよ。。。」ということでGrabもタクシーも捕まらないのでとりいそぎ終電直前のBTSでとりいそぎアソークまで。でアソークのBTSの出口のところでタクシーを拾おうと頑張るが30分経っても捕まえられず、そしてじわじわ雨濡れがひどくなってきたので周りの安いホテルを探す。歩いて3分のところに550バーツで泊まれる安い宿があったので、もう諦めてそこにチェックイン。部屋に窓がなく、バスタオルやフロアマットなどもよれよれでモロに連れ込み宿みたいなところで一泊。

いやー、久しぶりにしんどい夜でした。。。

インドのインスタントダルチャワル 2022年05月17日

IMG_20220515_104658
↑ 右のほうです。

こちらも家の近所のインド食材スーパーで購入。早速作って食ってみるが、うーん、カレーと米が混ざった状態のサンバルライスみたいな完成状態。。。でも米少ない。。。ボチボチかな。でも65THBとか結構お値段したので、この値段なら二回目はないかな。

IMG_20220515_110121
↑ オープン。

IMG_20220515_110125
↑ ティッシュを同梱しているインスタント食品って初めて見た。

IMG_20220515_110141
↑ 絶妙な角度にひん曲がっている同梱スプーン。

IMG_20220515_110224
↑ 中身。入れるのはこれとお湯だけ。

IMG_20220515_110243

IMG_20220515_111243
↑ 完成状態。あんまり食欲が湧かない見た目。


↑ ダルカレーのインスタント。

インドのインスタントポハ 2022年05月16日

IMG_20220515_104648
↑ 左の背の低いカップのやつです。

自宅近所のインド食材スーパーで買ってきたが、うまくないねー。全然ポハがパラパラしてなくて、水吸ってボテッとしてるので食感悪し。味付けは悪くなかった、かな。

IMG_20220515_105217
↑ お湯入れ前。

IMG_20220515_105234
↑ ひたひたぐらいまでお湯を入れる。

IMG_20220515_105252
↑ Instruction

IMG_20220515_105809
↑ 出来上がり。食感ボテボテ。

まあ2回は買いませんな。


↑ ポハ自体はアマゾンでも売ってる。

MOFT Xの張り付きが悪い。。。 2022年05月15日

数週間前からスマホスタンドであるMOFT Xをスマホケースに貼り付けて使っているが、どうもMOFT Xの裏の粘着テープ部分の張り付きが弱い。下部の1/5の部分が浮いてきてケースにうまくくっついていない。なのでスタンドとして使う時になんだか安定度が良くない。何回も指で押し付けて貼るのだが時間が経つと浮いてしまう次第。。

それでどうしようかなと悩んでいたが、ふとMOFT Xのパッケージ開けた時に付属していたよくわからんフィルムがあった。「スマホやスマホケースの素材がガラスの場合はお使いください」的な趣旨が書かれていた(英語しか記載がなかった)ので自分の使うスマホケースはプラスチックなので使わずに置いておいたが、これを試してみようと思った。

MOFT Xの粘着テープはガラスなどには粘着力が弱いのか?と思いながらフィルムをスマホケースに貼り付けてみると結構しっかりくっつく。その上にMOFT Xを貼り付けてみると。。。完璧ではないもののフィルムなしのときよりも下部1/5の張り付きもよろしい。ああ、これが必要だったのね。よく考えてみるとガラス素材の代表として書かれていたiPhone 13 Proとかは確かそのガラスの表面処理が梨地になっていたかと思う。たしかに梨地の表面には一部の粘着テープは付きが悪い気もするし、そのためだったとしたら、自分のスマホケースもプラだけど梨地なので同じようにしっかり機能したということか。

ということで、MOFT X試してみて、粘着が弱いと感じる人はこの付属フィルムを試してみるといいかもしれない。付ける際にはまずスマホやケースを消毒用アルコールで拭いて、フィルム張り付け、その後消毒用アルコールでフィルムも拭いてその後にMOFT Xを取り付ける。これがっちりガード。

フリースタイルリブレにて血糖値モニタ再開 2022年05月14日

アマゾンプライムで「甘くない砂糖の話(That Sugar Film)」を見て再度シュガーフリーで血糖値スパイクのない食生活にトライしてみようかと思って日本から持ち帰ったフリースタイルリブレの最後のセンサーを開封、装着。これでまた2週間リアルタイム血糖値モニタしながら食べ物をいろいろ考える。最近食生活が少し荒れてきて太ってきているので抑止力にもなればと。

ちなみに日本に一時帰国した際に詳細なレポートが欲しいからリーダーを一緒に買って来たが、結論としては買う必要はなかった。ちゃんと日本で売っているセンサーと日本のアプリストアからダウンロードしたLibreLinkとLibreViewのウェブサイトが同じアカウントでログインされていればLibreView上で詳細なレポートが表示出来ていた。まあやっぱリーダー必要ないね。センサーを腕の裏に貼ったら持ち歩くのはスマホだけで十分。よかったよかった。