ONISAVULO RISING 甦る出口王仁三郎―昭和の七福神をアマゾンから購入 2019年11月09日

大地の母で出口王仁三郎の半生を読み進めていくうち、どうにも王仁三郎の姿なりを見てみたくていろいろとググって彼の写真を見たりするうちに、「昭和の七福神」という監督兼一人七役で役者もやっている無声映画があるとのことを知った。

そしてやはりオンラインで「昭和の七福神」を見れるサイトはなかったものの、アマゾンならDVDを海外発送でタイに送ってくれるようだったので早速発注。

1910年製作の映画なので文字は読みにくいし、ストーリーもあってないようなもんで、単純に王仁三郎扮する七福神の紹介と、亀岡天恩郷や生家の周りの映像だけ。映像とあわさるナレーションが興味深い。

無声映画の弁士は「大地の母」と同じく出口和明氏がやってられる。いろいろと映画中では「この王仁三郎の~は*年後の##の暗示か?」みたいなことを言ってられるが正直そのへんは??という感じも多い。しかしながら時々王仁三郎が時々明らかに映画の流れ上は不必要だろうと思うアクションを取るの事実で意味深いものなのか、単純に衝動的に無意味なアクションを取っているのかがこれまた不明。

まあ、王仁三郎ファンには動く王仁三郎を見れるというだけでも価値のある映像なのだろう。 個人的には映画というより映像資料かなあ。

DVD>甦る出口王仁三郎―昭和の七福神 (<DVD>)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
八幡書店
売り上げランキング: 655,553

ぐいぐい読める霊界Energized、「大地の母」 出口和明 2019年11月08日

最近、出口和明の「大地の母」なる長編小説を読んでいる(ちなみにkindle版)。これは出口王仁三郎の生涯を綴ったものらしく、久しぶりに大本と出口王仁三郎に興味が出てきたので読んでみたんだが、内容が超楽しい。全12巻と今の世の中にはなかなかないぐらいの大長編なんだが、1巻から4巻ぐらいまでが、心にもやもやを持った上田喜三郎(出口王仁三郎)青年の青春期、とにかく実直な出口なおの苦労半生記。これもまた出口和明氏の文章がぐいぐい引き込んでくれて夢中になる楽しさであります。

しかしながらストーリーは本当に長い。大本としての始まりの出口なおの発狂(神懸かり)がやっと4巻で出てきて、喜三郎と出口すみの結婚が6巻、結婚するということは喜三郎は養子婿でやっと出口王仁三郎に改名するのかと思いきや、神様の意を伝える「お筆先」では「出口おに三郎」とまだそこまで。王仁の字があてがわれるまでにまだ一悶着も二悶着もありそう。

霊能を得た上田喜三郎と出口なおの邂逅があったあとは、霊界、神様の話も出てくるようになり、だんだんと想像を超えた悪霊との死闘が繰り広げられたりします。第7巻の「春蔵の亡霊」など目を見張る展開であります。これ映像化したらすごいだろうなあ。たぶん、ホーリーマウンテンやトミー、逆噴射家族を超えるアシッドな映像になるかと思います。この本の映像化企画ってないのかね??

現在、読み進めてなんとか7巻中腹です。やっと半分強。とりあえず12巻全部読みきれそうな濃ゆーーーーいPurple Hazeがむんむんと立ち込めている小説です。

私の大学時代の友人の方でまだこのブログ読んでる人には特にオススメいたします。最高です。

PS. ついでにアマゾンから海外発送でONISAVULO RISING 甦る出口王仁三郎 【昭和の七福神】まで買ってしまったよ。

大地の母 第1巻 青春の詩: 実録出口王仁三郎伝
出口恒 (2018-12-28)
売り上げランキング: 142,008

こういうエコバッグが一番使える 2019年11月07日

IMG_20191104_203554

タイのスーパートップスで今週見つけたエコバッグ。段々とこういう表現もわからない若い人多くなってきてると思うけど、エコバッグの生地はCDのスリーブとしてよく使われている不織布。いちいちCDのスリーブなんて言わずに不織布でいいのか。ほとんどのひとがググらないとわからないかも知れんが。

ネットでググってみると最近はセミナーの資料のお持ち帰り袋として割と使われているそうな。確かに日本にいる時にもらったような気がする。

で、今回のエコバッグですが、不織布で、サイズはコンビニの袋と同サイズ。これがエコバッグとして非常に使いやすい。なんせ綺麗に折りたたんで常時鞄に入れておくことができる。

IMG_20191104_203647

エコバッグなんて、常時鞄に入れておけるモノでないとすぐに忘れて結局ビニール袋貰っちゃうから、本気でコンビニ袋の使用量減らすならこういう薄くて常時携帯できるものが一番だと思う。ちなみに当然ながらReuse可能で一つ20バーツであります。

IMG_20191104_200725

エコバッグ レジ袋 Lサイズ アクエリアス
売り上げランキング: 12,766

Dressedのソイミートガパオが非常に貧相 2019年11月06日

2019-11-06_12-13-42

バンコクで結構いろいろなショッピングモールに出店しているDressedというレストラン。フレッシュフルーツのスムージーやら、サラダ、ベジメニューなどもある健康系小洒落た系であります。

Dressed Thailand

しかしながらお値段は当然ながらそれなりにします。クルミと豆腐のベジミートボールチアパスタ(グルテンフリー)などは250バーツもする。

ちょっと前になりますが、ソイミートガパオライスがあったので注文してみた。が、超々量少ない!これはびっくり!そしてこれで確か200バーツぐらいした。わざわざこんな大きな皿に盛るなよ、と言いたくなってくる盛り付けの寂しさ。

確か期間限定のメニューだったからもう今はないかもしれないけど久しぶりに笑うほど量が少ないメニューで楽しかったです。コスパは超悪いです。すぐに腹が減ってしょうがなかったわ。。。

タイのインスタントラーメン、WaiWaiで油そば風のモノを作る 2019年11月05日

タイのインスタントラーメンといえばトムヤム風味のマーマーが非常に有名だけど、その影に隠れるようにして麺がとてもうまいWaiWaiという商品がある。

Wai Wai (food brand) – Wikipedia
↑ タイとネパールの共同の開発?

このWaiWaiはスープはまずまずだけど、麺がうまい。日本のインスタント麺みたいに本物の麺に限りなく近づくことを本意にせず、インスタント麺なりの旨さをちゃんと持ってる素晴らしい麺です。

その麺は麺自体に味のついたチキンラーメンみたいな感じなんだが、湯戻りが悪くしっかりと歯ごたえがあって香ばしく、麺だけでも結構うまい。湯戻りが悪いって表現は良くないのかもしれないけど、絶妙なバランスで麺の歯ごたえが良い。乾麺のままでボロボロに崩してつまんでも美味しい。(大量に食うとちょっとクドいけど)

東京に居た時分、インド食材屋で「お、インドのマギー(インスタント麺のブランド名)やん!」と思って買って帰ってよく見たらタイでおなじみのWaiWaiのヒンドゥー版だったこともある。

そんなWaiWaiで自作油そばにトライしてみたらなかなかうまかったのでレシピを書いておく。

<< 材料 >>
WaiWai ごま油 Maggiもしくはウスターソース 粗挽き胡椒 豆板醤 キャベツ もやし

<< 手順 >>
1.
キャベツをざく切りにして、好みの量のもやしと一緒に湯通ししておく
2.
WaiWai付属のスープのもと(粉末とオイル)を器に開け、ごま油大さじ1、タイのMaggi(タイの目玉焼きソースみたいなもの、ちなみにベジ商品。なければウスターソースでいいかな)大さじ1、粗挽き胡椒適量、豆板醤小さじ1/2、これにお湯を20ml~30ml程度足して混ぜておく。
3.
WaiWai麺を丼に入れてお湯を注ぐ、箸でほぐしつつ、好みの硬さでお湯を切り、先に作ったソースの2/3を麺の上からかける。
4.
野菜をその上にドサッともって、残りのソースを野菜の上からかける。

完成。しかしながら肝心の料理の写真がない。。

肉食の人は、チャーシューやら背脂やらを好みにトッピングすればよいかと。後は混ぜ混ぜして食うだけでかなりうまい。お手軽なんでお試しを。ちなみに具無しの麺だけでやると味が濃過ぎるのでおすすめしない。やっぱりなんか野菜を添えて、というのが美味しいです。

↑ あ、日本で買ったこのパッケージはNepaliだったのか。