タイの輸入食材とレトルトカレー for ベジ 2019年10月20日

IMG_20191017_141759

先週はきつい風邪を引いてほぼ一週間寝込んでおりました。インフルではなかったものの、久しぶりにしんどかった。熱も38度ぐらい出ておりました。

さて、寒気や吐き気がする中で、家で寝ながらできることが、Youtube見るぐらいしかなかったのだが、日本のカレーの動画を見ていて久しぶりに日本のカレーが食いたくなったので近くのスーパーでレトルトカレーを買ってきてもらった。

最近はバンコクの特段外国人が多いわけでもない街のスーパーでも普通に「ククレカレー」とか売ってるのね。しかも嬉しいことにベジタブルカレーがあった。しかし、タイに入ってくる輸入食材、未だにNutrition Factsの場所に輸入のシール貼ってるのね。前にも書いたと思うが食品のカロリーとか非常に見にくいので止めてほしい。。。数年前からこの点については非常に不満なんだけど、これだけは何年経っても変わらないな。最近はタイ人もNutrition Factsとかちゃんと見て食べ物買う人も多いだろうに。。。

IMG_20191020_233605

しかしやっぱりレトルトカレーは日本式カレーであっても(というよりも日本式カレーだから特に、だな)味が超濃くて、ケミカルな味ですぐに嫌になってしまった。レトルトカレーは日本でもタイでもうまいもんないですな。

自炊で作るとしても、ベジなんでS&Bのカレー粉使ってダシをキノコ類で取るしかないので日本式カレーはうまいこと作るのが難しい。その点やっぱりインドカレーならレンズ豆やらひよこ豆で割としっかりした味のベジカレーが作れるので簡単であります。とはいえ、一回豆とココナッツミルクで日本式カレーの味に近いものが作れないか一回トライしてみるかな。

個人的にはバンコク、アソークにある Veggie May Homeというベジ、ヴィーガンのレストランにあるJapanese Curryがココナッツミルクベースのなかなかいい味をしていて、その味をなんとか自分で作れないかといろいろ思案中であります。いいココナッツミルクベースのカレーのレシピがないもんですかね。。。。

S&B カレー400g
S&B カレー400g

posted with amazlet at 19.10.20
エスビー食品
売り上げランキング: 1,270

↑ なんだかんだ言って、このカレー粉が一番使い勝手よく、香りも素晴らしくてバンコクに居ててもこいつを重宝します。チャーハンに少し入れるだけでカレーチャーハン、インスタントラーメンにも小さじ一杯ぐらいでいきなりカレーラーメン。

実はVitamixも買っていた。これのスムージーは素晴らしい。 2019年10月13日

IMG_20190728_101706

また更新の日が空いてしまいました。。。

そして写真に写っているのは有名なVitamixというメーカーのブレンダー、TNC5200。お値段は日本でも7万円ぐらいする代物で、タイで購入してもお値段は25000バーツほどかかる。

とはいえ、こいつは買って後悔がひとつもなく、むしろもっと早く買っときゃ良かった系。

朝飯用にスムージー作るんだけど、手軽だから時間ない朝でも毎日使うし、ブレードとコンテナが分離式になっていない割に使った後の洗浄が非常に楽。そして他のブレンダーにはまねできないレベルの粒度で食べ物が粉砕される。英国ではブレンダーのことを「Liquidizer(リキダイザー)」とも言うらしく、「液体化マシン」って感じの意味になるが、まさに言葉通りであります。何入れてもさらさらの液状にしてくれるので、ベジの人がマヨネーズ作ろうとか、いろんなソースなんかも完全に自分で作ることができて、加工食品を完全に除いた食生活が可能になってくるのであります。そういう意味で食生活が根本からガラッと変わる唯一無二の調理家電であります。

まあ、典型的なアメリカンプロダクトで、いい点もあれば悪い点もそこそこあり、あまりに食品の摩擦熱がすごすぎて数分もフルパワーで撹拌してると熱を帯びてきてスムージーもホカホカになってきたり、安全装置らしい安全装置がついていなくて時々怖くなることもある。そしてやっぱり使用時の騒音がかなりすごくてかなりうるさい掃除機レベル。最初は「なんだこりゃ、工事現場の重機か?」と思ったぐらい。だからマンション住まいの人はかなり気を使って使わないといけない。料理してる人ならわかると思うが生のかぼちゃのぶつ切りを放り込んでもなんなく液状化させてくれる(普通のミキサーでは生のかぼちゃなんてまったく歯が立たない)、なんとミキサーのくせにモーターは2馬力もあるらしい。呆れるほどのハイパワーであります。でもそういうデメリットを考慮しても手放すことはできないぐらい使用頻度が高くて素晴らしい機械です。

まあ、なかなか普通の人は欲しいとも思わないだろうし、この値段を出そうとも出せるとも思わないでしょうがもし迷ってる人が居るなら個人的には全力で背中押す気持ちですな。

IMG_20191013_173337
↑ 7 Years Warrantyとデカデカと書かれているがタイ国内では販売店が1年しかWarrantyしてくれない。。。

バイタミックス TNC5200 レッド 【日本仕様・正規品・7年保証】
Vita-Mix (バイタミックス)
売り上げランキング: 28,112

40%キーボード、Vertex coreのキーカスタマイズ 2019年09月16日

2019-09-19_10-04-56

いやー40%キーボードのVertex core、これ、非常に使いやすい。まずサイズ感がちょうどよく、Fnキー併用の数字入力とファンクションキーの入力になれてきたら本当に入力は楽。そしてちゃんとキーマッピングをカスタマイズできる(しかも3パターン分)。

とりあえず会社のマシンのWindows用と自宅のMac用にプロファイル分けてカスタマイズしている。何をカスタマイズするかというと、やっぱりCtrlの位置ですな。(Macの場合はCmdキー)HHKBのCtrl位置の入力しやすさになれてしまえば全部のキーボードでこうなっていてほしい。

なので以下がカスタマイズ後のキーアサイン表です。(赤字のところを変更してます。)


↑ 標準


↑ Windows用


↑ Mac用

結局フルキーボード以外のキーボードは最初にHHKBで60%キーボードを経験してるためか、このキーアサインが一番使いやすい。Ctrlキーが通常のCaps Lockの位置にあるのはなかなか使いやすい。ホームポジションから小指ですぐ横のキーにはほとんどキーを叩く必要のないCap LocksをアサインしておくよりもWinやLinuxならCtrl、MacならCmdキーを割当てるのが順当です。

VORTEX CORE メカニカルミニキーボード 英語US配列 47キー Cherry MX 赤軸 VTG47REDBEG
ヴォーテックス (Vortex) (2017-09-07)
売り上げランキング: 20,140

↑ 自分は茶軸で使用してますが、タイプ音も小さく、キータッチ軽く非常に快適。

KZのWiredイヤホンをWireless化できるBluetoothケーブル 2019年09月15日

IMG_20190921_093307

先日の日本一時帰国時に購入したKZのZS10というダイナミックドライバx1とバランスドアーマチュアドライバx4を積んでアマゾンで約5500円、Aliexpressだと3000円強で買える低価格中華イヤホンがありましたが、これは標準では有線で使う。

これをBluetoothイヤホン化できるケーブルが別売りしているので、それを付けることで無線化することも可能。しかもお値段も1000円程度で買えるのでこれは試さずには居られない。

というわけで買ってみました。

IMG_20190921_093333

IMG_20190921_093351

スポーツ用のBluetoothイヤホンみたいに左右のイヤホンをケーブル一本でつないだコンパクトなタイプでBluetoothモジュールは4.2でAptx対応。箱の中身はBluetoothケーブル本体と充電用のマイクロUSBケーブル、説明書類のみでシンプル。

で、実際に聞いてみたところ、いやー、有線でのいい音をしっかり堪能した後なのでいくらAptxでつないでも音がぜんぜんクリアに感じられなく、音質劣化を感じてしまって、「うーん、これなら多少不便でも有線かな。。。」と思ってしまう。

そしてあまり気に入らない点が以下、

思いの外ケーブルが長くて首周りでだらーんと余ってしまう
バッテリ容量をかせぐためか、ケーブルの左右にBluetoothモジュールのような塊がついている
ケーブル自体は軽いのだが、硬さが結構あって、箱に収められていた時の巻グセがなかなか治らないのもちょっと扱いにくい

というわけでイマイチ使っていこうと思えないBluetoothケーブルでした。個人的には良い点は価格が安いことぐらいかな。。Aptx-HD対応のケーブルも別に売ってるのでそっちも試してみようか?音さえよければ多少使い勝手悪くてもとりあえずは使っていくと思うんですが。。。

インド料理でもパクチーが大事だった 2019年09月14日

Corriander harvested

タイ料理でパクチーが大事なのはよくわかるんですが、インド料理はまずスパイスがメインで香草ってのはそれほど入っていない先入観があったけど、実際に自分でダルカレーなどを自炊してみるとパクチーがあるかないかでかなり大きく味が変わる。

やっぱりこってり感は少なめの南インド料理系だとその傾向は顕著かな。まあ、当然タイの気候でよく育つパクチーは南印度でも取れるでしょうから使うのも当たり前か。かなり味にふくらみが出てくるのでこれに気づいてから結構カレー作るときにはパクチー入れるか入れないかはしっかり考えるようになった。

あと大事なのはライムもしくはレモンですな。カレー作ったあとに最後に一絞りってところですが、これもあるとないとでは味が大きく違って、これのおかげで結構味がしまるのでインド料理自炊するときにはこれも忘れずにスーパーで買っておきたいところですな。


↑ このレシピでも結構な量を入れてる。

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理
香取 薫
河出書房新社
売り上げランキング: 41,150