フードプロセッサー購入 2019年05月19日

IMG_20190519_111759

今までもフードプロセッサー自体は持っていたが あまり大きなものはいらないだろうと思って最小限のサイズのものを買っていたら結局のところ自分の使用用途には全然容量が足らずほとんど使わなくなっていた。 しかも容量の足らない所にいっぱい材料を詰め込むから使った後容器とフタのつなぎ目などから色々と中身が漏れて来たりして掃除もかなり大変だった。

あまりに使い勝手が悪いんでやっぱり新調することにした。どれにするかでこれまた色々悩んだけどもバンコクで手に入りやすいPHILIPSの安めの(2990THB)フードプロセッサーにした。これだとコンテナの容量が最大1.5 L 入る。これぐらいの容量だと大分料理がしやすい。今まで持っていたのは 0.7Lとか0.8Lぐらいのコンテナだったので一気に倍になったわけだ。しかし海外のフードプロセッサーのカタログとかを見ていると容量2.4 Lとか3.6Lみたいなものもあってどんだけでかいねんと突っ込んでしまう感じだ。この辺のサイズはさすがにバンコクでもあまり見かけないけど。。自分にしたら今回買った1.5Lのコンテナでもかなり大きく台所でかなりの場所を取るのでやっぱり購入には決心というか、それなりの考慮が必要。

IMG_20190519_123153

で、この写真が早速このフードプロセッサーでひよこ豆のペースト、フムスを作って、そいつを使ってフムスパスタを作ってみました。けどいまいち色よくできないね。 また精進します。

TESCOM PureNatura フードプロセッサー ホワイト TK440-W
テスコム(TESCOM) (2013-10-04)
売り上げランキング: 11,955

↑日本にいたときはこのフードプロセッサを使ってました。

近所のスーパーでもチアシードパスタを見つけた 2019年05月18日

LRM_EXPORT_514841995774661_20190520_195157333

LRM_EXPORT_514877944950377_20190520_195233282

以前 The Dress というお店のチアシードパスタを食べたらすごく美味しかった事を書いたが、先日近所のスーパーをぶらぶらしていたら普通にチアシードパスタが売っていた。これも試してみようと思いとりあえず購入。225g入りで49THBだったかな。

で実際に原材料を見てみると、ベースはライスパスタで、そこにチアシードが練り込まれているのでチアシードパスタ。どっちかと言うとメインの成分はライスパスタじゃないかな。。

食べてみた感じははっきり言って東南アジアでよくあるライスペーパーをシュレッダーに入れてパスタにした感じじゃん。タイでは全然ありふれた食感の麺になっていて正直パスタ感は少ない。パッタイに使うセンパッタイと入れ替わってても気づかないんじゃないかという。。そもそもチアシードも全然味しないしね。

さらにもう一歩進めて考えると、ライスパスタとしてスパゲッティソースにセンレック絡めても行けるんじゃないかと。いや、やるならセンパッタイかな。でも次回タイの米麺でスパゲッティ作ってみます。

大潟村あきたこまち生産者協会 グルテンフリー習慣マカロニ 150g
大潟村あきたこまち生産者協会 (2016-11-15)
売り上げランキング: 5,573

↑日本で食ってたグルテンフリーパスタの中ではこれが一番うまかった記憶。。アマゾンではチアシードパスタは検索しても何も出てこなかった。。

アソークのパックワンというインド料理屋 2019年05月17日

LRM_EXPORT_380228002924497_20190518_093044064

アソークでの、とある飲みの晩の帰りがけに、目に入ったインド料理屋の看板。自宅までのタクシーを拾う前にチャナマサラとチャパティを調達。パックワンという名前のお店だが、ここのお店は初めて利用した。インド料理屋でパックワンという名前は珍しいかな。

アソークの交差点のすぐ近くということで立地が良いせいかお値段は結構高め。そして家に帰って食べてみたけども味の方は値段まで全然行ってない感じかなあ。。どこにでもある北インド系の味。もうちょっと安けりゃまあこんなもんかなとも思えるんだが。そして酔っ払ってたからか料理の写真自体全然撮ってないし。。まあこのへんの繁華街だとこんなもんかなあ。

個人的には次回の訪問はないな。。

トカゲの脱腸の原因を考えると。。2019年05月16日

2019-05-19_06-36-10

うちのトカゲがベビーなのにいきなり脱腸してしまった件について。

思い起こせば脱腸してしまった日の前日ぐらいにチャトゥチャックでコオロギの生き餌を買ってきて食わせた。食べさせる瞬間、「ああ、まだかなり小さなベビーだなあ、ちょっとコオロギ大きすぎるかな」と思ったのは事実。その後消化不良気味で脱糞した際にうまくいかず脱腸したのかもしれない。

それを考えると小さいうちに大きな虫を食べさせるのはいけないのかもしれない。コオロギでも小さい個体か、もしくはミールワームあたりが良かったのかも。

今ん所脱腸トカゲは回復中だけど、脱腸したおしりはそのまま、赤黒い乾燥した腸をお臀にくっつけたまま動いているが、なんかそのうちにポロッと取れそうな気もする。。

S&Bの赤缶で日本式カレー作り 2019年05月15日

LRM_EXPORT_380389865169383_20190518_093325927

ベジ仕様で日本式のカレーが食いたいと思って、どうしたものかと検討していたらふとバンコクのスーパーでもS&Bの赤缶のカレー粉が売ってることを思い出した。

早速近くのTopsで購入して日本式カレー作り。赤缶のカレー粉の作り方は、サラダ油と小麦粉をしばらく炒めて粉っぽさを無くした後、カレー粉を加えて練り物状にし、それを野菜を煮たスープに放り込んでとろみを出していくという方法。

これってグラタンとかのホワイトソースと同じ作りだと思う。ホワイトソースの場合は小麦粉とサラダ油を炒めてそれを牛乳で伸ばしていくが、カレーの場合はスープで薄めていく。その違いだけ。ただこの場合、少しもったりと食感が重くなりすぎるのでイマイチ好みではない。やはりここはとろみをつけるにはレンズ豆煮崩しを加える形の方が味も格段に良いと思ってやってみたが、それは味、香りが完全にインド式になってしまった。日本式カレーはやっぱり小麦カレールーのもったりしたものが醍醐味なのかもしれない。ただ、この方法なら他にも、コーンスターチやタピオカデンプンなど他の粉も使えるのでもうちょっといろいろ試してみたい。

またベジ仕様にするため肉の代わりに入れるものを何にするかというのも結構色々頭を使う。やっぱり個人的にはきのこ類かな。意外にきのこ類は味の濃いものとの相性がいい。日本式カレーでは肉代わりに豆腐では豆腐が弱すぎて頼りない。だから表面を結構しっかりめにあげた厚揚げ細切れの厚揚げあたりだとうまく行くかもしれない。

しかしこのS&Bのカレー粉で作ったカレーは 普通のカレールーで作るよりもかなり自分で味付けする部分が多くて自由度が広い。カレー粉は香りだけで味はないからスープのダシとか塩気は自分で調節。カレールーの場合はいろいろ他のものが入っててほぼ味が決まってしまっているので、面白くはないかな。そしてインド式を食い続けてると今となっては市販のルーとかレトルトのカレーの濃さに慣れない。ベジ仕様でもラクトベジタリアンならば精製バターであるギーを加えるとかなり味が豊かになる印象。いろいろやってみます。

S&B カレー400g
S&B カレー400g

posted with amazlet at 19.05.19
エスビー食品
売り上げランキング: 1,627

↑ S&B赤缶。

S&B ゴールデンカレー動物性原材料不使用 1kg
エスビー食品 (2019-02-05)
売り上げランキング: 3,587

↑動物性原材料不使用のカレールーも日本では売っている。が、1kgのパッケージのみ。使い切れるか?!