Palmy の คิดมาก 2019年09月08日

最近新しいイヤホン買って自分の手持ちの音源をいろいろ聞き直したりしているが、久しぶりにこれを聴いた。Palmyの「คิดมาก」という曲。
これだけいろいろ音楽のネタを書きつつほとんどタイの音楽を書いていない自分ですが、

基本的に、

欧米英の音楽のほうが面白い(日本を含めアジアの音楽はコピーに聞こえる)
でも日本の音楽は日本語という理解度が深い言葉で歌われているため、別の感動がある
なのでアジアの音楽ならその国独特のフレイバーがあるものでないとほとんど手を出さない

という感じであります(極端に言うとね)。

なのでタイの音楽ってあまり聴いてないし、書かないし、という中でこのアーティストのこのアルバム(というよりこの曲かな?このPVかな?)はかなり好きなんだ。

このPVの古臭いノスタルジックなタイのデパート、中華街の個人商店、床屋の醸し出す旧市街感覚がとても懐かしくて大好き。今のコンドには10年ほど住んでますが、それまではこういう雰囲気のお店や町並みの中で住んでました。

カオサンの2本か3本ほど北の通り、バンランプーの衣料品市場のあたりのデパートに入ってみるとこういう感じですよ。

で、久しぶりに聴いてみて愕然、なんとこのアルバムでリリース年が2011年とな。つい最近のように思うんだけどすでに8年も経っているのか。時の流れは早いもの。

最近中華街、チャルンクルンの通りにも地下鉄が開通して、バンコクの中華街ですらこういう古臭い風景は徐々に時の流れに埋もれていく傾向ですが、あと数年もすればこのPVに写ってるような景観は本当に珍しいものになってしまうのかもしれない。

そして自分も年を取っていて愕然です。

Palmy 5
Palmy 5

posted with amazlet at 19.09.08
Palmy パーミー
GMM
売り上げランキング: 699,749

↑ CDは中古で売ってる。。。

Maika LoubteのJETSET引き出物MIXCDのPlaylistを作成しました 2019年09月07日

IMG_20190902_231725

前回の一時帰国時の戦利品、Maika LoubteのJETSETの非売品MIXCDのセットリストをSpotifyのプレイリストで再現しました。個人的にこのCDの元ネタをアルバムジャケ含めSpotifyで確認してましたが、どうせ後でも聴くのでプレイリストにしました。非売品とはいえ、ヤフオクやメルカリで探せば1000円ぐらいで買えますが僕と同様日本に居ないなどでどうにも入手しにくい人などはこちらのプレイリストで聴いてみるのもよいのかもしれません。Spotifyでほとんどの曲はありましたが、3曲めのLike Woah!のLooking at Youという曲がRemix違いです。MIXCD収録のTed & Francis RemixがSpotifyにはなかった。。。そして当のMIXCDはプレイリストで聴くよりも当然ですがだいぶアップ気味です。

最近このMIXCD、ことあるごとに聴いております。。。

2019-09-08_03-53-51

Le Zip
Le Zip

posted with amazlet at 19.09.08
AWDR/LR2 (2016-08-24)
売り上げランキング: 53,619
Closer
Closer

posted with amazlet at 19.09.08
WATER RECORDS (2019-07-12)
売り上げランキング: 4,172

30%キーボード!Gherkinなる自作ミニマルキーボード 2019年09月06日

30% keyboard. “Gherkin” | Drop (formerly Massdrop)

本当はHHKBと同サイズの60%サイズのキーボードを探していていろいろググっているうちに30%キーボードなるものを発見。
それが上の写真なんですが、これは欲しくなるなあ!

と思っていたら実はこれは明確に製品化されたものではなくて自作好きの人が自作キーボードとして製作したもの。しかしながらその基盤データなどはGitにアップロードしてあって自由に使えるらしい。さらにはその基盤データを使って中国のプロトタイプ基盤の制作会社に発注する方法まで記事があった。

tmk_keyboard/keyboard/gherkin at master · di0ib/tmk_keyboard · GitHub
40% Keyboards: Ordering a PCB

お値段は、基盤5セットで約10ドル!そりゃ注文するでしょ!そりゃ自作するでしょ!そりゃハンダ付けもするでしょ!

というわけで誘惑に抗えるわけもなく、基盤、キースイッチ、キーキャップ、ダイオード、スペーサーやネジなども全部その日のうちにLazadaとAliexpress使って注文完了。

楽しみじゃー。しかし図面送って自分の依頼通りの基盤を作成してもらうサービスなので最低発注数が5個となっていたため、基盤が残り4つあまります。。。誰か要る人居る?

VORTEX CORE メカニカルミニキーボード 英語US配列 47キー Cherry MX 赤軸 VTG47REDBEG
ヴォーテックス (Vortex) (2017-09-07)
売り上げランキング: 28,108

↑ こちらVortex-Core、既製品。これもコンパクトで机の上を広く使える系。

hp ink tank wireless 415を買いました 2019年09月05日

IMG_20190817_163620

というわけで新たにインクタンク式のプリンタを購入したわけですが、プリンタヘッダとインクカートリッジが一体型となっていて、交換式になっているタイプのプリンタはヘッドがサーマル方式のものに限られるのでそれをメインに探すと、キャノンのものが一番に出てきた。G1010, G2010, G3010, G4010などのGシリーズがインクタンク式のプリンタとなる。

しかしながら店頭で訪ねてみるとなんとMacをサポートしないという痛恨の仕様が判明。そして店員オススメのインクタンク式のプリンタはhp ink tank wireless 415とのこと。調べてみるとこちらの機種もサーマル方式でヘッダ交換サポートされているような構造。

そして店頭では交換ヘッダを見たことはないが、Lazadaなどのオンラインのショップでは黒インクのヘッダとカラーインクのヘッダを合わせて990THBぐらいで普通に販売しているのでもしヘッダにインクづまりが発生してもすぐにこちらに交換して復旧できるはずだ。

というわけでhpはまったく選択肢に入れていなかったが、欲しかった機能はしっかり持っているのでこちらを購入。Power Buyで4,990THBだったかな。

IMG_20190817_163627

IMG_20190817_163908
↑ マニュアル類

IMG_20190817_164008
↑ 四色インクボトル

IMG_20190817_164214
↑ 見た目は完全に家庭用のプリンタという感じですな。

IMG_20190817_170029
↑ サーマル式プリンタヘッダは初期セットアップの際に自分で取り付けるような方式。

IMG_20190817_170059
↑ 初期セットアップの際に最初から入っているスペーサーを取り除いてヘッダを取り付けるんだが、このスペーサーにインクがたぷたぷに入っていて、気づかずに裏返したらインクがこぼれ出した。要注意。

IMG_20190817_171112
↑ とりあえず設置場所に設置。

IMG_20190817_171117
↑ インクタンクはこんな流線型。

IMG_20190817_171122
↑ 今までの日本メーカーのインクタンクのキャップと形状が違う。

IMG_20190817_171130

このインクボトルのキャップが秀逸で、これ単体で逆さに向けてもインクがもれないし、タンクにインク充填するときも、しっかりとタンクの口にこのボトルの口を押し付けないとインクが出ないし、充填時のインクの漏れも発生しないように作ってある。ここは以前の日本のメーカーのインクタンク式よりも進化してる点だと思う。インクタンク式プリンタも日進月歩なんですな。

とりあえず設置完了。WiFiも使えるのでPC、Macからもワイヤレスでプリントできるし、スマホからもそのままワイヤレスでプリント可能。使い勝手は上々。あとはヘッダのインク詰まりが発生しないか、発生してもすぐに交換式ヘッダで復帰できるかですな。

PRINTER (เครื่องพิมพ์ไร้สาย) HP INKTANK 415
↑ JIBだと今これぐらいのお値段。

HP PRINTHEAD GT51/GT52 (หัวพิมพ์) #3JB06AA ใช้สำหรับรุ่น INKTANK GT5810,GT5820,GT310,GT350,GT410,GT450,GT315,GT415 | Lazada.co.th
↑ 交換用のプリンタヘッド。

↑ 日本ではhpはインクタンク売ってないのかね?日系メーカーは結構最近はどのメーカーもインクタンク式を出してるけど。。。

エコタンク式プリンタはその利点を活かす前にプリンタヘッドが詰まる 2019年09月04日

Canon iP2770/2780 with DIY CISS Kit

個人的には無意識に水モノが大好きなんじゃないかと思う。

水槽、液体タンク、パイプ等々、自分は濡れないで水の中や下の世界を覗いたり、重力を活かしてパイプの中を流れる水を眺めるのが結構気持ちいいんじゃないか?ということに最近やっと気づいた。

で、私、フリーランスをやり始めた時からエコタンク式のインクジェットプリンタをよく使っております。ブラザー、エプソン、キャノン。この辺はとりあえず使った。2017年に日本に戻った時にもブラザーのインクジェットを買って、改造ビッグタンクを入れてCISS式にして使っていた。インクという液体がパイプを伝って流れていく様、タンク内のインクが徐々に減るのを眺めるのが楽しいのである。人から何が楽しいの?と言われると返答に困るが自分には楽しいのである。

そういう楽しいエコタンクプリンタだが、「これで日々の印刷コストは極限まで抑えて、ガンガン使って得だねー。」と考えていても大きな落とし穴があるのであります。

プリンタヘッドが詰まる。

いくら大容量のインクを安く供給出来ても肝心のプリンタヘッドが詰まると印刷ができないんである。ヘッドクリーニングを何回も繰り返してもきれいに出ないヘッドはやっぱり交換しかない。これがまた個人じゃできなかったり、非常に手間がかかったり、金がかかったりなんである。

で、自分の場合、結局ヘッドが治らないと他のものに買い直してしまう。それでブラザー、エプソン、キャノンと3つも試す羽目になってしまった。印刷コスト下げようとしてエコタンク機種買ったのに逆に金がかかっているような。。。

で、今回、ダンジョンズ&ドラゴンズのBASIC RULESなどをガンガン印刷してたらまたキャノンのプリンタヘッドが詰まった。買い替えである。めんどくさいので買い替えである。

こんだけヘッドが詰まるのである。なら、ヘッドが固定式のやつではなくてすぐにヘッドが交換できるものがいい。なら、「サーマル式プリンタヘッド」であります。これのエコタンク仕様を買えばヘッドが詰まってもヘッドだけ交換すればまた使うことができるのである。

ということを踏まえて何を選んだかと言うと。。。<<次回へ続く>>

↑ 今の日本ならやっぱりエプソンのエコタンクがいいと思う。