日本に一時帰国したらkindle paperwhiteを持って帰ろう 2019年01月03日

Kindle Paperwhite Unboxing

最近の普段使いデバイスは、HuaweiのNova 3iかHuaweiのMediapad M5であり、知らぬ間に自分はHuaweiファンになっていたりするんだが、やっぱこれらで電子書籍読んでるときに入ってくる数々の通知はうっとおしく、ただでさえ加齢で集中力が下がってるのにぜんぜん落ち着いて本を読ませてくれないもんだから、久しぶりに古いkindle paperwhiteを引っ張り出して使ってみた。改めて独立した読書専用機というのはやっぱり落ち着くもんですなあ。

とはいえ、自分の持ってるkindle paperwhiteは初代のもので2012年だったかに買ったとってもレガシーなモデル。背面のゴムっぽい素材が油抜けしてべたべたしてるので、ちょっと気持ち悪い。

なので2月の一時帰国時には最新の kindle paperwhite を買って帰ろうかと思っております。この初代のデバイスは一台 8,000円
ぐらいで買えたような気がするが、現行機は 13,000円台。でも無印 kindle だとバックライトがないので車に乗ってるときにちょっと暗い所に入ると途端に読めなくなるからやっぱりNG。paperwhite か Oasis になるんだけどやっぱり金額的に paperwhite。現行機はだいぶ進化してそうだからこれでも十分楽しめるでしょう。

しかし最近は本を読むときでも気が散って仕方がない。気が散る or 眠たくなるを避けるため座らず、寝転がらず、kindle 持って立ったまま読書することもしばしば。これが一番集中できます。

サディスティック・ミカ・バンドの1975年の映像 2019年01月02日

おお、こんな映像は初めて見ました。1975年当時のサディスティック・ミカ・バンドの映像。やっぱりこの当時に日本のバンドでこの演奏はなかなかないですなー。普通にカッコいい。

もう加藤和彦はなくなってしまったけど、これ以降のバンド(桐島かれんの時とか、木村カエラの時とか)はあまり面白い音ではなかったな。

黒船
黒船

posted with amazlet at 19.02.03
EMI MUSIC JAPAN INC. (2004-04-01)
売り上げランキング: 18,848

あけましておめでとうございます 2019年01月01日

くどいですけど2019年2月に入ってから更新するあけましておめでとう。もう適当。上の動画もyoutubeから拝借した1980年代の元旦のTVCM。このころの日本のTVCMはどんどん経済成長する日本に対しての希望が満ち溢れていていいですわな。

とりあえず2019年もよろしくお願いいたします。

さて、やっと2018年暮れてゆく年くる年 2018年12月31日

あー、やっと2018年12月31日のブログ記事。更新時の現在2019年02月03日。はやくこの辺の滞ってるブログ更新を書いてしまいたい、、、ということでこのような内容のない記事でひとつ数を稼いでおります。まあ実際大みそかの日の日記なんてほとんど内容がないんですが。。

一番上に張った動画は最近お気に入りのTetris Effectのプレイ&BGM動画。たかがテトリスですが、ずっと見てしまうナイスな音と画面の没入感。今までゲーム系はまったく興味がなかったので知らなかったが水口哲也という有名なクリエーターの作品らしい。

というわけでTetris Effectの話で自分的にはいろいろあった2018年が暮れていきます。。。

2018年で観た映画ベストテン 2018年12月30日

はい、2019年も2月に入ってから2018年に観た映画のベストテンを書いております。(とりあえずベストテン選定は12月の末にやっておりました。)

さ、もう前置きもなく発表!

1 フロリダプロジェクト*
2 バーフバリ 完全版*
3 カメラを止めるな*
4 ダンガル*
5 赤色彗星倶楽部*
6 レディプレイヤーワン*
7 スパイナルタップ*
8 たまもの
9 きっと、うまくいく
10 WE ARE TWISTED F***ING SISTER

というわけで2018年前半は日本に居ることができて、映画を映画館でかなり頻繁に観ていたので新しい映画のランクインが多い。タイトルの後ろに「*」を付けているものが2018年の映画(本国公開が2017年になってたりするものもありますが、日本での公開が2018年のものを2018年の映画と捉えてます)です。

1位は堂々やっぱりフロリダプロジェクトだし、インド映画のランクインが多いですな。バーフバリ効果w。赤色彗星倶楽部もよかったし、たまもののフィルムの質感を惜しげもなく出してる空気もいいし、2018年はいいものをいっぱい見させていただきました。

さて、バンコクに戻った2019年はどうやって映画を観ていくかが問題なんだよな。。。