タグ: Thai

タイでも売っていた人工肉ビヨンドミートを食べる 2020年01月12日

IMG_20200119_170030__01

バンコクのスーパー、Villa Marketに行ったら普通に冷凍食品のコーナーで売っていたビヨンドミート。最近ニュースでわりと見かける人工肉であります。とりあえず買って帰る。

カロリーは1枚のパティ100gかな?で250kcal。プラントベースとはいえ結構カロリーがある。

IMG_20200119_170052__01

冷凍されている加熱前の状態からかなり肉っぽい風体です。

IMG_20200119_171357__01

焼いていくとどんどんパティの中から油が出てくる。フライパンだと油で揚げたのか焼いたのかわからん感じになる。

IMG_20200119_171500

焼き上がりがこんな感じ。まー、お肉とはちょっと違うかな。でも何も言わなければわからないかも。

IMG_20200119_171553

切ってみるとこんな感じ。断面はほんとに肉っぽい。

食べてみると。。。牛肉だ。ちょっと味の薄い牛肉という感じですかね。しかし今まで食ったフェイクミートのなかではダントツに食感も味もビーフ。味はどうやってこんな味にしてるのか想像つかないぐらい牛肉っぽい。食ったあとにげっぷで胃から上がってくる匂いまで牛肉っぽい。食感もまさに牛肉という食感をよく再現している。これはすごい。

たしかにここまで肉っぽいものを作るのってベジタリアンやヴィーガン向けではないのかもしれない。普通に肉を大量に消費している人に食ってもらって、畜産でアホみたいに資源を使いまくってる現状を緩和するという目的だとしたら、このレベルだと叶えられるかもしれない。

ところがお値段はハンバーガーのパティ2枚分で325バーツ。日本円でも1000円以上します。この値段ではまだまだ新もん好きの人間しか買わないわな。

タイのクノールのカップパスタ、1食150kcalと便利だけどこれ、ベジじゃなかった 2020年01月12日

IMG_20200114_222049

普段あまりセブンやらロータスやら行かなくなったが、先日ロータスをうろうろしていて見つけたこのカップパスタというインスタント食品、クリームマッシュルームっぽいのでベジの食べ物かと思って買ってみた。

なんせ1食分で150kcalと非常にカロリーが少なくて食べやすいのだが、袋を開けて中身を取り出すとスープの袋に”Cream Mushroom Chicken Soup”と書いてあった。。。最初から書いておいてくれよ。。。ベジじゃないです。。。

といいつつ、タイ語ではIngredientsにちゃんと書いてあるんだけどね。。タイ語で非常に小さい字だったのでちゃんと読んでなかった。

Netflixで แฟนฉัน を見る 2020年01月11日

最近またNetflixをよく見ております。

Netflixって環境を考える系ドキュメンタリーは食の真実ドキュメンタリーやベジタリアン好みな映画も結構豊富でそちらをいろいろ見ていたんだが、ふとタイの映画が目に入って興味本位で見てみた。

それが2003年公開のแฟนฉัน(フェーン・チャン)。英語タイトルが「My Girl」、あとで気づいたが当時日本でも公開していたらしく、日本では「フェーンチャン 僕の恋人」というタイトルだった模様。

この映画、タイバンコク近県のペッチャブリーという田舎街の二軒となりの幼なじみの小学生の初恋を描いたもので、タイの田舎で1980年代のノスタルジックな空気を上手く描いている。

タイの小学生の男の遊び方、日本だと牛乳瓶の瓶でメンコしたり、女の子の場合はゴム飛びだったりとかがまあ、多少形は違えどタイでも一緒だったんだなあといろいろと考えることが多くて楽しい。

ストーリーとしては無難はほっこりとする系の話なんだが、監督などのクレジットを見ていて数年前に話題になっていたBTSの恋物語みたいな映画の監督(というかクリエイタグループ名)と同じだった。なるほどこういう空気感の映画が得意なのね。

こちらが約10年前のรถไฟฟ้ามาหานะเธอ。BTS恋物語みたいな感じかね。

で、แฟนฉันに関しては全体的にいいだけど、ストーリーの最後の最後がちょっと消化不良だったんだが、2020年の今ちょうどネットで検索してみると、主役のノイナーも26歳、まさに映画の最後の時ぐらいの年齢なんである。なのでこれで最後の答え合わせができるというもんですな。下のWikipediaのリンクに写真がありまーす。

โฟกัส จีระกุล – Wikipedia


↑ おおっと、これまたAmazonのDVD価格がまた馬鹿高い。これ、日本のNetflixでも見れるんかな。。。

Bowlitoというお店のトーフライスボウル 2020年01月09日

IMG_20200109_154046

仕事で訪れた先のSathorn Squqreというビルの1階にBowlitoという変則メキシカンみたいな店を見つけた。

メキシカンでライスボウルがあるというので行ってみたら、お肉が選択制でチキン、ポーク、ビーフ、トーフまであった。豆腐があるってことはベジタリアン対応?とりあえず食ってみました。

それが上の写真ですが、チリソースと絡めた賽の目の豆腐とレタス、トマト、アボガド、チーズにチリソースとサワークリームがかかっていてなかなか味が濃い。そしてかなり辛い。この下には玄米が日本の茶碗で半分ぐらいの量が入っていた。

個人的にはタコライスの代わりとして食べて美味しかったが、もうちょっと味が優しいと嬉しいな。辛さももうちょっと穏やかでよい。とはいえ、ベジの食事のひとつとしてまた食べられるものが増えたというのは嬉しい。(チーズ等あるのでヴィーガン対応ではないですが、ベジはオーケーかと)

サトーンスクエア以外には自分の職場の近くのWireless Rd.のシントンビルにも入っておりました。


↑ バンコクのスーパーでもこれはよく見かけるな。

チャトゥチャックのベジフードコートで見つけたベジ用オイスターソース 2020年01月08日

IMG_20200109_221328

こちらもチャトゥチャックのベジフードコートで見つけて、初めて買ったベジ用のオイスターソース風。オイスターソース風にトロッとしていて、香りもオイスターソース風。よく嗅いでみると「ああ、しいたけだ」と動物性不使用のしいたけソースなのに気づく。

タイ料理は炒め物のソースのベースにオイスターソース使うことが多く、オイスターソース使わないとなると代わりの底支えになる味が必要でした。とりあえずこれがあると安心して炒め物が作れます。これでまた自炊に強力なツールが加わりました。

IMG_20200107_220249
↑ このベジソース使ってパットキンジェー、ソイミート入れた生姜炒め作ったり。千切りの生姜たっぷりで生姜の旨辛。

まあ、ソースの味自体は超濃くて添加物バンバン、ってな感じの味わいですが、オイスターソース自体が昔から添加物てんこもりだろうなって感じのものだし、もともとタイも日本もオイスターソースってケミカルな調味料だろうからあまり気にしないことにします。

カキを塩茹でした際にでる煮汁の加熱濃縮液、または塩漬けにした牡蠣を発酵させた上澄み液に、小麦粉、デンプンで濃度を調整し、砂糖、うま味調味料などを加えて調味し、アミノカラメルで色を調整したもの。メーカーによって、風味や粘度にかなりの違いがある。

オイスターソース – Wikipedia

でも炒め物はほんとにやりやすくなるね。