1日1食メソッドで体重が落ちてきた! 2020年09月09日

BBQ veg

ふとしたことで1日1食を一度試してみるかと思った。

今はアマゾンの kindle unlimited を契約してるので1日1食関連の健康本は結構読める。ざーっとそれらの本を読んでみたけど、あんまり具体的に科学的根拠を示してる例はない。しかしながら自分でも食事を減らしたときの胃腸の調子は身に覚えがあるのもあってかなり前向きに取り組むことができる。

で、8月の15日ぐらいだったかな?から取り組み初めて、最初は1日1食と言えど、朝昼は少しだけ食べ物を入れたほうがいいと考えていたので、バナナ1本だけとか、ワカメの味噌汁だけとかを食べて、晩メシだけ好きなように食べていた。が、食べたもの管理がめんどくさいので徐々に「食べなくていいじゃん」の方向に。今は朝は緑茶飲むだけ、昼は80〜90kcalの豆乳(7-11ですぐ買える)を飲むだけにして、晩にはビール飲んで、好きな飯食ってます。

そうすると、みるみる体重が減ってきました。

Screenshot_20200911-112535__01
↑ 開始時

Screenshot_20200911-112543__01
↑ 現在

8月の一番重かったときの体重で8月17日68.4kg、現在9月に入って9月10日は64.2kg。なかなかいい感じの下降線を描いております。そして皮下脂肪と内臓脂肪も少し少なくなった実感。しかも3,4日で空腹感にも慣れてきてちゃんと昼間も過ごせるようになった。昼間は低血糖にならないように豆乳で糖分を取るが、固形物は胃に入れないようにしている。長時間胃の中を空っぽにしてるので晩メシを食う量も少しづつ減ってきている。なので晩メシどか食いで寝る前から腹が張って大変ということもない。かなり個人的にこれはかなり正解な食事法だと思う。

体験してみると感じるが、たぶん1日3食は人間の体に取って栄養過多で逆にいろいろ弊害があるんでしょう。特に中年の体にはこれぐらいの食事量がぴったり。2013年初頭に15kgダイエットを達成して以来、また体重コントロールの効かない状況に陥ってましたがなんとか今の状況にあう減量法を見つけられた感じがします。ベジ+1日1食メソッドで晩は皆とビール飲みつつ飯も食えるのでほぼほぼストレスなしでやれています。これでまた8年前の60kg切るぐらいの体重に戻れるようにもう少しがんばります。

インド飯、アルゴビ + チャパティで減量メニュー? 2020年09月01日

2020-09-01_12-49-01
↑ このアルゴビ、だいぶグレービーな感じ。本来炒めものという認識なんだけど違うのかな?

先に書いた健康志向インド料理Tipsのyoutubeのガイドどおりに土日のインドメシメニューを考えてみた。注文したのはアルゴビ(じゃがいもとカリフラワーのカレー炒め)とチャパティ(全粒粉無発酵パン)2枚。実際届いて(Foodpanda)思ったけど、これでも減量するのには量が多いね。実際チャパティ1枚とこのアルゴビ半分でちょうどの量かな。だから2食分か。

でもこれを目の前にしたらぺろっと全部食べてしまったのでまだまだ食欲コントロールが微妙。レコーディングダイエットに書いてたように半分取り分けて冷蔵庫に仕舞うなど食べられない状況にしてから食べ始めるなどちょっと工夫が必要ですな。でもだいぶ摂食量を押さえているのでこの2週間で67kg台から65前半までぐっと落ちた。そして仕事用のズボンも少し腰回り楽になった。なのでこの調子で続けたいものです。

とはいえ、やっぱりインド料理は減量には鬼門。カレーの匂い嗅ぐと食欲の湧き上がりかたが尋常でないです。


↑ この兄さんの言ってることを参考に。。。

もう一回、減量トライ。60kgにまで戻したい 2020年08月24日

THIN WHITE DUKE

そうなんです。Forever Young、60kgをもう一度。

1日1食メソッドを見習いつつ、1日3食だけど、1日のトータル摂取カロリーを1,000kcalぐらいに押さえて減量メニュー。

なんとか最近胃を縮められてきた感じ。

朝メシ
バナナ1本 80kcal

昼メシ
屋台で蒸かし芋 240kcal

晩メシ
サラダ 200kcal
フォカッチャ?一切れ 200kcal
ビール x3 400kcal(糖分量)

トータルカロリー 1120kcal

一日の取得カロリー1,000kcal前後だとするすると体重落ちていく。ポイントはこれを続けられるかというところですかね。

8年ぶりのしっかりした減量を行いたいのであります。ぶぶぶぶぶ!


↑ これがベース。

インド人によるインド料理環境で減量するためのTips 2020年08月23日

以前から、米やらナンやらチャパティやらで炭水化物天国のインド料理でどうやったら効果的に減量のできる食べ方ができるのかいろいろ考えてたが、最近はインド人によるインド料理での健康的な飯の食い方を説くような動画がちょこちょこ出始めて来ている印象。例えば上記の動画。

10kg減らすためにインドの国内でどのような食事を取っていくのか?とか、インドの屋台で飯食うときに健康のことを考えてどのようなものを食べる、どのように食べる?などを解説している。今までインド料理関連の動画というのはだいたい豪快なインド料理の作り方とか、レシピ動画が多かったが、やっとこういうのが出てきたか。まあ、自然の流れでこういうのが出てきて当たり前だよね。

しかし、この動画の人、とかく顔が濃い。話してる内容以上に顔の濃さに気を取られてなかなか内容が頭に入ってこない。さらには典型的なインド英語。もうちょっとゆっくりしゃべってくれると聞き取れるとは思うが、この動画レベルの早口でしゃべられると聞き取れないところ多数。いい動画には出会えたが、さすがインド人、一筋縄にはいかない。

でも内容をちゃんと見てみると、

やっぱり炭水化物は少なめに
全粒粉のチャパティ系を少量取る
油の多いカレーよりもダルなどの食物繊維が多くて比較的油少なめのカレー
筋トレは屋上で柱やひさし使ったハウストレーニング

みたいな内容を説明していて、ある程度想像してた通りといえど、勉強になります。具体的な量としてあれぐらいの体を作ってる人があれぐらいの量のダルカレー1杯とチャパティ1枚ぐらいを1食として食べてるのかと、内容もそうですが、量的に非常に参考になります。


↑ やっぱ体絞るなら豆だね。

今年はまたレコーディングダイエット開始 2020年01月10日

Diet

2019年はせっかく半ばで数ヶ月お酒を辞めて、3kgぐらいの減量をしたが、阿波踊りで日本に帰ってまた酒を飲み始め、また叙々に体重が増え始めた。

なかなか体重を一定に、というのは難しいですな。2016年の暮れからWithingsのWiFi体重計を購入してほぼ毎日記録をつけているが、本当に安定しない。増えたり減ったりである。

しかも日本に居てた時も含めると10kgぐらいの範囲で増えたり減ったり。こんなに体重が揺れ動くのって体によくないような気もしますが、とはいえ、最近食いすぎの自覚があるのでちょっと修正したいと思います。

2020-01-12_02-34-17
↑ 2016年暮れからの体重の変遷。

2020年初頭から始めるのはちょっと懐かしいキーワードになってしまった「レコーディングダイエット」。やっぱり個人的に向いているということと、食事データがちゃんと可視化されるということは素晴らしいと思います。

1日のカロリー摂取上限を1550kcalに設定して記録開始。今で5日めぐらいですが、全体的な食事量が減ってきていて、若干ながら体重も減った。これでまた個人的なベスト体重のアンダー60kgまで落としたいと思います。
(まわりの人間は今ぐらいがちょうどいいというが、60kgぐらいまで落とせば内臓脂肪も綺麗に消え失せてホントに腹の出ていない理想的な体型になるのでとりあえずそこまでがんばる。。。)

ちゃんとダイエットしようと思ったのは2012年の暮れから2013年の3月までで15kg落とした時依頼ですな。途中で失敗しなければいいなあ。。。

ちなみに今の段階での食事メモ。

20200109
1550kcal/day
65.5kg

0715 breakfast
ビタミン剤 x1 2kcal
プロバイオティクス x1 2kcal

total 4kcal

1235 lunch
farm factory
nacho cheese 460kcal
チップス少々残し
KitKat 3/4 68kcal
1550-532= 1018kcal

1545 間食
Bowlito
豆腐ライスボウル 560kcal
1550-1092= 458kcal

1925 dinner
Witches
野菜炒め 100kcal
フレンチフライ 15kcal
ビール x2 100kcal
ウィスキーソーダ x2 0kcal
ピザ 1/8 160kcal
味噌汁わかめ x1 30kcal
1550-1497= 53kcal

こんな感じで毎日書いてます。


↑ ずっと使ってるWiFi体重計。アプリで体重推移がグラフで見れる。

上は岡田斗司夫先生の名著でございます。残念ながらご本人はリバウンドしーの、ダイエットも興味なしーのって感じみたいですな。しかしながら内容はあまたあるダイエット本のなかではピカイチの内容だと思います。

ご本人、食事メモ止めたのが一番の失敗だと思われる。自分の体験から考えても「もう安心」と思っても食事メモだけは書き続けるのがリバウンド防止に一番よいのではないかと思いますな。