タグ: Japan

改めて二郎にトライしに来たけどこれはすごいわ 2019年12月15日

IMG_20191216_113636

お前、何がベジタリアンだよ!と突っ込まれるのは重々承知ですが、ちょっと久しぶりに二郎のラーメンをチェックしたくて日本一時帰国の際にがんばって行ってきました。

行ってきたのはラーメン二郎荻窪店。高円寺からアクセスがよいのでここ。また、三田や新宿のお店と比べればまだ空いているかなと読んでここを選んだ。

開店10分前に着いたが、その時点で前に二人並んでいて三人目。さらには開店までに全部で8人の行列になっていた。すごいね二郎って。

そしてまた初心者に緊張を強いる注文方法など、あまり簡単ではないなあ。もう少し気楽に食わせてくれよ。。こういう個性のある店って店も店だけど、濃いファンがネットで勝手にめんどくさいコミュニティルール作るからめんどくさいんだよな。。。

で、ネットの解説読みながら、少ラーメン注文。

「にんにく入れますか?」「あ、普通に入れてください」「あ゛?」

やっぱりネット記事通りの呪文を唱えないと通じないのか。。。

で出てきたのは小ラーメンのにんにく入り。あとは普通盛りですが、これ、小ラーメンでも麺量がすごい。しかも二郎の麺ってうどんみたいな極太麺でパンチがある上に大量というなんとも男飯。にんにくも強烈。中途半端なにんにく量じゃないね。そしてやっぱりスープも超塩辛い。すべてにおいてスーパージャンク、衝撃映像ですわ。とにかく動物的に飯食ってる実感がムンムン。店内も熱気ムンムン。いやー、これは若者向けだね。えげつない。勉強になりました。しばらくはいいかな。ちなみに豚は全残ししました。もったいないけど。

ちなみに二郎って東京ならどこなと食べれるけど、大阪には全然ないんだよね、と思ってたら京都の一乗寺にはなんと二郎があるのね。大阪帰ったなんかの機会に行ってみるのもいいかも。

バンコクに神棚到着 2019年11月26日

IMG_20191127_005816

先週緊急に日本に帰った時に近くの神社にお参りしてお札をもらってきましたが、その時にアマゾンで小さめの神棚も注文してバンコクに送ってもらうように手配しておりました。

その簡易神棚が届きました。梱包はいつものアマゾンでスカスカの無駄にでかいダンボール、しかし本体の入っていた箱は20cm弱四方で割とコンパクト。鳥居と土台をはめ込むだけで組み立て完成。お札を立てて高い場所に置く。

2019-11-29_12-13-39

PS4とかスイッチとかあってすいません、近日中に整理してちゃんと場所を空けてお祀りいたします。バンコクで個人で神棚祀ってる人も珍しいだろうね。

IMG_20191127_005147

IMG_20191127_005532

IMG_20191127_005824

IMG_20191127_070955

突然に日本帰国して神社のお札をもらってきました 2019年11月21日

IMG_20191122_191239

急ぎ大阪に帰る用事が出来て帰阪しましたが、ついでに自宅近くの友呂岐神社に参拝してお札と神宮大麻も貰ってきました。出口王仁三郎の半生を綴った「大地の母」を読み始めて神道のいろいろを少しづつ理解してきているのでせっかくなので参拝してお札をもらってきた次第。

IMG_20191122_094111

IMG_20191122_094731

ここは500年も前に建設された神社と知ってびっくり。小さい頃からこのあたりをウロウロしていたが、こんな古い歴史のある神社だったのか。

鳥居付き お札立て(神棚)
売り上げランキング: 73,017

ぐいぐい読める霊界Energized、「大地の母」 出口和明 2019年11月08日

最近、出口和明の「大地の母」なる長編小説を読んでいる(ちなみにkindle版)。これは出口王仁三郎の生涯を綴ったものらしく、久しぶりに大本と出口王仁三郎に興味が出てきたので読んでみたんだが、内容が超楽しい。全12巻と今の世の中にはなかなかないぐらいの大長編なんだが、1巻から4巻ぐらいまでが、心にもやもやを持った上田喜三郎(出口王仁三郎)青年の青春期、とにかく実直な出口なおの苦労半生記。これもまた出口和明氏の文章がぐいぐい引き込んでくれて夢中になる楽しさであります。

しかしながらストーリーは本当に長い。大本としての始まりの出口なおの発狂(神懸かり)がやっと4巻で出てきて、喜三郎と出口すみの結婚が6巻、結婚するということは喜三郎は養子婿でやっと出口王仁三郎に改名するのかと思いきや、神様の意を伝える「お筆先」では「出口おに三郎」とまだそこまで。王仁の字があてがわれるまでにまだ一悶着も二悶着もありそう。

霊能を得た上田喜三郎と出口なおの邂逅があったあとは、霊界、神様の話も出てくるようになり、だんだんと想像を超えた悪霊との死闘が繰り広げられたりします。第7巻の「春蔵の亡霊」など目を見張る展開であります。これ映像化したらすごいだろうなあ。たぶん、ホーリーマウンテンやトミー、逆噴射家族を超えるアシッドな映像になるかと思います。この本の映像化企画ってないのかね??

現在、読み進めてなんとか7巻中腹です。やっと半分強。とりあえず12巻全部読みきれそうな濃ゆーーーーいPurple Hazeがむんむんと立ち込めている小説です。

私の大学時代の友人の方でまだこのブログ読んでる人には特にオススメいたします。最高です。

PS. ついでにアマゾンから海外発送でONISAVULO RISING 甦る出口王仁三郎 【昭和の七福神】まで買ってしまったよ。

大地の母 第1巻 青春の詩: 実録出口王仁三郎伝
出口恒 (2018-12-28)
売り上げランキング: 142,008

令和の徳政令 2019年05月02日

Samurai Champloo

2019年の5月に入り、元号が平成から令和に変わりました。そして前回のブログ記事の日付が2月19日。。。さすがに2月19日から5月2日までのブランクは埋めるのがかなり大変。。。自分は侍。
ということで元号が変わったのを記念に、自分に対して徳政令を強制発酵。もうバックデートおっかけるのはやめにしてさらっとここで過去分の負債をリセット。去年の暮れから今年の4月までが忙しかったからな。反省です。そしてサラッと日付を5月2日にしておこう。

というわけでこれからまた頑張って日々更新していけたらと思います。