日本の場合、PCXのアンサーバックは音無しなのね 2021年06月17日

Honda PCX

YouTubeで日本人撮っているPCXのレビュー動画を見ていたら気づいたけど、日本のPCXの仕様ってアンサーバックシステムで音が鳴らないようになっているのね。タイのPCXの場合、結構な大きい音で「ピピッ!」と音とハザードが光って場所を示してくれるんだけど日本の場合はハザード点滅だけなのね。なんか日本らしい仕様だ。たぶん夜間とかうるさいとか言われるんだろうなあ。タイはそのへんおかまいなし。しかしながらやっぱりタイのABS付きモデルのカラーリングがダサいのはいただけない。

ギターのジャック。。 2021年05月12日

Lazadaでギターのジャック部品を購入。70バーツぐらいだったかな?自分の持ってるジャパン製のストラトの交換用。 東京は高円寺、AVガレージで確か8万円ぐらいで買った Fender JAPAN のストラト(確か93年製だったはず)をわざわざバンコクまで持ってきてが、タイの気候の中に放置。そして朽ちていく直前だったところを改めてリストア(あまりに汚かったのでネックと電装部品全部外してボディ水洗いしたぜ)。そして先日ピックアップをオリジナルからFender USAのFat 50sに付け替え。ぐっと魅力的な音になって僕の中では第一線のギターとなって復帰しました。 が、ジージー言うノイズがだいぶ増した。なのでトグルスイッチから、ボリューム、トーンポッドまで全取っ替え及びピックアップ及びトレモロスプリングのカバーをノイズ対策することを計画中。その一環でジャック部分の交換(弦も外さなくていいので一番簡単)を先にやってみようとしたが、このジャック、ナットが一つしかついていなくてジャックプレートを挟みこめずまともに固定できない。。。しまった、2つ買っとけばよかったよ。。あまり見ない形のジャックだけどグラウンド側もしっかり挟み込むガリが出にくそうなやつなんで買ってみたが、、、うーん。

今の東京の街でも人の顔が見えないと十分にディストピア感がありますな 2020年08月14日

久しぶりに見たSquare PusherのPV。東京の街並みがいろいろと映し出されておりますが、東京でよくこんな人の少ない時間帯があったものだな。夜明けぐらいに撮影したんかいね。

とはいえ、人通りのある東京の街でも、人の顔が写っていない景色というのは印象がぜんぜん違って無機質な印象を受けますな。俄然荒廃的な感じで東京もこう写せばすごーくディストピア感がありますな。コロナの今を経たこれからの東京は現実にこんなディストピア感がもっと増してくるんじゃなかろうか。

PS. Diminished Realityという映像技術らしい。ARの拡張現実みたいに現実にプラスするんではなくて、DRは減損現実というらしくて映像の中にあるものを取り去る技術とのこと。AIかなんかで対象物を認識して周りの映像情報からその対象物の映像を埋めて対象物を消し去ってしまうらしい。この情報を仕入れた上でもっかいビデオ見てみよう。

パスポートの査証欄が埋まってしまう人は5年パスポートのほうが得なのか? 2020年05月05日

(HMM) Passport

2014年に新しくしたパスポートの査証欄が残り2ページになってしまったため、バンコクの日本大使館で査証欄の増補をお願いした。

パスポート作ってちょうど6年目で査証欄が溢れたが、だいたい半分ぐらいの期間なので、これなら5年パスポートにしたほうが得だったかな?と思ったので確認した。

10年パスポートパターン
10年パスポート作成費4600バーツ + 増補費720バーツ = 5,320バーツ

5年パスポートパターン
5年パスポート作成費3160バーツ x2 = 6,320バーツ

領事関連情報 | 在タイ日本国大使館ウェブサイト
↑ このページの下部に価格表へのリンクがあります。

で、結局5年x2のほうが高い。そして海外在住者の場合パスポートを新しくしたらビザスタンプを新しいパスポートに転記してもらう必要がある。ちょっと手数料いくらだったか忘れたが、これも費用かかってイミグレまで行く必要があったと思う。費用もさることながら、このイミグレでビザ転記という作業がまためんどくさいので、やはり10年パスポートで査証欄増補というパターンがやはりお得で手間もかからない方法かと思う。

これも備忘録として記しておきます。

日本と思えないゲストハウス、マヌケゲストハウス再び 2020年03月23日

IMG_20200311_150941

さて、前回コロナ騒ぎの中でパパっと日本一時帰国を果たした記事を書きましたが、東京での宿はまたも高円寺のマヌケゲストハウスを利用してきました。まあ、コロナ騒ぎで各ホテルもガラガラなので今回はたぶん探せば他にも安く泊まれるところはあったんだろうけど、とりあえず話のネタにマヌケゲストハウスの四畳半個室に泊まってみた感じです。

泊まってみると、なんというか想像以上にツッコミどころが満載です。こんな管理の宿が日本にあるとは。。

IMG_20200311_150949

↑ 四畳半。なんだかボコボコ。。。

1583907772945

↑ 施錠はこれだし。。。

IMG_20200311_151734

↑ 部屋に入ったら内側からの施錠はこれです。つっかい棒!

IMG_20200311_152008

↑ ふすまの片方はこのように固定済み。

IMG_20200311_150954

↑ ご想像どおり畳も見事にうねっています。

IMG_20200311_152353

↑ 安っぽい机がひとつ。。ガイジンだとこれを味のあるアンティークとかって勘違いするのかねー。

IMG_20200311_153129

↑ なんだかもう。。。

IMG_20200311_153125

↑ すごいのです。。。

IMG_20200311_153427

↑ 一番笑ったのはこれだ、変な木が当ててあって。。。これはなんでなんだろう?と確認してみると。。。

IMG_20200311_175705

↑ どう閉めてもこのふすまが斜めになっていてこんなにも隙間が空いちゃうので当て木して隙間を塞いでるのです。

いやー、この宿、なんだろう?ここは日本か?とはいえ、1975年生まれの自分にはこのくたびれ具合が微妙に落ち着くところもある。。なんとも言えない宿だ。。

デメリット(普通の人にはデメリットだらけかもしれないが)を書くと、まず照明が暗い、確実に西洋人向け照明です。そしてトイレにウォシュレットがない、このへんかな。

あと、値段高いぜ、これで一泊4500円はどうかなあ。正直2500円ぐらいにしてほしい。

IMG_20200311_151844

↑ ちなみに布団は割とまともでした。毛布一枚だけだったから真冬は凍えるかも。

IMG_20200311_152539

IMG_20200311_151547

↑ ベランダは広くて気持ちいい。今回みたいな寒い日ではなくて小春日和の日にぼんやり空を眺めながらビール飲んでたい。。。