タグ: Japan

ぐいぐい読める霊界Energized、「大地の母」 出口和明 2019年11月08日

最近、出口和明の「大地の母」なる長編小説を読んでいる(ちなみにkindle版)。これは出口王仁三郎の生涯を綴ったものらしく、久しぶりに大本と出口王仁三郎に興味が出てきたので読んでみたんだが、内容が超楽しい。全12巻と今の世の中にはなかなかないぐらいの大長編なんだが、1巻から4巻ぐらいまでが、心にもやもやを持った上田喜三郎(出口王仁三郎)青年の青春期、とにかく実直な出口なおの苦労半生記。これもまた出口和明氏の文章がぐいぐい引き込んでくれて夢中になる楽しさであります。

しかしながらストーリーは本当に長い。大本としての始まりの出口なおの発狂(神懸かり)がやっと4巻で出てきて、喜三郎と出口すみの結婚が6巻、結婚するということは喜三郎は養子婿でやっと出口王仁三郎に改名するのかと思いきや、神様の意を伝える「お筆先」では「出口おに三郎」とまだそこまで。王仁の字があてがわれるまでにまだ一悶着も二悶着もありそう。

霊能を得た上田喜三郎と出口なおの邂逅があったあとは、霊界、神様の話も出てくるようになり、だんだんと想像を超えた悪霊との死闘が繰り広げられたりします。第7巻の「春蔵の亡霊」など目を見張る展開であります。これ映像化したらすごいだろうなあ。たぶん、ホーリーマウンテンやトミー、逆噴射家族を超えるアシッドな映像になるかと思います。この本の映像化企画ってないのかね??

現在、読み進めてなんとか7巻中腹です。やっと半分強。とりあえず12巻全部読みきれそうな濃ゆーーーーいPurple Hazeがむんむんと立ち込めている小説です。

私の大学時代の友人の方でまだこのブログ読んでる人には特にオススメいたします。最高です。

PS. ついでにアマゾンから海外発送でONISAVULO RISING 甦る出口王仁三郎 【昭和の七福神】まで買ってしまったよ。

大地の母 第1巻 青春の詩: 実録出口王仁三郎伝
出口恒 (2018-12-28)
売り上げランキング: 142,008

令和の徳政令 2019年05月02日

Samurai Champloo

2019年の5月に入り、元号が平成から令和に変わりました。そして前回のブログ記事の日付が2月19日。。。さすがに2月19日から5月2日までのブランクは埋めるのがかなり大変。。。自分は侍。
ということで元号が変わったのを記念に、自分に対して徳政令を強制発酵。もうバックデートおっかけるのはやめにしてさらっとここで過去分の負債をリセット。去年の暮れから今年の4月までが忙しかったからな。反省です。そしてサラッと日付を5月2日にしておこう。

というわけでこれからまた頑張って日々更新していけたらと思います。

中野サンプラザに宿泊 2019年02月15日

LRM_EXPORT_167915957885577_20190416_140546519

東京に行った際の宿泊先は高円寺の一つ隣駅、中野のサンプラザホテルに宿泊してきました。

昨年はEGO-WRAPPIN’のライブで人生初で中野サンプラザホールに足を踏み入れましたが、せっかく東京に泊まるなら一度中野サンプラザに泊まってみようと思って宿泊。大人2名、一泊で約20,000円ほどかかってぜんぜんリーズナブルではなかったが、記念にと。

LRM_EXPORT_167993215662527_20190416_140703776

で、景色はよい。中野駅前から西新宿一望。

LRM_EXPORT_167993215662527_20190416_140703776

。。でもそれだけかなあ。当然、自分の遊び場の高円寺に近い、新宿へも近い、駅前いろいろ便利。ただ、高円寺の駅前ホテルに泊まってもそれは変わらないし。やっぱりそれだけだったなと思う。部屋の中は普通のビジネスホテルと変わらない感じ。不便でもないが、やっぱりもうちょっと広さがほしい。

IMG_20190219_140146

IMG_20190219_140218

IMG_20190219_140423

IMG_20190219_140416

IMG_20190219_140158

IMG_20190219_140204

Porter Tankerのデイパック購入 2019年02月14日

2019-04-16_01-58-06

今回の一時帰国で買おうと思ってたもの、それはPorter Tankerのバックパックかデイパック。一時帰国初日に梅田に出向いて買いに行ったけど、デイパックは容量が7Lとか10Lとか小さいのでやっぱりちょっと不安になって十分な容量のあるバックパックに。

これは仕事にも私用にも十分使えるいいバックパック。ネットの記事を見ると5年、10年使ってる人がいっぱいいるのでかなり丈夫なんだろう。実際に使ってみてわかったけど、記事がふわふわしていてクッション性があるのでデジタルガジェットを入れるには最適だと思う。

生地の手触りも非常に良くていいバッグだと思う。見た目よりもずっと収容能力があるし、内容物が少なくても荷物が偏って変な形に変形せずにシルエットが崩れないところも、重さが偏るところなどをちゃんと計算して型作りされているんだろうなあと思わす地味な仕様の良さ。

しかし、どうやらTankerシリーズ、今年の頭に価格の大改訂があった模様で、ほとんど全部のモデルで去年よりも大きく値段があがっている模様。このバックパックも37,000円ってすごい価格ですな。あと両サイドにあるポケットは絶妙に小さくて使いづらい。みんなこれ持ってる人はここに何を入れてるんだろう。。。

上記二点以外は否の付け所のない素晴らしいカバンです。たぶん今年買ってよかったものの1,2を争う一品だと思います。

タイではどこでもあるのに日本にない 2019年02月12日

'World Dryer' - Late 1970's Model

今回日本のちょっと寒い時期に戻って気づいたのが、あんなに暑いタイではトレイのハンドドライヤーはかならず温風なのに日本ではハンドドライヤーが温風になっていないこと。日本でも極稀に温風のハンドドライヤーもあったけど、ほとんどがそのままの温度のもの。

これ、当然濡れた手を風で乾かすわけだから気化熱で手が冷たくなるのです。あんなに寒い日本なのになんで温風になってないんだろう。。。手がかじかんで辛かった。。。