youtubeの教育系動画 2021年07月28日

oculus

7月28日、連休からの飛び石祝日。変わらず家に籠もる。

Facebook傘下になって去年結構話題になってたOculus Questでリコール出てた模様。顔と接触する部分のスポンジのアタッチメントが皮膚を刺激してかぶれやらを発症させるとのこと。自分が着けててもそんな感じはしないが、長時間つけてるとそうなるのかね。しかし、Facebookが買収していろいろがんばってるけど、イマイチVR界はぱっとしませんな。特にこのコロナ時代にはVRはマッチしてると思うんだけど、やっぱあの重たいヘッドセットにみんな嫌気がさしてしまうのか。まあ自分もそのクチだけど。

Facebook Technologies Recalls Removable Foam Facial Interfaces for Oculus Quest 2 Virtual Reality Headsets Due to Skin Irritation Hazard (Recall Alert)

で、大学のComputer Scienceを勉強するための数学になりますが、いろいろとyoutubeを探してみると結構教育系の動画って充実してるのね。今回、まさに自分にぴったりな動画があった。中学で数学を辞めてしまった自分にはこれぐらい基本的な説明でないとわからんのだ。しかしこれは非常にわかりやすかった。これでまたいろいろ本を読んでいけるようになるかと。この2時間の動画も2回に分けてちゃんと最後まで見ましたよ。さすがに再生回数220万回もあるはうなづける。

なんかComputer Scienceと数学勉強してきてワクワクしてくる感じが。少し頑張ってみよう。この勉強をまた将来の仕事に結び付けられたらいいなあ。

デルタ猛威とEvernote Python SDKセットアップ 2021年07月27日

Python

うーん、ちょっと気を抜くとすぐに更新が滞るなあ。27日何してたっけ?タイでは連休中の合間の営業日。この日も客先に出て納品の作業。しかしタイではどんどんどんどんCOVIDの感染者が増えていってて、ツイッターなどでは路上でコロナ死した死体の写真なんかがあがっていてどんどんヤヴァイ雰囲気が高まってきている。

そして夕方、Evernoteのメモデータ一括ダウンロードを実現させようと思って、PythonのEvernote SDKをダウンロードしてインストールを試みる。結局、新しいプランだか新しいバージョンのクライアントアプリだかで一括ダウンロードの機能がサポートされると通知されてたが、いろいろ触ってみるものの自分の環境ではどうやったら一括ダウンロードが可能なのかわからず、やっぱりスクリプト組むか。。。という方向に。

ダウンロードして圧縮ファイルを展開した後に中の setup.py を実行すりゃいいと公式のドキュメントにも書かれていたので実行してみるもののエラーが出て動かない。よく見てみると書式がPythonの2.x。うーん、もうPythonの2.xなんて使わないかなと思って3.9を入れていた。めんどくせー。また久しぶりにpyenvのインストール方法をググってインストール。pyenvで使用するpythonのバージョンを2.7台に合わせて実行。またエラー。。。

これもまた調べていくとどうも2.xの中でRepeated keyword argumentへの取り扱いが二転三転してた模様で2.7では以下のエラー出て進まない。。。というわけで下記のサイトに書かれているようにPython側で無視してくれるバージョン2.5にpyenvを変更。しかし、これでないと動かないというのはこのSDKは2.5のときに書かれてアップデートはされてないということか?

It turns out that repeated keyword arguments (kwargs) were illegal in python 2.4, ignored in python 2.5 and illegal again in python 2.6. This means that if some have crept into your codebase, you’ve now got a handful of syntax errors!
SyntaxError: keyword argument repeated

改めてpython 2.5にして実行!”ImportError: No module named setuptools”まだエラーでるか。。あかん、今日は時間切れ!

追憶の90s 750cc Africa Twin 2021年07月26日


↑ これは90年代750cc Africa Twin。カラーリングが好きだ。やっぱこっちのほうがカッコええなあ。

タイはデルタ株猛威で、さすがの自分も外出は控えないとと思うようになってきた。でもそんな中でもバイクのカタログを眺めていたりする。先日PCX160を買ったばかりだし、バイク2台持ちなんて面倒なことはできないんですが、まあ興味だけはある。1990年代に憧れで見ていたホンダのAfrica Twin、タイでの価格は69万バーツもするんだって。ViosとかCityとか普通車の価格やな。。これは買えんなあ(買わんけど)。しかも日本では確かAfrica twinって750ccだったような気がするけどこっちでは1100ccで売ってるわ。でっかいオフ車だな。バンコクでは完全に機能ミスマッチですな。でもカッコいい。


↑ 今現在の1100cc Africa Twin。だいぶカクカクしてる印象。当たり前だけどデザインが今っぽい。

また今気づいたけど、Africa Twinってスポークホイールじゃん。要らね。もう絶対スポークホイールのバイクは乗らない。

Arch Linuxと数学が弱い文系エンジニア 2021年07月25日

In the Rock: Arch Linux

デルタ株猛威のタイで引きこもり(以前から?)連休2日め。自宅に籠もりながらUoPeople(アメリカのオンライン大学)のReading Assignmentと自宅のPCのVMwareにArch Linuxをインストール。自宅のデスクトップPCにLinux入れるならやっぱArch Linuxが個人的には好き。インストールのISOのダウンロードも小さいし、自分でパッケージ選んでインストールしていく方法なのでシステムに何をインストールしたのかはっきりわかるのがよい。CLI環境で使うのにも管理がしやすくていいと思う。ある程度Linuxのシステムをわかってる人なら。。。ただ、自分でパッケージ選んで入れていくスタイルなので特にデスクトップ環境の設定は事あるごとにすぐ壊れてしまう。ちょっと新しいアプリケーションをインストールして設定いじると他の部分で変な表示が出てきて連動してそこをいじっていくとなんだかもうぐちゃぐちゃになって取り返しつかないほどいじりまくってまたリセットーーー!!みたいな。今回はGNOMEインストールしてGUIはあんまりいじらないようにします。

しかし、Arch Linuxの場合、Ubuntuみたいにおまかせセットアップではなくて自分でfdiskなんかでパーティション切ってセットアップしていかないといけないんだけど久しぶりだからBIOS、UEFI、MBR、GPTの違いをちゃんと理解してないなー。というかいつもWinとかLinuxのセットアップのときだけちゃちゃっと調べて以降思い出すことがないから全部忘れてしまうんよね。古いエンジニアなんでBIOS、MBRはまだわかっててもUEFIとGPTは不慣れなんで「あえ?」って感じ。またちょっと後でお勉強しよう。

んで、UoPeopleの読み物課題をやる。今回は数学の例題みたいなのがなくて安心。前回のUnitではピタゴラスの定理とか、ニュートン法での平方根の求め方とか出てきて読んでて固まってしまった。完全文系人間として高校1年生で数学を卒業して以来、約30年(!!)数学には触れていなかったのでまったく考え方がわからない。今ググってみたらピタゴラスの定理なんか中学の数学らしい。ぜんぜん覚えてないわ。。。しかし前々からわかっていたが、しっかりコンピュータ勉強しようとすると数学の壁にぶち当たるのが自分にとってはネックなんよね。とはいえ、UoPeopleでも統計や微積分は必須科目に含まれているのでいつかのタイミングでは数学で脂汗かきながら勉強しないといけないのです。腹を決めて数学に飛び込むしかないなあ。そしてその数学を言語は英語でやらないといけないのが怖いというかハードルが高いのですわ。。。うーん、ちょっとまだ決心がつかないのでもう一回プログラミング系のコース取っておこう。。。

コロナデルタ株蔓延でもんもん引きこもり連休 2021年07月24日

do you ?

あーあ、オリンピックも興味なしの I hate sports党員としてはデルタ株猛威のバンコクでは本当に本当に自宅に居ることしかできない。バンコクでは感染者数がうなぎのぼりで1日の感染者数が1万人超えたかと思うと次の日には1万4千人とか大流行です。2020年はメディアやネットでは大騒ぎしてるものの、身の回りではほとんど感染者が出たという話を聞くこともなく、「ホントにコロナって病気はあるのかね?」なんてのんきなことを言ってましたが、このデルタ株コロナはバンバン周りの関係者が感染している。もうその玄関の向こうに!というような感じ。

で、バンコクはショッピングモールも閉まり、街は仮死状態。家に居るしかやることがないのです。まあやり残しの仕事や大学の勉強、派生した自由意志の勉強などずーっとPCに向かってます。その中で。。。

MicrosoftのTo Do アプリ、OutlookやPlannerとの連携も良いので長年使ってきたRemember The Milkという古参のTo Doアプリを廃して乗り換えようとただいま画策中。MSのTo Doもタスクタイトルに明日朝9時とかテキストで時間を記載すると自動認識してくれてリマインダーの日時が自動的にセットされるのでワンタップで確定、リマインダ設定が完了できる。これ、なかなか手早くセットできて思ったより便利に出来てるねえ。Remember the milkってキーボードだけでリマインダやら繰り返しやら、保存するフォルダやらを全部指定できて手が馴染んじゃうと非常に快適なんだけど、結構MS To Doも悪くなさそう。ちょっと細かいところまでヘルプか何か読んでみるか。最近のMSの製品はとてもよく出来てる、印象です。Mac OSはもうしばらく使っていません。

でもそんな中でもiPadだけは別で、やっぱりApple Pencilによる手書き入力が秀逸だからずっと使ってる。仕事の現場で図面見ながら線引いたり、大学の勉強のReadingも蛍光マーカー引いたりアナログ部分を使いやすくサポートしてくれてるiPadがやっぱりお気に入り。ただ、日本語入力はやっぱプアだなあとまだまだ思う。

でも今まで知らなかったいわゆる日本語入力時の「後変換」機能を今さらながらに発見。Windows PCやMacで日本語入力時に英単語を打つ際には日本語入力のまま綴りを入力して最後にF10を押して半角英数字に変換する方法、誰でもやってると思うが、iPadでは今までこれができなくて非常にめんどうだった。そもそもApple純正のSmart Keyboard FolioとかMagic KeyboardですらFunctionキーがついてないんだもん。だがしかし、iPadでも日本語入力のままそのまま入力し、その後に「Option + S」でF10と同様に英数半角ができるようになってたじゃありませんか!これは世紀の大発見。だいぶ使いやすくなるぞー。