なぜクラシックベスパはエンジン始動時に右に傾けるのか?2023年01月14日

クラシックベスパのライダーの時々街中で見かけるこの光景。以前から、「これ何してるの?」と思っていたがクラシックベスパのラージボディと言われるモデルはエンジンやキャブレターなどが車体の右側に付いているので始動前に傾けてガソリンをキャブに送り込んでやる儀式だそうだ。しかし、「それってホントなの?」という疑問が。。そもそも傾けないとガソリンが入らないものなのか?そうなると普通に走行してるときにガソリンが入ってこないんじゃないか?

メンテナンスマニュアルや分解画像などを見ながら考えてみると、、

停車して数時間置くとキャブ内のガソリンが揮発してしまう(とくにフロートチャンバー内)??
??
走行時のキャブへのガソリンの供給はエンジンが動いていればシリンダーへの吸気で負圧が生じるので大丈夫??
それでもフロートチャンバーへの供給はフロートが下がったときにフロートバルブが下りてその穴から重力で落ちてくるはず??
??
フロートチャンバーからベンチュリー部分への供給がうまくいかないのを重力で補助してやるということだろうか??

改めてスプリントに搭載されているデロルトのSI20.20Dのキャブの構造図を見てみるとフロートチャンバーからベンチュリーまでちょっと長さがあってフロートチャンバーの液面よりも上に位置するような書き方がされている。ここ?これ?しばらく放置するとこの部分のガソリンが揮発するので傾けてガソリンを充填する作業なんだろうか?

実際に自分のスプリントでやってみる。

前の晩に駐車してから次の朝になって初めて始動する際、車体を傾けて10秒ほどおく。そしてキックするとチョーク引いてなくともちゃんとキック1発2発ぐらいでかかるのである。傾けないと、タイみたいに暖かい国でもチョーク引かないと簡単にはエンジンかからないのである。なので効果としてはテキメンなんだが、原理がいまいちわからない。。。やっぱフロートチャンバーからベンチュリーのトコかなあ。。。

クラシックベスパのタイヤ交換 2023年01月13日

Untitled

↑ タイヤには4桁の数字が書かれていて、上2桁:生産年の何週目に生産されたのか、下2桁:タイヤが生産された年、という意味になる。上の「4310」だと2010年の43週目に生産されたタイヤという意味になります。

タイの通販サイトLazadaでXiaomiのエアポンプを買ってベスパのタイヤに空気を入れる。Xiaomiのエアポンプは空気圧も測れるのでなかなか便利。が、よくよく見ると僕のベスパはスペアタイヤも含めタイヤの製造年が2010年。実に12年前に製造されたタイヤだったんであります。最初はスペアタイヤの溝がほとんどないので交換しようと思ってよく見ると、生産年が2010年。こりゃかなり時間経ってるから変えたほうがいいなと思ってたら、前後のタイヤも製造年2010年。なんでこんな古いタイヤ履いてるの?確かにタイヤの溝はしっかり残っててひび割れなんかもないが、前輪のほうはパンクしてんだか運転できないほどではないんだけど空気を入れてもすぐに空気が抜ける(指定空気圧16psiのところなぜか必ず8psiまで抜ける)ので、こうなりゃもう全部のタイヤ交換。ついでにチューブも全部交換して気持ちよく運転しよう。

というわけでまたLazadaやShopeeでタイヤ購入。Deestoneという台湾?のメーカー?のD795という型番の3.50-10のブロックパターンのチューブタイヤと同じく3.50-10のチューブをセットにして470バーツほど。安い!500バーツ行かない!日本円で言うと2,000円ぐらいかな?これを3セット。

で、スペアタイヤ分の交換タイヤがまず届いたので交換します。

Untitled

↑ タイヤとチューブ。

Untitled

↑ Xiaomiのエアポンプ

Untitled

Untitled

↑ タイヤの空気抜いて。。。

Untitled

↑ホイールは左右から背中合わせになっている][感じなので、ナットはずすとバラせる。

Untitled

↑ 新しいチューブも用意して。

Untitled

↑ものの10分ほどで組み付け完了。ベスパのタイヤ交換はとてもとても簡単。部屋の中で全然問題なく出来る。(ただタイヤレバーはやっぱあったほうがいい)

というわけで、空気が抜けてしまう前輪をスペアタイヤの搭載位置に移動させて、今回新しくなったタイヤは前輪につける。

すると、今まで走行中に前輪方向から変な引きずるような音が音がしてたが、その音がほとんどしなくなった。そうか、、タイヤの空気圧低くてブロックタイヤの設置走行ノイズが結構出てたのね。。そして当然ながらタイヤの転がり抵抗も減った。クラッチ切って惰性で走ってる時など以前よりもするする走るようになった。こりゃさらに燃費上がるな。。(今2ストのくせになぜかリッター33km ~ 35kmぐらい走ってるがさらに伸びるのか??)

というわけで後輪も新しいタイヤ付けるの楽しみになってきた。。。と言っても後輪の場合はジャッキアップか横倒しにしてタイヤ外さないといけないので交換の時までにタンク内のガソリン減らしておかないといけない。。

マニュアル車でクラッチ使わず運転 2023年01月12日

Fixing the clutch cable

ベスパはシフトチェンジもハンドルのグリップ部分で行うため、ブレーキ、クラッチ、アクセル、シフトチェンジ全部がワイヤで接続されている。で、ワイヤは消耗品なのでいつかは切れる。で、一番頻繁に切れるのは多用するクラッチワイヤらしい。で、ベスパは普通にクラッチ使わずとも運転することができるらしい。エンジンの回転とギアの回転を合わせばかっちりとギアが入って問題なく運転できるらしい。

1.ニュートラルからキックでエンジン始動
2.停止状態から足で少し車体を押して前進してる状態にしながら1速にギアを入れる
3.普通に加速していき、2速、3速と普通にクラッチを使わずにシフトアップ、シフトダウンして運転
4.信号などで停止する場合には速度を落とすにしたがってシフトダウンして最後2速からニュートラルに入れた後に停止

やってみると2以外は結構問題なく全然できる。が、発車時の1速に入れるときに割りとエンストしがち。。ここだけもう少し練習すれば出先でクラッチワイヤ切れても大丈夫ね。。。

クラシックベスパの昔ながらのクラッチ・ブレーキレバーは。。 2023年01月11日

Handles of 1965 Vespa

クラシックベスパの昔のクラッチ・ブレーキレバーはこんな感じで先端に玉がついてなくてシュッと伸びる形のレバーだったらしい。これは今も普通に交換パーツとして売っているのでベスパの標準のデザインを重視したい人には重宝するのかもしれない。

自分もこれに付け替えようかとちょっと考えていたが、こんな記事を見つけた。

シャープレバーは危険だと聞いたのですが。

危険です。シャープレバーは先も尖っている上にノーマルレバーよりも前を向いています。万が一人身事故を起こした場合など確実に人体に刺さるでしょう。現在のバイクのレバーは過去の事故の教訓から先端を丸めてあるのです。事故などは起こさないと誰でも思っているでしょうが、起こそうと思って起きた事故などは有りません。
見た目のために安全を犠牲にすることは絶対にやめましょう。

これは確かに。。しかもレバーの先端の玉は実は今は法律で定められているものらしい。確かに明らかに人に刺さりやすそうなのでつけるのは止めておいたほうが無難だね。

インドネシアのベスパカスタムがすごい 2023年01月10日

“extreme vespa custom”のキーワードで出てくるインドネシアの兄ちゃんたちのカスタムベスパがすごい。

もうカスタムがどうのこうのではなくて別の乗り物になっていて、これってバイクなの?二輪というカテゴリからは見た目からすぐにわかるとおり完全に逸脱している。そして法律上もこれはバイクになるのか自動車になるのかようわからんがとにかくベスパの改造車ということだけはかろうじて分かる。

アジアはどうやら昔からベスパのライセンスを受けてOEMで生産してきたLMLのあった(すでに倒産)インドと今はインドネシアが熱いみたい。英語でベスパのレストア動画検索するとほとんどがインドネシア人の動画。ノーマルのベスパをキレイにレストアするのも盛ん、かつ狂気のカスタムもインドネシアでは盛んなのか。ベスパ見にインドネシア行きたくなるなあ。。。