タグ: blender

ソイミルクメーカーなんてものがあるのか 2018年11月06日

homemade soymilk

eBayを何気なーく見ていたらシビれるものを見つけてしまった。自宅で自家製豆乳が作れるソイミルクメーカーでございます。ベジタリアンに先祖返りした無類の豆乳好きとしてはこれはかなり魅力のある製品でございます。これがあれば、うまいこといけば豆腐も作れるかもしれない。。。

しかしこれを見るとソイミルクメーカーというものは基本的には湯沸かしポットとブレンダーが一体化したもので、濾してオカラと豆乳を分けるところは人間が手でやらないといけないようだ。。。濾してくれるところまでやってくれるのだと思ってたよ。。。これはめんどくさそうだなあ。。最初の1、2回使ったらすぐに飽きてめんどくささが勝って使わなくなるパターンが濃厚。。。一気に購買意欲に陰りが。。。さてどうしようか。。。

↑ アマゾンで売ってるのは結構高いね。。。これって標準220V対応だと思うんだけど国内向けで100Vになってるのかな??なってないような気が。。

毎日青汁生活に突入 2018年03月02日

IMG_7303

「デブで病気で死にそう」という秀逸な名前のドキュメンタリー映画がある。

オーストラリア人の主人公がアメリカに行き(なんでアメリカなのかは不明)、60 日かけて横断旅行をする間、食事はジューサーで作った野菜ジュースのみしか食べれないというダイエット企画。

これがなかなか面白くて、主人公本人は見る見る痩せていき、道中に出会う人に「あんたもやってみなよ」的に進めていたりするが、そんな時に知り合った、超デブでトイレに入ってケツ拭くのも大変というおっちゃんが、「息子とキャッチボールをしたい」という夢のためにダイエットしていくのも涙ものでございます。

さて、そんな映画を見ながら改めて考えてみると、この野菜ジュースというのはなかなか素晴らしい食事たりえると考えた次第。

・基本的にローフード
(酵素がどうとかはどうでもいいが、野菜の表皮に付着してる大自然からの多くの雑菌を消化管の中に通すことで多彩かつ、生活に必要な腸内細菌業の再構成が可能と思われる。なのでこういう場合は輸入食材ではなく、ローカルで取れたものを地産地消するのがベストプラクティス。)

・レシピに頭を悩ませることもない
(荒く切って、ジューサー or ブレンダーに放り込んで飲むだけだから細かいことを考えなくてよい、数種類の野菜、果物、甘味料があればなんでもいい。果物の割合を多くすれば口当たりは自然と良くなる)

・時短
(カレー作ってる時と比べれば火も使わないので圧倒的に準備、後片付けが楽なはず。)

・今までほとんど食べる機会のなかった葉物野菜なども問題なく摂取可能
(肉を食わない生活をしてたって葉物野菜なんかちゃんと献立考えないと全然食べない。)

・食事として摂取可能 > めんどくさければこれを食事にしてしまうのもあり。
(ジュースではなく、ブレンダーでスムージーにすれば食物繊維から全部取り込める。)

のような感じか。

IMG_1953

一番良いのは生食なので雑多な菌をそのまま取り込めて、肉食や炭水化物過多の偏った最近バランスになっている腸内をアップデートできること。特に日本はセブンやチェーン店の食事ばかりで基本的に工場から届けられる食品が多く、それらのほとんどの食品は加熱殺菌されているだろうから、腸内保有菌が少なくなって免疫系に色々問題が出そう。

で、またまた近所のオリンピックで価格の手頃な Magic Bullet Mini というブレンダーを購入。それから毎日 2 回稼働で休みなくグリーンスムージーを飲んでおります。

IMG_0942
↑ 突起物がないので実家に帰るときにもスーツケースに入れられる。

さらに始めてから気づいたいい点

・洗い物が楽
(野菜か果物しか入らないので油汚れなく、使い終わったジューサー or ブレンダーのブレードやカップはすぐに水ですすぐだけで綺麗になるので後片付けが30秒で全て終わる)

・野菜消費量が料理に依存しないので毎日定量消費するので野菜が傷む前に使いきれる
(1回のカップに入りそうな量がすぐにわかってくるから、この量だと5日ぐらいかかりそうだから痛みそうだなー、とか感覚的にわかるようになってくる)

・以外に美味い。

個人的には、

・ほうれん草
・レンコン
・スプラウト
・りんご
・バナナ
・豆乳
・水
・メープルシロップ

のブレンド一番好みの味となります。最後のメープルシロップはりんごとバナナで結構甘みは出るので必要な位人には必要ないかも。

すでに2週間ぐらい続けてますが、結構肌ツヤが良くなったような気がします。体も軽い気がする。多少睡眠時間減らしても集中力が削がれない。などなど。

なかなか良いです。プラシーボでないか確かめるためにもう少し継続していきます。

デブで、病気で、死にそう (字幕版)
(2015-12-01)
売り上げランキング: 14,970

Tefalのミキサーを買いましたが。。 2013年07月02日

IMG_20130630_122835

珍しく彼女が電化製品を買ってくれとリクエスト。欲しいものは何かといえば「ミキサー」。料理するのに使いたいんだと。

まあ、別に高いものでもないし、「ああ、いいよ給料出たら買ってくる」と言って、先週の日曜日に朝のヨガの後プロンポンのエンポリアムで買ってきた。

価格は1580THB。大体ローカルメーカーのミキサーが400THB、500THBから売ってる中ではそこそこいいモデルで中級ぐらいのお値段でしょうか。高いやつは3000THBとか4000THBとかのもある。何が違うのかイマイチよくわからないが。

IMG_20130703_224857

んで、買った奴は食べ物を入れるグラスの部分の底が外せて使用後の洗い物が楽になるように作ってある。今の日本のものもそうなのかどうなのかよくわからんけど、僕の子供の頃にはこんなのなかったから新鮮。使いやすく改良されてるんだねと。グラスと底をしっかりと密閉するパッキンはなんか経年劣化したらスペアパーツがなさそうだけど、1600THB程度ならまあいいかであります。

んで、現物持ってきて通電テストの際にちょっと嫌な予感がしたが、自宅に持って帰ってためしてみると、これがまためちゃくちゃ音が大きい。

グゴーーーーーーーーー!!!!

うち中に工事現場が??と思った。それぐらい低音のモーター音と回転刃のノイズがすごい。「あー、汎用のミキサーってタイだとこんな騒音出るんだ。。。」ってな感じ。さすがにちょっと遠慮してしまって夜遅くには使えないな。。。まあ、タイだからみんなそこまでは気にしないのかもしれないけど。。。田舎のほうだったら家が離れてるからミキサーの騒音なんて気にしないんだろうな。やっぱ3000THBとか高い機種ってこの騒音の部分が違うのかな。。。

個人的にちょっとうるさいなとは思いつつ、別にこれはそのまま使って行きたいとおもいます。。。。

mixer
↑ 日本語で”ミキサー”

mixer2
↑ 英語で”mixer”

おまけで、googleでミキサーを検索すると、音楽用のミキサー卓と料理用のミキサーが交互に出てきて珍しくgoogle様が悩んでいる感が見えて面白い。と思ったけど逆に言語的にどちらの意味とも取れる単語をちゃんとほぼ交互に表示してるのはさすがというべきなのか?


↑ ミキサー、ブレンダーと言えば。。。そういや最近「Will it blend?」って話題に上らないですな。もうTom Dicksonさんは続けてないのかな?上の動画は珍しくストーリー仕立ての動画。めっちゃベタだけど。