タグ: spicy

ホイクワンの有名店のカオソーイ 2020年05月07日

IMG_20200506_204223

ร้านใบบัว(ラーンバイブア)という名前の割と有名なお店の、みんな大好きカオソーイです。知り合いがFacebookで「ここおいしい」と書き込んでいて、コロナ騒ぎで店内で食べることは出来ないので袋に詰めてもらって持ち帰り。

知り合いがFacebookで「ここおいしい」と書き込んでいたので職場の近くというのもあり、買いに行ってみた。

IMG_20200506_162612

ここのカオソーイ、スープのココナッツミルクが超濃厚、そして濃厚な分ココナッツミルクから分離した油分も非常に多くて超こってりですが、思うほどはクドくない。そして麺はちょっと柔らかめだが、このスープやカリカリ麺、タマネギなどの他の具との相性が良く素晴らしい。添付の唐辛子を入れるとしっかりした辛味もあって、なるほどこりゃ旨いと納得の一品。カオソーイはチキンとビーフから選べます。私は肉食わんのでとりあえずチキンを選んで肉のけて食いました。1つ60バーツ。

また、会社から帰宅する時にちょくちょく買いに行くと思います。

久々にナラティワートの四川料理屋、川御坊に行ったが。。 2019年05月23日

2019-06-03_06-46-42
↑ 担々麺。見た目からして辛そうな感じではないですな。うまかったけど。

久々に会う人と一緒にこれまた久しぶりのナラティワートソイ24の川味坊へ。昔友人と一緒に行って死ぬほど辛かった記憶があり、久しぶりに痺れる辛さの四川料理を食おうという企画。

前回行ったのがもう2年ぐらい前なので記憶が薄いが、Google Mapのお店のレビュー読んでも「激辛!」って書いてたので、覚悟して行ったんだが、

「?」
「??」
「???」

あれ?ちょっと辛いぐらいだった。。。日本人二人で行ったから結構手加減してくれたのか?嬉しいんだか悲しいんだかよくわかんない展開。。いや、嬉しくはないな。。

で、その後に改めて自分の過去のブログ見てみたら「普通の食事はそれほど」「火鍋は死ぬほど辛い」って書いてあった。ああ、すっかり忘れて同じことをしていたということか。。。

川味坊・ナラティワート24の四川中華料理屋 2017年06月25日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide
川味坊にて後悔する火鍋 2017年07月22日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

コロンビアエイトの名物キーマカレー 2018年07月09日

20180709-115356-4

とりあえずタイに行く前に観光ビザだけ取得しておくかな?と考えて朝一の大阪のタイ領事館に赴いたが、以外にもビザが発給されなかった。去年の観光ビザで数回タイに出入りしていたのが問題だったのか?それでももう年が変わっているから問題ないはずだが。。ま、とりあえず空路ノービザで入国は出来るはずなのでとりあえず「あ、そうですか」とだけ言って出て来た。

その後、前々から行こうとしていたコロンビアエイトの堺筋本町店に行ってみる。大阪のカレーブームの火付け役で一番有名なお店。各方面から聞くと行列で待ちが長いと聞いていたが、堺筋本町店は月曜日の11:20頃入店で店内に客が一人しかなかった。

20180709-114509-3

早速名物のキーマカレーを注文してみる。実際に出て来たカレーを見てびっくりした。もっと日本式のカレーでモッタリしたルーナのかと思っていたが、まるでスープカレーのようなサラサラしたカレーで、粗挽きスパイスがたっぷりと上にまぶされている。カレーの割りには小盛りなご飯も40代の人間からすると食べやすい。ししとうをかじりながら一緒に出てくるグレープフルーツジュースとともに合わせて食べろとのことだが、至極めんどくさい。食い方ぐらい客の好きなようにさせてくれ。ということで案内は無視して好きなように食う。うん、これはうまい。サラッとしたスープにいろんなスパイスの味が目立っていい感じのスパイシー感であります。個人的にはもう少し辛い方が好みだなと思ってたらちゃんと辛口もあるのね。しかし、初回のお客様には出しませんとある。めんどくさい店だ。客の好きなようにさせてくれ。。。とは言え、2皿も食えるようなものではないのでまたいつかの次回入店時のお楽しみにとっておくこととする。

とりあえず個性的ないいカレーを食うことができた。インドカレーではないけどこういう創作カレーもいいもんですな。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個
エスビー食品
売り上げランキング: 3,776

なかなかに作る加減の難しい पोहा ポーハ 2018年04月16日

IMG_4246

インドやネパールで結構ポピュラーな पोहा ポーハ という料理をご存知でしょうか。言ってみれば白米をローラーで潰したコーンフレークのお米版といった食材で、保存食として利用されているようです。インド、ネパールではこれをスパイスと野菜などとサラッと炒めて朝食などに食うそうです。ちょうどインド食材屋で見かけたので興味が出て買ってきました。

最初に一旦この乾燥したポーハを水に浸けて戻すみたいですが、これの漬ける時間がモノによってマチマチで初心者にはなかなかうまく作れない。最初に買ったポーハが赤米の糠層が結構ついたものだったようで、一番最初に作った時は水で洗っただけだったのでバリバリに芯が残って食いにくい不味いであまりに辛いので食い残しをゴミ箱に捨ててしまった。それが以下の写真。

IMG_3996

今度は水にざっと通すだけではなくちゃんと一定時間浸けておこうと考えて何回かトライしたものの失敗続き。最終的にこのポーハは15分は水に浸けておかないと食べられる柔らかさにならないことに気づいた。それでもなんだかあまり美味くなくココナッツファインを買ってきてココナッツチャトニを作ってそれを添えて食べるとそこそこ美味しくなった。

IMG_3529

そしてなんとか 1kg の袋のポーハを全部食いきって新たに白米のポーハを購入。まだまだ諦めない。が、同様に15分水に浸けて戻してみたら白米なんで水を吸いすぎて炒めてるとポーハが餅のようにこってりとまとまってしまって何がなんだかわからない料理になった。難しい。。。

IMG_4243

で、最終的に2分ほど水に浸けておいてあとはザルにあげた後、数分置いて水が抜け切るのを待ってから炒めるのが一番うまくいくことを発見。それが一番上の写真となります。失敗が多いが徐々に作るのがうまくなっていくので何気に楽しい。。。

Rice Flake (Poha) Sarvottam Aahar ライスフレーク(ポハ)500 gm
SARVOTTAM
売り上げランキング: 314,126

ネパーリジャンクスナック チャットパーテ 2018年04月12日

IMG_8717 2

よく飯を食いにいく大久保のネワーダイニングにて、Chatpate チャットパーテなるメニューがあって、ビールのつまみに頼んでみたらなかなか変わった味だったので描いてみようと思います。

これ、ポン菓子にアーモンドやきゅうり、人参、ネギやらパクチーやらをあえて、マサラ、レモン汁、オイルなんかで混ぜ合わせたもの。
スパイシーかつ鮮烈な酸っぱさがあって美味しい。そして超ジャンキーな食感。なんかチャットパーテって作り方が色々あってポン菓子を使わずにインスタントラーメンを手でボロボロに砕いてあえるものとかもあるみたい。

しかしこの生野菜とレモン汁とレモンの組み合わせの味ってのがチャットマサラの味なんだなと納得。で、この味、マサラパパドの上に乗ってる生野菜とも同じ味。ということは家にすでにパパドは常備食として置いてあるので自分でもマサラパパドは作れるということですな。