タグ: ramen

韓国、辛ラーメンのカップがヴィーガン仕様とのこと 2020年01月14日

Untitled

YouTubeを見ていたら、日本ではもうどこでも売っている辛ラーメンのカップ麺のほうがヴィーガン仕様となっているらしくて(袋麺はどうもヴィーガン仕様ではないらしい)とりあえずバンコクでもよく見かけるので買ってみた。

たしかにIngredientsを見てみても動物性にあたるようなものは見当たらない。カップ麺ひとつで摂取カロリーは300kcal。カップ麺にしてはカロリー少ない方かな。

Untitled

食べてみるとたしかに植物性のみの食事のように濃い味なし、油の強さなしでたしかにベジタリアンの食事している人には気に入られそうな味だ。一応個人的に2、3食分は自宅に買い置き。まあ、どこでも買えてカロリーも低くて、味もそこそこ良いので便利ですな。

とはいえ、まあカップ麺ってのは添加物てんこ盛りなんで出来るなら食わん方がいいんですが。。。美味いんだけどね。。

成田第二ターミナルのT’s Tan Tan 2019年12月16日

IMG_20191216_180847

日本一時帰国、以前見落としていて気づかず、後で悔しかった成田空港内のT’s Tan Tanに行ってみた。

T‘s Tan Tan、エアアジアなどのLCCも発着する成田第二ターミナルのレストランエリアにございます。ちゃんと日本国内のベジレストランもリサーチしてるのですよ、と。

とりあえず入ってメニュー見てたらやっぱりベジらーめんを食ってみたくなった。セットとかいろいろ考えてたら以下の三つも頼んじゃった。。。

・ソイミート唐揚げ
「ああ、ソイミートだねえ」とほっこりと言いたくなる、なんの意外性もない味でした。たぶん自分が自宅で作って揚げても同じ味になるだろうなってくらいそのまま。個人的には店で食う必要性すら感じられないところでした。

IMG_20191216_181010

・ベジ醤油ラーメン
こちらも特段スープの味に驚く、なんてこともなく、「ああ、だいたい想像の範囲内」という感じ。空港来る前に二郎みたいな超ジャンク&馬鹿盛りを食ってるので普通の人ならこれは満足できないんだろうなあとボソボソ言いながら食べる。

IMG_20191216_181310

・ミニ牛丼(ラーメンとのセット)
こちらも薄切りソイミートの牛丼なんだが、やはり味は薄味でイマイチ決めてにかける。が、紅生姜と一緒に書き込んでみたら印象が一変。ぐっと牛丼っぽくなった。ていうか牛丼って紅生姜が主役?不思議なもんだが紅生姜でお肉感も牛丼のつゆもぐっと牛丼感が増した。基本的に自分は牛丼食う時は紅生姜マストだったのでそういう印象になったのかもしれないが、紅生姜嫌いで牛丼好きの人間ならどうなったのだろうか?

IMG_20191216_181306

で、総括としては、全体的に決め手のない味という感じかな。唐揚げであろうと、ラーメンであろうと、牛丼であろうと、肉の味に近づけるよりもベジ用の別物として作る方が作る方も食べるほうも幸せだと思うし、ヘルシー感意識して薄味にするという意識も一旦考え直したほうがいいと思う。なんらか決め手になる味がないとなかなか足が向かないと思う今日この頃。

ということを心に秘めながら無責任ベジレストランテイスターはバンコクに戻っていくのでありました。

改めて二郎にトライしに来たけどこれはすごいわ 2019年12月15日

IMG_20191216_113636

お前、何がベジタリアンだよ!と突っ込まれるのは重々承知ですが、ちょっと久しぶりに二郎のラーメンをチェックしたくて日本一時帰国の際にがんばって行ってきました。

行ってきたのはラーメン二郎荻窪店。高円寺からアクセスがよいのでここ。また、三田や新宿のお店と比べればまだ空いているかなと読んでここを選んだ。

開店10分前に着いたが、その時点で前に二人並んでいて三人目。さらには開店までに全部で8人の行列になっていた。すごいね二郎って。

そしてまた初心者に緊張を強いる注文方法など、あまり簡単ではないなあ。もう少し気楽に食わせてくれよ。。こういう個性のある店って店も店だけど、濃いファンがネットで勝手にめんどくさいコミュニティルール作るからめんどくさいんだよな。。。

で、ネットの解説読みながら、少ラーメン注文。

「にんにく入れますか?」「あ、普通に入れてください」「あ゛?」

やっぱりネット記事通りの呪文を唱えないと通じないのか。。。

で出てきたのは小ラーメンのにんにく入り。あとは普通盛りですが、これ、小ラーメンでも麺量がすごい。しかも二郎の麺ってうどんみたいな極太麺でパンチがある上に大量というなんとも男飯。にんにくも強烈。中途半端なにんにく量じゃないね。そしてやっぱりスープも超塩辛い。すべてにおいてスーパージャンク、衝撃映像ですわ。とにかく動物的に飯食ってる実感がムンムン。店内も熱気ムンムン。いやー、これは若者向けだね。えげつない。勉強になりました。しばらくはいいかな。ちなみに豚は全残ししました。もったいないけど。

ちなみに二郎って東京ならどこなと食べれるけど、大阪には全然ないんだよね、と思ってたら京都の一乗寺にはなんと二郎があるのね。大阪帰ったなんかの機会に行ってみるのもいいかも。

生パスタ、生中華麺のススメ 2019年12月07日

IMG_20191127_012614

自宅にパスタマシンが到着したことにより、パスタや中華麺を自作することができるようになりました。現在のところ加水率40%ぐらいの中華麺をメインに作っております。

加水率40%ぐらいだとこねるのにも結構力がいって、圧延する時もパスタマシンが悲鳴を上げてる感じがします。

しかしながら実際にやってみると作ってる時はめんどくさいが、作ってしまって小分けに冷凍したら、あとはいつでもすぐに食べれる。お湯が沸騰した鍋に冷凍したまま放り込んで、再度沸騰してきたら10秒、20秒程度で鍋から上げてもう食べられる。かなり加熱調理の時間が短くてこれは嬉しい。

IMG_20191201_102314

乾麺の中華麺だと数分、乾麺パスタだと数分から十分は待たないといけないので、いらちの人にはかなりおすすめであります。

個人的にはまだ技術不足で正直自分で作ってる麺より、スーパーなんかで売ってるラーメンなんかのほうがうまいんじゃないかと思うが、そこはこれから精進していきたいところで在ります。

一作らーめんに行ってまいりました 2019年11月23日

IMG_20191124_225651

創業昭和53年 らーめん一作

ベジとしては完全にアウトな一作ラーメンに行ってまいりました。とりあえず今も下記の三店は健在のようですが、とりあえず実家からほど近い寝屋川店へ。深夜、酔っ払って行ってしまいましたわ。しかし、こってりラーメンの濃度で値段が変わるってのはどうなんだろう?いくら神レベルって言ったって一作のラーメンで1500円って。。。

とりあえずこってりラーメン神レベル(チャーシュー抜き)注文。

IMG_20191124_225926

IMG_20191124_225937

置いてある調味料も変わりませんな。ピンクしょうが、からしニンニク、からし味噌そしてラーメンだれ。ネギも一応入れ放題。

IMG_20191124_230131
↑ すいません、酔っ払ってて最初の写真撮り忘れました。

IMG_20191124_230224
↑ 濃さは半端なく、粘液状。

IMG_20191124_231020

とりあえずホントに半端ないスープの濃さで飲むのは断念。だがライスをひとつ注文してごはんの上にドロリ。ごはんの間には浸みていかない濃厚さ。で、なんとかスープもごはんと一緒に食い切ったんですが、44歳の体にはなかなかきつい。超絶な味の濃さ。たぶんそのままだと寝付けないのでタクシー拾わず、歩いて自宅まで帰りましたとさ。

たぶんここは3、4年は来てなかったかもなあ。神レベルは確かになかなかの濃さでした。ただ、お値段も含め44歳の自分にはこの濃さはかなりの試練で正直に弱音吐いちゃって次回はたぶんもうちょっと薄いやつにします。。。

IMG_20191124_231708