タグ: Sala Daeng

Ceresia Coffee Roasters 2015年07月07日

image

バンコクでの落ち着いて飲めるおいしいコーヒー屋探訪としてCeresia Coffee Roastersに行ってきました。

僕は自宅はバンコクの一般的な地図からは大体の場合欄外となってしまうラマ3エリアにありまして職場はシーロムで、普段はほとんどスクンビット界隈はうろつかない生活です。だから以前行ったエカマイのRoots Coffeeなんかもちょっと遠出しなくていけなくてなかなか足が向かないのであります。

でも毎週日曜日にプロンポンはベンジャシリ公園で青空ヨガというヨガの教室があるのでマラソンや旅行でバンコク外に居るとき以外はヨガをしに行ってます。その帰りにどっかコーヒーを飲もうといろいろ検索していたら凄い近場に面白そうなカフェーが。

Ceresia Coffee Roastersというお店でちょうど日本人御用達のスーパーマーケット、ソイ33/1のフジスーパーマーケットの真向かいにございました。

image

image

しかし、お客の数も少ない。この立地で客が入っていないというのはダメな店か、いい店だけどまだ全然日本人に知られていない店なのかどちらかぐらいか?

とりあえず入店。普通にブラックのドリップコーヒーをと言ったところ、Boliviaという(多分産地でしょう)豆のコーヒーがお勧めとのことで普通のドリップコーヒーが100THBのところこの豆の場合は120THBになるという。ブラックのコーヒー一杯で結構なお値段しとる。。。(ちなみにBoliviaは豆の量り売りでも250g 860THBというゴージャスなお値段でした)とはいえ初めてのお店なんでとりあえずそのオススメを注文してみる。

店の中は凄いシンプルにまとめられていて、その中でもキッチンの中が凄い。Home Proあたりで買ってきたっぽいステンレスのシンクをそのまま飾りもせずにおいてそれ以外は陳列用の冷蔵庫とエスプレッソマシン、レジぐらいしか見つからない。超ミニマルなエクイップメントで回しているコーヒー屋でとても面白い。

出てきたコーヒーを飲むと、こういうお店のコーヒーらしく浅煎り。それもかなりの浅煎りで煎ってるのは若干の香ばしさのフレーバーを添えるというぐらいのもので飲み物の味そのものはやっぱり豆の酸味から来てます。このコーヒーの豆の酸味ってのがくどくもなくて非常においしい。ああ、これ飲むとコーヒーをフルーティと表現する文章を少し理解できる気がする。さすが高いだけのことはありますわ。これはちょっと他にはない味ですな。

というわけで中々気に入りました。この味で客の少ないところがまたいい。大声で会話してるおばはんや、ギャーギャーうるさいガキとか、Amway勧誘で甲高い声でプレゼンしてる女も居ない。非常に落ち着いた空間。こりゃあいいわ。この店が売れ出すまでは静かにゆっくりコーヒー飲めそう。

さらにネットでよく調べてみるとなんと職場のシーロムに近いサラデーンの通りにもお店があるとのこと。正確な場所はサラデーンの通りとサトーンの通りが接する角にあるTISCOタワーというビルでうちの職場からはバイタクで10THBの距離。

これは行くしかないでしょう、と翌日月曜日に訪問してみましたがまたまたここもガラガラ。。ちょっとこれは心配になるな。ここ家賃高いでしょう??閉店が18:00なのに17:00前に訪れたのがよくなかったか?いや、それでも17:00ぐらいなら客がちらほら入っててもおかしくないですが。。。

image

image

Ruwandaという(多分Ruwanda産)の豆でドリップ入れてもらって飲みました。100THB。味は。。。やっぱりBoliviaのほうがおいしいな。

しかし、静かなのがいいとはいえ、ちょっと客の入りは心配になります。。。潰れるなよー。出来る限り通います。。。

ร้านข้าวแกง พริกน้ำปลาサラデーンのぶっかけ飯屋 2015年03月27日

image

サラデーンのシーロムとの交差点のところからちょっと入ったところにぶっかけ飯屋がある。オフィス街にぶっかけ飯屋ってのは別に珍しくともなんともないが、結構OLに人気で昼時はかなり混み合う。タウンハウスを改造して飯屋にして、内装も手の込んだものではないけど、清潔にリフォームしてあって、若干健康志向で米は赤米のタイ米なんかも置いている。揃えているおかずの点数も普通のとこより2-3倍多くて、お値段も普通の店より若干高い。普通の店の10THB増しぐらいかな?

image

バタ臭い超ローカルなぶっかけ飯屋の雰囲気を清潔、健康志向としてOLに受けてるのはいいんだけど、おかずがめちゃ塩辛いんだな。。塩分、味の素たっぷりってな感じで、濃くて味の輪郭シャキーン!とした若い子受けする味付けです。

image

ていうところで、実際に食べてみると健康志向ってのは、本に載ってたり、皆が健康だって言うアイテムを幾つか揃えただけでそれ以上は深く考えてないんだなってのがよくわかる飯屋であります。別にDisってるわけでもなくどこもそんなもんですからねえ。ただ、それでも店が綺麗なのと濃いけどそこそこ上手いので割とよく行きます。。。しかしタイってなかなか吹っ切れた店が少ないですな。なんか、そこそこいいんだけど、詰めてほしい部分は詰めずに”なあなあ”みたいな。。

image

まあ、オーガニックでもうまくない店は潰れるもんな。。最近思うのはオーガニックな飯ってのは決してうまくないんだと思います。。

Bangkok Burger @ Sala Daeng 2013年07月15日

IMG_20130716_115624

朝から知り合いのブログで見かけて、チェーンのファーストフードでない、分厚い肉の拳のようなハンバーガーが食いたくなってその日に行って来ました。

IMG_20130716_114438

お昼には249THBで5種類のハンバーガーのディッシュが選べてドリンクも付いてくる。今回食ってみたのは

IMG_20130716_115611
↑ オーソドックスにチーズバーガーなBIG CHEESE。

IMG_20130716_115814
↑ 友人がFISH FINGER。シンプルに魚のフライがどかどか乗っていた。

ディッシュのサイドメニューでカーリーフライや普通のフレンチフライ、サラダなどが選べる。僕らはサラダを選択。ごっつい岩みたいなハンバーガーとサラダをむしゃむしゃ食って適度に満腹。お肉も110gと180gの2パターンから選べる模様。でも180g頼んだら多分249THBでは済まないだろうな。。。

個人的にはもうちょっと油の少ないわっしわっし噛みごたえのある肉でも良かったが、それでも110gのお肉で頭の中は肉々!肉々!純ビーフな味で世は満足じゃ。普通のハンバーガーは普通にうまかったので近いうち(明日??)また気になったケイジャンチキンのハンバーガーを試してみたいと思います。。。あ、あとPhilly Soulを検索してて見つけたPhilly Steak Sandwichも置いてある!これも食ってみるか。。。Silom Complexのすぐ近くでこういう岩バーガーが食えるお店がちゃんとあったのね。これは嬉しい。


View Bangkok Burger @ Sala Daeng in a larger map

VANILLA HOMECAFE @ Silom Complex 2013年02月19日

Vanilla Homecafe 6

月曜日にふと晩飯にタイ飯が食いたくなってSilom Complex地下のVanilla Homecafeというお店に入ってみた。よくよく見てみたらSilom Complex4階にはBanana Leafというタイ料理のレストランが入ってたのだが、それを知らずとりあえずタイ料理っぽいから入ろうか、という感じで席についた。

Vanilla Homecafe 2

Vanilla Homecafe 3

内装はこんな感じでクラシックシンプル。置いてあるテーブルなども見た目だけの座ってテーブルに手をついてみるとテーブルの足が揃ってなくてガタガタしてるというような安物ではなく、どっしりしたテーブルだった。

Vanilla Homecafe 1

メニューも小洒落てる。お値段は高め。メニューは大体トラディショナルタイフードオーガニックって感じですかぁ。ただ、このお店小洒落てはいるものの、19時台のもっとも忙しいであろう時間に行ったんだが全然混んでおらず(高いからか?!)、客層も静かな人が多く落ち着ける。

Vanilla Homecafe 7
↑ น้ำพริกกะปิ ナムプリックガピ

Vanilla Homecafe 8
↑ ไข่เจียวดอกโสน​ カイチアオドークサノォー

Vanilla Homecafe 10
↑ หมูทอดปลาเค็ม ムートートプラーケム

Vanilla Homecafe 9
↑ ข้าวกล้อง(ข้าวกล่ำ) カオクロン(カオクラム)

見た目ばっちりな食事。これまた味もイケてました。素直にまた来たいと思えるお味。面白いのはムートートプラーケム。豚肉とサワラの塩漬けを混ぜてハンバーグ状にした料理。ホントにタイ料理でこんな料理あるのかね?ググって見るといろいろ写真出てきたから一応創作ではないっぽいね。しかし、このムートートプラーケム、豚肉の味にプラーケムの塩っぽさ、発酵食品のコク、ニンニクの香りが混ざり合ってめちゃうまい。塩が強くて酒のつまみにも良さそう。。。これはちょっと家でも作ってみたくなるお味でございました。

しかし、やっぱ店の雰囲気などからしても割りと若い層(とは言ってもタイ人の多分、女性20代後半から30代前半ぐらいがターゲットかな?)向けだろうから、ちょっと味が濃い系だった。化学調味料系もそれなりに入ってる感じですな。化学調味料使わず、肉もほとんど使わず、野菜の味メインで極薄味に作る料理もうまいんだけど、マクドとか日常的に食ってる舌で慣れてないととても味が頼りなく感じてしまうだろうからどうしても化学調味料で底上げって感じになるんでしょう。でも全然OKな味です。

できれば一度昼間も来てみたいですな。でも高いからなあ。。

この御店のHPを見てみるとバンコク市内で複数店舗を展開する小洒落カフェみたいですな。他のお店はケーキやらデザートやらとホントのカフェっぽい。こういうオーガニック系(多分)のカフェレストランやってるのってここだけかもしれない。

Vanilla Homecafe 5
↑ BUY 1 GET 1 FREEのプロモーションやってるってカードが置いてあった。URLが書いてあるからアクセスしてみると、このサイト上では他のブランチは書かれているけど、Vanilla Homecafeのことは全く書かれていない。。。まあ、らしいといっちゃあらしいけど。

Vanilla Home Cafe @Silom Complex B Fl.
↑ FBにも載ってた。

Vanilla Homecafe
BTS Silom 線 Sala Daeng 直結
Silom Complex B1 Fl. とんかつ まい泉 横
営業時間: 10:00am – 21:00pm

サラデーンとシーロム角の呑み屋にて 2012年05月21日

Beer Singha

以前にも紹介したサラデーンの通りとシーロムの通りの交差点にあるお店。昼はクイティアオを売っていて、晩になるとビールを売っている。ビアシンのみだが大ビンが一本80THBぐらいで出してくれるのでとにかく安い。つまみは全然置いていないので自分たちで外の屋台から調達してくる。

Beer with Muping

ムーピンを屋台で買い込み、古ーいチャイニーズ風の商店の中で氷るぐらいに冷えたビールを皆でぐびぐびやるのであります。この写真とか久しぶりに見てたら、別に新橋のガード下で飲んでる感覚と特に変わらんなあと思う。同僚と仕事の話などしながら、焼き鳥がムーピンに変わっただけ。一番財布にも優しい飲み方。

一時期ここはお店を閉めていたけど、すぐに復活。毎晩18時ぐらいから21時まで。復活直後は20時までという呑み屋としては異例の2時間だけ営業という変なスタイルだった。

しかし、皆、よく飲むね。