タグ: third wave coffee

COFFEE AMP THE ROASTER 2017年10月30日

IMG_0869

高円寺はJR高円寺から北のエリアはジトッとしたお店が多くなるが南のほうは多少小洒落たお店が多い印象。雨の日曜日、新高円寺から高円寺までブラブラ歩きの中、友人に教えてもらったルック商店街のコーヒー屋。というかサードウェーブと言えばいいんすかね?それも古いか?

狭い間口のお店でまともにテーブルもなくほぼコーヒーも立ち飲み状態、そしてその店の奥には自家焙煎やってまっせ!とコーヒーのでかいロースターが鎮座している。

自分はそれなりにコーヒー好きだがそれほどこだわってるわけでもないので全然種類もわからんのですが、それでもここのお店はひとつづつ違う種類の豆を入れたドリップバッグの5つセットなども置いていて自宅でいろんな味を味わえて良し。通販もやってるようで味が良ければ家が遠い人でも買えるのが良し。

コーヒー ドリップバッグ【コーヒー袋net】

今回高円寺に戻ってきて、12年前に住んでいたアパートに再度空き部屋がないか一度訪ねていったんだけど、もしその時に空きがあって前のアパートに住んでいたとしたらすぐにココに通っていたんじゃないかと思う。それぐらい以前のアパートから目と鼻の先。

ココに住んでいたら今ほど毎日飲み歩いたりはしてなかったような気がする。。でも今日はココのコーヒーを家で飲みながらこのブログを更新しております。

c   o   f   f  e  e      a   m   p  . – Home

Ceresia Coffee Roasters 2015年07月07日

image

バンコクでの落ち着いて飲めるおいしいコーヒー屋探訪としてCeresia Coffee Roastersに行ってきました。

僕は自宅はバンコクの一般的な地図からは大体の場合欄外となってしまうラマ3エリアにありまして職場はシーロムで、普段はほとんどスクンビット界隈はうろつかない生活です。だから以前行ったエカマイのRoots Coffeeなんかもちょっと遠出しなくていけなくてなかなか足が向かないのであります。

でも毎週日曜日にプロンポンはベンジャシリ公園で青空ヨガというヨガの教室があるのでマラソンや旅行でバンコク外に居るとき以外はヨガをしに行ってます。その帰りにどっかコーヒーを飲もうといろいろ検索していたら凄い近場に面白そうなカフェーが。

Ceresia Coffee Roastersというお店でちょうど日本人御用達のスーパーマーケット、ソイ33/1のフジスーパーマーケットの真向かいにございました。

image

image

しかし、お客の数も少ない。この立地で客が入っていないというのはダメな店か、いい店だけどまだ全然日本人に知られていない店なのかどちらかぐらいか?

とりあえず入店。普通にブラックのドリップコーヒーをと言ったところ、Boliviaという(多分産地でしょう)豆のコーヒーがお勧めとのことで普通のドリップコーヒーが100THBのところこの豆の場合は120THBになるという。ブラックのコーヒー一杯で結構なお値段しとる。。。(ちなみにBoliviaは豆の量り売りでも250g 860THBというゴージャスなお値段でした)とはいえ初めてのお店なんでとりあえずそのオススメを注文してみる。

店の中は凄いシンプルにまとめられていて、その中でもキッチンの中が凄い。Home Proあたりで買ってきたっぽいステンレスのシンクをそのまま飾りもせずにおいてそれ以外は陳列用の冷蔵庫とエスプレッソマシン、レジぐらいしか見つからない。超ミニマルなエクイップメントで回しているコーヒー屋でとても面白い。

出てきたコーヒーを飲むと、こういうお店のコーヒーらしく浅煎り。それもかなりの浅煎りで煎ってるのは若干の香ばしさのフレーバーを添えるというぐらいのもので飲み物の味そのものはやっぱり豆の酸味から来てます。このコーヒーの豆の酸味ってのがくどくもなくて非常においしい。ああ、これ飲むとコーヒーをフルーティと表現する文章を少し理解できる気がする。さすが高いだけのことはありますわ。これはちょっと他にはない味ですな。

というわけで中々気に入りました。この味で客の少ないところがまたいい。大声で会話してるおばはんや、ギャーギャーうるさいガキとか、Amway勧誘で甲高い声でプレゼンしてる女も居ない。非常に落ち着いた空間。こりゃあいいわ。この店が売れ出すまでは静かにゆっくりコーヒー飲めそう。

さらにネットでよく調べてみるとなんと職場のシーロムに近いサラデーンの通りにもお店があるとのこと。正確な場所はサラデーンの通りとサトーンの通りが接する角にあるTISCOタワーというビルでうちの職場からはバイタクで10THBの距離。

これは行くしかないでしょう、と翌日月曜日に訪問してみましたがまたまたここもガラガラ。。ちょっとこれは心配になるな。ここ家賃高いでしょう??閉店が18:00なのに17:00前に訪れたのがよくなかったか?いや、それでも17:00ぐらいなら客がちらほら入っててもおかしくないですが。。。

image

image

Ruwandaという(多分Ruwanda産)の豆でドリップ入れてもらって飲みました。100THB。味は。。。やっぱりBoliviaのほうがおいしいな。

しかし、静かなのがいいとはいえ、ちょっと客の入りは心配になります。。。潰れるなよー。出来る限り通います。。。

Three Little Birds Coffee 〜 KLのサードウェーブ系カフェ 2015年05月15日

image

というわけでマレーシアはクアラルンプールにゴールデンウィークの休暇中ブラブラしに行ってきました。

さて、マレーシアでコーヒーと言えばイポーのホワイトコーヒーですが、最近は他のアジアの都市と同じく、若いコーヒーマニアな連中が独自にコーヒー豆の選定から焙煎、カフェの経営までやってるサードウェーブ系のカフェが出来ているようで、KLもそういった感じの店があるというのでネットでいろいろ調べてみて行ってみました。

とりあえずネットの検索で出てきたのはここThree Little Birds Coffee。KLに二店舗あるみたいだけど、Desa Parkのほうの店はかなりKLの繁華街から離れている模様。なのでKLのちょっとはずれのSentul駅近くの店に行ってみた。その日はBukit Bintang駅のホテルに泊まっていたので朝早くから前出の「RA Nasi Lemak」にナシレマを食いに行き、その足でモノレール終点駅Titiwangsaまで行き、とりあえず徒歩でSentulのお店まで行けるかな?と考えていた。が、もう朝9時ぐらいになると日差しが暑くて歩くのが辛い辛い。たった2km弱の距離なんだけど中々辛い。これはBukit Bintangに居てもうまく乗り換えてちゃんとSentulの駅まで行ったほうがよかった。帰りは普通にお店からTitiwangsaの駅までタクシーを使った。。。

image

image

image

ちゃんとお店の横に焙煎機を据えた焙煎所があってそこで豆のストック、焙煎をやっているようです。普通にブラックコーヒーを注文して飲みましたが、なんか結構油っこい感じのコーヒー。コーヒーに細かい泡が浮いていたので多分エスプレッソを伸ばしたアメリカーノ的なブラックコーヒーなのかと思いますが、やっぱりこういう店のコーヒーらしく浅煎りで苦味より酸味の目立つ味で飲みやすい。ここのコーヒーの独特な油っこさが面白かったのでこのブラックコーヒーの豆も注文。バンコクまで持ち帰りして家でも飲んでおります。

image

ただ、個人的にはバンコクのRoots Coffeeほど「ああ、うまいねー、ここのコーヒー」とまでは言葉が浮かんで来なかったのでそこそこだったのかもしれませんが、KLにもやっぱりちゃんとこういうお店があるんだと納得して帰った猛暑の朝でした。

Roots Coffee @ BKK 2015年01月13日

Roots Coffee @ BKK 5

日曜日にRoots Coffeeというエカマイにあるサードウェーブコーヒー(だよね?)のお店に行って参りました。

高城剛氏のメルマガを読んでいて、バンコクにも土日しかオープンしない面白い店が出来てきましたねていうような文句があったので、ちょっとネットで検索してみたらこのようなお店が出て来たのでとりあえず行ってみることに。

場所はエカマイの通りのソイ15と17の間。店の前は何にもなくて最初店があるのかどうかもわからなかった。よく見るとガラス戸の向こうに確かにカフェーが。

in front of Roots Coffee @ BKK

入ってメニューを見てみるとメニューは二面のみ。エスプレッソ用の豆とドリップ用の豆との二種類で、それぞれ産地が書いてある。それから選んで入れてもらう。

Roots Coffee @ BKK menu 2 Roots Coffee @ BKK menu 1

店内には豆の焙煎機が。自分とこで焙煎してるんでしょうな。豆を買ったんですが、焙煎した日が1月7日とかになってました。コーヒー飲みに行った日が11日。また隣の厨房ではショートブレッド系のお菓子がこれまた全部そこで作っているようでした。

Roots Coffee @ BKK 2

コーヒーはドリップの場合こうやって瓶に入って出てきます。自分でカップに注ぎながら飲むよう。ここのコーヒー、確かに美味しいし味が柔らかい。しかし、スタバ文化でエスプレッソに慣らされてるせいか、ローストが浅くもっと深煎りの苦いドリップコーヒーが飲みたいなと思ってしまう。

Roots Coffee @ BKK 4

店内で豆も売っていて取り揃えはその日に店で出していた豆と同じ種類のものでした。自分ではドリップ用のホンジュラス産の豆を一袋250gのやつを購入。550THB。

Roots Coffee @ BKK 3

Coffee Bean Pack from Roots 1

Coffee Bean Pack from Roots 2

しかし、このお店すでに大人気のようで、土日の12:00-18:00までしか空いてないというので早めに行って12:30ぐらいに到着して座っていたがすぐに人が溢れ出して、13:00ぐらいには席がなくて待ってる客多数。かなり人が多くなるので個人的には開店直後しか行けないな。人が多くなるとストレスが溜まる。

お会計はコーヒー一杯100THB、お菓子が一品50THBと最低の金額は決まっているものの値段は客が決めるようだ。レジやお会計の係りはいない。店の出口に大きな瓶が置いてあってそこに客が自分で金を入れて出て行く仕組み。こういうのって確かにウェブマガジンでよく見るサードウェーブコーヒーのお店っぽいなあ。

確かにお店の雰囲気がバンコクにしては嫋やかで、文系の人らの集まりという雰囲気で和むところはある。なかなか面白かったのでまた行きたい。持ち帰りの豆はここんとこ毎日淹れて飲んでます。だんだんと浅煎りの豆の美味しさが解りかけて来てるかもしれない。

Roots Coffee @ BKK 1

ちなみにこのRoots Coffee、Subscription契約でウェブから申し込んで登録した住所にオススメの豆を隔週で届けてくれるプランもある。これもまた面白い商売をしてるので一回試してみたい。三ヶ月の契約で隔週だから6回分の配送で3000THB。

ROOTS COFFEE