タグ: Cafe

甘ーい食事のVegenerie Concept 2018年12月21日

IMG_20181211_144148

バンコクはBTSプロンポン駅のすぐそばベンジャシリ公園の裏にあるヴィーガンカフェ、レストラン。非常に小洒落ております。お値段もそこそこ。かなり有名なお店らしいので行ってみた。

IMG_20181211_144756

IMG_20181221_114431

上がTeriyaki Rice Bowl。テリヤキと書かれていてもカリフラワーの天ぷらにテリヤキソースをかけてご飯に乗っけたもの。下がChick PeaとPumpkinのCurry。

ここ、雰囲気は悪くないんだけど食事全体的に非常に味付けが甘い。テリヤキソースもかなり甘いし、カレーも甘い。そこそこ量もあるのでこの甘さが食べきるのを邪魔するぐらい甘い。。。うーん残念。三回ぐらいは行ってみたけどどれ食っても甘かった。タイ人的な嗜好に向いたお店かもしれないけど個人的にはちょっと残念な感じです。。。


↑ベンジャシリ公園の手前のエンポリアムの駐車場だと思ってたところを入ってそのまま突っ切ると奥にまだソイがあって右折してすぐにあります。

お気に入りのルノアール、独り喫茶、大処分 2018年06月22日

20180627-112725-11

最近のお気に入りは高円寺の喫茶ルノアール。じいちゃんばあちゃんと外回りの営業ばっかなんだけど、ほかの喫茶店に座ってるより全然静かで居心地がいい。基本ドリップコーヒーかアイスドリップコーヒーしか飲まないけど、初夏の日差しの中、グダグダしてるのが気持ちいい。最近はほぼ毎日ここに来ている。一杯ホットコーヒーかアイスコーヒーを飲んだらすぐ帰るんだけど、十分に店員に顔を覚えられるほどには来ている。しかしルノアールの店員も対応のいい店員と全然ダメな店員の両極化がすごい。

そしてまたまた引越しの準備作業。ものの整理が全然進まないので思い切って殆どのモノを捨てるという結論に。そうすれば迷わず粗大ゴミを手配して大きなものはあらかたカタがついた。あとは布団だなあ。どうすべえか。思ったが迷っていたらいつまでたっても整理がつかないので布団も捨てることにする。最終プリンタの貰い手がつかないで手こずることになるが、最終的には実家に送り返して最近プリンタが調子悪いと言っているうちの父親に譲ることとする。一人で粛々と引っ越し作業(不用品処分)を進めるのであります。

結局Nescafe Goldが現状メインコーヒーで。。。 2016年04月29日

すべての写真-413

毎日家でコーヒー飲むんだけど、いろいろ試したけど、結局のところめんどくささに勝てず、わりとおいしいインスタントコーヒーに落ち着いてしまった今日このごろ。やっぱり朝急いでる時とか、机でいろいろ仕事しててちょっとコーヒー欲しい時とか、いちいち豆挽いて、ゆっくりお湯入れてってめっちゃめんどくさいんや!

インスタントは楽や〜。値段が手頃なのもポイント。結構安い。この200g入りの結構大瓶でも300THB逝かなかったと思う。タイで巷に溢れてるインスタントコーヒー、NescafeのRed Cupよりは高いけどあれはやっぱりブラックで飲むコーヒーとしては味的にちょっときつい。すんませんけどもう少しだけいいコーヒー飲ませてください。でもどうせインスタントコーヒーだからあまり高い金額は出したくない、それでもブラックで飲めるコーヒーが欲しくていろいろ買ってみたら結局このNescafe Goldだったのです(Nescafe GoldであってNescafe Gold Blendではない)。

普通にtopsで売ってるのでストックが切れてもすぐに補充できるのもいい。

結局、こういうので納得してしまう自分てそれほどちゃんと珈琲味わう舌も鼻も持ってなかったちゅうことなんかな?

↑ アマゾンでも売ってた。

一人で落ち着けないバンコクでは夜カフェがよい 2016年03月26日

IMG_20160318_190437

バンコク、平日の19時。スクンビットやシーロムのいわゆるダウンタウンではないバンコクのはずれのスタバ。皆様晩飯のお時間でこの時間にコーヒー飲んじゃうと眠れないという方々も大勢なんだろう。客がほとんどいないスタバで普段座ったことのないソファでぼさーっ。

バンコク(タイ?)の街ってのは一人っきりになって物思いに耽るなどの行為はほぼ不可能で、とにかく一人の空間ってのは邪魔されまくるのであります。特にスタバで落ち着いてコーヒー飲もうとか、仕事しようとか考えて行くと中華系の小金持ちタイ人がファミリーでコーヒー飲みに来ていてガキは放し飼い、わーわーぎゃーぎゃーと煩くて落ち着くどころではない。その他ネットワークビジネスに熱心で勢いよくまくし立ててるお姉ちゃんとか、とかく落ち着けない場所の筆頭がスタバであります。

客のほとんどいないカフェなら落ち着けるんだが、それはそれで見つけるのが難しい。客がほとんどいないカフェはだいたいコーヒーまずい、サービスに問題があるで客が来なくてしばらくしたら潰れる。当たり前の話だ。ある程度まともなコーヒーとサービスの店なら客が来るのが当然だから落ち着かない。結局解決しない堂々巡りである。

そんななか、夕方から晩にかけての夜カフェならまだなんかいい感じかなと。やっぱ夜にコーヒー飲もうという人はそんなに居ないようなのと、店員ももうまったりモードに入ってるパターンが多く。空気が落ち着いているのであります。

でも以外と日本ではもう夜カフェというような単語も流行ってたりするのか??と思ってぐぐってみると結構いろいろ出てくるのでそれなりに「夜カフェ」という言葉も確立していそうな感じ。日本は毛細血管並みに末端の事象や文化でもすぐにカテゴライズやキーワード化されてしまいますな。まあどうでもいいけど。

お酒飲まない人には夜カフェはいいかもしれません。酒飲む人はコーヒーより夜居酒屋、というか普通に「飲み」に行くでしょうし。。。

カンチャナブリ小旅行:通りとの隔絶感がよろしいLibrary Cafe 2016年01月27日

IMG_20160126_163239

カンチャナブリ小旅行中に立ち寄ったカフェー。

外国人観光客の多いメナムクウェー通り沿いのムーカタ屋のすぐ横にある。どうせ外見はそれなりに綺麗に作っててもまあ大したことないだろうと思って立ち寄ったが結構しっかりしていた。ベタ甘のコーヒーでなくてちゃんと飲めるし、一緒に頼んだチョコレートケーキも甘さ控えめでうまかった。

それほど高くないのにあまり人が居なくてそれも非常にいい感じのお店。

IMG_20160126_163631

なにげに思い出したのはサワンナケートにあった ”Macchiato De Coffee” というカフェー。

Macchiato De Coffee / Somchith Chaleunxay Hotel at サワンナケート 2015年12月31日

何もないサワンナケートの街並みとここのカフェーの空気感はまるで別世界で暑くて、何もやることがなくなった時にこのカフェーは非常に助けになりました。カンチャナブリのここも外国人観光客向けにローカルな雰囲気が前面に出た通りの中でちょっと異彩を放っていた感じであります。

IMG_20160126_164227

昨日の寒さ地獄、そして今日のエラワンの滝での暑さ地獄と両極端な環境を味わってお疲れモードだった僕はここで小一時間ほどホゲホゲ言いながら仮眠し帰路に必要な体力の回復を行ったのでした。

ちなみにカフェーのくせに晩になると酒を出してるようで、カフェーというよりバーになるようです。多分そっちでしっかり稼いでるんだな。