タグ: 豚

酒のつまみにケープムー、ナンプラートートでローカーブスナック 2018年10月18日

น้ำพริก แคบหมู
↑ ケープムー。ナムプリックと一緒に食べたり。

最近割りかし昼飯の時にクイティアオを食う際に、テーブルの脇に置いてある หนังปลาทอดกรอบ ナンプラートード(クロープ)をよく食べる。これは魚の皮をカリカリに揚げたスナックみたいなもので、当然ながらそのまま食べても香ばしくておいしいし、注文したクイティアオに入れて食ってもうまい。

最近はクイティアオ屋につくと注文して、届くまでの間にこのナンプラートートの袋を開けてポリポリすることが多い。実においしい。酒のツマミにもなるちょうどいい加減の塩味と油、香ばしさであります。魚なので旨味もある。

ตบท้ายด้วยหนังปลาทอด #เล่าจึงลูกชิ้นปลา
↑ ナンプラートート。魚の皮に粉はたいて揚げただけみたいな感じ。

また、晩飯でタイ北部料理を出すお店に行ったら同じようにテーブルにแคบหมู ケープムーが置いてある。これは豚の皮の揚げたもの。ホントにそこら辺のセブンに置いてあるようなスナックみたいな味。でも一応豚の皮なので動物性で炭水化物はたぶん少なくてタンパク質と脂肪分がほとんどだろう。これもまたサクサクなのと、分厚くてちょっと脂肪やお肉の部分をわざと付けた硬〜いケープムーもありどちらもおいしい。

ちょっと考えたんだけど、ビール飲む時に下手なつまみを食べずにケープムーやナンプラートート食ってりゃ余計なカロリー取らなくて済むんじゃないかと。少なくともこれだけ食べてる分にはローカーブダイエットはできるものと思われます。。。

とはいいつつも、自分はまただんだんと酒の量が減ってきて最近は週に2日程度しか飲まないのであまりテストはしてません。。。誰かテストしてみて。。。

どちらも言ってみりゃ食材としては余り物となるようなものを再利用して食べれるようにしたもので最近の日本ではこんなものはまったく食わなくなりましたなあ。

初めてルークチンを自炊してみる 2018年10月15日

すべての写真-7401

10年ほどタイに居てますが、タイの超ポピュラーな食材ルークチンって自分で作ったことがないなあ、と考えて休みの日に自炊してみました。レシピはおなじみのFoodTravel.comで。

材料を見ると、豚肉、塩、片栗粉、ベーキングパウダーぐらい。片栗は家にあったタピオカスターチを使います。そしてベーキングパウダー。タイは肉+ベーキングパウダーの組み合わせ好きね。ムーカタのお肉もMKのお肉もぜんぶベーキングパウダー浸しですな。確かに肉は柔らかくなるけど、どうもナチュラルな感じがしなくなるので好きではない。ま、とりあえず作る。

すべての写真-7399

ブレンダーやフードプロセッサ使って肉を絹ごしなミンチにして塩、ベーキングパウダー、片栗を入れてこねてこねてこねて。そして冷やして適当な量を取って沸騰直前ぐらいのお湯にぽとりぽとり。しばらく茹でて火を通せば基本的にはOK。一回冷水に取るといいようです。

すべての写真-7400

軟骨入りのルークちんみたいないびつな形にはなりましたが、ちゃんとルークチンの味してました。が、作ってみてわかった反省点。

・ 市販品のルークチンはいまいちお肉感がしないので粉ものでかさ増しして、肉の量減らしているのかと思っていたが、自炊で作ってみても意外と肉の繊維感とか全然しない。
・ レシピ通りに片栗を入れたが、それでもかなりの粉モノ感がして、入れすぎた感じ。片栗は結構少なめにしないとどんどん肉感が減る。
・ 塩も多めに入れないと味がしない。
・ ヒレ肉を使うとちょっと味が淡白すぎる。

という感じ。ルークチンは思ったよりも粉モノは少なめにいれないといけないという教訓でした。ちょっと再度トライして適度な食感と味のものを作ってみたいと思います。

高円寺にもムーカタを出してくれるタイ飯屋があったよ 2018年05月16日

IMG_7510

高円寺をぶらぶらしていると目に入ったこの看板。高円寺の駅から阿佐ヶ谷方面に向かっての高架下の商店街高円寺ストリートの地下にあるお店「タイ料理居酒屋 ロングラオ 百匹の象」というところでやっている模様。

自分は一応ベジなので食ってみたいが食えない状況。どうしようか??一回食ってみたいな。しかし友人と一緒に行って野菜のみだけ食うというのもなんだか負けてる気がして行く気になれない。。。でも食ってみたい。一工夫が必要ですな。

しかし、「ムーカタ出してくれるところがあるんだ!!」とびっくりしてましたが、改めて検索してみると東京都内、結構それなりにムーカタ食えるとこもあるんですな。。。世の中進化してますな。。。

日清タイのカップヌードル ムーマナオ 2016年12月22日

image

タイの日清が作っているタイ版カップヌードルでムーマナオ味ってのがあったので食べてみました。

ムーマナオってのは、ムー(豚)マナオ(タイのライム)でゆで豚のライムソース和えみたいなお料理。どちらかというと普通の食事の際に出てくる料理というよりは酒のつまみとして出て来ることのほうが多い料理かな??ゆで豚のさっぱりした味に辛くて酸っぱいタレがうまい。

痛風になりました。 : 7月31日、「ムーマナオ」

今までに日清タイのカップヌードルは確かおなじみのトムヤムクン味と外国人にも無難なムーサップ(豚のミンチ風味)味のふたつだったような気がするけど、なかなか微妙なところをついたフレーバーでとりあえず食べてみたくはなった。

タイの日清カップヌードルにムーマナオ(豚ライム)風味が登場 | タイランドハイパーリンクス
↑ 最近出てきたのかと思ったら発売は以外に2年以上も前のものだった。

image

タイのカップヌードルだからちゃんとカップの中に折りたたみのフォークが入っていて箸がなくても食べれます。んで調味オイルが入ってるんだが、これもタイらしくて非常に開けにくく、固いビニールです。力いっぱいひねってやっぱり「どぺっ」とズボンの上にぶちまけてしまいました。

で肝心のお味。

豚のスープの上にライムを入れたような確かな酸っぱさはあります。そしてちょっとだけ辛い。めちゃ辛いというほどでもないので普通の日本人でも割りとおいしく食えるんじゃないでしょうか。しかし食ってみるとライムの味よりもどちらかというとレモングラスとかタイハーブの香りがかなりキツい。こういうハーブ系の香りが苦手は人はダメでしょう。

image

全体的にぼちぼち。うまくもまずくもない、ぐらいですかね。個人的にはあまりチョイスに入ってくることはないでしょう。以上。

骨付き肉って好きですか? 2015年06月12日

25th annual Best in the West Nugget Rib Cook-off, Sparks Nevada
“25th annual Best in the West Nugget Rib Cook-off, Sparks Nevada by ATOMIC Hot Links, on Flickr”

ワシ、骨付きの肉って大嫌いなんすけど。。。
とにかく食うのがめんどくさいから嫌い。がばっっとほうばったらそのままむしゃむしゃ飲み込んでしまいたいんですわ。それが、なんかつっかえるなと思ったら小骨があったりで口の中でよけて出さないといけない。「あああ!もう!うっとおしい!」となります。カニも同じ理由で嫌い。魚は日本人なので一応口に入れる前に骨を取り外して食べるテクニックがあるのでそれほど嫌いでもない。

多少美味い肉であっても、めんどくささと手がベタベタになるのでかなり減点。骨のない肉の方が好き。鳥もささみが一番かなKFCに入るといつも普通のチキンを買わず骨なしのChickenTenderみたいなのばかり買うから不思議がられる。うちの彼女も骨の周りの肉大好き、軟骨大好きだからいつも不思議がる。みんな「こっちの方がおいしいよー」って言うけど全然食う気にならん。。。

その中で一番やるせない気持ちになる料理がこれ、

茶树菇排骨面 Mushroom and Pork Rib Stew with noodles - Hongyun Chinese Restaurant AUD9.50
“茶树菇排骨面 Mushroom and Pork Rib Stew with noodles – Hongyun Chinese Restaurant AUD9.50 by Alpha, on Flickr”

中華の「排骨」メニュー。肉のぶつ切りなんだけど、多分中華のあのデカイ包丁で骨ごとぶった切ってる。バキバキに割れた骨が入ってる肉ってちょっと理解を超えてる。食いにくくてたまらない。タイでも鳥の唐揚げとか頼んでみたらこんな感じの料理だった時には一気に機嫌が悪くなってしまいます。。。