タグ: meals

南インド、チェンナイBommi Messのベジミールス 2018年08月19日

20180818-145020-22
↑ Bommi Mess入り口

いやー、暑い暑い。チェンナイに到着した次の日ぐらいは思ったより涼しくて非常にすごしやすいと思ったが、その後から日中はとにかく暑くなった。ちょっと往来を歩くと、どれだけ汗をかかないようにと調整してもすぐにムンムンしてきて汗がじわじわと浮いてくる。。。なのでちょっと外を歩くとしばらくエアコンの効いた場所で休憩が必要となります。なかなか市内移動も大変です。

20180818-113808-13
↑ リッチーストリート

で、とりあえずはSIMカードもゲットしたので、チェンナイの秋葉原というリッチーストリートを歩いてみるが暑くて人が多い上に特段珍しいものもなく、バンコクのバンモー・プラザの風景と特段変わらないのでそそくさと脱出して、バンコクで事前にyoutubeで見ていたベジのミールス食堂を訪ねてみる。Bommi Messというところ。

ここはベジミールスが50ルピーで格安。チェンナイの中でも安い方じゃないのかな。典型的なミールスのスタイルでバナナの葉がお皿代わり。もちろん皆さん汁物とご飯を手で食べている。東洋人の自分が座ろうとスプーンも出てこない。なので必然的に見様見真似で初めてご飯を手で食いました。

いろいろインド飯の動画をyoutubeで見ていたからそれほど難しいものではなかったが、やはり手は汚れる。ネット上の記事によってはインド人でも上品な食い方としては右手の指の第二関節ぐらいまでしか汚さずに食うのがきれいな食い方だとかなんとかと書いてあるが、それは難しい。知らぬ間に手が飯だらけ。しかも気がついたら長袖のそでにカレーがついてて凹んだ。。。黄色が抜けない。。。あと、ミールスなんで断らない限りおかわりのご飯やおかずが店員によって自動的に追加されるが、一発目の白米の量でさえ、とにかく量が多い。胃がもたれる。。。

20180818-143052-20
↑ ベジミールス

そして大汗を書いたのでホテルでグダグダと体力回復させ、晩飯にはホテルの近くのポンディバザール周辺を歩く。市内の中では結構人通りも多い通りで夜も明るい。インドらしい敷石がボコボコに浮いた歩道を歩いているとふいに目の前に中華スマホメーカーOnePlusのブランドショップが。

20180818-194904-2

店頭で見てるとOnePlus6が欲しくなるものの、わざわざ今買うものでもないので名残惜しく店をあとにして晩飯。有名店Shri Balaajee Bhavanというところで晩飯を食おうかと思ったが激混みだったのですぐ近くのGheeta Cafeというお店でベジビリヤニとホットコーヒー。

20180818-195533-6

20180818-200728-9

20180818-195840-7

その後ポテポテと歩いてホテルに帰ってキングフィッシャー飲んで寝るという、希望通りのチェンナイ食い倒れツアーを満喫しております。

↑ リッチーストリート

↑ Bommi Mess

↑ Geetha Cafe

焼きそばとケララバワン 2018年06月21日

すべての写真-5194

朝イチで朝飯として日清の袋麺焼きそばを食う。この袋焼きそばも50%増量とかになっていてひとつで751kcalもある。そして昨日のペヤングのおかげでちょっと焼きそば恐怖症みたいになっている。とりあえず食うか、とはなるが目の前にすると一気に焼きそばだと食欲が萎えるようになってしまった。ペヤングは40超えのおっさんには鬼門です。

そして昼飯は練馬のケララバワンにまたベジ飯を食いに行く。ケララ田舎ミールスなるものを。特にモールカリーが美味かった。里芋と冬瓜のヨーグルトカレーらしいがマスタードシードの香りがすごく活きててとても美味しかった。

すべての写真-5225

ケララの赤米も初めて食うことが出来た。これが、店主サッシーさんの奥さんのマンガの中で紹介されていたパーボイルドライスのやつだろう。極端に粘りがなくパラパラとそして弾力がありまるでゴムの粒を噛んでいるかのようだったがこれはこれでなかなかうまい。少なくともカリフォルニアの茶色いパーボイルドライスよりかは香りの癖も全然なくて美味かった。カリフォルニアのパーボイルドライスはキツイな。

すべての写真-5226

そして今日バンコク行きのエアアジアの航空券を予約。約26000円。荷物30kgのオプションをつけて。とりあえず確定。ビザなしでバンコクに入ることになります。

流水りんこの南印度は美味しいぞ~!
主婦と生活社 (2015-09-18)

やっぱりバンコクに戻って来たら行くことになるチェンナイキッチン 2018年05月23日

すべての写真-4545

バンコクでインド飯を食うとなると自分的にはパン通りにあるチェンナイキッチンなんであります。南インド飯でベジのみの取り扱い。ベジのターリーとかイドリーとかドーサとか。そして曜日で変わる日替わりのメニューなどもあっていまだに全部のメニューを制覇はできていない。

とはいえ久しぶりにチェンナイキッチンに来たらやっぱりベジターリー(ミールス?)を食べたいので注文。日本の南インド料理のお店と改めて比較するような形で食べてみましたが、チェンナイキッチンの飯ってかなり味付けあっさりな感じに作ってありますな。今までは当然ながら日本で食べる南インド料理なんて食ったことなかったのでこんな感じなんかなあ、という感想しかなかったが、とりあえずはかなり薄味に作っていることだけはよくわかった。

これとソルトラッシーを飲んでごちそうさま。やはり美味い。そして次は実際に南インドに行って現地のベジミールスを食べまくった後にぜひここでもう一度飯を食って味を比べてみたいもんです。

すべての写真-4543

すべての写真-4541

すべての写真-4540

すべての写真-4547

ケララバワンのサンバルサダム 2018年04月19日

IMG_0370

最近わざわざ練馬までバスで出かけてケララバワンに通ってますが、メニューの中でも他の店でほとんど見かけたことのない「サンバルサダム」というメニューを注文。単純にサンバルと米の混ぜご飯みたいなもんらしい。この店で何回もミールス食べていて、ここのサンバルは美味しいということをわかっているので不味くなるはずのないメニューですな。

お米はバスマティでもなく、ソナマスリ米が使われておりました。本当に混ぜご飯でございました。もうそれ以外に感想がないぐらいに混ぜご飯。でもうまかった。

IMG_1232

ついでに食べたパニールのパコラも美味しかった。ちなみにインド料理の時だけヨーグルトとパニール(カッテージチーズ)は食います。インド料理以外では禁止。パニールも癖がなくて非常に食べやすいのでいいですな。

練馬のケララバワン再びでナーラン・マラバール・ミールス​​​​​​​​​​ 2018年03月10日

IMG_3135

またまた、休日に練馬のケララバワンまでミールスを食いに行ってまいりました。

高円寺から関東バスに乗って20分ぐらいかな。一本でケララバワンのある練馬まで到着。今回はこの大物ミールス、ナーラン・マラバール・ミールスというやつを食いに来たわけです。

ちょっと普通のミールスとは変わっていて、普通サンバルは下味にもニンニクは入れないけど、このサンバルはニンニクが粒のまま入っていて煮込まれていたり、バナナのカレーがあったりと今まで食ったことのない味わい。どれもかなり味は控えめでさっぱりしつつ、食っていくとやっぱりそれなりに辛い。どれもこれも、野菜のペーストの下味に塩だけで味付けしたような単純な味でそれをドカドカご飯にぶっかけてくちゃくちゃ混ぜ合わせて食べるのがうまかったですな。

とはいえ、やはりこれだけのおかずがあると写真に写っているご飯だけでは足らず、お代わりをしてしまった。で、やっぱりかなり満腹になり後が大変でした。。。

2,480 円と結構なお値段にはなってしまうんですが、まー、しょうがない日本だから。。。