タグ: indian

南インド、チェンナイBommi Messのベジミールス 2018年08月19日

20180818-145020-22
↑ Bommi Mess入り口

いやー、暑い暑い。チェンナイに到着した次の日ぐらいは思ったより涼しくて非常にすごしやすいと思ったが、その後から日中はとにかく暑くなった。ちょっと往来を歩くと、どれだけ汗をかかないようにと調整してもすぐにムンムンしてきて汗がじわじわと浮いてくる。。。なのでちょっと外を歩くとしばらくエアコンの効いた場所で休憩が必要となります。なかなか市内移動も大変です。

20180818-113808-13
↑ リッチーストリート

で、とりあえずはSIMカードもゲットしたので、チェンナイの秋葉原というリッチーストリートを歩いてみるが暑くて人が多い上に特段珍しいものもなく、バンコクのバンモー・プラザの風景と特段変わらないのでそそくさと脱出して、バンコクで事前にyoutubeで見ていたベジのミールス食堂を訪ねてみる。Bommi Messというところ。

ここはベジミールスが50ルピーで格安。チェンナイの中でも安い方じゃないのかな。典型的なミールスのスタイルでバナナの葉がお皿代わり。もちろん皆さん汁物とご飯を手で食べている。東洋人の自分が座ろうとスプーンも出てこない。なので必然的に見様見真似で初めてご飯を手で食いました。

いろいろインド飯の動画をyoutubeで見ていたからそれほど難しいものではなかったが、やはり手は汚れる。ネット上の記事によってはインド人でも上品な食い方としては右手の指の第二関節ぐらいまでしか汚さずに食うのがきれいな食い方だとかなんとかと書いてあるが、それは難しい。知らぬ間に手が飯だらけ。しかも気がついたら長袖のそでにカレーがついてて凹んだ。。。黄色が抜けない。。。あと、ミールスなんで断らない限りおかわりのご飯やおかずが店員によって自動的に追加されるが、一発目の白米の量でさえ、とにかく量が多い。胃がもたれる。。。

20180818-143052-20
↑ ベジミールス

そして大汗を書いたのでホテルでグダグダと体力回復させ、晩飯にはホテルの近くのポンディバザール周辺を歩く。市内の中では結構人通りも多い通りで夜も明るい。インドらしい敷石がボコボコに浮いた歩道を歩いているとふいに目の前に中華スマホメーカーOnePlusのブランドショップが。

20180818-194904-2

店頭で見てるとOnePlus6が欲しくなるものの、わざわざ今買うものでもないので名残惜しく店をあとにして晩飯。有名店Shri Balaajee Bhavanというところで晩飯を食おうかと思ったが激混みだったのですぐ近くのGheeta Cafeというお店でベジビリヤニとホットコーヒー。

20180818-195533-6

20180818-200728-9

20180818-195840-7

その後ポテポテと歩いてホテルに帰ってキングフィッシャー飲んで寝るという、希望通りのチェンナイ食い倒れツアーを満喫しております。

↑ リッチーストリート

↑ Bommi Mess

↑ Geetha Cafe

Tops にてインドチーズである Paneer を買ってみる2018年05月22日

すべての写真-4695

せっかくバンコクに戻って来ているので日本では見かけないバンコクらしいものを食べたいなあと思っていたら、バンコクのスーパーマーケット、Topsで意外にもインドのチーズであるパニールを見つけたので買ってみた。残念ながらうっかりしておりまして値段がいくらだったかは全然覚えていない。

インドのパニールはイタリアのモッツァレラのように無発酵のチーズで癖がなく食べやすいチーズであり、カレーに入っていたり、マサラのペーストを絡めてタンドールで焼いたパニールティッカなどがよく見る。で、期待して食ってみたもののこのパニールは割とパサパサしてて、食べる端からボロボロとよく崩れる。うーん、いまいち。

しかし、もっとインドの美味しいパニールを食べてみたくなった。バンコクではTops以外では売ってるんでしょうか?日本では売ってるんだろうか???

さらにアーミル・カーン主演もの、「PK」も観了 2018年05月06日

さらにアーミル・カーン主演の映画が観たくなり、「PK」も観ました。残念ながらこの映画はアマゾンプライムにもないし、他のストリーミングサービスなどでも観れない作品。結局アマゾンでDVDを3,000円ほど出して購入して観ました。

監督は「きっと、うまくいく」と同じくラージクマール・ヒラーニ、主演はもちろんアーミル・カーンとなってます。この映画も現代劇でラジャスタンの砂漠に降り立った宇宙人が通信機を盗まれてしまって宇宙船と連絡つけられず帰れなくなってしまうというお話。なかなかに今までなかったちょっと考えつかないストーリですな。

で、これも今まで観たアーミル・カーン主演映画と同じく、インドの宗教に関する社会問題などを交えながらテンポのいいコメディ映画に仕上がっております。

最終的にはやはり「きっと、うまくいく」の方が上だとは思いますが、この作品もなかなかの佳作。最近ダンガル観てアーミル・カーンがいいなと思った人はぜひ観てもらうのが良いかと思います。

PK ピーケイ [DVD]
PK ピーケイ [DVD]

posted with amazlet at 18.05.27
Happinet (2017-04-28)
売り上げランキング: 27,721

アーミル・カーン主演、至高のインド映画「きっとうまくいく」 2018年05月05日

今年は劇場でバーフバリ、ダンガルを観て、「インド映画の出来は馬鹿に出来ん」と一人納得していたところ、友人からダンガルで主演していたアーミル・カーンが以前に主演していた映画、「きっと、うまくいく(原題・3 Idiots)」もかなり出来がいいと推されたので観てみました。

2009年の映画でインド映画らしく軽ーく2時間を超える大作なんですが、長時間と全く感じさせない脚本の良さ。現代劇でインドの工科大学の学生とその後のストーリーなんですが、人情ものとインドの学歴社会、競争社会の問題を絡めて超泣かせてくれる素晴らしいシナリオです。

この映画、アマゾンのプライムビデオで観れるのでプライム入ってる人は無料で観れます。僕もプライムで観たんですがもう何回泣かせるんやと疲れてくるほどに泣かせる。

しかしアーミル・カーンもいい映画選んで出てますなー。今んところアーミル・カーンが出てる映画はハズレなしでございます。

この映画観てるとラダックも行って観たくなるなあ。

きっと、うまくいく(字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 71,856

Google のレビューでは高評価な高円寺のインド料理屋ロータス、しかしイマイチ魅力わからず 2018年05月04日

IMG_6512

とある日のランチに高円寺の南口、エトワール商店街ぞいにあるロータスというネパール・インド料理店に言ってまいりました。なぜここに行くのかというと、先日飲んでいるときに何の気なしにスマホでインド料理店を調べていると高円寺のこのロータスというお店が Google Map のお店レビューで 50 個の評価がついて平均4.9というかなりな高評価になっていることが判明して、実際どんなものなのか確かめるべく行ってまいりました。

ザ・ロータス【公式】
https://lotus-koenji.owst.jp/

調べてみるとこのお店、割とまともなお店のホームページもちゃんと持っている。

IMG_1460

注文したのはランチAの豆カレーのセット。めちゃくちゃ標準的なインド料理屋メニューですな。食べてみるも、うーん、はっきりとこれでは何が人気なのかよくわからないな。。。ネパール人系のインド料理店らしく来たっぽいクリーム、ヨーグルト系のこってりしたカレーでナンと一緒に、というスタイル。うまいけど、他のお店と差別化されるほどとも思えない。。。

店員の兄ちゃんの愛想などは非常によくてそういう部分では客受けが良いのはわかるが、50評価で平均4.9となるほどまでの人気はわからずじまいでした。

というわけでいつか数人で夜にビール飲みながら飯を食いに行くロータス評価会を実施したいと思います。。。