タグ: flavor

ローカルフレイバーべイプとベビースターラーメン 2018年06月27日

20180627-130748-2

さて、高円寺のいつも溜まっている飲み屋「ごち」にて前々から高円寺にVapeのショップがあると聞いていたのでそのVape屋さんに寄ってみる。昨日買ったジントニックフレイバーのVapeリキッドがちょっと甘くて自分には合わないと感じていたので甘くない他のリキッドがないかと探しに行った。教えてもらったように色々と試し飲みをさせてもらった後、鉄観音というリキッドを購入。烏龍茶のフレイバーらしく、ご丁寧にMade in Taiwanの文字。烏龍茶というかちょっとジャスミン茶っぽい感じもするけど、甘みがなくてすごく吸いやすいし、周りの人にもほとんど臭わないリキッドらしい。

Vapeがもっともっとはやってくるといろんなリキッドが出て来て、それぞれ地域性に根ざしたフレイバーを作るのはいいかもね。日本だと、畳フレイバー、大葉フレイバー、醤油フレイバーあたりを作ると良いのかも。

話関係ないですが、同じくごちにて、ベビースターラーメンの食い方論議に。ベビースターはお菓子扱いで手でつまんでそのままポリポリ食うのはあるとして、これをお湯でふやかしてそれこそミニチキンラーメンのようにして食べるのがうまいんだが、湯戻しで食ってる人はほとんどいない模様。

20180622-010941-11

というわけでベビースターラーメンも飲んだ後にセブンで調達。食器処分した後なので丼がなく、他のインスタント食品のカップを使って作る。ベビースターの湯戻しはラーメン感ではなく、チキンフレイバーのお麩を食べているような感じで優しく美味しい。うーん、ベジ解放してから食生活が荒れている。。。

20180622-103802-1

VAPING APE TOKYO ONLINE SHOP | VAPE(ベイプ)・電子タバコ & E-JUICE専門店 | US産E-JUICE取り扱いNO1! | 東京 渋谷
http://www.vapingapetokyo.com/
↑ 高円寺南にあるべイプ屋さんのオンラインショップ。

十割そば、そばのうまさって? 2018年04月05日

IMG_3541 2

近所の輸入食品店でなぜか十割そばの生麺を発見。保存料に酒精を使用していて開封しなければ常温で結構もつらしい。美味しい蕎麦を食ってみたくて購入。

ベジ用のそばつゆを用意するのがめんどくさくて蕎麦を湯がいて塩をかけて食うスタイルとする。多分蕎麦の香りが豊かで美味ければ塩で十分なんじゃないかと。

袋を開けたら酒精の香りなのかアルコールの臭いがぷ〜〜〜〜んと。。。大丈夫かなあ、と思いつつ小鍋で 1 分ほど湯がいて冷水でぬめりを取って、小鍋のまま塩ふりかけて食べる。ちゃんと腰が強くて、確かに富士そばの蕎麦よりも麺自体に香りがある気がする。

以上。。

もしかしたら自分は蕎麦自体はそんなに好きではないのかもしれないという気がします。十割の蕎麦を食ってもそれほどうまいとは感じないし、「蕎麦の香りが!」「蕎麦の香りが!」とこだわる人もいますが、あの程度の香りでそれほど苦労しなくてもいいような。。。そもそも蕎麦の香りって結構繊細だから普通のそばつゆでは蕎麦の香りと喧嘩しそうな。。。そういう意味では塩で蕎麦を食べるというのは納得が行くのですが、それほどうまいとも思わない。。。

自分で蕎麦打ちしてみっかな。。

辛さ2倍の超辛韓国麺 もう食えん 2017年06月17日

image

見つけた見つけた。以前書いていた韓国のインスタント麺のHot Chicken Flavor Ramenの辛さ2倍麺。

標準のHot Chicken Flavor Ramenでもめちゃくちゃ辛いのにx2っちゅうのは恐ろしい辛さですな。でもとりあえず食ってみます。

image

入っているのは同じような液体辛タレとふりかけ。

image

同じように作って汁なしの焼きそばみたいな感じに仕上げる。

image

頂きまーす! パクっ! 最初は標準の辛さと同じような感じでトマトソースみたいな甘みが感じられる。そして、、、

ビリビリビリビリーーー!!!!!

あああー!来るわ来るわ。標準の辛さのやつは食い始めてから20秒ぐらいはなんともなく、その後に辛さがビリビリと襲ってきましたが、このx2倍はもっと早足で辛さが追っかけて来ます。というかもう並走してるような感じですな。ほとんど隙がない。そしてジンジン、ジンジン、と食道から胃にかけてホントに辛い、熱いものが落ちていった感覚。。。というわけで今回半分で止めときました。。。これは自分は全部食えません。。。

そしてちょっと胃をやられました。。。鬼門だ。このラーメンわ。

メイドインタイランドのPrizeというお菓子 2016年11月09日

image

Prizeというお菓子。洒落たスナックみたいな包装がされてるけど、メイドインタイランドでジャスミンライスを使ったスナックのようです。

パッケージには「揚げてもなく、焼くでもなく、ポップしてます」と書かれているが、要は米のお菓子でポン菓子みたいなもの。特筆すべきは味の軽さ。こういうスナック菓子とは思えないぐらい化学調味料の使用量が少ない(と感じる。たぶんゼロではないと思うけど)。一袋食べて90kcalという摂取カロリー量も軽い。僕が最初食べたのはSeasalt味でまさに塩だけ的な味の薄さが良かった。ああ、こんなのもあるんだと思ってチェダーチーズ味を近くのtopsで買って食ってみたら、これは塩より当然ちょっと濃かったが、それでも非常にあっさりで他のスナック菓子とは一線を期する味です。

image

普通のスナック菓子を食べるとついつい食いすぎるし、味が濃くて後から気分が悪くなるという僕みたいな加齢の波に打ち負かされてる人にはオススメですな。

topsで二袋49バーツと結構お高め。それでも一回試してみる価値ありです。

超ヘビーなドリアン月餅を喰らう 2016年08月08日

image

彼女の親戚の見舞いでバンコクのかなりはずれのサイマイという地域の病院までやってきたが、そこの売店で売っていた月餅。

タイでも月餅は中国文化由来のものとして ขนมไหว้พระจันทร์ カノムワイプラチャンという名前で売っている。見ていると、抹茶を練り込んだ生地に小豆の餡や、紅茶を練り込んだ生地に、クランベリーの餡とか、オーセンティックなものから洋風なものまでいろいろ売ってるのがタイ。その中で餡がモントン(ドリアン)になっているものを発見。見つけて即買。

image

食ってみましたが、まずケーキや焼き菓子の類で170gというのはかなりの重量でお菓子が大きい。気軽に買って食いきれないぐらい。。。

image

image

二つに割ってみると、、、なんかよくわからない赤いのが真ん中にありますが、何かは不明。。。周りの人にこれなにかわかるか?食ってみてくれと言っても「朝からそんな濃いもの要らない」と断られ何なのか不明のまま。。。

肝心の味は周りの皆様がお察しの通り、ドリアンの餡が非常に濃くて、餡というか、ドリアンの実を鍋で熱して煮詰めたドリアン羊羹 ทุเรียนกวน トゥリアンクワン のようだ。中身にドリアン羊羹がパンパンに詰まった月餅を食ってるような感覚。。自分はペナン島にわざわざドリアンを食いに行くようなドリアン好きではありますがさすがにこの月餅は重すぎて半分でギブアップしました。。。

日本へのおみやげとして話のネタ程度にはいいかもしれませんな。。。ちなみに自宅周辺に戻ってきてよく見てみたら普通に7-11のパン売り場のところでも売ってました。。