タグ: クイティアオ

近所のセントラルで探し物、定番クイティアオ 2018年07月15日

20180715-121506-3
↑ クイティアオルークチンプラー、超シンプルな味。

昨日注文したVAPEのMODにバッテリーが同梱されていないのがわかって近所に売っていないか探しにいく。確かセントラルでちょっとお高いが工具類が売っていたはず。向かってみるといつも行っていたセントラルはリノベされていて(これは前回バンコクに来た時に知っていたが)、お目当ての工具売り場はリノベ後には撤去されていた。残念。。自分の興味のあるものは大体短命に終わるなバンコク。。

そのまま帰るのもなんなんで、เจียงลูกชิ้นปลา ジアンルークチンプラーという中華系クイティアオのお店でまたまたクイティアオを食って帰宅。今週の自分の流行りはクイティアオですな。久しぶりでめちゃ美味しい。センレックという中太の米麺のものがクニクニとした歯ごたえとあっさりした味でたまらないっす。

ザ・タイ飯なクイティアオとかつやinバンコク 2018年07月13日

20180713-174713-5

今日はまた午前中から怒涛のブログ更新デー。今までの溜まりに溜まったサボり分を消化して行く。もう少しで現在までアップデートできる。非常に嬉しい。

お昼は早速自宅で人参のクミン炒めを作って白米と合わせてもりもり食う。インディアンな香りで幸せじゃ。

晩飯は自宅近くのスーパーの二階にあるクイティアオ屋でクイティアオムーナムサイ。サラッとした透明スープのタイラーメン。これにお酢やら唐辛子やらナンプラーやら加えて自分好みの味にしていただきます。あー、久しぶりの味。これが食いたかった。ベーシックでとてもタイを思い出させてくれる味。バミーもいいけど米麺もね、というところ。

20180713-174811-6

20180713-181819-8

そしてショッピングモールをぶらぶらしてるとなんと高円寺の北口ロータリーにもあったかつやがバンコクにもできていた。本当に飲食の環境は日本に居る感覚と変わらないぐらいに日本ブランドが席巻して居る。この年になったのもあるが、日本に居る間からかつやは濃過ぎて苦手だったのでいつかバンコクのかつやも試してはみたいものの、多分行くまでなかなか決心がつかないものと思われる。

クイティアオ アユタヤ in チャトゥチャック 2016年06月28日

すべての写真-1293

チャトゥチャックにてなかなかおいしいクイティアオアユタヤのお店を見つけたので書いておきます。場所は下の画像のようにガンペンペット(1)の通りとガンペンペット2の通りの三叉路の東側のちょうど角にあたる部分。

スクリーンショット 2016-06-26 20.05.55

すべての写真-1291
↑ クイティアオルア、クイティアオアユタヤってスープの色もあって全然美味そうな写真が撮れない。。。

クイティアオアユタヤなんでスープは黒々としたスープ。多分豚の血とかが入ってるから澄んでいるわけでもなく白濁ではなく、黒濁スープという感じになります。豚と牛のそれぞれ、お肉だけをさっと湯通した具のเนื้อ / หมูสด ヌア / ムーソット と、ぷるぷるになるぐらいまで長時間煮込んだ具の เนื้อ / หมูเปื่อย ヌア/ムー プアイがある。1杯40バーツ。

わざわざこれを食いにチャトゥチャックに来るか?と言われるとそこまでではないにしても、チャトゥチャックでメシ食うときにちょっと立ち寄ってみるといい感じだと思います。

ร้านเนื้อคู่ Premium Beef @ Silom Complex 2015年07月14日

image

勤め先のオフィスのあるSilom Complexの地下に目立たないようにひっそりとあるお店、ร้านเนื้อคู่(ラーンヌアクー)。そのお店の名前から牛肉のメニューのお店であることはわかっていたが昨日初めて店に入ってみてクイティアオ(タイラーメン)のお店であることがわかった。

結構こじゃれた店の作りでちょっと高級志向。僕はセンミーのクイティアオヌア(細米麺の牛肉トッピング)、彼女は牛肉にはいかずにバミールークチンプラープーケット(黄色い小麦麺のプーケットスタイル魚のルークチン入り)。お値段はなんと僕のクイティアオで85THB、彼女のバミーは160THB。バミーで160THBっていうのは恐れ入りました。

image

牛肉ゴロゴロ状態にモツもボチボチ入っていておいしい。味は上品。センミーも普通のクイティアオよりいっぱい入っている。まあ85THBはこれならいいかな?

image

さてさて、彼女の頼んだバミー。ルークチンがデカイ。直径5cm以上のルークチン。柔らかくてプリンプリン。ただ、味は普通のルークチンプラーでした。そして珍しいことにバミーは腰のある固めに茹でられていて中々うまかった。量も普通のバミーより多い。何気に牛肉メニューよりこのバミーがうまかった。しかしうまくてもバミー一杯で160THBってのはちょっと抵抗があるなあ。。。

というわけで微妙な心境のร้านเนื้อคู่でした。何か理由があればまた行くかもしれません。。。

ก๋วยเตี๋ยววัดใหญ่ クイティアオワットヤイ 2015年01月11日

image

先日ポストしたワットヤイチャイモンコンにて炎天下の中の2015年初詣を終えたのでありますが、お昼はこのお寺の真ん前にあるก๋วยเตี๋ยววัดใหญ่、クイティアオワットヤイというお店で食べました。

実は最初「ここがいつも人いっぱいで人気みたいなんですよ」と紹介されたクイティアオ屋が正月休みなのか昼の12時近くになっても開いてなかったので近くのこちらに入った。後でググってみるとお寺の入口横のクイティアオ屋が有名みたいだが、こちらも店の名前はクイティアオワットヤイ。実のところこういうクイティアオの種類を表す言葉なのか、それとも単純にワットヤイチャイモンコンの前にあるクイティアオ屋だからこういう名前なのか、それとも店の名前なのかわからない。まあ、ひとつのお店が寺の前で出してるクイティアオということでこういう名前を付けたが売れるようになって他の近所の店も真似してこの辺一帯で出されるクイティアオがこういう名前になったというのがよくあるパターンじゃないでしょうか。


↑ お寺の道路挟んで向かい側。実際にはもう10mか20mほど南にあるが。人気のクイティアオ屋はその右上あたりにあるレストランマークのあたり。

面白いのが、(個人的に今までほとんど興味はなかったが)この寺はアユタヤの中ではそれなりに有名で外国人も多く訪問する観光スポットなのに、その真ん前という好立地なのに、店内は英語はまったく見かけずタイ語オンリーという旅行者にはハードルの高い設定となっております。しかも注文取りに来た店のおばちゃんも遠慮なく早口でタイ語でまくし立てて来る。「ごめんねー、日本人?英語メニューないのよねー」どころか、「何にする?クイティアオの牛、豚、鳥、ムーサテ、タオフートート、デザートもあるよ、何にする?」とこれ全部タイ語の早口で展開。タイ語全く勉強していないとはいえ、8年住んでるんだからメシ屋でのやりとりぐらいはほぼ全部理解できる耳にはなっていたものの改めて「 え? 」って聞き直しましたがな。そんなローカル雰囲気満点クイティアオ屋。店内はやはりタイ人グループか外国人もガイド付きでアユタヤ回ってるグループのみしか入店できない模様。

image

しかし、メニュー見て観光地なのに安いなーと思ってたら。。。

image

image

image

出てくる料理の量が少ないんだわ。素焼きの土鍋みたいなものに入って出てくるんだけど正味中身の部分が直径10cmぐらいしかない。底も浅いので量が非常に少ない。会社の同僚の人は3杯も食ってた。ただ、味は中々グッドです。めちゃくちゃうまいということもないけど下手なところで食うよりか全然うまいです。