タグ: nanglinchee

ザ・タイ飯なクイティアオとかつやinバンコク 2018年07月13日

20180713-174713-5

今日はまた午前中から怒涛のブログ更新デー。今までの溜まりに溜まったサボり分を消化して行く。もう少しで現在までアップデートできる。非常に嬉しい。

お昼は早速自宅で人参のクミン炒めを作って白米と合わせてもりもり食う。インディアンな香りで幸せじゃ。

晩飯は自宅近くのスーパーの二階にあるクイティアオ屋でクイティアオムーナムサイ。サラッとした透明スープのタイラーメン。これにお酢やら唐辛子やらナンプラーやら加えて自分好みの味にしていただきます。あー、久しぶりの味。これが食いたかった。ベーシックでとてもタイを思い出させてくれる味。バミーもいいけど米麺もね、というところ。

20180713-174811-6

20180713-181819-8

そしてショッピングモールをぶらぶらしてるとなんと高円寺の北口ロータリーにもあったかつやがバンコクにもできていた。本当に飲食の環境は日本に居る感覚と変わらないぐらいに日本ブランドが席巻して居る。この年になったのもあるが、日本に居る間からかつやは濃過ぎて苦手だったのでいつかバンコクのかつやも試してはみたいものの、多分行くまでなかなか決心がつかないものと思われる。

ナンリンチーのムーチュム屋も別場所に移動 2018年05月21日

すべての写真-4786

自分と一緒にバンコクでムーチュムを一緒に食いに行った人ぐらいしかわからないネタですが、ナンリンチーの通りで多分一番美味いであろうムーチュム屋台まで移動していた。わずか9ヶ月足らずでバンコクの街並みはこうも劇的に変わるのかとびっくりしております。

そもそもやっぱりナンリンチーのトップスの改装、移転のために元の場所も使えなくなったらしいが一旦チャン通りに移動してその後、ナンリンチーの下の地図の場所に移動して来たとのこと。ちゃんとお店のみんなが自分の顔を覚えていてくれました。

すべての写真-4778

โอวกี่ というこれまたタイ南部料理のお店 2016年03月09日

IMG_20160310_121754

自宅近くの通りでナンリンチー通りというところがある。学校と軍施設とローカルな個人商店が連なる結構居心地のいいローカル通りでいろいろとタイ飯のお店があるのでよりどりみどりなんだけど今回初めてのお店に入ってみた。

โอวกี่ 、あんまり見たことない綴り方だけどオーウギーと発音すればいいのかな?店内は取り上げられた雑誌の切り抜きなどがバンバン貼られていて「頑張ってお店をここまで育てました!」感が満々。

メニューはムーサテがどうやらメインで、その他有名なマッサマンカレーやペナンカレー、グリーンカレーなどなど。大きく「NO MSG (化学調味料は使ってまへん!)」と書かれているが実際どうなんだか。。

というわけであまり信用しないで食ってみたんだけど、このお店ほんとに化学調味料ほとんど使ってない。。。残念ながらゼロというわけではなさそうだけど、実際に食ってみると実にあっさりとしていて食いやすい上品な味。個人的には非常にアタリのお店です。しかし、こういう薄味、タイ人にはウケるのかなあ。。で、あんまり信用しないで食おうとしたので肝心の料理の写真を撮ってません。。。

IMG_20160310_122229

店内の写真を見ると「始まりは屋台からでした」みたいな写真が。右上に小さく2525と書かれているので今が2559年なんで創業34年ということになるのか。

ちなみに僕が行ったお店はナンリンチー通りのここですが、

どうもネットで調べてみると本店はウォンウィエンヤイの近くにたぶんまだ屋台で商売してるみたい。。。

“โอวกี่” หมูสะเต๊ะสูตรเด็ด นุ่ม หอม ชวนน้ำลายสอ คงความอร่อยกว่า 60 ปี – Manager Online

しかし、行きにくい場所にあるのう。。。Much Less MSGな味が気に入りましたのでしばらく通っていろいろメニューを試してみようと思います。。。

ナンリンチー通りの閑古鳥タラート前屋台 2015年11月22日

IMG_20151120_195137

いつもの通勤路に半年ほど前に出来たテントだけの青空マーケットみたいなのがあるが、これが悲しいことにいつまで経ってもぜんぜんテナントが入らず閑古鳥。

しかしテナントは入らないけど夜はテント前のスペースに一皿料理の屋台がいくつか並び、ちょっとは明るい。いつも行くイサーン料理屋が閉まっていたのでちょっとこちらに寄ることに。

IMG_20151120_195129

IMG_20151120_195148


↑ 場所はこんなところだから基本車かバイクないと行けない。

IMG_20151120_195351

IMG_20151120_200834

なんか雰囲気全体で100%ローカルですな。この ข้าวหมูแดง カオムーデーンがめちゃくちゃうまそうな出来栄え。見た目大事ですな。ま、味はまずくもないうまくもないというどうでもいい感じのお味でございました。まあこんなもんか。

Mama Dolores Old Times Pizzeria 2013年04月03日

Mama Dolores Old Times Pizzaeria 5
↑ イェンアーカートの通りを南下していると右手のこの看板が目印。

ถนนเย็นอากาศ、タノンイェンアーカートという名前の通りをご存知でしょうか。ラマ4のボンカイあたりから、ナンリンチー、タノンチャンあたりを結ぶ通りで、多分ファラン(白人)向けのコンドが立ち並ぶ瀟洒な雰囲気の通りであります。まあ、僕の自宅がラマ3のあたりなんでこの辺をよくバイクで走ることがあるわけなんですが、半年程前ぐらいから気になっているお店があった。それがこのMama Dolores Old Times Pizzeriaというお店。最近はタイ人の大学生とか20代の社会人あたりにもピザが人気あるみたいでソイシーバンペンやスワンプルーにも60THBのピザ屋なんかが出来てたりするんだが、ここはもうちょっと高級そうな感じのパッと見ファラン向けな雰囲気。

Mama Dolores Old Times Pizzeria – Sathon – Tungmahamek, Bangkok


View Mama Dolores Old Times Pizzeria in a larger map
↑ 行き方としてはMRTルンピニー駅で降りてモーターサイかな。イェンアーカートの通りのピザ屋と言っても多分モタサイの運ちゃんなんかは誰も認識してないだろうけど、とりあえず行けと言って上の看板を見かけたら止まればいい。

Mama Dolores Old Times Pizzaeria 1

このような感じでお店のどまんなかにご神体のようにピザ窯が据えてあって、その周りが客席。スタッフがピザ焼いてるのを見ながら食う。お店は壁がなくオープンエア。今の時期暑いが扇風機がいっぱい仕掛けてある。

Mama Dolores Old Times Pizzaeria 2

お値段はこんな感じ。

Mama Dolores Old Times Pizzaeria 4

Mama Dolores Old Times Pizzaeria 3

Greek SaladとSpinach & Chicken Pizza。Greek Saladはぼちぼち、Pizzaは生地が薄いパリッパリの奴でチーズも脂っぽくないムッチリ系、塩味と抑え目のチーズの香りがあまり脂っこいのは苦手な人にはいいかもれない。とりあえず個人的にはこういうのがバッチリ好み。こういうピザはハーブもタバスコもかけずそのまま食うのが旨い。チーズの香りと生地の小麦の香りでも楽しめるし。全体的に脂は少ないがこういうのがファラン好みなのか結構塩味が強い。酒飲みには嬉しい味付けでしょう。

しかし、ピザって12inchのもの8等分の1枚で200kcalもあるんね。2人で来たからちょうど半分4枚、800kcalも食っちゃったよ。。。また今日から取得カロリーのオーバー分を分割返済しないと。。

でも静かで落ち着いた感じのお店なのでリピート確定。中々良いと思われます。