タグ: service

マイナーな日本映画を見るために。。。そうだ、ぽすれんがあった 2017年12月09日

日本に帰ってきたらオンライン配信では手に入らないマイナーな映画が見たいと思っていた。太陽を盗んだ男もその1つ、狂い咲きサンダーロードも1つ、内田裕也の出演作品もそう、にっかつロマンポルノもそう。

ただ、今現在、高円寺に住んでたってDVDで欲しいものをすぐに手に入れるのは困難。アマゾンで買うにもそういうマイナーな映画のDVDは絶妙な価格付けをされていてなかなか手を出すのに躊躇する感じになってしまう。隣町の阿佐ヶ谷にまで出て今時ツタヤの会員になって見たりもしたが、ツタヤにおいてあるものもしれてる。。なかなかいい策がないなと思っていたら見つけました。これやで!

「ぽすれん」

GEOがやっている郵送でDVDレンタルをしてくれるサービス。検索してみたらちゃーんと「ダボシャツの天」も「河内のオッサンの唄」もあった。しかもレンタル20日間で一枚80円。バカ安や。。4,5枚一度に借りて郵送費も含めて700円ちょい。お値段的にはこんなもんだと非常に嬉しい。

流石に内田裕也の作品はあんまり揃ってなかったけど、誰にも振り向かれないような日本映画の駄作もいっぱいあります。にっかつロマンポルノも借りました。

一人暮らしにも嬉しいコンパクト包装での郵送なので不在時でもポスト投函してくれるし使い勝手良しです。

なかなかのおすすめ。

DVDレンタル ぽすれん
https://posren.com

Nok Airの機内WiFi 2017年01月14日

funny painted nok-air plane

今回のヤソトン里帰りの交通手段は飛行機。バンコクのドンムアンからタイのLCC、Nok Airにてウボンラチャターニーに向かい、後はレンタカーを使いました。帰りの便で見慣れないモノが座席のマガジンラックに入っていたので見てみると、、

nok-air on board wifi

なんと、Nok Airの機内WiFi!特に追加の支払いなしで使えるようなので離陸前からこれを見てウキウキしてました。

離陸後、いつもなら無駄なバッテリ消費を抑えるためスマホはフライトモードにするんですが、WiFiの電波を確認してみるとちゃんとNok Air WiFiの表示が!!問題なく接続も出来ました。

が。。。試しに開いてみたウェブの表示がとてつもなく遅い。。。えらい速度遅いなあと思ってスピードテストアプリで計ってみると、上りも下りも256kbpsぐらいしか出ていない。。。他の客もバンバン使ってそうなフライトの中盤ではなく、離陸後ベルト着用サインが消えた直後にやってこれです。。。その時のテスト実績データもなぜか後で見ても残ってないし。。。ダメだこりゃ。

というわけでたった1時間のフライトなんでネット接続を追い求めるのではなく、早々とスマホをフライトモードにして僕は睡眠モードとなりました。。。せっかく生まれて始めて飛行機でインターネットできると喜んでいたんですが全然ダメなクオリティでした。。。タイのLCCも個人的にほとんど不満ないんですがせっかくWiFi提供するならもうちょっとマシな状態で提供してほしいなあと思う次第です。。。

Netflixって何がいいんだろう?? 2015年09月08日

Netflix envelope

日本でNetflixがサービスを開始したって言うから日本のAppStoreアカウントでアプリをDLし、自分のVPNサーバー経由してNetflixの無料お試しを使ってみた。

が、これってHuluのサービスとどう違うの??定額で動画を見放題、国内や海外の映画、ドラマを取り揃えてます、ってHuluと一緒やないの?細かいところを見ていくと確かに定額プランも金額が3プランあったりNetflixオリジナルコンテンツがあったりといろいろあるんだけど、ただ、肝心の動画コンテンツはHuluとは結構被ってるような気がする。そもそも日本でストリーミングサービスで使用できるようになっている動画コンテンツが少ないのか、他のオンライン動画サービスでも目にするタイトルが多い。

価格とか、プラットフォームの多さとか、ユーザーにリーチするメディア展開とか、これまでの日本のストリーミングサービスの経過から学んだ展開法を取っているらしいが、肝心のコンテンツがこれでは別にNetflixでなくてもいいや、ってなってしまいそう。。オリジナルのドラマとかもOne of Themでどれがおもろいドラマかもわからん。。。

ま、そもそも僕自身が20歳ぐらいからテレビはほとんど見ないし、ここ10年ぐらいで映画すら見ることがガクッと減った人間なんで何にも魅力的に映らないだけかもしれませんが。。。

実際に日本でホントに話題になってるんだろうか???

Apple TV からプロキシ経由でhuluが見れるようになっていた 2013年06月03日

Apple TVs from Strutta for Christmas
“Apple TVs from Strutta for Christmas” photo by Jordan Behan

ずっと前(多分2010年ぐらい)にApple TVを購入したが、最近は映画見るとなるとほとんどhuluで、僕はタイ在住でありますので日本のプロキシサーバ(自分で運営してます)を経由していて見ていた。そしてその後Apple TVのソフトウェア・アップデートがあって、Apple TVがhuluの再生に対応したということがわかったが、結局海外からは直接見ることができない。

んで、なんとかApple TVにプロキシをかます方法がないものかといろいろ調べていたがApple TVではプロキシサーバの指定がサポートされていないとのことで残念ながらApple TVでテレビでhulu見ることは断念していた。

Apple TV:プロキシサーバを介した接続はサポートされない

ところが、話は全然別件だが、上記のプロキシのサービスを使ってもらっているユーザさんからの問い合わせでApple TVがプロキシサーバをサポートしていた。

Apple TV:プロファイルを使ってプロキシを構成する方法
Apple TV:構成プロファイルのインストール方法

サポートされないとなっているのが2011年08月31日、そして2012年09月29日。かなり前からサポートされてるのね。。ただしその設定手順は難しくはないものの、ちょっとめんどくさい。通常の設定のようにApple Remoteなどでは設定できないのであります。

設定にはApple ConfiguratorというMac上のアプリが必要。てことはApple TVだけでMac持ってない人は設定不可か。そして上記のページの通り設定プロファイルにWiFiのSSIDとプロキシのアドレス、ユーザ名とパスワードを設定して保存した後、USBでMacとApple TVを接続(!!)した後、設定を流し込む。

「Apple TVにUSBポートなんてあったっけ?」

と一生懸命Apple TVの背面を見るがUSBポートなんて見つからない。世代の違うApple TVなのかな?とか思っていたが、よくよく見るとHDMIポートの下に隠れるようにマイクロUSBポートがありました。。。一度、TVからは配線取り外して、Apple TVをMacの近くにまで持ってきて再度電源投入。前面パネルのLEDが点滅状態から常時点灯状態になってからマイクロUSBでMacと接続。その後先ほどのアプリで作成した設定プロファイルを流しこんでやれば完了です。このApple Configuratorって教育現場や企業などで同じ設定のiOSデバイスをいっぱい作成しないといけない際などに使われるんでしょうな。。。ちょっと設定はめんどくさいですが、なんとかこれでApple TVでhuluを見ることができるようになりました。。。現状タイからの接続の場合、問題なく視聴可能です。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A
アップル (2012-03-16)
売り上げランキング: 34

MacのVPN設定 2013年03月11日

Internet Upstairs - Apple iMacs from $400
“Internet Upstairs – Apple iMacs from $400” photo by madam3181

Gunosyをチェックしていたら、以下のようなニュースが。

VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー一覧

筑波大学が国や政府によるインターネットアクセス規制(中国の例なんかが代表格)を回避するためのサービスを始めてるみたい。例えば、日本人の駐在員が中国に赴任になって、facebookや日本のWebサービスが使えない、というような規制をちゃんと自由に使えるように、日本やアメリカにある海外のVPNサーバまでは通信を暗号化させ、そのVPNサーバから実際の通信を行わせるようにしてあるシステム。アクセス先からはVPNサーバから通信が発生しているように見え、VPNサーバと実際の送信元のPCの間は暗号化されているのでそうそう簡単には通信内容も覗けないというシロモノ。いくつか弱点もあるが、これでインターネットのアクセス規制をすり抜けれることが多い。

実はこれって僕がやってて、このサイトでも申し込みのページを載せてる、プロキシサービスと役割的に被るのです。アクセス先のサーバからはVPNサーバから通信が発生しているように見えるので例えば日本にあるVPNサーバに接続している場合、当然アクセス先のサーバからは日本国内からアクセスしているように見えるので、日本在住者のみに向けたインターネットサービスでも海外から使うことができる。しかもVPNという方式は僕の提供してるプロキシという方式よりさらに機能的に強固なのだ。というわけで「ああ、みんな無料のこのサービスのほうに移行してしまうかなあ」と思いながら見ていて、ちょっと接続テストなんかもしてみたりしていた。

その中で見つけたMacのVPN設定、

VPN Gate – L2TP/IPsec VPN プロトコルを用いた VPN Gate への接続方法

ネットワーク > “VPN接続設定名” > 詳細 > オプション > すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信

この、「すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信」ってチェックボックスがある!これってナンなんだ?VPN経由とVPN経由でない通信を判別する基準ってなんなんだ?VPNって基本PC側で設定してOnにしたら全部の通信がVPN経由になるんじゃないの??対象外の通信ってなんらかシステム側で判別する明確な基準ってあるんだろうか?システム管理者やPCユーザが自分で明確に設定するならともかくデフォルトでシステム設定でVPN経由とVPN経由しない通信ってどうやってわけてるんだろう。。。

と、思ってたらやっぱり情報がありました。

MacでPPTP(VPN)接続しつつ、通常の接続も行えるようにする方法 « LANCARD.LAB|ランカードコムのスタッフブログ

なるほど。。。やっぱりVPNの対象になるアクセス先などの設定はユーザや管理者で明示的に行わないといけないのね。今まで外部からVPNで社内に接続したPCの通信は一定のセキュリティ基準を設けるため、全通信がVPN接続先のサイトやサーバを経由してインターネットに出る設定しかしたことなかったから、通常のWebアクセスなどをVPN経由させずそのままインターネットに直にアクセスなんて考えが全然なかった。。よくよく考えたらこういう機能はあってしかるべしですな。

しかし、この設定項目があることを知ったおかげで、既存のProxyサーバにインストールしようとしていたVPNの機能がなぜうまく動作しなかったのかがよくわかった。サーバじゃなくてMacのクライアント側の設定じゃん。。。最初Macでテストしてうまくいかないから他のPCではテストせずMacでうまくいった後にテストしようと思っていたが、MacのVPNがうまくいかないまましばらく放置されていた。。。ダメですなあ。

というわけで、とりあえずサーバ側に仕込んだVPNサーバは正常に動作していることが判明したので後は細かい動作のチェックとWindows XP, Windows 7, iPhone, Androidあたりでテストが完了すればVPNの機能も提供したいと思います。もちろん既存のユーザさんにも今まで通りのチャージで。昨日テストした時には、VPN経由でちゃんとGyao!なんかも見れておりました。。。