タグ: 仕事

YouTubeでギター練習中 2019年05月11日

中学生の頃からギターを弾いている。ですが、いましろたかし先生の弾けんボーイよろしく何年ギターを弾いていても全く上手くならない。

最近もまたThe WhoのPinball WizardとレッチリのUnder The Bridgeを練習し始めた。この2曲はどちらも YouTube にかなり詳細なギターレッスン動画が上がっていてどんだけ素人でも弾き方がちゃんと分かるようになっている。昔はギターの tab 譜なんかを買って穴が開くほど見つめながらギターを練習したものですが、今は実際のうまい人の指の動きをアップで見て何回もリプレイしながらしっかり練習できる。昔は tab 譜なんかを見ても弾き方が全然分からなかったりしたもんだ。。。やっぱり動画の説得力っていうのはすごいもんがある。

しかしギター弾きには(限らないか?)いい時代になったもんだよね。これも本当にインターネットの恩恵というものであるだろうね。しかしながらギター教室の先生はこういう動画によって多少なりとも仕事減ってるはず? YouTube のおかげでギター教室には通わなくていいやと思う人間もそこそこはいるのではないか。

昔からコンピューターやインターネットが仕事を奪うとはよく言ったもんだけどこれだけスマホが普及してみんながインターネット使うようになった段階だからこそいろんな業界で色んな職種が再編されていってるものだと思う。自分の職業もこれから先の見通しは戦々恐々であって、気楽なもんではないのです。そうしたことを考えてると、どうにももやもやしてくるのでとりあえず横に置いてあるギターを手にとって YouTube 見ながらギターを練習してるわけです。

↑ 弾けない者ほどモノに凝る。ジャズマスターがいい音するなあと興味津々。しかしながらジャズマスターはレギュラースケールなのでデカくて重いだろうなあ。。。今のメインギターはFenderMexのOffset Mustangでショートスケールでボディ軽々、超弾きやすくてお気に入り。でも音は ストラト>ジャズマスター>ムスタング の順かなあ。

タイ米を炊いて。。またベジカレー生活に戻るかな。 2018年07月12日

すべての写真-4735

朝から昼飯用の米を炊いたり。しかし、かなり高級米に分類されると思われるこの銘柄のタイ米は鍋で炊いてその後にお湯を切って蒸らす方式で炊く、いわゆる湯取り法に向かない。含水率が高いし、大量に水を沸かしてもすぐに水に粘りが出て来て、湯切りの際に米の間の水が落ちてゆかなくてべちゃべちゃした米になる。炊飯器向けの米ですな。もっと安いパサパサした本当に安い米の方が湯取りにはいいのかもしれない。

そして晩飯は以前の会社の同僚と。バンコクでの就職の話が早くも違う方向に流れて来ている。まあ、最初からそのリスクはあった状態で見切り発車で来ているので驚きはしないが、さてどうしようかと週末考えることにする。

20180712-213716-4

久々のナラティワートとサトーンの交差点。いつもの車のヘッドライトの帯だ。

最終出社日と野菜つけ麺 2018年05月31日

すべての写真-4824

というわけで最終出社日となり、これから長い有給消化期間に入ります。会社から出て来て、晩飯に何を食おうかなーと考えていたら「どさん子ラーメン」の味噌ラーメンが食いたくなり、中野南口のどさん子に行ってみるが残念ながらおやすみ。

で、そこから近いしがないラーメン屋で野菜つけ麺。一応ベジな人間なんでチャーシューは食わないように気をつけながら一区切りの晩餐を味わいました。さて、引っ越し準備だ。

東京に戻って速攻で退職願 2018年05月30日

すべての写真-4804

というわけでバンコクから東京に戻り、その翌日に現職場のマネージャに退職の意を伝える。日本に戻って来たのが2017年の9月、仕事始めが2017年10月。そして2018年の5月で退職。ちょっと短いけどまあいいか。居たい場所、やりたいことをやった方がいいし、色々考えたが思い切ってスイッチ倒した方がいいですわな。ある程度先の見通しもないことはないし。

ということで短い日本滞在期間、ありがとうございました。6月の有給消化期間を終えたらバンコクに戻ります。

というわけで日本に戻って来ました 2017年09月15日

#airport

というわけで日本でのお仕事のため、2017年09月15日の便でバンコクから大阪まで戻ってまいりました。

2006年08月29日に初めてタイはバンコクに入って以来、約11年間バンコクでお仕事しながら思いもかけず2017年09月15日に出国して大阪経由の東京へと向かうことになりました。

当日はいつもの4,5日間の一時帰国と変わらない気持ちで居りました。

引っ越し荷物を30kgのスーツケースに一個にするため断捨離を重ねたもののかっちり30kgでパンパンのスーツケースでした。さて出陣!と家を出たもののなんとエレベーターが計画停電で動かず16階から1階まで男二人でえっちらおっちら抱えて降りて来ました。その段階ですでに汗だく。

空港についてもずーっと普段通りの自分でしたが、さすがにイミグレのところで送ってきてくれた彼女と彼女のお兄さんと別れる瞬間だけはちょっとだけ感慨深くなりました。自分はなんとでもなるけれどバンコクに残していく彼女が一人で暮らして不便が出ないだろうか非常に心配。

とはいえ自分は自分で前を向いて進まにゃあいかんので寂しい気持ちもありながら帰ってまいりました。仕事が落ち着いて来たら東京ーバンコクでお互い行き来したいもんです。

バンコクでお世話になった皆さんありがとうございました。そして9月19日からはまた東京なので東京組の皆さんまたよろしくお願い致します。