タグ: ホテル

Pullman Bangkok Grande Sukhumvit でインドカレー食い放題 2019年11月10日

IMG_20191107_124339

知り合いの人が教えてくれてバンコクはAsokeのPullman Bangkok Grande Sukhumvitでインドカレーの食い放題ビュッフェがあるらしくさっそく一緒に行ってきました。

CURRY ON! – Pullman Bangkok Grande Sukhumvit

期間限定、2019年11月いっぱいまでで、平日の木曜日と金曜日の毎週二日間のみで12:00-14:00までと非常に限られた条件なんだが、インド飯ビュッフェが楽しめる。僕が行った時のビュッフェメニューは以下でした。

バスマティライス
ナーン
アチャール
ライタ
フルーツ

肉系カレー(食わず)
もう一つ肉系カレー(食わず)
ダールカレー
サグパニール
ベジコフタが入ったカレー (Punjabi Curryと書いてあったような)

IMG_20191107_120433

IMG_20191107_122238

で食い放題になっていたが、たぶん日によってカレーの内容は変わるのかな?ベジの人なら南インド系を期待して食いに行くかもしれないが基本的にここのカレーは全部北のカレー。とはいえ、やはりホテルだけあって十分にうまいです。ナーンとライスで腹がパンパンになるまで食えて、

事前のオンライン予約:199バーツ(ただしドリンク別料金、事前予約したら安くなるかと見せかけてフリードリンクが外されるという変なトラップがある)
予約なし:249バーツ(ドリンク込み)

ドリンクはコーラとか7アップとかありました。

しかも上記の値段でVAT7%とサービスチャージ10%が込みというのでぽっきり価格。ビュッフェでこの価格は結構安いと思う。スクンビット界隈のインドカレー屋に入ると、カレー一品頼んだら250バーツぐらいはするのでもとは全然取れるぐらい。

味よし、量よし、コスパよしと三拍子で、11月終わるまでにもう一回は行きたいビュッフェでした。

家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理
香取 薫
河出書房新社
売り上げランキング: 117,507

ビザラン用にお手頃なホテルではありますが。。。 LAO GOLDEN HOTEL 2018年09月07日

20180906-115812-42

とりあえず申請時に書類が足りないと言われてちょっと焦ったビザ取りですが、次の日に問題なくビザ取りは出来て1泊2日で帰ってくることは出来たのですがせっかく12年ぶりにビエンチャンに来たのでいろいろ書きたいことがあり、いくつか書きます。

まずビザ申請が終わったあとに炎天下の中歩いてホテルまで移動。なんかあったときのために大使館の近くに宿を取ったほうがよかろうと思い、タイの大使館から歩いて5分程度のところにあるLAO GOLDEN HOTELという宿をAgodaで予約しました。1泊750THB程度でリーズナブル。安いほうがいいけど、ある程度エアコンとかシャワーとかちゃんとあるホテルがいいと思ってここに。

5分の移動ですでに汗だく。ビエンチャン、かなり暑い。

20180906-114932-39
↑ ちょっとした流し付き。

20180906-114926-38
↑ 30平米ぐらいかな。可でもなく不可でもない部屋。

20180906-114920-36
↑ このお値段でバスタブ付きでした。バス、トイレも可でもなく、不可でもないレベル。

ただ、なぜかこのホテル、部屋の中もフロントも食堂もどこでも微妙に暑い。エアコンをかけてるはずなんだが、効きが悪いのか微妙に暑いのです。汗だくになってホテルにやってきて、きっちり冷えたエアコン空間に飛び込んだと思ったら意外と暑くてがっかりしました。また、窓に鍵はかかるんだが、微妙に隙間が空いていて暑い隙間風が少し入るのも気になるところ。

そしてもう少しなんとかしてほしいところはルームサービスや部屋の掃除でホテルのスタッフが勝手にドアを開ける。僕はキーチェーンをドアにかけていたので、部屋で涼んでいるといきなり背後から「ドンっ!」と勢いよくドアを開けてキーチェーンで止まる音が。で「あ、すいませんでした」とかもなくそのままドアが閉まっておしまいという。。。もうちょっとホテル的対応をしてくれ。。。

20180906-114959-41

冷蔵庫にはビアラオがお出迎えです。ビザ取りにお金をかけたくない人にはいい立地だと思いますが、若干微妙なところが残るホテルでした。。

チェンナイのローカルバー 2018年08月24日

20180822-221909-4
↑ 南インドは酒類販売の規制が強くて取得しにくく、販売免許の取れるホテルではほぼ必ずバー併設らしい。

一応、8月24日にはチェンナイから飛行機でバンコクまで戻ったんで、晩に飲みに行ったりはしてないのですが、書くことが多かったのでもうちょっと書くことにします。

チェンナイ滞在の後半ではほとんど宿の外に飲みに行ってましたが、インド式のローカルバーにも行きました。TASMACの酒屋立ち飲みスタイルya
The Vaultみたいなコジャレたバーはあまり有名ではないですがインドで酒を飲むというと男ばかりのむさいローカルバーが有名(少なくとも自分の周りでは。。)。で、Google Mapで調べてみるとこれまた宿の近く、歩いて10分程度の場所にあったので行ってみました。夜だと多少歩いても暑さはほどほどで汗だくにはならなくていいですね。

20180822-201558-5
↑ 結構つまみメニューも豊富。インド料理か中華料理しかないですが。

20180822-201803-8
↑ すすけた薄暗いホールにスクリーンがあって終始インドポップスのPVを流していた。

20180822-202032-9
↑ 席につくと自動的に出てくるデフォルトつまみセット。結構な量がある。

20180822-204312-10
↑ Paneer Fryなど酒のつまみに最適。カッテージチーズにマサラな衣つけて揚げたもの。

ちなみに上に写っているキングフィッシャー・ストロング。店員に勧められるまま飲んでみたがストロングというだけあってアルコール度数が8%もあって大ビンひとつ飲むと結構回った。。。

20180822-204929-12

飲んでる途中、前のスクリーンでバーフバリの劇中の曲が流れて感激!インドのバーでバーフバリ聞きながらビール飲むて最高かよ!意外と周りのインド人はまったく反応してませんでした。日常風景なんかね。。。

20180822-221550-1
↑ 客も店員も男ばっかりです。

20180822-221903-2
↑ ええ酔い加減で宿までぽてぽて歩いて帰りました。

柄にもなくハイアットリージェンシーに泊まる 2018年08月21日

20180819-213954-24

チェンナイのハイアット・リージェンシーが一泊7,500円ぐらいで泊まれるような価格で出ていたので2泊ほど止まってみました。

部屋もスタッフも対応は素晴らしい。ただ一点、ルームサービスでビールを頼んでも40分とか50分待たされる。飯ならともかく、ビールだけなんで早くしてほしい。また得てしてこういうハイブランドのホテルの周りにはだいたい商店がないのでちょっと外に出て飲む、ということも不可なので困ってしまう。で、結局は2泊で見切りをつけて移動しました。

20180819-214139-2

20180819-114833-9

ルームサービス以外に関しては最高でした。ルームサービスやホテル内レストランもチェックアウト時に結構な値段になってるだろうなと思ってましたが以外に高くなかった。(毎回サービス利用した際に伝票にサインはしてるが、不思議に安かった。なんか間違ってるのかな?)

チェンナイのサービスアパートメントに移動します。

20180819-205035-6
↑ こちらは晩飯時に行ったエグモア駅周辺。

20180819-211232-13
↑ バンコクにも支店ありのサラワナバワン。

20180819-205630-8
↑ 店内。

20180819-205822-11
↑ パニールマサラドーサ、だったかな?

チェンナイフラフラ旅行記1 AirAsiaにてバンコク → チェンナイ 2018年08月17日

20180817-221447-5

さてさて、以前から計画しておりました南インド旅行ですが、とりあえず現実的な様々な調整を経て滞在期間は8日間となり、とりあえず滞在は南インドのどこか一都市でいいや、という感じになりました。いつもお世話になっているAirAsiaにてクワイエットシートの予約と預け入れ荷物20kgをつけて日本円にして約45,000円ほど。

さていざフライト。最近はタイの銀行でも日本の銀行でもVISA DEBITを持っているので手持ち現金なんか全く気にせず移動しましたが、改めて飛行機の中で財布を見てみると現地通貨のルピーが約500INRほどしかない。地球の歩き方を見ても空港から市街地へ移動するのに必要なギリギリの額。これは現地についたらすぐにATMで現金を引き出さないと。。。と思ってたがどうやらチェンナイの国際空港のアライバルにはATMが一機しかないらしい。そして先立ってのルピーの高額紙幣廃止の際にはATMに「札がないので使用できません」という張り紙がしばらく張ってあったそうな。あーーインドだ。。。タイだとこんな心配をしなくていいのだが。。。実際について見て回りましたが、ほんとに空港にはATM一つだけでした。ですが、ちゃんと機能していてATMの一回の引き出し額10,000INRを引き出し(約15,000円)。

ちょっと話前後しますが、飛行機の到着時のチェンナイの夜景は割と規模が大きかったです。街の光の密度は東京なんかとは比べ物にならず、イメージとしては関空に夜降り立つときの泉南の街の光の密度ぐらい。その後空港から市街地へ移動しましたが、かなりチェンナイの街は夜遅くまで眠らない感じ。普通のチャイ屋台や軽食のお店が夜23時でも開いています。

そしてまたムンバイの時と同様の問題が。タイで買っていったAISのSIM2FLYがつながらなくて非常に困った。SIM2FLYは2枚持ってたので2枚ともで試したり、iPhoneとAndroidの両方で試してみたりしたが、2Gの電波はつかむがインターネットのデータ通信ができない。他の人に聞いたらSIM入れてスマホの電源入れるだけで使えたというのになんで。。。。?ホテルにいる間はWiFiがあるのでなんとかなるが、外出するとネットにつなげない。バンコクでチェンナイのGoogle Mapのデータダウンロードしていてよかった。懸命な判断だった。地図があるということはとても助けになる。

というわけで明日からのチェンナイ滞在は現地SIMカード購入というタスクからスタートとなりました。

20180817-222938-6
↑ 空港出口。

20180817-235728-19
↑ 24時回ってもホテルのレストランは開いていて、ティファン(軽食)は出してくれた。