タグ: cheap

ビザラン用にお手頃なホテルではありますが。。。 LAO GOLDEN HOTEL 2018年09月07日

20180906-115812-42

とりあえず申請時に書類が足りないと言われてちょっと焦ったビザ取りですが、次の日に問題なくビザ取りは出来て1泊2日で帰ってくることは出来たのですがせっかく12年ぶりにビエンチャンに来たのでいろいろ書きたいことがあり、いくつか書きます。

まずビザ申請が終わったあとに炎天下の中歩いてホテルまで移動。なんかあったときのために大使館の近くに宿を取ったほうがよかろうと思い、タイの大使館から歩いて5分程度のところにあるLAO GOLDEN HOTELという宿をAgodaで予約しました。1泊750THB程度でリーズナブル。安いほうがいいけど、ある程度エアコンとかシャワーとかちゃんとあるホテルがいいと思ってここに。

5分の移動ですでに汗だく。ビエンチャン、かなり暑い。

20180906-114932-39
↑ ちょっとした流し付き。

20180906-114926-38
↑ 30平米ぐらいかな。可でもなく不可でもない部屋。

20180906-114920-36
↑ このお値段でバスタブ付きでした。バス、トイレも可でもなく、不可でもないレベル。

ただ、なぜかこのホテル、部屋の中もフロントも食堂もどこでも微妙に暑い。エアコンをかけてるはずなんだが、効きが悪いのか微妙に暑いのです。汗だくになってホテルにやってきて、きっちり冷えたエアコン空間に飛び込んだと思ったら意外と暑くてがっかりしました。また、窓に鍵はかかるんだが、微妙に隙間が空いていて暑い隙間風が少し入るのも気になるところ。

そしてもう少しなんとかしてほしいところはルームサービスや部屋の掃除でホテルのスタッフが勝手にドアを開ける。僕はキーチェーンをドアにかけていたので、部屋で涼んでいるといきなり背後から「ドンっ!」と勢いよくドアを開けてキーチェーンで止まる音が。で「あ、すいませんでした」とかもなくそのままドアが閉まっておしまいという。。。もうちょっとホテル的対応をしてくれ。。。

20180906-114959-41

冷蔵庫にはビアラオがお出迎えです。ビザ取りにお金をかけたくない人にはいい立地だと思いますが、若干微妙なところが残るホテルでした。。

大久保のネパール料理屋 ネワーダイニング 2018年03月27日

IMG_1050

これまた会社帰りに大久保辺りに頃合いなベジターリーなんぞないかなと検索していたら発見したネパール料理屋のネワーダイニング。ちゃんとベジのダルバートがあります。お値段なんと500円!すごい!

最近(というかここ3、4年ぐらいなのかもしれないけど)大久保あたりはネパーリタウンと化していて、ネパール料理屋も競争が激しいのかもしれない。廉価ネパール料理もこのようなプライスレンジで存在していて嬉しい限り。

実際に食いに行くと米は日本米だったりするのだがマイペンライ。ベジカレーとダル、アチャールだけで十分に食事だ。うまい。そして半分ぐらいまで食い進めていると店員が歩み寄ってきて「ライスとダルのお代わりどうですか?」と聞いてくる。500円でお代わりも!素晴らしいねココ。

しっかりと量もあって500円でも満腹コース。とりあえず僕は生ビールも合わせて頼んだんですが、お会計は ダルバート500円+生ビール400円の900円ぽっきり。これはすごい。また来るぜ。

IMG_9683

IMG_3271

IMG_5547
↑ メニュー。全体的に安い。

発泡酒最強らしいホワイトベルグを見たことがない 2018年03月22日

今までビール飲むならビールを飲む、値段安いから発泡酒やら第三のビールなんてめんどくさくて飲んでられなかった。

が、分類としてはリキュールという分類らしいが、このホワイトベルグというやつが「ヒューガルテン(自分の場合はホーガーデンと呼ぶが)」を意識した作りでなかなかうまいらしい。

実際に製品のホームページ見てみてもオレンジピールとか、コリアンダーシードとか書いてあるのでそれ系だ。ジンなんかもジュニパーベリーをメインにしつつ、この辺のハーブとかフルーツ系の香りを仕込んでるはずだったと思う。

これがまたどこ行っても売ってないんだ。とりあえず家の周りのスーパーとコンビニは全滅。飲んでみたいのに売ってないというのもなんだかですが、そういうときのアマゾンなんで検索してみると、ちゃんと売ってますな。

しかし、ビールの6缶パックやら12缶パックをアマゾンで買って近所のローソンに届けてもらってその荷物だけ引き取って帰るのも気がひけるなあ。。。

なんかコンビニで買おうかと思っても買うものがないのが残念なところ。。。

ホワイトベルグ 350ml×6本
サッポロビール
売り上げランキング: 23

adidas のジャケットは素晴らしかった 2017年12月23日

Contemporary Tokyo Gent

秋口にバンコクから東京に戻って来て、当然ながら冬服などは持ち合わせておらず夏服のみだった。冬の寒さの到来に合わせて自分も冬服を買い込まないといけなかったが、しばらくはとりあえず家の裏にあるジーンズメイトの3,980円のニセ MA-1 でしのいでいた。

勤め先は内勤で私服通勤オーケーなんで、そのニセ MA-1 を来て出勤していたが、東京山手線の満員電車で 10 分乗っていると暑くて結構汗がダラダラ出てくる。自分はこれが普通だと思っていた。

しかし、12月の半ばに渋谷のルミネで adidas のちょっといいジャケット(12,980円)を買ってびっくり。

日が暮れた後に冬の寒い街を歩くときは体温をちゃんとキープできるのに、満員電車に乗るとほとんど汗をかかないのである。ちゃんと体とジャケットの間の熱気とか湿気が上に抜けていくんだろうか??スポーツファッションメーカーの面目躍如ですな。運動してても体を冷やさず、余計な熱気は排出して運動性を上げるというわけでしょうか。

いやー、やっぱり日本で売ってるものってのはちゃんとお金を払えばそれなりのクオリティのものは手に入るんですな。

関心。

ついに再会、高円寺タブチのカレー 2017年12月03日

IMG_0570

日本に戻ってきてから、食いに行こうか悩みつつ前を通ると度重なる不定休でぜんぜん聖地巡礼が叶わなかった高円寺の名物定食屋タブチ。やっとこさ土日の開いてる時間に訪問できたので改めて食べてきました。

高円寺の在住者だと下のカレー皿の写真を見せただけでどこのお店のカレーかわかるぐらい、地味に有名なこの田淵のカレー皿。12年たっても同じ皿を使っていてくれて感動であります。

カツカレー並盛り、確か600円ぐらいだったかな?昔はタブチのカレーというととにかく量が多いというイメージだったけど並盛りだと思ったよりは量は多くはなかった。店内のくすんだ感じも12年前に住んでた時の雰囲気と変わらず、これもまた嬉しいところ。カツも全然上等なカツじゃないけど、これこそが高円寺テイストというような安っぽさがとてもいい。

IMG_6981

でもやっぱり並盛りでも腹にどっしりたまりました。。。