タグ: staff

ビザラン用にお手頃なホテルではありますが。。。 LAO GOLDEN HOTEL 2018年09月07日

20180906-115812-42

とりあえず申請時に書類が足りないと言われてちょっと焦ったビザ取りですが、次の日に問題なくビザ取りは出来て1泊2日で帰ってくることは出来たのですがせっかく12年ぶりにビエンチャンに来たのでいろいろ書きたいことがあり、いくつか書きます。

まずビザ申請が終わったあとに炎天下の中歩いてホテルまで移動。なんかあったときのために大使館の近くに宿を取ったほうがよかろうと思い、タイの大使館から歩いて5分程度のところにあるLAO GOLDEN HOTELという宿をAgodaで予約しました。1泊750THB程度でリーズナブル。安いほうがいいけど、ある程度エアコンとかシャワーとかちゃんとあるホテルがいいと思ってここに。

5分の移動ですでに汗だく。ビエンチャン、かなり暑い。

20180906-114932-39
↑ ちょっとした流し付き。

20180906-114926-38
↑ 30平米ぐらいかな。可でもなく不可でもない部屋。

20180906-114920-36
↑ このお値段でバスタブ付きでした。バス、トイレも可でもなく、不可でもないレベル。

ただ、なぜかこのホテル、部屋の中もフロントも食堂もどこでも微妙に暑い。エアコンをかけてるはずなんだが、効きが悪いのか微妙に暑いのです。汗だくになってホテルにやってきて、きっちり冷えたエアコン空間に飛び込んだと思ったら意外と暑くてがっかりしました。また、窓に鍵はかかるんだが、微妙に隙間が空いていて暑い隙間風が少し入るのも気になるところ。

そしてもう少しなんとかしてほしいところはルームサービスや部屋の掃除でホテルのスタッフが勝手にドアを開ける。僕はキーチェーンをドアにかけていたので、部屋で涼んでいるといきなり背後から「ドンっ!」と勢いよくドアを開けてキーチェーンで止まる音が。で「あ、すいませんでした」とかもなくそのままドアが閉まっておしまいという。。。もうちょっとホテル的対応をしてくれ。。。

20180906-114959-41

冷蔵庫にはビアラオがお出迎えです。ビザ取りにお金をかけたくない人にはいい立地だと思いますが、若干微妙なところが残るホテルでした。。

OWNDAYSというメガネ屋でメガネを作る 2016年10月03日

image

葬式で日本帰国、いろいろバタバタで暇がなかったが、ちょっと落ち着いたので実家近くの四條畷のイオンモールに買い物に。

イオンモール四條畷公式ホームページ

そこの一階に入っていた小洒落た感じのOWNDAYSというメガネ屋さん。メガネがフレーム、レンズ込みで4,780円。結構気に入ったフレームがあったので買おうかどうか迷っていたが話を聞くと薄型のレンズでもある程度は追加料金なしで用意してるという。

OWNDAYS

今まで自分がメガネを作る時ってのは安いお店でも検眼して「度が結構きついですねー、フレームからレンズがハミ出さない薄型のやつだと追加***円(バーツ)でご提供できますが」というような流れだったけど、ここのお店は基本追加料金なしのポッキリ価格だという。

実際に検眼してもらっても、追加料金なし、レンズ在庫あるので20分の待ち時間で即日お渡し、という事だった。いやー、素晴らしい。メガネ手にしてホクホクして帰りました。

image

そしてまた接客してくれたスタッフが見た目はCCBを思い出させる風貌の軽〜い感じのにいちゃんだったがこれまた素晴らしく対応がよく、マニュアル対応を外さず、かつちょっとした話し方や、動きがこちらをよく見ててくれて過不足ないサービス。よくこんな価格の商品でここまでやってくれるな、という感じですな。こういう人を見てると日本人は働きすぎだと思いますな。

最近の日本のメガネ屋の時流ってのはこんな感じなんでしょうか?それともこのお店が特別なんだろうか?後日梅田でJINSというこれまた最近の時流の(と思ってるけど)メガネ屋さんに入って見たけど、ココはあまり好みのフレームがなかったので何も買わず出てきた。

で、こんなに安くて好みのフレームがあるならもう一本日本で作って持って帰るか??と考えてたのですが、ウェブで調べてたらなんとバンコクにも進出してる!!MEGA BANGNAに入ってる!!ガチョーン。そうだったのか。いや、でも必ずしも同じサービスとは限らないだろうし、店員の至れり尽くせりサービスは日本独特のものなので多分バンコクではここまで気持ちよく買い物はできないはず。。まあ、でもバンコクのOWNDAYSがどんな感じか戻ってから行ってみるのもいいかと思いました。

というわけでまたバンコクに戻ったら機会見つけて行って見ます。