タグ: AIS

チェンナイフラフラ旅行記1 AirAsiaにてバンコク → チェンナイ 2018年08月17日

20180817-221447-5

さてさて、以前から計画しておりました南インド旅行ですが、とりあえず現実的な様々な調整を経て滞在期間は8日間となり、とりあえず滞在は南インドのどこか一都市でいいや、という感じになりました。いつもお世話になっているAirAsiaにてクワイエットシートの予約と預け入れ荷物20kgをつけて日本円にして約45,000円ほど。

さていざフライト。最近はタイの銀行でも日本の銀行でもVISA DEBITを持っているので手持ち現金なんか全く気にせず移動しましたが、改めて飛行機の中で財布を見てみると現地通貨のルピーが約500INRほどしかない。地球の歩き方を見ても空港から市街地へ移動するのに必要なギリギリの額。これは現地についたらすぐにATMで現金を引き出さないと。。。と思ってたがどうやらチェンナイの国際空港のアライバルにはATMが一機しかないらしい。そして先立ってのルピーの高額紙幣廃止の際にはATMに「札がないので使用できません」という張り紙がしばらく張ってあったそうな。あーーインドだ。。。タイだとこんな心配をしなくていいのだが。。。実際について見て回りましたが、ほんとに空港にはATM一つだけでした。ですが、ちゃんと機能していてATMの一回の引き出し額10,000INRを引き出し(約15,000円)。

ちょっと話前後しますが、飛行機の到着時のチェンナイの夜景は割と規模が大きかったです。街の光の密度は東京なんかとは比べ物にならず、イメージとしては関空に夜降り立つときの泉南の街の光の密度ぐらい。その後空港から市街地へ移動しましたが、かなりチェンナイの街は夜遅くまで眠らない感じ。普通のチャイ屋台や軽食のお店が夜23時でも開いています。

そしてまたムンバイの時と同様の問題が。タイで買っていったAISのSIM2FLYがつながらなくて非常に困った。SIM2FLYは2枚持ってたので2枚ともで試したり、iPhoneとAndroidの両方で試してみたりしたが、2Gの電波はつかむがインターネットのデータ通信ができない。他の人に聞いたらSIM入れてスマホの電源入れるだけで使えたというのになんで。。。。?ホテルにいる間はWiFiがあるのでなんとかなるが、外出するとネットにつなげない。バンコクでチェンナイのGoogle Mapのデータダウンロードしていてよかった。懸命な判断だった。地図があるということはとても助けになる。

というわけで明日からのチェンナイ滞在は現地SIMカード購入というタスクからスタートとなりました。

20180817-222938-6
↑ 空港出口。

20180817-235728-19
↑ 24時回ってもホテルのレストランは開いていて、ティファン(軽食)は出してくれた。

AIS PLAYBOXがうちに来た 2017年05月22日

01

以前タイの地上波デジタルTVの受信機とアンテナを買って一応画質の安定した地上波テレビを自宅で見れるようにしたと書いたが基本タイの地上波チャンネルしか見れないので内容はつまらなく、現在自宅で契約してるAISのインターネットの光回線のオプションでAIS PLAYBOXというIPTVのセットトップボックスをもらえることを思い出して改めて申し込んだ。

PLAYBOXが欲しいと思ってAISのコールセンター1185に電話するのだが、オペレーターへのつなぎで何分待ってもオペレーターが出ない「ただいま混み合っております」ばかり。何度かけても、何分待ってもつながる様子なしで数日トライしてみたが、諦めてセントラルのAISのサービスショップへ。

店頭でPLAYBOX欲しいんだけど、ただで貰えるんでしょ??と聞くと快適に使えるために回線のスピードアップが必要だと言われて下り/上りが15Mbps/5Mbpsのところを30Mbps/10Mbpsに増強。とは言え費用は今までの100バーツ/月増し程度。お店に行ったのは5月の最初の週。ここで変更は月契約の更新日5月の15日からになりますと言われる。1週間以上待つのかと思いつつ急いでないので「オーケー」。

5月16日になると確かにスピードテストで30Mbps/10Mbpsになっていた。が、PLAYBOXが待てど暮せど一向に送ってくる気配がない。どうしよかなー、そろそろ文句言いに行くかー、と思ってたところでAISのコールセンターから電話。これが26日。回線変更日より10日以上経って連絡有り。「明日サービスマンが持っていくセットアップさせてもらいます」とのこと。次の日はバンコクで最近降り続く雨のせいでスクンビット等洪水。3時間遅れて到着。セットアップは自分でやるということで箱を受け取って完了。

申し込みから4週間かかってやっと手に入りました。

さて、

02

これが現物。まんまApple TV。中華STBみたいな安いプラスチック製かと思っていたが、それなりにずっしりとしていてまともなものっぽい。

03

04

感心したのは外部接続ポートがそれなりに多い。PLAYBOXはAndroid端末になっていて、SDカードの動画を読み出して再生したり、USBのキーボードやマウスを接続して操作もできるらしい。

05

リモコン。まんまApple TVだ。リモコンのボタンも押しやすくてものはいいんだが、肝心のテレビを観る際にチャンネルを数字で指定したり、100程もあるチャンネルを選別してよく見るチャンネルだけグループ化したりできないので上のリモコンの矢印キーで延々チャンネルを選んでいかなければならず使い勝手悪い。

06

付属ケーブル類。HDMIもLANケーブルもAVコンソールケーブルもついていてタダの割にはなかなかちゃんとしたデバイスでした。

このご時世に「しっかりとしたネットワーク帯域を確保するためにWiFiよりもLANケーブルでの接続をオススメします」などめんどくさい警告が表示されたりとイマイチ部分もなくはないですが、とりあえずNHKのワールドワイドもタダで見れるし、海外のアジアニュースチャンネルやユーロ系のニュースチャンネル、タイのムスリムチャンネル、タイのモーラムばっかり流してるチャンネルなどいろいろ面白いものが見れて楽しいです。ただ、当初の目的のNational Geographicはやはり有料プランでないと見れませんでした。。。

タイのiPhone7、オフィシャル価格発表 2016年10月14日

image

というわけで国王崩御のニュースにタイ全土が揺れる中、iPhone7の本予約とオフィシャル価格が発表となりました。

以下のサイトにまとめ記事がありますが、価格は以下のようになっています。ちなみに以下に書いた価格は回線契約を紐付けないSIMフリーのiPhone7/7Plus単体を各キャリアから購入するときの価格です。

เปิดราคา iPhone 7 และ iPhone 7 Plus อย่างเป็นทางการในไทย [คอนเฟิร์มแล้ว] – Macthai.com

truemove-h

7
32GB 26,900THB
128GB 30,900THB
256GB 34,900THB
7+
32GB 31,900THB
128GB 35,900THB
256GB 39,900THB

dtac

7
32GB 26,500THB
128GB 30,500THB
256GB 34,500THB
7+
32GB 31,500THB
128GB 35,900THB
256GB 39,500THB

AIS

7
32GB 26,500THB
128GB 30,500THB
256GB 34,500THB
7+
32GB 31,500THB
128GB 35,900THB
256GB 39,500THB

はい、というわけで前回自分がタイで発売されるiPhone7の価格を想定してみよう!ということで書いたお値段が以下。

タイでの iPhone7/7Plus 私的想像販売金額

7
32GB 26,650THB
128GB 30,380THB
256GB 34,100THB
7+
32GB 31,050THB
128GB 34,775THB
256GB 38,500THB

ほぼ同額(7Plusの128GBと256GBが+1,000THBほど高くなりましたが)となりました。いやー、しかし高いね。特にiPhone7Plus、なんでこんなに高いんだ??スタートが30,000THB超えってのがすごい。

さすがに7Plusの値段は手が出にくいなあと感じるのと、7Plus搭載のカメラ、カメラアプリのズームボタンでかっちりと広角・望遠のカメラが切り替わるのかと思ったらどうも望遠側のカメラは光学手ブレ補正が付いておらず画質的に広角カメラよりも劣ってしまい、補助的にしか使われないような話も。


↑ 長い動画ですが、丁寧に説明してくれています。

10倍ズームってのも、そもそも広角も望遠もレンズ自体は単焦点なのであくまでズーム機能自体はデジタルズームで、1倍と2倍の焦点距離でしか本当の光学ズームにはなっていない。うーん、イマイチわざわざカメラ2台搭載するほどのメリットがあるのか??という疑問も。

結局自分は先週MBKでiPhone7をフライング的に買ってしまっておりました。ええ、今回はスルーかなと言っていた私でございますが、すでに iPhone7 256GB Silver を買ってしまいました!病気です。ま、6sはPlusだったので今回の7は無印でもいいかなーという感じですね。

さてさて、オフィシャル価格発表を受けてMBK価格に変動があるのかというと、実際見てみてもほぼ変化なしでした。ということはこのあたりがMBKでも相場になってくるのかと。自分のiPhone7 256GB Silverはちょうど33,000THBで買いましたので、キャリアオフィシャルの価格よりも若干安く、MBKで海外版を買う際の法則にだいたい則っていて早めに買いましたがそれほどプレミア乗ってない価格で買えたのかなと。

iPhone5sを未だに使っている彼女が「そのうちiPhone7にする」と言ってるのでこのiPhone7を譲って自分はiPhone7Plusを買うのもいいかとちょっと思ったりしてますが、今のところあのカメラに価格差以上の価値が見いだせない感じです。

タイの3大キャリアにてiPhone7が予約開始 2016年10月07日

an106040093apple-inc-ceo-ti

2016年10月07日にてタイの3大携帯キャリア、AIS、dtac、true move hにてiPhone7の販売の発表があって、Pre-registが開始されている。

このPre-regist、予約、ではなく単に買いたいかどうかの調査のためのエントリで一応客側は登録しておけばキャリアから販売に関してのアップデートがあれば情報を受け取れるというもの。のちに本予約が始まるのだと思う。

とりあえずキャリア側がiPhone7の仕入れ数を探るためのものだと思われます。

で、前回、前々回ぐらいからiPhone買う際にはこういうステップになったと思うけど、いつも通りこの段階でも価格が提示されていない。各キャリアとアップルで販売数を予測しながら談合的に最終的な価格調整してんじゃないのか??

で、先日までiPhone7はスルーかな、と考えていましたが日本でiPhone7の実機に触れて俄然買う気満々になってしまってます。病気は治りませんな。

で、タイでの価格をいろいろ想定してみます。

まず、日本のiPhone7/7Plusの価格。それをここ数日のレートでタイバーツに切り替えてみます。

7
72,800JPY > 24,650THB
83,800JPY > 28,380THB
94,800JPY > 32,100THB

7+
85,800JPY > 29,050THB
96,800JPY > 32,775THB
107,800JPY > 36,500THB

さらにiPhone6s/6s Plus の価格も同じようにまとめてみます。

6s
61,800JPY > 20,820THB
72,800JPY > 24,530THB

6s+
72,800JPY > 24,530THB
83,800JPY > 28,235THB

これらが日本の価格で、次にタイでの現状の iPhone6s/6s Plus の販売価格を見てみます。

6s
22,500THB
26,500THB

6s+
26,500THB
30,500THB

というわけで、現状比較可能な iPhone6s/6s Plus を見るとだいたいどれも日本の価格に2,000THBを上乗せした価格になる感じ。為替のバッファなのかプラスで60USDも取られるってのもちょっとどうかって気がしますが、とりあえず事実は事実。なので、

iPhone7/7Plus も同じように日本価格に2,000THBぐらい上乗せした金額がタイでのオフィシャルのiPhone7/7Plus の販売価格になるんじゃないかと想像しています。

タイでの iPhone7/7Plus 私的想像販売金額

7
26,650THB
30,380THB
34,100THB

7+
31,050THB
34,775THB
38,500THB

ちなみにウェブを見てみるとどういう根拠なのか全く説明がないものの同じように販売価格を記載してるサイトが。

Apple iPhone 7 Price in Thailand

Price of 32GB model: THB22,923
Price of 128GB model: THB26,455
Price of 256GB model: THB29,987
Price of iPhone 7 Plus 32GB:THB27,161
Price of iPhone 7 Plus 128GB: THB30,693
Price of iPhone 7 Plus 256GB: THB34,225
http://www.mobile57.com/th/phones/apple-iphone-7-4081

↑ 蓋開けて実際にはこれぐらいの価格になってくれたら嬉しいが。

Apple iPhone 7 Price in Thailand

Price of 32GB model: THB26,000
Price of 128GB model: THB30,000
Price of 256GB model: THB34,000
Price of iPhone 7 Plus 32GB:THB30,700
Price of iPhone 7 Plus 128GB: THB34,700
Price of iPhone 7 Plus 256GB: THB38,700
https://specphone.com/web/wp-content/uploads/2016/09/iPhone-7-iPhone-7-Plus-Price-cover.jpg

↑ こちらだと僕の想定とほぼ変わらず。

で、このタイでiPhone7/7Plus発売の発表を受けてタイのスマホの殿堂MBKでもiPhone7/7Plusの自由価格相場に影響が。

MBK iPhone7/7Plus価格
Treemobileのサイトから

Apple iPhone7
ip7 32 black 31,000THB
ip7 32 silver 29,000THB
ip7 32 gold 29,000THB
ip7 32 rose 29,000THB

ip7 128 bk 33,500THB
ip7 128 silver 31,500THB coming
ip7 128 gold 31,500THB
ip7 128 rose 31,500THB‎ coming
ip7 128 jet bk 36,000THB

ip7 256 black 35,500THB
ip7 256 silver 34,000THB
ip7 256 gold 34,000THB
ip7 256 pink 34,000THB
ip7 256 jet black 38,000THB

Apple iPhone7 Plus
ip7+ 32 black 38,000THB
ip7+ 32 silver 36,500THB
ip7+ 32 gold 36,500THB
ip7+ 32 rose 36,500THB

ip7+ 128 black 43,000THB
ip7+ 128 silver 40,000THB‎ coming
ip7+ 128 rose 40,000THB
ip7+ 128 jet black 49,000THB

ip7+ 256 black 45,000‎THB
ip7+ 256 silver 43,000THB‎ coming
ip7+ 256 gold 43,000THB‎ coming
ip7+ 256 pink 43,000‎THB coming
ip7+ 256 jet black 51,000‎THB

MBKでは並行輸入の完全自由価格なので人気のある色の価格が他のものよりも上がります。モノは香港から持ってきたものになるらしい。

現状のMBK価格をみるとiPhone7の不人気色、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの128GB、256GBあたりはタイオフィシャルの想定価格と変わらずの値段になってきた。なのでこのあたりで買うのもアリかと思います。ただ、オフィシャル販売が開始されたらMBKの現状の在庫は海外版iPhoneになるわけで、国内版よりも1,000-2,000THBぐらいは安くなるかと思います。iPhone7は6sともそれほど見た目と仕様が変わらないのであんまり買う価値ないよね、とMBKの店の姉ちゃんに言われつつもランニングなどに使用して汗や不意の雨なんかに対して安心したい、それも今!って人はもう買いだと思います。

逆にiPhone7PlusはまだMBK価格が高く、オフィシャル販売をもう少し待つのが賢明かと。と言いつつ、まだこれだけプレミア価格が付いているということはオフィシャル販売が開始されても全然流通量が少なく、なかなか手に入らないのが現状なのかもしれません。。

とりあえず、後は自分のiPhone6s Plusを下取りしてもらうんですが、iPhone6s Plus、256GBのシルバーで買取が18,000THBとのこと。最近わかりましたが、MBKでの買取の際、本体がやはり重要で、外箱や付属のヘッドフォン、充電ケーブルなど、綺麗に取っておいたものがあってもほとんど買取価格には影響しないので、売っぱらう際でも外箱持って行かず、使ってるまんまのiPhone差し出せばオーケーです。

以上、iPhone7探検隊レポートでした。

↑ 個人的には次もiPhoneのケース買うならこれと決めている。おもちゃみたいな見た目だけど超頑丈。

ネットの体感速度は上りの回線スピードも大きく影響するんだろうか 2015年10月11日

Fiber Optics

自宅のインターネット回線をtrueのADSLからAISのFTTBに変更。

今までのtrueのADSLの場合、7年前の回線契約時から自動更新のままほったらかしで詳細の契約内容はどうなってるんだかよくわからんが一応下り10Mbps/上り512Kbpsで890THB/月ということになっている。これが今住んでるコンドミニアムに来てるAISのFiber回線だと一番安いプランで下り15Mbps/上り5Mbpsで590THB/月となる。AISが集合住宅向けに用意している光回線のインターネットFTTBで”Fiber to the Building”、つまり基地局からコンドミニアムまでは光回線で建物内の通信回線を集約、コンドミニアム内部は電話線として張り巡らされたメタル回線でVDSL(ADSLのように音声通話で使用しない電波帯域でデジタル信号を送受信。ADSLよりデータ転送量が多いが、ノイズなどからの減退も強いので長距離に向かず、建物内での配線などに向いているらしい)を用いて各部屋までつなげる。だから光回線と言えど各部屋は電話線でつなぎます。

AIS Fibre SUPER Hi-SPEED Broadband 1 Gbps

聞いてみるとAISでは集合住宅向けには光回線引いてるが、戸建住宅向けのFTTH(Fiber to the Home:宅内引き込みまで光回線)は全然まだ自宅周辺には配備されてないらしい。

さてさてこのAIS FIBRE回線ならお値段下がって下りが1.5倍、上りが10倍というスピードになる(ちなみにうちのADSL回線はスピードテストしてみるとかっちり10Mbps/512Kbpsという減退まったくなしの素晴らしい速度が出てましたが)。なのでこちらのAISに乗り換え。

実際に乗り換えて思ったことは想像よりも実感速度がかなりあがったこと。下りは1.5倍にしかなっていないが、それ以上に早くなったように感じるのは上りの10倍のせいだろうか?実際にWebページなどを表示するにはPC側からリクエストを送信して、そのリクエストに応じてサーバー側からWebページのデータが送信されるので、そのリクエスト送信の回線速度が10倍に上がったことでサーバーへの到達が早くなって結果的に受信データ表示までの速度があがったということだろうか。となると今まで上りは結構フルに使っていたということになるんだろうか。。実際に以前日本に居る友人とFTPでデータの受渡ししている際にはこっちからのアップロードが極端に遅かったりしてたし。。。

スピードテストの結果も以下のような感じで広告で謳われている通りの速度がバッチリ出ている。満足満足。

すべての写真-2914

導入決定以前、AISの光回線って実際どんなもん?とタイでは有名な掲示板サイトPantipで検索してみて、あまり読めないタイ語を翻訳ソフトを駆使して解読してたところ、なかなか評判は悪く無いみたいでAISのサービスマンもなかなかいい感じと書いてあったが、うちに来たサービスマンも髪型だけはDQN系で最初ビビったが、素行も悪くなく、手際いいし、愛想もよかった。

というわけでAIS FIBRE、まだ使い始めて2日めですが、全然不足なくいい感じです。