タグ: アイスクリーム

死ぬほど不味いSWENSEN’Sのマムアンナンプラーワーンアイス 2020年08月01日

IMG_20200526_133423
↑ 右のショットグラスのようなものに入っているのは干しエビ。アイスと干しエビ。。。

ブログの更新をかなりサボっていたので、この写真もかなり前、2ヶ月ほど前のものになります。5月の終わりだったな。。。

まだまだコロナのStay Homeがキツかった5月の下旬。とある用事で仕事の合間に立ち寄ったショッピングモールで待ち時間に食べたアイスが死ぬほどまずかった。

いつものSWENSEN’Sなので季節モノのプロモーションアイスを適当に頼んでみたら、マンゴーはマンゴーでも青マンゴー(酸っぱいやつ)だ。まあミルク系の入っていないシャーベットみたいなもんだから熟してない青マンゴーの酸味あふれる味でも問題ないっちゃあ問題ないが左の器のマンゴーシャーベットにかかっているのが揚げ玉ねぎ、かかっているソースはナンプラーソースで香ばし+甘塩っぱい。そして右の大きめの干しエビ2匹であります。

タイでは熟してない酸っぱい青マンゴーを干しエビやら唐辛子やらナンプラーやら揚げ玉ねぎやらの濃ゆいソースと和えて食べる「マムアンナンプラーワーン」という食べ物があって女性に大人気なんだが、それを模したアイスのようです。

不思議な甘辛さだけど。。タイではポピュラーなマンゴーの食べ方『マムアンディップ』と『ナンプラーワーン』 | 街かどタイ料理 -トムヤムBlog-

注文時にマンゴーということで安心してちゃんと見ていなかった。。。食べてみるとこれがまた非常に不味い。これは味になれていない日本人感覚で不味いと言っているのではなく、たぶん対人が食べても不味いというと思う。本物のマムアンナンプラーワーンの味も知ってるが、全然違う味だもん。

いやー、これはまいった。しかも自分はベジなのに。。マンゴーだったら安心と思ってたらエビやらナンプラーやら。とりあえずエビは退けておいて食べられるもんだけ食べて早々に退散しました。いやー、これは失敗作やね。頼んだ自分も失敗やけど。


↑ なんだこれ?種売ってるのか?

セブンで買えるトウモロコシアイス 2018年11月20日

IMG_20181201_203211

タイ古式なベジタリアン向けアイスをさらにもうひとつ。トウモロコシとココナッツミルクのアイスでございます。

タロイモもち米アイス 2018年11月15日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

タロイモもち米アイス 2018年11月15日


↑ こちらは以前紹介したやつ。

ココナッツアイスのアイスクリームバーにトウモロコシの粒が入っております。たしかにココナッツが主役かトウモロコシが主役かと言われると「トウモロコシだ」と即答するほどぎっしりトウモロコシが詰まってる感じ。しかしながらこの粒が結構硬くて思ってたより舌触りが悪い。

とはいえ、ベジタリアン、ヴィーガンには選択肢が少ないセブンイレブンで非常に助かる一品でございます。18バーツだったかな?お試しを。

IMG_20181201_203336

タロイモもち米アイス 2018年11月15日

IMG_20181126_130727

またまた仕事の出先のセブンイレブンで発見。18バーツ。「たぶん」Veganアイス。

乳製品を使っておらず生クリームの代わりにタイらしくココナッツミルクを使用してます。ウラ面を見てみると

Fresh Coconut Cream 49%
Black Sticky Rice 22%
Sugar 13.5%
Taro 7%
Salt 0.1%

IMG_20181126_133706

全部原材料が植物性。たぶんVegan仕様でしょう。ん?計算してみると。。91.6%?残りの8.4%は何??もしかしてここになんか牛乳とか含まれるのかな?パッケージには「Vegetarian」とかも書かれてなかったし。。

タイの色彩感覚と日本の色彩感覚 2017年07月29日

image

今年のSwensen’sのドリアンアイスクリームも食べてきました。去年まではトッピングでついてくるココナッツミルクで炊いたもち米が白かったが今年はきれいな紫色。

swensens_durian_icecream

これ、Swensen’sの看板に使われてるドリアンアイスクリームの画像ですが、めっちゃビビッドな紫色とドリアンの黄色で日本人的な色彩感覚からしたらちょっとドギツすぎる感。

この紫色はタイのアンチャンという花から絞った色素を使っている模様。ちなみにこのアンチャンという花はタイでは昔から使われてきた自然の着色料であり、糖尿病の抑制などの効能もあるハーブの類であります。僕も前に一度彼女が作ったこのアンチャンの花を使った青い米の話を書いております。

Dok Anchang

ข้าวน้ำดอกอัญชัน カオナームドークアンチャン 2013年07月23日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

何それ、青すぎる!タイのアンチエイジングな飲み物とは? – NAVER まとめ

パシっと目の冷める色彩ですな。

しかしタイ人がメリハリのある色彩や原色が好きだったりするのは、タイの自然の中で昔からこういう目を見張るような鮮やかな花がいっぱい咲いていたからでしょうな。

IMG_0150
↑ タイのお花ってのは色彩鮮やか。

日本人の場合は桜がやはり色彩感覚の中心になっていて鮮やかというより淡い色合いが昔から目に馴染んで今も好まれるのではないかという印象ですな。

五条川周辺の桜
↑ 日本の場合はこういうイメージですな。

今年も暑いタイのお昼間にアイスクリーム食いながらこんなこと考えておりました。。。

セブンイレブンのアイスの冷蔵庫が。。。 2017年07月25日

Ice cream in 7-11

久しぶりにタイのセブンイレブンのアイスクリームの冷蔵庫を覗いてみてびっくりしたよ。1年ぐらい前まではユニリーバの系列のアイスクリームブランドWall’sのアイスクリームばっかだったと思うがガラッと内容が変わっていた。こんな品揃え比率になっているとは。

Share Happy – Wall’s Official Site

ウォールズ・アイスクリーム – Wikipedia

左はバニラモナカ、アイスクッキー、真ん中下段セブンティーンアイス、真ん中上段ジャイアントコーン、右はガリガリくん。

冷蔵庫の中だけ日本になっとるわ、って感じですな。確かにちょっと前にSNSやらでもグリコのアイスクリームが流行ってるみたいなことがいろいろ書かれてたから当然なんかもしれないけど、しかしあれだけWall’sばっかりやった冷蔵庫の中をここまで浸食してきたグリコがすごいということか。

これだけの人気を改めて目にしてびっくりしましたというお話でした。

interesting traffic
↑ タイのWall’sのバイク屋台。バンコク、郊外、ど田舎、どこでも見かける。