タグ: traditional

SEE FAHの中華オムレツ ข้าวไข่ข้นกุ้ง カオカイコンクン 2018年09月01日

20180901-220310-1

タイ、バンコクの老舗中華料理チェーンであるSEE FAHでの最近結構よく食ってるメニュー。ข้าวไข่ข้นกุ้ง カオカイコンクンと言って、要はエビ入り半熟オムレツ。卵の下にご飯が盛ってあります。卵は適度な塩気、半熟トロトロ、エビがぷりぷりでなかなかおいしい。量的にそんなに多くないんだが40代の自分にはこれがちょうどいいぐらいの量でございます。うちの彼女がよく持ち帰りで買ってくるのでだいたい自宅で食べます。

Seefah | Seefah
http://seefah.com

富士ヌードルNo.1 2017年11月22日

IMG_0862
↑ 温肉富士No.1!

高円寺のくら家にそばを食いに行きました。確かに蕎麦は腰があっていい。天ぷらも悪くない。んで、ちょっとだけ文句を言うならそばつゆが自分には香りが強すぎてそばの味がもうちょっと強く感じれるものだといいなあと思った。

しかし総評として、やはり富士そばのほうがうまいという結論。ここは中々揺るがないねえ。

こういうことを書くと色んな人に「そばっちゅうもんをわかっとんのか」とご指導を受けるのですがうまいもんはうまいんだからしょうがない。というか自分はたぶんそばが好きで富士そばに行くのではなく富士そばのそばが好きだから富士そばに行くのだ。別にそばである必要がないんだと思う。あの麺であれば問題ないはずで、明日富士そばが「富士ヌードル」と改名して、そばではなく、「ヌードル」を売り出したら、明日からは「ヌードル」ファンであります。

というわけで高円寺駅前の富士そばのコアなファンを自認している自分なんですが、ぐぐってみると杉並区の浜田山店なんかは乱切りそばというものを出していて、かなり普通の富士そばのそばとは異なるようで、実際どっちがうまいのか一度食ってみたい気がします。まー近いうちに食いに行くな。

あ、というか別にくら家がまずいとは言ってないよー。ジャンクな安物好みの自分としては完全に富士そばの味のほうが好みでした、ということです。。。

これで晩のちょい呑みのメニューにホッピーが加われば最強なんですけどね。

タイのスーパーで初めて玄米もちごめを見た 2017年04月27日

image

タイのバンコク、今までスーパーでタイ米の玄米は見たことがあったけど、もち米の玄米は見たことがなかった。で、先日初めて見かけた。それが上の写真。

一袋2kgもあったので勢いで買うのは躊躇したがとりあえずバンコクでももち米玄米が売ってるんだなと納得しました。

最近自炊の玄米食にハマっておりますが、日本人として一番パワーが出る定番食というのは「玄米+漬物+汁物」というシンプル粗食という話もあるようですな。たぶん国内のどこでも手に入りやすくて、かつ少量で一番パワーが出る食事ってのが最適化されて上記のようなメニューになってるのだろうと思う。米に関しても100年も200年も前ならたぶん一般の人の食事の米ってのはあまり精白はしてなかったんじゃないかと。腸内細菌の適切な活動を促すために食物繊維が必要で炭水化物だけの白米より食物繊維たっぷりの玄米で腸内細菌もうまく動いていたんじゃないかと。

タイ人、うちの彼女の実家、つまりイサーンのほうの人のこういうベーシックなパワーフードってのはやはりもち米玄米とソムタムじゃないかね。ソムタムも基本的には非加熱、動物性食材がほとんど入らない料理でイサーンの自然界の細菌がそのまま胃腸に届くし食物繊維豊富、そしてうるち米と比べても格段に痛みにくいもち米の玄米。やっぱりこれでしょう。聞けば彼女の実家では小さい頃はやはり黄色い(未精白)の米ばかり食っていたとのことでその後に精米機が普及してだんだんと流通するもち米も白いものがほとんどになっていったんでしょうな。彼女の小さい頃は鶏肉ですらあまり食わなかったらしい。家で飼ってる鶏でも潰すことはまれだったようです。まあひとつの家庭で買う鶏の数なんか知れてるし一回鶏をつぶしたら次が育つまでかなり待たないといけないし、これだけ毎日鶏や豚や牛を食う生活ってのはやっぱりアメリカ式畜産が入ってきてからなのかなと。

というようにいろいろと考えるところありますが、実はもち米の玄米って食ったことがないので一度買って自宅で蒸して食ってみたいと思います。

〔オーサワ〕有機もち玄米 1kg×2袋セット【品番0275】
オーサワジャパン
売り上げランキング: 276,641

↑ 日本でもあるんですな。

バンコクでも正露丸が売っていた! 2015年06月15日

image

会社の同僚の人が「正露丸を切らしてしまって、今腹壊してんですけど結構しんどいんですよね」てなことを言っていた。

で、一応バンコクでどこか正露丸の買えるところはないのかとぐぐってみる。最初はフジスーパーとかの日系スーパーの片隅の薬局とかにあるのかと思ったらなんと「バンコク市内のドラッグストアならどこであるよ」とのこと。どうもタイで正露丸を作ってるらしいのだ。

タイ在住日本の胃腸薬 正露丸を探しています。バンコクにて買いたいので… – Yahoo!知恵袋
タイにも正露丸あります ※下痢対策※|Hotels.com バンコクブログ

ちょうどアユタヤのお客さんのところに出向いていて昼飯にアユタヤのロビンソンというショッピングモールに出てきたので一応ロビンソン内のWatson(香港系ドラッグストア。タイでは大手)で「セイロガン?มีไหม?(ありますか?)」と聞いてみると「ไม่มีค่ะ(ございません)」とのこと。さすがにアユタヤあたりでは置いてないか。。。

んでバンコクのオフィスに戻ってドラッグストア行ってみると、聞くまでもなくすぐに見つかりました。50粒95THB。うーん、正露丸、タイで割りと簡単に手に入るとは今まで知らなかった。。。使うかどうかわからんけど、日本人なんだからとりあえず薬箱に正露丸は入れとこうという変なアイデンティティ、不明瞭な理由で購入。パッケージはタイで生産しているだけあってタイ語併記。これ、日本人以外には売れるんだろうか???

image

image

image

自宅に帰って蓋を開けてみるとプーン!!!とあの臭い。「ああ、懐かしい臭いだのう♪」としばらく臭いを嗅いで悦に入っていたら彼女が大声で「臭い臭い!!」とのこと。

まあ、慣れてないと臭いよね。

รากบัวเชื่อม ラークブアチュアム レンコンのお菓子 2015年04月16日

image

以前にちょっとだけ触れたことがありますが、タイではレンコンは野菜、根菜というよりかはどちらかというとお菓子の材料にする食べ物的な扱いを受けています。

最近はあまりバンコクでは見ないものの、市場なんかに行くと見かけることもある รากบัวเชื่อม ラークブアチュアム。ラーク=根、ブア=蓮、チュアム=シロップ、で蓮根のシロップ煮というお菓子になります。昔は田舎のほうはろくなお菓子がなくてこういうものが嬉しかったそうな。

この写真のラークブアチュアムも自炊して作ったやつで砂糖はかなり薄めに入れて作っている。甘さはさらっとするようにして調整してうちの彼女が作った。食べてみてみると蓮根自体にクセのある匂いなどはないので歯ごたえサクサクでほのかに甘くておいしい。市場で売ってるやつは多分超甘シロップだろうからちょっと勇気がいる感じだが、多分一回は食べてみて損はないものだと思います。