タグ: gpu

仮想通貨マイニングサウナ2 2018年08月06日

20180808-110051-1

仮想通貨マイニングのお話の続き。数日間いろんな環境でテストしてみた後、SimpleMining OSというLinuxベースのOSでリグを起動してEthereumを採掘中。途端に部屋が乾燥機になったかのような温度上昇。近所のホームセンターで排気ダクトなどを買って簡易的に部屋の空気を外に排気する換気口を作ったものの全然間に合わない。はっきり言ってエアコンを入れるよりも自宅は16階なので窓を全開にして換気したほうが風が通るしぜんぜん効率がいい。

外出時の温度上昇に備えてリグの稼働をちょっと抑えて常にGPUの温度が60度前後で稼働するように設定する。エアコンを入れてなくても60度程度で稼働し続けているので問題はなさそうだが、部屋に帰って来た瞬間が地獄だ。ホントにサウナに入るような気分になる。

とりあえずはEthereumである程度掘ってみてその後どうするか検討。とはいえ今年の頭からずっとBitcoinの価格が下がっているのでマイニング自体にはあまりうまみがない。価格が下がっているから参加している人は若干は少なくなっているのかもしれないが。。とりあえずは今は原価となる電気代の分も掘れた仮想通貨からは支払わず、塩漬けしておくほうがいいですな。将来の年金と思って数年、数十年放置した後の価値に期待だ。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話
徳間書店 (2018-06-30)
売り上げランキング: 145

仮想通貨マイニングサウナ 2018年08月05日

20180804-075822-2

知り合いから預かった仮想通貨のマイニングリグで仮想通貨のマイニングを始める。AMD RX580のGPUが8枚載ったマイニングリグを2台自宅に運び込み。久しぶりにバンコクの街をミッションのトラックに乗って引き取りに行く。信号待ちでサイドを引くとついつい忘れて発車。なんかイヤにエンストするなあと思ったらサイド引いたままになってたり。かなりゆるゆるのサイドブレーキだ。

自宅のコンドに台車使って運び入れる際にも警備員から何回も「それ何する機械??」と尋ねられる。「コンピュータ、パソコンだよ。」と言ってもいぶかしげな顔。

いろいろテストしてみるものの、なんだかうまく8つのGPUで動いてくれない。知り合いはWindowsでやっていたというがなんかOSが入ってるはずのSSDをつなぐと立ちあがらない。トラブルシュートがめんどくさくてLinuxやLinuxベースのマイニング専用OSでやっているのだが、とりあえずリグ1もリグ2もGPU7台だと動いてくれるのでまずはこれで1回動かす。動かしてから8つめのGPUがなぜうまくいかないか検討する。といいつつ稼働し始めたらいろいろはいじれないのだが。。。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話
徳間書店 (2018-06-30)
売り上げランキング: 145

自宅に復活Windowsマシン 2015年08月05日

image

Windows 10を触るために調達したマシン、デスクトップのIntelマシン。

調達するならノートPCを、と考えていたが性能と価格のバランスを見てるとどうも納得のいくものがなくて中々購入まで至らなかった。

なので、数年前に購入して使わずに宙に浮いてしまっていたデスクトップのパーツを使って再度デスクトップマシンを組む。

カッコイイ裸のマシン2頭立て 2012年12月30日

この時に購入したメインボードとRAM、CPUを流用。

Asus P8 H61-M LE R2.0(MainBoard) 1,790THB
Intel Core i5-3450 5,990THB
DDR3-1333 8GBx2 1380THBx2

さらに今年の頭、Bitcoin関連のマイニング遊びで購入したRADEON R9 270Xも搭載。GPUのカードがでかすぎてメインボード上のSATAコネクタを隠してしまい4ポート中の2ポートが使用不能に。週末にパンティップでも言ってL字のSATAコネクタ買ってこないと。さらには5インチベイに収まるDVD-Rドライブも購入。28倍速。やっぱりもうDVD-Rドライブ(BlueRayではない)はどのメーカーのものも性能は天井でどのモデルも一緒らしい。LG製を550THBで。そしてC:ドライブ用にKingstonのSSD120GB 2.5インチのものを購入2090THB。これで速度は文句ないだろう。

PCケース 1,300THB
DVD-R 550THB
SSD 2,090THB

今回かかった費用はこんな感じ。ノートPC買うより安いわな。旧世代だがCore i5、RAM16GB、RADEON R9 270XのGPU、Cドライブ用にSSD128GB積んだマシンは快適。だけどメインボードが安物なんでよくよく見てみるとUSB3.0ポートがひとつもついてませんでした。

先日PCショップでPCIのUSB3.0拡張ボードって売ってない?と聞くと

「もう今そんなもの売ってない。どんなマシンでもUSB3.0ぐらい付いでるでしょ」

と言い放たれた。後でWebで見てみたら結構オンラインストアとかでも売ってるじゃん。

でも中々満足な1台。邪魔で重いが、久々にPower Windowsマシンであります。Windows10は今後のためにも触っておきたいという明確な使用目的のないPCですが、久しぶりにキビキビ動くWindowsが新鮮です。

以前のWindowsに比べるとある程度モバイル機能統合、2010年代のモダンOSの衣をまとった感じがあるけどいかんせん画面がまだまだ汚い。特に日本語の場合やっぱりフォント表示が全然ダメで普段Macを見ていると、わかっちゃいるが、常時使用に抵抗があるなあと言った感じ。機能上、実用上はオフィスワーク程度の作業であればWindowsでまったく問題ないんですけどね。

暗号通貨のマイニングマシンを用意したけど。。。 2015年01月06日

image

年末年始Bitcoinについて勉強していてかなり面白く、とりあえず自分も一度暗号通貨のマイニングをしてみたいと思った。とりあえず、二年前に組んで放置されていた自作LGA1155 Core_i5、RAM16GBの自作マシンがあったので6600THBでmsiのRadeon R9 270XのGPUを追加購入して組んでみた。

他のマイニングユーザーのサイトを見てみると発熱量がかなりあるらしくみんなケースから取り外して使用しているので8年前に買ったミドルタワーのケースもホコリだらけで汚れていたし、それは捨て去って同じような構成にして回してみる。

ちなみに今までの人生、セガサターン以降ゲームとは無縁の生活だったのでグラフィックボード自体を買うことも今回生まれて初めて。最初マイニング系のサイトを見ていてAMD RadeonとかNVIDIA GeForceとか言われても何のことかさっぱりわからなかったが、パンティップ・プラザで購入するGPUを色々物色してるうちに覚えた。

image

image

とりあえず起動中の消費電力を抑えるため起動ディスクはUSBメモリ。ここにScrypt系のコインを採掘する際にはBAMTを入れて、それ以外のコインを採掘する際にはPiMPを入れて稼働させている。別にPiMPでもScrypt系は掘れるけどPiMPはまだあまりパフォーマンス・チューニングしてないんでBAMTを使ったほうがパフォーマンスよく掘れる。BAMTでScrypt掘ってると485KH/s、PiMPだと450KH/sが平均になる。

image
↑ こいつの電源ユニットが死に、

image
↑ これに入れ替わった。おかげでファンの音は静かになった。。。

と485KH/sで回し始めた途端にマシンが急停止。電源を入れようにもうんともすんとも言わない。結局いろいろ切り分けを試みながら電源ユニットを新しいものに入れ替えたら動き出した。電源ユニットが死んだ模様。なんかチューニングしたことで変な負荷がかかって電源ユニットが死んだ?しかしアプリのConfigで電源ユニットが死ぬというのも聞いたことがないし。。。まあそれ以降は何もなく動き続けているので問題ないのでしょう。単純に2年ほど経っている電源ユニットなので寿命だったということでしょうか。

しかし、やってみてようわかりますが今更暗号通貨のマイニングなんて始めてももう儲からないですな。また基準通貨になってるBitcoin対USDのレートが上がれば儲かるかもしれませんが、それでも参加者も増えてるので掘れるコインの量なんて微々たるもの。1日掘ってて掘り出せるのが0.01USDとか。タイでだって明らかに電気代のほうが高いぜ。というわけでだんだんと掘ってる目的が2014年の頭から雨後の筍のごとくアホほど種類の出回ってる亜種暗号通貨のコレクションとなっております。ただしいくら集めようがこちらの都合ではなく暗号通貨のシステムでブロックチェーンが維持されなくなったら即貯めた暗号通貨はビットの海の追憶と化すのであります。またまた無駄なことをしてるなあという感が満載です。