タグ: fried rice

ソイミートでベジ・チキンライス 2018年02月12日

IMG_9223

ベジと自炊の道まっしぐらで居ります。

最近試してみたくて作ったこの料理。いわゆるオムライスの中に入ってるチキンライスであります。大豆タンパクで作ったソイミートを最近買ったのでそれを使いながら作りました。

ニンニクのみじん切りと玉ねぎとグリーンピース、サラダ油で香り出して細切りにしたソイミート入れて、あとは豪快にケチャップ入れて終了。超簡単。

これだけでかなり美味い。ベジで料理作ってて何がいいかって洗い物がすごい楽。肉料理した後の油って落ちにくいけど、こういう料理でサラダ油使っても洗うときサラッと落ちてくれる。

しかしなんか主婦のブログみたいな内容になってきたな。このへんでやめときます。

荻窪のチャーハン専門店 炒飯の万博 2017年12月19日

IMG_9443

ネットで検索していて荻窪になかなか素晴らしいデザインのメシ屋があるのを知った。

「炒飯の万博」

??というネーミングである。「万博の炒飯」とちゃうんか?それにしても糸の伝わりにくいネーミングであります。

とりあえず家が近いのでささっと行って来ました。

店構えはなかなか奇抜な感じだが、店の中に入ってみると中はそれほどでもなく、普通の高円寺にもありそうな古めかしいラーメン屋風情。

IMG_2832

単純なチャーハンってのはメニューになくてとりあえず肉焼チャーハンを頼む。食券を買ったらボロで食券が機械から出てこなかった。店員を呼んで対処。

IMG_2403

さて、肉焼チャーハン。チャーハンの上に豚のスライスを焼いたものをどっさりトッピング。このお肉がまた味付けが濃くてなかなか平らげるのが大変。しかもなんでか知らんがお肉の味付けがちょっと甘い。。。食いにくい。。。チャーハンはそれほど味も濃くないんだが、なんだか何も引っかからない味って感じで感動にかけるなあ。

うーん、面白いコンセプトのお店だけどちとチャーハンは残念な感じ。。。

このお店、チャーハンのお店は水、木、金、土でそれ以外の日、月、火はビリヤニとダルバートのお店になるみたいで、また是非一度そのビリヤニを食いに行ってみたいもんです。

京都王将 極王炒飯、、、残念ながら全然プレミア感なし 2017年11月21日

IMG_1420

高円寺にも京都王将がございまして、関西出身の中華Eaterとしては非常に嬉しい限りです。

子供の頃から王将で食ってる人間としましては食うメニューは割りと限られておりまして、

「餃子」
「唐揚げ」
「炒飯」
「天津飯」
「野菜炒め」

ぐらい。残念ながら他のメニュー、特にラーメンは何十年も前から京都王将はなかなか残念な感じであります。

そして最近また仕事帰りに王将で飯を食っていたら今まで見たこともない「極王炒飯」などというメニューがございまして、どうやらこれは炒飯の豪華版メニューのようで、お値段も普通の炒飯の1.5倍ぐらいする強気炒飯。

メニュー:北海道・東北・関東・信越 | メニュー | 餃子の王将

前々から一回は食っとかなきゃあいけないと思いながら早幾年、先日食いましたがな。

それが上の写真なんですが、炒飯がしょぼいのか、自分のiPhoneで撮る写真の腕が悪いのか、全然高級メニューに見えない貧相ぶり。食してみますと、プリプリしたエビとゴツい三枚肉系チャーシューが結構ゴロゴロ入っております。だけど、、なんだろうね、高級な炒飯ってぜんぜんうまくないんだわ。冷や飯に油ドバドバ入れた中華鍋で卵とネギと申し訳程度に入ったみじん切りチャーシューが恋しくなる。。。やっぱ炒飯も安いものほど美味いんじゃなかろうか??

というわけでやはり次からは京都王将では普通の炒飯を食いたいと思います。といいつつ、これは食ってると確実に太るので出来れば食わないようにしたいなあ。。。。

どんどん日本食が侵食してる7-11メシ 2017年08月10日

Garlic Butter Fried Rice with Tender Chicken Breast

少し前から7-11のチルド食品の棚にいろいろと新商品が出てたのを見て試してみたいと思っていた。んで、彼女の田舎から帰ってきた日に晩飯を作るのがめんどうでそれらを試すことにしました。

一番上の写真がCP Delightというブランド名のもので 「Garlic Butter Fried Rice with Tender Chicken Breast」 というもの。カロリーは310kcalに抑えられていてちょっとヘルシー志向といった感じなんだろうか。

Garlic Butter Fried Rice with Tender Chicken Breast 2

が、中身を見てみるとチキンを除いてほとんど炭水化物。人参も結構糖質多いし。薄味なのはいいけど、ヘルシーな感じはイメージだけで結構なカーボン食。

Katsudon Bento in 7-11 Bangkok, Thailand

そしてこれ。カツ丼なんてものがバンコクの7-11に並ぶ時代なのかと驚き。そういえば2006年のバックパッカー時代、安宿とローカル飯ばかり食いつないで各国旅行してた際に食いたい日本食第一位はカツ丼だったなあ。カオサンに泊まっていた時分に「こんな身近に日本食屋がある!」と喜んで竹亭やMBKの日本食屋でカツ丼を食っていたのも遠い思い出。今は7-11にもチルドのカツ丼があります。

Katsudon Bento in 7-11 Bangkok, Thailand 2

中身はこんな感じで、カツ煮部分がごはんとは別の層に入っております。これをレンジでチンしてご飯の上に移動すれば。。。

Katsudon Bento in 7-11 Bangkok, Thailand 3

こんな感じ。まるで卵部分がプラスチックのように完全に火が入って固まってますが、それもご愛嬌。

さて、お味は?うーん、かつおだしの香りがよい。バンコクの7-11の商品でかつおだし、シビレますなー。が、カツは小さくコロッケサイズ、カツ自体もトンカツというよりは肉が薄くてハムカツみたい。まあカツ丼の味なんだけどちょっと残念感はあるかな。。。残念ながらまだフードコートにあるスカイラックのカツ丼のほうがおいしいかな。とはいえ自宅からすぐに行ける7-11でこんなカツ丼が売っているという状況は非常に嬉しい限りです。

以上です。

最近のバンコクの食環境?飲み環境? 2017年08月06日

Fried Rice in Mokkori Ramen Silom in Thailand

久しぶりにバンコクのもっこりシーロム店に昼飯を食いに行きました。普通のチャーハンの1.5倍以上はある愛情あふれるデカ盛り美学。チャーシューブロックがいっぱい入ってるのでこれまたうまい。

最近のバンコク市内、ココナッツが値上がりしてきてて、こんなタイだと珍しくもなんともない作物が以前は一個20Bとかで売ってたのに今ではTopというスーパーでも1個55Bとか。なんでこんなに急に値上がりすんだ??

そんな中、7-11なんかではココナッツジュースのボトルが人気のようで複数のブランドの製品が並んでおります。

セブンで買えるペットボトル入り100%で無添加なココナッツジュース 2015年07月28日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

以前こんなもの紹介しましたが、別の製品でこんなのも

Bottled Coconut Juice in Thailand

「RAW COCONUT WATER / NEVER MORE THAN 28 DAYS」

という名前でいいのかな?無添加、防腐剤なしだから賞味期限が短いですよ、ということをセールスポイントとしてブランディングして製品名にした、という感じだろうか?

実際に飲んでみると以前紹介したココナッツジュースよりも確かに添加物は少ない感じ。なんというか味の調整がほとんど入ってないように感じる。これは確かにオーガニックな雰囲気はするがココナッツジュースって普通に生のモノ買って飲むと結構味のばらつきがあるからその辺はどうするんだろう??そして裏のNutritionの表示の文字がめちゃくちゃ小さくて全然カロリーが何kcalあるのか読み取れない。。。

Asahi Super Dry - Thailand

そしてAsahi スーパードライ。これも久しぶりに飲みました。表のラベルって日本のスーパードライとほぼ変わらないねえ。味もペラッペラな感じが日本のものと一緒だ。

Asahi Super Dry (Thai) back label

ちなみに裏のラベルは完全タイ対応。

最近の居酒屋で多いのがこんな感じのテーブル。

Japanese Izakaya Table

いやー、瓶ビールの空き箱、久しぶりに見たよ。うちの実家は酒屋だったから子供の頃は裏のガレージにこの空き箱が山のように積み上げてあったから空き箱の山登りなんかしてよく遊んでたよ。

なんかねー、タイ人にも人気のようでこういうディテールまで作り込んだ日本式の飲食店&居酒屋がバンバン出来まくってて嬉しいのか悲しいのか?ホントに海外に居てるという感覚が日に日に薄まる今日このごろですよ。