タグ: dosa

中野、南印度ダイニングのドーサとビリヤニ 2018年01月08日

IMG_9244

休みの日にインド料理、それも南インド料理が食いたくなって色々探していたら、隣駅の中野にミールスやドーサを出してくれるお店があるのを発見。

早速歩いて訪問。休みの日の昼時はめちゃくちゃ混んでましたが、素晴らしい出来のドーサが。

IMG_1887

マサラドーサです。お値段は1,200円。タイやインド現地の値段を知ってるとちょっとガックリしますが、まあ日本だからしょうがない。でも非常にうまい。

あまりにうまかったので持ち帰りでビリヤニも買って自宅で食べてみましたが、個人的にはビリヤニはそこそこ。。。

IMG_1967

でもこのお店、ディナーのコースメニューで予約を入れればしっかりしたミールスも食べれるのでまた近いうちにベジミールスを食いに行きたいと思います。。。

中野のインド料理「南インドダイニング」のコース
http://www.minami-indodining.com/course.html#Csection02

中野のインド料理「南インドダイニング」中野店
http://www.minami-indodining.com

インド料理のDosaは持ち帰り大変だね 2016年02月15日

久々にインド料理が食いたくなって日曜日のAozora Yogaの後にBTS Nana駅近くのインド飯屋街へ。普通にチャパティとビンディマサラ(オクラのカレー)あたりを持ち帰りで買って自宅で食べようかと思ってたが、時間が早過ぎてDosaしかメニューがないと言われた。


↑ これがDosa。インドの朝食クレープ。

しょうがないのでMasala Dosaを頼んで持ち帰り。バイクで行ってたのでそのままバイクで持ち帰ったら、着いた頃にはDosaがS字に折れ曲がってた!!orz。。。

IMG_20160214_112652

IMG_20160214_112707

とは言いつつ食えないわけではないのでとりあえず準備していただきます。

IMG_20160214_112743

ちゃんとココナッツのチャツネとパクチーのチャツネを付けてくれていて、ラッサムも忘れずにチャツネよりも大きな容器で入っていた。

IMG_20160214_113055

開いてみると思ったよりもちゃんとしてる。あんなS字に折れ曲がってたので中のマサラのジャガイモも偏りまくってるかな?と思ったがそれも思ったほど偏ってなかった。

IMG_20160214_113102

大きさをわかりやすくするために定規を置いてみます。このスチールの定規、30cmあります。それを超えるぐらいの40cm弱ぐらいのDosa。

ここのは非常に旨かった。当たり当たり!こちらKHANA KHAZANAというお店で買いました。たぶん昼間行くといろいろなメニューがあります。午前中はDosaだけでした。。。

Dosa KingにてDosaとPaneer Kebab 2015年11月30日

IMG_20151129_122217

日曜日の恒例青空ヨガの帰り、どこで昼飯食って帰るかなーとひとしきり悩んだ後に久々のインド料理、ドーサを食って帰ることに決定。

んで、スクンビットのNanaの駅のすぐ近く、以前も来たことのある「Dosa King」へ。

できるだけ炭水化物を避けてDosa Mix Vegetable Filling、ドーサの中身がマサラ味のじゃがいもではなく、ミックスベジタブルになってるやつ。んで、なんかチーズが食いたくて勢いあまってPaneer Seekh Kababも頼んだ。

IMG_20151129_121607
↑ どーん!チーズのシークケバブ!

IMG_20151129_122208
↑ どどーん!ドーサ!視覚効果十分。でかい!

チーズのシークケバブってどんなんだ??と思って注文してみたけど、フレッシュチーズを細かく刻んで一番外側は春巻きになってました。やっぱチーズだけだと崩れるわな。フレッシュチーズなので特段クセもなく食いやすい。この料理はなぜかマサラの香りも薄めで非常におとなしい味の料理でした。

んで、メインのドーサ。相変わらずここのはフルサイズのドーサでその大きさに満足。ちゃんとココナツとコリアンダー(パクチー?)のチャツネもついてきて、当然ながらサンバルもついてくる。このサンバルがなんかめちゃ濃厚でとても辛かった。サンバルが辛いというのは始めて。。。

いやー、しっかり2品平らげて腹パンパン。お値段は合わせて380THB。高い!うまかったけどちょっと高いなあ。インド飯がどこでも安かったKLが懐かしい。。。インドもいいけど、KLも行きたいなあ。。。そうだ!退職後のビザ更新はインド飯食いにKL行くか??

Chennai Kitchen@Bangkokでペサラットゥ食べる 2013年11月11日

image

今日の晩は独り飯。寂しいどころか好きな時間に好きなものを食えるのでとても嬉しい。

さてこの幸せな時間をどこで過ごそうかといろいろ考えたが、シーロムを下って、インド寺のワットケークがあるパン通りのChennai Kitchenに決定。これ、Chennai Kitchenとは言ってもバンコクにあるインド人のおっさんがやっている色気のないホントにインドの安食堂を思い出させるいい雰囲気のお店です。ただ、男でも一人で入店するには多分躊躇するぐらい一見さん寄せ付けない雰囲気があるが、がんばって乗り越えましょう。インド料理が嫌いな彼女と一緒にはなかなか行けないお店であります。

Chennai Kitchen再び 2013年01月20日

数年前からずっと知っているが、前述の理由や、インド料理って基本脂っこいので晩飯にはそんなに頻繁に食えないのがあってたまにしか行かなかったのだが、最近ちょっと店の親父が無愛想になった気がする。以前はどのメニューもちゃんと置いていたのに最近は品切れメニューもあったりで微妙にサービスダウンしているような気もしますがそれでもかなり美味しい南インドのヴェジタリアン料理を出してくれるいいお店。

image

前にはなかった日替わりメニューをやっていて、火曜日はPesarattuという聞いたことのない料理だったが、パロタが食いたくてパロタくれ!と言ったら「パロタは土曜日だ。今日は火曜日。ペサラットゥだ。これにするか?うまいよ。」とのこと。日替わり以外は置いてないのかよ。。

でもまあとりあえず食ったことがなかったのでペサラットゥを頼んで出てきたのが上の写真。あんまりドーサと変わんないね。

ドーサ – Wikipedia

アーンドラ・プラデーシュの菜食、ウップマ・ペサラットゥ|スパイシーなインド料理と音楽で遊ぶ

この生地を作る食材が変わるみたいね。生地の中にはマサラ味のじゃがいもの具が入っていて、この具とパリパリで香ばしい香りがとてつもなく最高なペサラットゥの生地が相性抜群でめちゃウマなんであります。最初の食い始めは生地の端っこのほうで、生地以外には何も入って無かったので「なんか貧乏くさい食事やなあ」と思っていたけど、真ん中に近づくにつれてボリュームが増して最高に美味かった。付け合わせも、なんだかよくわからんソースとサンバルがついてるだけのシンプル構成でとかくうまい。

これが100THBで水一本つけてプラス10THB。トータル110THBでのペサラットゥでした。それでもやっぱりパロタが食いたいので土曜日のお昼にもっかい行ってこようっと。