タグ: season

ผัดไข่ดอกขจร パットカイドークカチョンというタイ料理、日本の春の香り 2017年03月25日

image

久しぶりにタイ飯の食堂(ร้านข้าวแกง)でこのようなお料理を見かけて即注文。何気にタイ料理で日本の春を思い出す薄味のおだやか料理。ดอกขจรという花の芽をあっさり塩気で卵と炒めてるだけなので、サクサクした感じの歯ごたえが菜の花の軽い版のよう。

タイではこれから(というか今でも)猛暑の季節に突入しますが、数千キロ隔てた日本の懐かしい春の香りのするタイ料理です。

食べながら春の陽気とサクラ、つくしの生える川沿いなんてのを思い起こさせます。。。

春先の日本の田舎の河原の土手とかで一日中昼寝しときたい。。。


↑ こんなん張ってみたり。。。

よっしゃ、バンコクはドリアンのシーズン到来!今年もまた食いまくるど! 2016年04月26日

すべての写真-384

今年ももう3月ぐらいからいつもの米屋の軒先にドリアンがぶら下がっていて、ドリアンフリークの自分としてはちゃんとそれを買って家で食ってはいたがほとんどこのブログにも書かずにいた。

なんかそれほどドリアンの味に心踊らなくなっていたんだよねー。とついさっきまで思っていた。

今日また久しぶりにドリアン購入して持ち帰り、家で食ってみてよくわかった。今日は1年ぶりの至福の極致。そう、今年の頭から食っていたドリアンは単に味がイマイチだっただけだ。

もう時期的には雨季で、フルーツの時期到来。ドリアンもこれからの季節がホントにうまいタマがどんどん出荷されてくる。今年一発目の三塁打で、食ってる時も至福、食った後水飲んでため息が鼻から抜けるときのドリアンの香りもまた恍惚なんであります。

そうそう、2014年の6月にわざわざペナンまで食いに行ったあのドリアンの心躍る味であります。

よっしゃ、バンコクはドリアンのシーズン到来!今年もまた食いまくるど!

友桝飲料 ドリアンサイダー 300ml瓶×24本入
友桝飲料
売り上げランキング: 81,777

↑ アマゾンでこんなものが売っていた。

ホンマに暑くてヘタる超酷暑なバンコク 2016年04月06日

すべての写真-79

夏真っ盛りなバンコク。

超暑い。正午ぐらいの時間帯だと車でエアコン効かせて走ってても膝に当たる直射日光が暑くて体全体が火照ってきて汗が吹き出る。思わずエアコン全開。。自分はこの時期を勝手に「酷暑期」と名付けてますがまさにそのものの気温だ。。。

でもつい先日に行ってたラオスのサワンナケート、

こんなツイート残してたけど確かに昨日、今日のバンコクよりも一枚上手な暑さだった。。。あの時は飯食いに外には出たもののそれ以外は基本的にはホテルに篭ってWiFi繋いで作業ばっかしてたな。。。

ตลาด อ.ต.ก. オートーコー市場と ทุเรียนกระดุม クラドゥムというドリアン 2015年04月30日

image

また今年の5月からチャトゥチャックのウィークエンドマーケットで自分の店を開くため、彼女がいろいろと荷物を持って金曜のウィークエンドマーケットへ。さすがに金曜のウィークエンドマーケットは開いている店もほとんどないため歩いている人がほとんど居ない。なので快適に歩けるのが嬉しい。

そして帰り際にふと思い立ってチャトゥチャックから道路を挟んで向かい側のオートーコー市場へ入ってみた。ここは昔からある農協市場らしい。名前はよく聞くので結構大きな市場なんだろうと思ってたら、規模は別に他の市場と代わりはないが、お金がかかってるのか、生鮮食品市場のくせに非常に清潔に清掃されている。市場なのでほとんど壁はないが、床や天井なんかはほとんど白で統一されていて綺麗。中に入ると野菜、果物のお店がどわーっと広がっております。

そしてこの時期ですから、やっぱりもうドリアンがこれでもかと前面に押し出されてアピールされております。タイ人もお目当てのモントーン(中国語では金枕頭と書くらしい)はやっぱり街中で見る状況と同じでまだ玉数が少ないみたいで今年は กระดุม クラドゥムという品種をよく見かける。

このクラドゥム、より原産地のボルネオ島、インドネシアの品種のドリアンに見た目が近く、直径20cm強の子供の頭ぐらいのサイズの小柄ドリアン。今までクラドゥムは食べたことがなかったので「食べたいなー」と思いつつ店の前で悩んでおりましたがふとこれを思い出して、

image

「あ、今日は電車で帰らないといけないからダメだわ」

と諦めて帰ってきました。

んで、電車降りてバイタクで途中のスーパーに寄って

image

image

結局スーパーでトロ塾クラドゥムが置いてあったので買って帰りました。キロ130THBで1.4kg(ドリアンは皮付きで重量計測。割って可食部が大きいとラッキー)で182THB。結構安いと思ってたけど、種が大きくて可食部が少ないから食ってみたら思ったより割高だった。。。

まだまだこれからがドリアンのシーズンでございます。

カラー版 ドリアン 果物の王 (中公新書)
中央公論新社 (2014-07-11)
売り上げランキング: 92,325

↑ Kindle版が発刊されている!去年紙の本で買って日本から持って帰ってきてスキャンして読んでました。こういう本は東南アジア現地でドリアン食って興味を持った日本人がオンラインで買ってくれると思うので電子化したほうが賢いと思う。

気がつけばもう3月、過ごしやすい乾季は過ぎて酷暑期に 2015年03月08日

image

最近米、麺の類はほとんど食いませんが、アイスクリームから糖分の補給が多く、ちょっとそのアンバランスさに不安になります。

さて、いつもアイスクリーム食いに行くDQ(デイリークイーン Dairy Queen:DQNじゃないよ)には上の写真のようなメニューが。季節ものマンゴーフレイバーのアイスクリーム登場。カオニャオマムアン(マンゴーと甘く炊いたもち米を合わせたタイの昔からのデザート)よろしくアイスクリームにカオニャオが乗っているものやなんでかわからんけどチーズケーキが入ってたり、普通のソフトクリームに
マンゴーソースをかけたものも。ちなみにこの2番のもち米乗せがうまいです。

image

さらにはこちらもよく行くSwensen’sの看板では

image

やはりこちらもマンゴーアイスクリームのパフェ。もち米が付いているのは一緒。こちらのはパンダンリーフ、バイトゥーイで香りづけ、色付けしたものですな。ただSwensen’sのマンゴーアイスクリームは味がベタッとしてて個人的にDQのがおいしい。あくまで個人的に、ですが。

そうそう、4月のタイ正月であるソンクランはマンゴーの季節でもあります。このソンクランから雨季にかけてタイの魅力の一つでもあるフルーツのおいしい季節、いろんなものが出てくる季節になります。そして僕のフェイバリットのドリアンももう少ししたら。。。であります。約1年ぶりのご無沙汰なので早う食いたい。今年もまたペナン島にドリアン食いに行きたいなあ。もしくは今回はKLでドリアン食いツアーなんてのもいいかも。次の年は原産地カリマンタン島に出向くかな。バリクパパンあたりでドリアン馬鹿食い。いろいろ考えるのが楽しいっす。

フルーツなかやま ~ タイ産 マンゴー ~ 糖度13度以上 5個入
フルーツなかやま
売り上げランキング: 74,313
タイ産 ”ドリアン” 超大玉 4kg前後
くらし快援隊
売り上げランキング: 29,664

↑ アマゾンではどちらも年中売ってるっぽいですな。