タグ: Flood

テッカテカに磨き上げられたVIOSがまるでゆで卵 2014年04月29日

ff

5月の連休にカンチャナブリかカオヤイかどっか遊びに行こうかと彼女と話をしていたが、結局彼女のお母さんの体の調子が悪く、実家に戻らないといけないとのことで、僕も車を運転して同行。

まあ、実際彼女の実家に行ったはいいけど、向こうの家族は具合の悪いおかあさんの世話とか、彼女の兄弟夫婦のチビッコがバタバタうるさくて大変みたいだが、外国人の僕が入り込んで何かを手伝う隙間はない。たまに買い物の際に車を運転してあげるぐらい。

そんな中でも、彼女のお兄さんがバンコクから仕事道具持って来てるよ!とのことで5年目に突入した我が自家用車VIOSをコンパウンドとポリッシャーで磨き上げてくれた。

数年前タクシーと車線の取り合いをしてフロントのフェンダー部分を軽く接触させた時のタクシーの塗料の赤い色が少し付いていた部分とか細かい擦れ傷はぴっかぴかに。白のVIOSなんでまるで剥きたてのゆで卵みたいになってホント新品みたいになった。(小石が跳ねてフロントバンパーに当たって塗装部分を完全にえぐってしまってる部分はどうしようもなかったけど)

僕もせっかくだからとフロントガラスやバックを掃除し、ガラコ塗り塗りなんぞしてホントにぴっかぴかになった。

んで、次ぐらいに書きますが、ウボンラチャターニー県の東の果て、パーテーム国立公園に行ってきました。帰りのウボン市街。。。

photo 2

大雨&超洪水。パーテーム見て、帰りにちょうど雨が降り出し、僕らラッキーだったねと言ってるのもつかの間こんな状況に。一部水深30cmぐらいあるところを通らなければならず、車内に水が侵入して来やしないかとハラハラしてました。もちろんマフラーも水に浸かってるだろうからエンジン止めてしまったらマフラーに水が逆流してくるでしょうからとにかく早く抜けたいんだが、前を走ってる車がビビってしまって立ち往生し、大渋滞。こんなもん、そんな道に入ってしまったら走り抜けるしかないんだけどね。。ぐずぐずしてたらホントに水が入り込んできてしまう。

結局、改めて写真見てみると自分の車の走っていた車線の方は若干水深が浅かったのかもしれない。特に何も被害はなかったけど、せっかくのゆで卵が元の泥だらけに1日のうちに戻ってしまいました。。。

年一回恒例の大冠水 in アソーク 2013年10月17日

IMG_20131017_125131
↑ 立ち往生。。

17日、朝10時からの客先での打ち合わせを終えてさあオフィスに戻ろうとしたら外は雨だよ、ざんざか降りだった。しょうがないので客先のオフィスビルの一階のカフェでお茶飲みながら止むのを待っていたら止むどころか雨脚はどんどん強まり気づいたら道路が冠水していた。

IMG_20131017_114358

「あらー、これ帰れないよー」みたいな話をしているうちにもどんどん水かさが増して膝下全部浸かるぐらいまで冠水していた。そしたらちょうど同じビルで働いている知り合いの人と出会って、ぼさっとしてても始まらないので雨に濡れないで飯を食いに行けるとこがあるので行きましょうという話になった。その途中で見てみるとエライ状況。

IMG_20131017_120046

この写真なにげに凄くないかい??タクシーのフロントグリルが隠れそうな程の水位。明らかに車内に水が侵入してるよね。。。

Screen Shot 2013-10-18 at 11.43.53 PM

IMG_20131017_124638

歩道の高さも超え、バーの中にも浸水。しかし、板切れで防御したって水は防げんだろうさ。。。

IMG_20131017_122156

そんなの横目にビーフフィレステーキをどどん!うーん、タンパク質!がっつり肉。

そして肉食って出てきてもまだまだ冠水収まらず。とりあえずあまり時間を無駄にしたくないので観念して膝下を濡らしながら地下鉄まで歩きオフィスに戻りましたとさ。靴ひとつダメにしました。。。

水害対策フロート 2012年01月09日

なにげなくDACOを見ていたら変わった商品が。

洪水被害からあなたの大切な資産を守ります、か。わかりやすくフロートで浮かせちまえ!ってことですな。まあ、チャオプラヤ川のボートの発着所も同じ原理のフロート使った乗り場になっているので以外とこういう発想ってすでに街に溢れてたりするんだろうけど、なんか微妙に納得できないところが。。。

そう、これって来年も洪水が来るって前提か?!もう止めて!

屋形船:江戸前汽船-宴会・貸切も大歓迎
こちらのバンコク工場で作っている模様。

Sprinkleの飲料水配達再開 2011年12月12日

もう1年以上も飲み水はSprinkleという飲料水の宅配業者を利用していた。7-11でペットボトルの水買うコストの半額ぐらいで部屋の玄関先まで週一回届けてくれる。2人で暮らしていても5ガロン(大体19L?)のボトルが3つもありゃあ全然1週間持つ。

これがあったので洪水が始まったときも飲み水はほとんど気にしてなかったが、どうもこの会社の工場がドンムアン空港の近くにあるらしく、ドンムアンが洪水で被災した際に同じく水が来たらしい。しかし、Sprinkleはなかなかその対応がよかった。SMSのメッセージが携帯に届いて、「工場が被災しました。というわけで今週から水の配達できません。配送復旧できるようになったらまた同じくSMSでご連絡します」とのこと。まあ、困ったと言えば困ったがすぐにちゃんとこうやって連絡をくれるところがうれしい。 Continue Reading

洪水後のサハララタナコーンに行ってきた 2011年12月11日

after the flood 5
↑ このだだっぴろい空間に1m-3mの水があったって信じられます?

タイランド洪水! 2011年10月09日

二ヶ月程前にアユタヤ近く、サハララタナコーンの工業団地が水没する直前の写真を上げていたが水が引いた工業団地に今日言って来た。うちのお客さんの工場を見させてもらいに行き、コンピュータ、サーバ、ネットワークで復旧に必要なものをまとめないといけない。 Continue Reading