タグ: drive

ドイアンカーンに登る 2018年08月30日

20180830-142318-15

チェンマイの待ちから150キロほど北上し、ミャンマーとの国境に近いドイアンカーンという山に登る。ここは霧と山の緑が非常に美しいらしく山岳民族や茶畑など景色のよいところらしい。ソンテウをチャーターして行ってまいりました。

20180830-143344-18

20180830-150750-24

自分が行った8月の終わりなんかはオフシーズンでドイアンカーンに観光客なんかほとんどこないらしい。確かにすれ違う車とかもレンタカーやバスのような車はほとんど見られず、地元民のトラックぐらいの感じだった。

20180830-151817-34

20180830-151916-38

20180830-152134-55

20180830-160535-94
↑ ほとんど緑の見えないいちご農園。

何気に霧の立ち込める幽玄な感じの山道に人っ子一人いないという感じが気持ちいいし、窓を開けながら走っていると、寒いとかジメジメするとかいうような感覚はまったくなく、顔に当たるミスト感がとても気持ちよくてchill outしていきます。やっぱ観光地はオフシーズンに限りますな!

田舎で暗号通貨の調べ物して、Wikipediaに寄付して、エストニアのこと思い出して 2018年07月26日

Estonian e-residency card

イサーンの田舎での日々。といいつつもメシ食ってスマホいじりながらボサッとして適当に車の運転手になって、またメシ食って寝る、というような生活だが。

朝方メールでWikipediaから寄付のお願いメールが。まー、普段からバリバリお世話になっているのでとりあえず日本円で500円のdonationを。いつも世話になってるからそれぐらいは当然払っても問題なし。そしてまたいろいろと暗号通貨についての調べごと。調べモノしているうちにエストニアのe-residencyカードを取ろうと以前思ったまま何もしていなかったことを思い出す。そうだこのe-residencyカード取っておこう。以前見たときよりも取得の費用が上がっているみたいだし。

エストニアのe国民になれるe-residencyとは – Roamers Lifeという生き方
http://keisuke-chiba.hateblo.jp/entry/2017/08/04/175846

e-residency | 10つのメリット
http://e-residency.blogspot.com/2016/07/e-residency-01-002-what-is-benefits-using-e-residency.html

この日は一日中鼻がズルズルしてて調子が悪かった。なんか日本では全く出なかったけど、タイでだけ発生するアレルギーみたいな症状。なんだろうね?今の所、「ホコリ」か「油」か「化学調味料」のアレルギーかなーと疑っていたり。しかし化学調味料のアレルギーなら日本でも出ててもおかしくないと思うんだけど。。。安ーい居酒屋とか行くと調味料の味しかしないおつまみいっぱいだしね。

I-OデータのBlu-Rayドライブを購入したんですが。。 2016年12月11日

image
↑ 指紋は僕の指紋。

以前、「真夜中のカーボーイ」のBlue-Rayディスクを日本で購入してタイに持ち帰ったが、肝心のBlu-Rayのドライブがタイで全然売っていないので見ることができず机の奥に塩漬けにしていることを書きました。

Blu-Rayって絶滅危惧種ですか? 2016年10月06日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

日本に一時帰国する友人が居るのでAmazonでBlu-Rayドライブを
購入、友人が帰国後見事ドライブゲットしました。I-OデータのEX-BD03K
というもの。6980円。(たぶんBDの書き込みも出来るドライブだろうけど
タイで全然Blu-Rayのブランクメディアも見ないので興味なし。とりあえず
Blu-Rayの映画のメディアが再生できればいいや)

しかし、実際に届いたものを見てみるとなんだか。。。

あれ?こんな箱?

image

なんか届いたパッケージがなんともバルク品というか、非常に簡素なパッケージでびっくり。今までI-Oデータの製品ってヤマダ電機とかでしかみたことないからこんなバルクパッケージ初めて。

背面のシリアルナンバーも。。。

image

背面のシリアルナンバーも日本の製品にはなかなか見ない超簡素なステッカー。ていうか最近の日本の製品ってこんなんなの?これはパチモノを買ってしまったか??と思ったが販売元はマーケットプレースの業者ではなく、アマゾン本体だし。。。

マニュアルはしっかりしてる。。。

image

マニュアルのデザイン感とか記載は実に日本的でこのマニュアルを見ると「ああ、本物かな」とも思う。まあ一応本物のI-Oデータのドライブなんでしょうな。

というわけで簡素なパッケージですが純正でしょう。たぶん。しかし実際に「真夜中のカーボーイ」を再生してみたらMacbook 12インチではUSBの供給電源が十分でないのかドライブがうまく動作せず、そしてMacminiで使ってみると電源はだいじょうぶなものの、MacminiのCPUでは非力なのか再生動画がコマ落ちする。。。うーん。とりあえずBDのデータはまるまるHDDにコピーしてそれでもっかい見てみるかな。。。

真夜中のカーボーイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-02-05)
売り上げランキング: 8,260

Blu-Rayって絶滅危惧種ですか? 2016年10月06日

[139/366] Blu-ray

日本でふと見かけてつい何も考えずに買った「真夜中のカーボーイ Blu-Ray版」、日本の実家の近くでBlu-Rayの外付けドライブ買うかどうか迷って結局買わず、バンコクに戻ってから買えばいいやと思っていた。

ところが、近場のデパートとかショッピングモールに入っているPC系のショップを覗いても全く置いていない。確かにHDとかFullHDの映画ってわざわざ新しいハード買って、店頭でお目当のタイトルのBlu-Rayディスク探して見るってのは非効率で、オンラインのiTunes Storeとかならあるかないかは検索かけて一瞬で判明するものであります。確かにもうこれからBlu-Rayは絶滅しますと言われても不思議ではない。。

それならばと、バンコクでPCパーツ探すならパンティップかここか、というラマ9のフォーチュンシティに行ってBlu-Rayドライブを探して見るものの、これまたどこのショップも置いてない。やっと一軒置いてるところを見つけたものの価格は4,500バーツ。日本円にして13,500円ぐらい。しかもこれはSATA接続のデスクトップPC用5インチベイドライブ。近所のヤマダデンキで見かけたUSB3.0接続の薄型Blu-Rayドライブは7,000~10,000円ぐらい。。日本で買ってくりゃよかった。。。

というわけで誰か日本から来客が来る際にハンドキャリーをお願いすることにします。。なんかバンコクでドライブ買う気が失せました。。

Blu-Ray映像って見たことがないので、購入した「真夜中のカーボーイ」と「ブレードランナー」あたりをぜひ見てみたかったですが、まあしょうがない、「真夜中のカーボーイ Blu-Ray版」はそれまで塩漬けしときます。

てか、今もうアマゾンとかiTunesで映画とかストリーミングで普通に見てるからあまり感動なさそうなんだよね。多分感動するのは日本語字幕ぐらいじゃなかろうか。。長年「真夜中のカーボーイ」がフェイバリット映画なんですがまだ日本語字幕で見たことがないんよね。。

真夜中のカーボーイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-02-05)
売り上げランキング: 12,008
ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2010-04-21)
売り上げランキング: 1,728

夕暮れ時のバンプラの深い森 2016年07月02日

Deep Forest Green

チョンブリとラヨーンの県境からバンコクに戻る際にGoogle Mapのナビのご指導で迷い込んだバンプラの奥の森はとても怖かった。。時間にして18時過ぎ、もう後10分か?20分か?というぐらいで日が完全に沈みそうな夕暮れ時。

そこそこ交通量のある道路を外れて車2台がギリギリすれ違いできるか?というような道路に入る。夕暮れ時に人っ子一人歩いていない森の中、すれ違うのはたまにバイクが走って行くぐらい。こんなところに賊が出て、車の行く手を阻まれてしまったら持ち物根こそぎ剥がれてしまう。。もし車になんか不具合あって途中で止まってしまったら真っ暗闇になる。。。

この道路は不安だ。。Google Mapを見るとちゃんとこの先はチョンブリとパタヤを結ぶ7号線につながるようでたぶん問題はないはずだが不安でしかたない。。

運転中電話がかかってくるんだが、電話に出たらGoogle Mapの画面が消えてしまうのでまた道を間違い、森からの脱出が困難になると嫌なので電話にも出ず、とにかくひた走る。

日本でもそうだけど、特に海外では知らない土地の夜の道ってのは非常に怖い。人通りがまったくなく、街灯がなくて真っ暗な道はもう救いようがない。

というわけで狭いデコボコ道を爆走してなんとか7号線までは抜けたが、家に帰ってきてからGPSのトラッキングアプリ、Movesで経路を確認してみたらこんなんでした。

すべての写真-1319

ちゃんと大きな国道通ってりゃよかったよ。シラチャから東のバンプラの裏あたりは深い森が広がっておりますので、夕方から夜にかけては変な道に迷い込まないようにしましょう。めっちゃ怖い思いをします。。。