タグ: ubon ratchatani

やっぱりイマイチなThai Lion Air 2017年07月22日

Thai Lion Air (772A9979)

今回また彼女の実家に帰ってたんですが最近はバンコクーウボン間は飛行機。で、始めて今回Thai Lion AirというLCCの飛行機を押さえてみました。お昼の便で往復2人分4,600バーツ。

行きの便

行く日の前日にWeb-Check-inしとこうと思って自分の名前とブッキングナンバーを入力するも「予約が見つかりません。空港のカウンターでチェックインをお願いします」とのこと。LCCの中でも比較的マイナーなLion Air、行く前から不安感がこみ上げてきます。

チェックインカウンターでチェックインを済ますとボーディングパスに「LION FAST SERVICES」のタグが。そういえば座席の予約をする時にこの「LION FAST SERVICES」ってのが自動的に選択されてたような。。。(いつもLCCの予約する時に席だけは追加払って予約してます)

で、インターネットでどんなサービスがあるのか調べてみたら以下の5つ。

Favourite seat selection
Pick your seat at anytime. (row number 6-9)
(6−9列目でいつでも好きな席が選べるらしい)

Priority baggage
First coming check-in baggage at your destination.
(到着した空港で預入荷物が一番最初に出てくるらしい)

Priority check-in
Special row for check-in service.
(チェックインの際に特別なレーンが用意されてるらしい)

Priority boarding
First priority to be called for boarding.
(搭乗の際に一番に乗れるらしい)

VIP van
More convenience with shuttle service if your boarding flight in remote area.
(VANを出してくれるらしいがこの説明だけではわからん。。。)

ということらしい。しかしPriority Check-inとかドンムアンのチェックインカウンターで用意されてなかったような。。。注意して見てなかったからか??有料サービスでやってるならパッと見でわかるように用意しておけよと言いたいところだけど。。。

で、搭乗時間までまだ時間があったので空港内でコーヒー飲んで、ちょろっと飯食って、、、なんぞしてたら搭乗時間の5分前。そろそろ行くかと歩いていたら

「Mr. Takahiro, Please contact at the staff on gate 43」

みたいなアナウンスが流れて、こっちとしてはうっかりチケットの搭乗時間間違えててもう離陸するのかと思って走ってゲートまで行ったら

「優先して搭乗できます」

とのこと。ああ、そうかPriority Boardingね。急ぐ必要はなかったかな。。。息切らしてハアハア言いながら搭乗しました。

行きはまだ良かったけど帰りの便。。。

ウボンの空港でチェックインしたら

「本日は席が空いています。前のほうの4列目とかどうですか?」
「予約してる6列目とどう違うの??」
「・・・。」
「わかんないのならそのまま6列目でいいや。」
「2列目はどうですか?2列目とは言っても客席最前列で足元広いですよ。」
「6列目でいいです。」

で、渡されたボーディングパスは6列目のもの。搭乗時間になり、行きと同じく名前を呼ばれてボーディングパス確認。ゲートに通されてボーディングパスの半券を見たら何故か2列目のボーディングパスの半券になってました。

まあ別に2列目でもいいかと思ってたんだけど実際に座ってみると窓側で押さえてた席が通路側になってたり、最前列は足元に荷物が置けないなど(ドローンの機体は上のコンパートメントに入れずに足元に置いておきたい)、多少足元は広いものの勝手に席替えられていい気分しないので「元へ戻せ」と乗務員にリクエスト。

で、最終的に空いている4列目の窓側席へ。たぶんダブルブッキングなんだな。。。

というわけでやっぱりイマイチなThai Lion Air。次回は使うかな〜〜??ただ、このLion Fast Servicesというオプションを払ってもNok Airとかよりも断然安かったのでまた使うかもしれません。。。

ウボンラチャターニー空港 2014年09月08日

Ubon Ratchatani Airport 3

前回の彼女の実家に行った時の写真。別にどうってことない空港内ロビーの写真ですが、ローカル空港の枯れた感じが落ち着く場所です。

Ubon Ratchatani Airport 1

Ubon Ratchatani Airport 2

特に何もありません。ただ、なが~い待ち時間の間に撮った2,3枚です。ちなみに最近の写真はiPhone5Sで撮ってSnapSeedで明暗や色合い調整して上げるか、NEX-6に初代アサヒペンタックスの標準レンズTakumarの55mm f1.8のレンズで撮ってLightroomで調整して上げるかのほぼ2通り。今回のはNEX-6+Takumar。解像度もあって丸ボケが綺麗に出て柔らかいボケ方を出してくれるこのレンズが非常にお気に入りなんであります。ガンガン使っていきたいけど、当然ながらフィルム機でのレンズで55mmの画角はAPS-C機だと1.5倍の約80mm相当になってちょっとアップ気味で使いにくい。このレンズを55mmのオリジナルの画角で使えるように、それだけの理由でフルサイズ、α7かα7rが欲しいところなんですがなかなかそれだけの理由で手が出るお値段ではありませんな。。。

SONY デジタル一眼カメラ α7 ボディ ILCE-7/B
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 12,060
SONY デジタル一眼カメラ α7R ボディ ILCE-7R/B
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 73,703

Nok AirのWeb-Check inをしたらBoardingPassはiPhoneのPassbookに来た 2014年08月29日

image

先週末彼女の実家のヤソトンに行ってきましたが、しばらく彼女は実家に居るということなので車は実家に置いてけと言われました。月曜日からまた仕事なので飛行機でバンコクまで戻ることになります。ヤソトンから南東へ100km行くとウボンラチャターニーがあってそこには空港があるのでバンコクまで飛べる。


View ubon ratchatani in a larger map

今回予約したのはNok Air。ウボン21:55発ドンムアン22:55着というスケジュール。若干遅い時間帯だけどまあ勝手知ったるバンコクに戻るんだから別に遅くとも問題なし。約1500THB。んでWebからブッキングしてメールでConfirmationが送られてくる。これ以降はモバイルで扱えたほうがいいのでiPhoneにNok Airのアプリを入れてそちらにBooking Numberを登録するとiPhoneアプリ上でブッキングの詳細などが確認できる。

1日前になるとWeb Check-inしますか?と通知が来たのでとりあえずCheck-in。今回はバックパックひとつと小さなカバンだけなので預け入れ荷物もなし。Web Check-inさえしておけばCheck-inカウンターは素通りして荷物検査まで行ける。(前回のAir AsiaみたいにWeb Check-inの挙動がおかしかったり、Check-in済なのにカウンターに並んでスタンプもらえとか、結局意味無いじゃんみたいなのもたまにあったりするが)

そうしたらボーディングパスが今まで使い方すら知らなかったPassbookに配信されてきた。このPassbookに配信されたボーディングパス、細かい仕様がなかなか面白い。ボーディングパスなのでボーディングゲートの番号の記載場所があるんだが、1日前とかにチェックインした場合まだボーディングゲートが決まってないことがある。その場合はボーディングゲートの欄は空白になるんだけど、時間が経ってボーディングゲートが確定したらボーディングパスの欄もアップデートされる。

さらに搭乗の2,3時間ぐらい前からiPhoneのロック画面にもボーディングゲートの通知が表示され、そこをスワイプするとボーディングパスだけはパスコードの入力なしで表示が出来るようになっている。空港でいろいろ提示しないといけないことを想定してそういう仕様になっているんだろう。ボーディングパスはバーコードが付いていてそれをスキャンすると必要な情報は読み取れるみたいで基本ペーパーレスで大丈夫。

ただ、心配なのは田舎の空港なんかだと現場の係員がこのボーディングパスの対応方法を知らなくて時間がかかったり、結局紙のボーディングパスをCheck-inカウンターで印刷してそれを使うことになったりとPassbookの意味がなくなってしまう点なんだけど、ウボンのNok Airではちゃんと対応してくれました。ペーパーレスで無問題。

というわけで初めてのPassbook。iPhone上ではなかなか便利に表示してくれてたのと、Nok Airがちゃんとウボンの空港でも使えるように対応してくれていたことに感心。これからウボンーバンコク間はNok Airだなー。

ผาแต้ม パーテーム国立公園 その1 2014年05月01日

DSC_0966

彼女の実家に行ったついでにウボンラチャターニーのパーテーム国立公園というところに行ってきた。

彼女が中学生の頃に学校の行事かなんかで行ったことがあるらしく、カオプラヴィハーンみたいな断崖絶壁から見下ろすメコン川と古代人が描いた壁画が見られるらしいのでせっかく彼女の実家まで600km程も運転してやってきているので見に行ってみました。

じゃあ行き方を、、、と調べてみるもあんまりWebに日本語で情報ないですなー。Google MapでPhataemと検索したらちゃんとGoogle MapにPhataem National Parkとあったのでそのポイント目指してGoogle Mapで最短距離を出してもらう。それが下の緑の線で書いた道。実は彼女の実家が真ん中のUbon Ratchataniから西北へ伸びる23号線を90kmほど先に行ったところで、23号から2050号、そして2134号線となんか西へジグザグに走るような形であんまり効率的でないような。。。

skitch

そしてウボン市街から走っているとPhataemこっち、という標識はあるのだが、どうも目指している方向とは別のところに行く感じで。。。気がついたらGoogle Mapで調べた道から外れており、彼女も中学生の時の記憶を総動員して「多分こっちのほうが正しい道のような気がする。。」ということで進んでいくと実は目指していたところよりも壁画のある地点は南に数十キロ下ったところでした。


View Phataem National Park in a larger map

この北のほうにあるポイントが断崖絶壁と壁画のあるところです。Sao Chalingと名前のある場所はキノコみたいな形な岩がある場所。下のポイントは แม่น้ำสองสี 2色の川が合流する地点。ここも地味な観光名所っぽい。

というわけで結論としてPhataemに自走で行くなら赤い線で書いた217号線から2173号線に入るコースか、青い線で書いた4005号線、2222号線を行くコースのどっちかでしょう。僕は2222号線のコースで帰りましたが割と道が細かった。2134号線は通る必要ないっす。

しかし、ウボンから東側はよっぽどモノの流通がないのかいつもは3桁国道(1桁の数字の付いている国道が国の大動脈の国道で数字の桁が大きくなるほど末端の国道)で悩まされるシップロー สิบล้อ (10輪トラック、建材などを運ぶ大型トラックの事)がほとんど走っていない、乗用車、普通のピックアップトラックも走っていない。走っていてまさに「辺境」を体感する地域でした。

そしてそうやってあっちでもない、こっちでもないと言いながら辿り着いたパーテームはこんな景色が広がってました。

DSC_0959
岩石地の駐車場、乗用車だと凹凸が多すぎて動きにくい。。。しかし駐車してる車も少ないな。。。

DSC_0956
Sao Chalingの奇岩石。

DSC_0976
断崖絶壁。柵なし。こういうところは日本と違って粋でいい。しかし、超危険。落ちたら確実に死ぬ。メコン川と対岸ラオス。よくよく考えたらタイ国内からメコン川を眺めたのって初めてだった。。。

13時頃に到着したので燃えるように暑かった。。。壁画のほうは次回。

テッカテカに磨き上げられたVIOSがまるでゆで卵 2014年04月29日

ff

5月の連休にカンチャナブリかカオヤイかどっか遊びに行こうかと彼女と話をしていたが、結局彼女のお母さんの体の調子が悪く、実家に戻らないといけないとのことで、僕も車を運転して同行。

まあ、実際彼女の実家に行ったはいいけど、向こうの家族は具合の悪いおかあさんの世話とか、彼女の兄弟夫婦のチビッコがバタバタうるさくて大変みたいだが、外国人の僕が入り込んで何かを手伝う隙間はない。たまに買い物の際に車を運転してあげるぐらい。

そんな中でも、彼女のお兄さんがバンコクから仕事道具持って来てるよ!とのことで5年目に突入した我が自家用車VIOSをコンパウンドとポリッシャーで磨き上げてくれた。

数年前タクシーと車線の取り合いをしてフロントのフェンダー部分を軽く接触させた時のタクシーの塗料の赤い色が少し付いていた部分とか細かい擦れ傷はぴっかぴかに。白のVIOSなんでまるで剥きたてのゆで卵みたいになってホント新品みたいになった。(小石が跳ねてフロントバンパーに当たって塗装部分を完全にえぐってしまってる部分はどうしようもなかったけど)

僕もせっかくだからとフロントガラスやバックを掃除し、ガラコ塗り塗りなんぞしてホントにぴっかぴかになった。

んで、次ぐらいに書きますが、ウボンラチャターニー県の東の果て、パーテーム国立公園に行ってきました。帰りのウボン市街。。。

photo 2

大雨&超洪水。パーテーム見て、帰りにちょうど雨が降り出し、僕らラッキーだったねと言ってるのもつかの間こんな状況に。一部水深30cmぐらいあるところを通らなければならず、車内に水が侵入して来やしないかとハラハラしてました。もちろんマフラーも水に浸かってるだろうからエンジン止めてしまったらマフラーに水が逆流してくるでしょうからとにかく早く抜けたいんだが、前を走ってる車がビビってしまって立ち往生し、大渋滞。こんなもん、そんな道に入ってしまったら走り抜けるしかないんだけどね。。ぐずぐずしてたらホントに水が入り込んできてしまう。

結局、改めて写真見てみると自分の車の走っていた車線の方は若干水深が浅かったのかもしれない。特に何も被害はなかったけど、せっかくのゆで卵が元の泥だらけに1日のうちに戻ってしまいました。。。