image

先週末彼女の実家のヤソトンに行ってきましたが、しばらく彼女は実家に居るということなので車は実家に置いてけと言われました。月曜日からまた仕事なので飛行機でバンコクまで戻ることになります。ヤソトンから南東へ100km行くとウボンラチャターニーがあってそこには空港があるのでバンコクまで飛べる。


View ubon ratchatani in a larger map

今回予約したのはNok Air。ウボン21:55発ドンムアン22:55着というスケジュール。若干遅い時間帯だけどまあ勝手知ったるバンコクに戻るんだから別に遅くとも問題なし。約1500THB。んでWebからブッキングしてメールでConfirmationが送られてくる。これ以降はモバイルで扱えたほうがいいのでiPhoneにNok Airのアプリを入れてそちらにBooking Numberを登録するとiPhoneアプリ上でブッキングの詳細などが確認できる。

1日前になるとWeb Check-inしますか?と通知が来たのでとりあえずCheck-in。今回はバックパックひとつと小さなカバンだけなので預け入れ荷物もなし。Web Check-inさえしておけばCheck-inカウンターは素通りして荷物検査まで行ける。(前回のAir AsiaみたいにWeb Check-inの挙動がおかしかったり、Check-in済なのにカウンターに並んでスタンプもらえとか、結局意味無いじゃんみたいなのもたまにあったりするが)

そうしたらボーディングパスが今まで使い方すら知らなかったPassbookに配信されてきた。このPassbookに配信されたボーディングパス、細かい仕様がなかなか面白い。ボーディングパスなのでボーディングゲートの番号の記載場所があるんだが、1日前とかにチェックインした場合まだボーディングゲートが決まってないことがある。その場合はボーディングゲートの欄は空白になるんだけど、時間が経ってボーディングゲートが確定したらボーディングパスの欄もアップデートされる。

さらに搭乗の2,3時間ぐらい前からiPhoneのロック画面にもボーディングゲートの通知が表示され、そこをスワイプするとボーディングパスだけはパスコードの入力なしで表示が出来るようになっている。空港でいろいろ提示しないといけないことを想定してそういう仕様になっているんだろう。ボーディングパスはバーコードが付いていてそれをスキャンすると必要な情報は読み取れるみたいで基本ペーパーレスで大丈夫。

ただ、心配なのは田舎の空港なんかだと現場の係員がこのボーディングパスの対応方法を知らなくて時間がかかったり、結局紙のボーディングパスをCheck-inカウンターで印刷してそれを使うことになったりとPassbookの意味がなくなってしまう点なんだけど、ウボンのNok Airではちゃんと対応してくれました。ペーパーレスで無問題。

というわけで初めてのPassbook。iPhone上ではなかなか便利に表示してくれてたのと、Nok Airがちゃんとウボンの空港でも使えるように対応してくれていたことに感心。これからウボンーバンコク間はNok Airだなー。