パフラットのインド食材屋で「赤、ふぁ」を発見 2019年05月06日

youtubeの人気チャンネル、「今日ヤバイやつに会った」でちょくちょく屋台の料理中に出てくる四角い缶から放たれる赤い調味料、「赤、ふぁ」。


↑これで出てくる「赤いやつ」。「赤、ふぁ」ではなかったですが。。

パフラットのインド食材屋に普通に棚に並んでいた。よく見てみると”Synthetic Food Colour Preparation”と書いてある。そして”Orange Red Powder”。。着色料だったんだ。。

何かのスパイスか、化学調味料ぐらいに思ってたけど単純な色付けのための粉だったんだ。まあ、やっぱり安い屋台料理だと、化学調味料多く使って、値段の安くない材料は極力減らして作り、足らない見栄えは着色料でってことになるんだろうね。まー、やっぱり外食ってのはそんなもんかな。こういう、コスト考えると文句も言えんかな、というような添加物のことを考えてもやっぱり食事は外食より自炊がいいね。

特にインド料理は美味しいんだけど、カーボンの量が多すぎるのと、油の使用量が多すぎるので何も考えずに食ってると体壊しそう。

白米を玄米に変えたり、作り方を工夫したりして自分の求める配分の食べ物を作る必要がありますな。

というか、バンコクに住んでるのに食べてるのはインド料理ばっか。。。

山本直樹の「レッド 最終章 あさま山荘の10日間」がやっと発売 2018年08月26日

インドの滞在中にアマゾンの通知で知った。ずっと読み続けていた山本直樹「レッド」の最終巻がやっと発売されて、ホテルのWiFiでダウンロードして、街歩きで汗だくになり、部屋で休憩しているときに一気に読み切った。

連合赤軍の山岳ベースリンチ事件とあさま山荘事件をテーマにした物語で、前巻の時点から最終巻でちゃんと終われるのだろうかと心配していたがちゃんと終了した。最後のあさま山荘の部分ではyoutubeやらウェブやらである程度の情報は嫌でも入ってくるのでそれほどの驚くような展開はなかったが、今までの巻で展開されていた山岳ベースでのリンチなどは読んでいて見ているこっちも痛くなってきて読んでられない、というようなところもあったが今回はそのような描写はほとんどなかった。

最後の最後は割りかしサラッと読める感じには仕上がっておりましたが、それでもなかなかの大作。資料もそれほど多くないだろうと思われる中であれだけ漫画で緻密に描くのは大変な作業だったのではないかと思います。

レッド 最終章 あさま山荘の10日間 (イブニングコミックス)
講談社 (2018-08-23)
売り上げランキング: 449

Racerstarのレッドとブラックのブラシモーター到着 2017年03月23日

image

部屋の中で飛ばしまくったブラシモーターのドローンですが、dia6mmのモーター積んだEachine e010もdia8.5mmのモーター積んだEachine E90もモーターが正常に回転しなくなりしばしメカドック入り。

上記2機種ともRacerstarというサードパーティのモーターが割りとお安い値段で売っているのでそちらを購入して載せ替えることにしました。

Eachine e010改は特にFPVカメラを乗っけるとカメラ重量からか、全然付属してきたモーターではパワー不足で思うように飛んでくれなかったのでモーター交換で目に見えるパワーアップを期待!!

image

が、、、、実際のところまったくパワーに関しては変わらず。。。うーん。。。みんなどうやってYoutubeにあがってるようにびゅんびゅん飛ばしてるんだろう。。。

もうひとつのE90用のモーターはせっかくだから3Dプリンタでdia8.5mmモーターでTinyWhoopのようにプロペラガードの付いたマシンに出来るフレームの3Dモデルデータをプリントアウトしてそれで飛ばしてみようかと思ってます。こっちもうまくいくか不安。。。

Racerstarのブラシモーターって特段スペシャルな特性は何もなさそう。。。安いのはいいですが。。。

4X Racerstar 615 6x15mm 59000RPM Coreless Motor for Eachine E010C E010S Blade Inductrix Tiny Whoop Sale – Banggood.com

4X Racerstar 8520 8.5x20mm 53500RPM Coreless Motor Upgrade for Eachine QX80 DIY Micro FPV Quadcopter Sale – Banggood.com

Kindleで濃いマンガ三昧 2015年07月09日

Kindle 3

Kindleにて432円のまんが道24巻、愛しり(愛…しりそめし頃に… : まんが道の続編)のそれぞれを読み切りました。

長編のまんがを中途半端に読み出したために止まらなくなってちょっと後悔したが一気にこれだけ読みきりました。しかし、いわゆる「オタク」っていうマニアに対する呼称はそもそもトキワ荘人脈が相互に呼び合う際に「おたく最近忙しそうだね」なんて言い合ってるここが原点?しかし愛しりの最後の終わり方が超中途半端で消化不良気味。

というわけでウェブで見かけた「レッド 1969〜1972」も読んでみました。今のところまだ完結していないようで8巻まで。このお話は学生共産主義運動、赤軍派の山岳ベースリンチ事件やあさま山荘事件に至るまでの青春群像劇、とされているが予想通り重かった。。

当時の世相の再現はイマイチで60年代後半、70年代という空気感はそれほど感じられないものの山岳ベースでの組織の閉鎖感はひしひしと伝わる。

これ読んでて思ったけど、あんまり人間ってルール守って高潔に生きていくんだっていうような生き方はしないほうがいいね。むしろどんな環境であってもどれだけ適当に生きられるかを考えてボサーッと生きてたほうがいい。閉鎖されて、追い詰められた空間、組織の中では大儀に忠実になればなるほど生きづらくて迷走するし、冷静で利己的な人間に上手く騙されて死んでいくだけのような気がしますな。

特に日本人は行き詰まると(自分ではなく)他人に統制のとれた行動を強要しがちな気がしますな。別に特定の思想団体だけでもなく、学校でも会社でもそう。みんなでわざわざしんどい方向に向きがちですな。こういうの見てると冷静に覚めた行動を取る、すなわち「逃げる」というのが大事な気がしますな。パッと考えて「ああしんど」って事ならバカ真面目に付き合わず一目散に逃げるのが賢い選択ですな、いじめも過労死も。

しかし、「レッド 1969〜1972」読んでて思いましたが、やっぱり追い詰められた閉鎖空間は怖い。うちらの親父の世代は赤軍派、学生運動、僕らの世代はオウムと若い世代は同じような悲劇を繰り返してますな。(ちなみにわたくし、1975生まれ。)

さて、今のところ「レッド 1969〜1972」を読みきってしまい、まんが道以上に中途半端な読後感なので次をまた探しております。次はアオイホノオあたりかな。

↑ 今になって気がついた。この「最後の60日」が続編なんだ。。。わかりにくい。。。

さすがに臨時休業

いやーもう大変ですわ。
先日のバンコクの繁華街での爆弾騒ぎ、会社の目の前。前回のエントリに載せた写真、

Lumpini park and silom road

これですが、会社のベランダから撮った写真であります。写真の中央がまさに赤服と市民、警察などが対峙しているラマ4とシーロムの交差点。右下の”ZUELLIG”と書かれたビルの前の路上に爆弾が着弾してます。そして北西から南に向けて通ってる高架がBTSの線路でちょうど南側写真が途切れるあたりからBTSサラデーン駅があります。最初にこの駅に爆弾が着弾したようですな。

自分は昨日、呑みに行こうかなんて話しがありましたが、皆と話した結果、「今日あたり何かあるんじゃない?」ということでおとなしく18時になったら、このZUELLIG CENTERのビルでぼんやりコーヒー飲んでる彼女をいそいそと連れ出し、もっこりラーメンでつけ麺食って帰宅しました。そして爆弾騒ぎ。会社の同僚に連絡しあったり、Twitterで情報収集などそこそこのバタバタ。

今日は会社は臨時休業。ていうかBTSも地下鉄もシーロム周辺は閉鎖されているので結構な数の社員が出勤できない様相ですが。。。

とりあえず自宅はバンコクビジネスエリアから少し外れた静かなところなんで今のところ安全です。。。