タグ: drone

FPV Droneで大空滑空を 2018年08月09日

20180810-111103-1

またまたドローン熱が再発してきております。一応興味があるのはDJIやParrotのカメラ付き、GPSやジャイロなどの自動操縦機能てんこもりのドローンではなくFPVのレーシングドローンで下記の動画のようなフリースタイルのアクロバット飛行をやりたいのであります。

一応去年買ったドローンレーサーがよく使っているTaranis Plus X9DというプロポとFPVゴーグルはまだちゃんと持ってるので改めて1台購入しようかな。

とはいえまだまだ初心者なのでこういうTiny Whoopという家の中で練習できるようなミニドローンを買いたい。バンコクならここで買える模様。

UDShobby ของเล่น ฮอบังคับ เฮลิคอปเตอร์บังคับ เครื่องบินบังคับ รถบังคับ – หน้าหลัก | Facebook
https://www.facebook.com/UDSHOBBY/

とりあえずはMacにFPV Freeriderというシミュレーションゲームを入れて練習中。Taranis PlusのプロポをUSBでつないで実際のプロポで練習できるのがこのFPV Freeriderのいいところです。高所から垂直落下するFreefallを実機でやってみたい。。。

Racerstarのレッドとブラックのブラシモーター到着 2017年03月23日

image

部屋の中で飛ばしまくったブラシモーターのドローンですが、dia6mmのモーター積んだEachine e010もdia8.5mmのモーター積んだEachine E90もモーターが正常に回転しなくなりしばしメカドック入り。

上記2機種ともRacerstarというサードパーティのモーターが割りとお安い値段で売っているのでそちらを購入して載せ替えることにしました。

Eachine e010改は特にFPVカメラを乗っけるとカメラ重量からか、全然付属してきたモーターではパワー不足で思うように飛んでくれなかったのでモーター交換で目に見えるパワーアップを期待!!

image

が、、、、実際のところまったくパワーに関しては変わらず。。。うーん。。。みんなどうやってYoutubeにあがってるようにびゅんびゅん飛ばしてるんだろう。。。

もうひとつのE90用のモーターはせっかくだから3Dプリンタでdia8.5mmモーターでTinyWhoopのようにプロペラガードの付いたマシンに出来るフレームの3Dモデルデータをプリントアウトしてそれで飛ばしてみようかと思ってます。こっちもうまくいくか不安。。。

Racerstarのブラシモーターって特段スペシャルな特性は何もなさそう。。。安いのはいいですが。。。

4X Racerstar 615 6x15mm 59000RPM Coreless Motor for Eachine E010C E010S Blade Inductrix Tiny Whoop Sale – Banggood.com

4X Racerstar 8520 8.5x20mm 53500RPM Coreless Motor Upgrade for Eachine QX80 DIY Micro FPV Quadcopter Sale – Banggood.com

消耗品のドローンのプロペラ10セット到着 2017年03月05日

image

またまた中国のオンラインショップサイトBang goodからドローンのプロペラ5045(プロペラ長50mmのピッチ45度ということらしい)がCW、CCWともに10個ずつ届きました。ちなみになんで3枚羽を使わず2枚羽なのかと申しますと(Mr. Steeleなどは3枚羽使用)、単純に10枚とか20枚のストックになると嵩張るから一番嵩のない2枚羽がよい、という単純な理由。さあプロペラ大量!というわけでこれで何回もクラッシュしてもプロペラが尽きて練習できないなんてことはなくなると思います。

一番最初はZMR250というホイールベース250mmのフレームで組んだドローン初号機でしたが、使っていたネジがバカになってしまったので壊さないと分解出来ないという状況になる前にRealaccというメーカーのZR210というフレームを購入して載せ替えました。モーターも(たぶん)砂でやられて2個交換済み、VTXのアンテナも2回もげてVTXのボード直付けから間にケーブルかませるよう変更中、などなど墜落回数だけ修理項目が出来ます。

あとはVTXアンテナだけ届けばフルにセットアップして、改めてこの超パワフルなモーターでFPVでドローンを飛ばすことが出来ます。ここしばらくはこのZR210がメカドック入りしてるのでマイクロクアッドなドローンで楽しんでますがさすがに時間があいてこのパワフルマシンを飛ばしたくなってきました。

しかしラヨーン仕事も落ち着いてしまったので改めて自由に飛ばせる広い場所をバンコク郊外あたりに確保する必要がありますな。。。こういう趣味を持つと都会は不便だ。。。

3Mの超強力VHB両面テープがホンマに超強力 2017年03月02日

Placing the Audio Exciters

ドローンのパーツをネジ止めできない時に、フレームに両面テープで固定するためにバンコクのセントラルデパート内にあるB2Sという文具屋で3MのVHB強力両面テープを購入。3MのこのVHBというやつが強力でいいとどこかのウェブに書いてあったので何気なく購入してみたら、これがホントに超強力。

ドローンの部品なんかは小さくて接地面も小さいからまだ剥がすことは可能ですが、多分 5cm x 5cm とかのきれいな平面どうしを貼り合わせると、剥がすのは困難を極めます。

ドローンでもカメラの基板の端をフレームと接着とか、接地面積が極端に少ないのにクラッシュしても全然カメラが飛んでいかない。恐ろしい接着能力です。ドローンに限らずDIY系の作業が大好きな方は手元にひとつ置いておくと何かと重宝すること間違いなしな両面テープですな。

Tiny WhoopのコピーもんEachine E010改 が到着 2017年02月28日

image

前回書きましたTiny Whoop、改めて調べてみると前に紹介したJJRCのH36もTiny Whoopの土台になるマシンInductrixのコピーなんだけど、同じく一応中華メーカーのEachineがトイドローンとしてE010というおもちゃプロポのついたTiny Whoopを出していました。それにF3 CPUのフライトコントローラとfrskyの受信機が一緒になったボードと、5.8GHz帯のFPVカメラをセットにしたキットが売っていてそれをまたまた購入してしまったというお話。

image

完成品ドローンはタイの場合輸入規制があるが、半完成品やパーツのみの輸入だと問題ないはずと見込んで注文したら案の定なんのお咎めもなく届いた。組み立ては半田付け作業があるもののモーターのケーブルもソケットがあるので簡単簡単。

image

ただしこのボード、いつもならfskyの受信機ならだいたいBindにはボタンが付いていて非常に簡単なんだが、こいつはBindピンをショートしてバッテリに繋がないといけない。非常に小さいピンでなかなか旨くいかなかったので半田付けして短絡させた。ここはちょっとめんどくさい。

image
↑ これまた超小さいフライトコントローラ。これでF3EVOです。

後、カメラもマウントするのを前提にフレームが組んであったりしてないのでスポンジ(カメラの箱に入っていた緩衝材のスポンジがちょうどよかった)や両面テープ、輪ゴムでうまくマウントする必要がある。

しかしこのFPVユニット、カメラと送信機とアンテナの一体型なんだけど200mWも出力がある。一応25/50/200と出力を段階的に選べるようになってるけど、普通とりあえずは最大の出力で設定しておきますわな。

で、組み上げてすぐに完成したんですが、飛ぶことは飛ぶが全然パワーが足りない。

image
↑ プロペラは指の第一関節1.5個ぶんぐらい。

標準の機体からカメラとVTXの一体型ユニットが追加になってるので若干パワーが落ちるかなと思っていたがかなりパワーが落ちる印象。

YouTubeの動画でTiny Whoopで遊んでる動画を見てみるともっとパワフルなんだが。。。

うーん、作って飛ばしてもなんだか不完全燃焼。。。これからパワー不足トラブルシュートかな。

Eachine E010 Frame Beecore F3 Flight Controller Chaoli 615 59000RPM Motor TX03 72CH VTX Camera Set Sale – Banggood.com