タグ: grill

日本に帰ってきての鮎! 2017年09月17日

image

大阪に戻ってきて鮎を食わせてもらいました。いやー、やっぱ鮎はうまいねー。鮎の焼いたのとカボスの優しい味の組み合わせがタイにはまったくないものだわ。

これ食って英気を養い、東京に移動するのじゃ。そしてこの晩また飲みすぎて東京移動はガンガンの二日酔いでしたとさ。

Chester’s Grill の ไก่ย่างสะเต๊ะ ガイヤーンサテを食ってきた 2016年03月30日

IMG_20160401_131115

本日昼飯に外へ出て「KFCでも食うかー」と思って立ち寄ると激混みで、見るからに店員があたふたしていて、「これは受け取るまでにかなり時間掛かりそうだなあ」と言うことでKFCは除外され、人のまばらなChester’s Grillへ。

「そういやChester’sはまた何か奇妙なメニュー出してたっけか」

と思って前回このブログにも書いた ไก่ย่างสะเต๊ะ ガイヤーンサテ を注文してみた。

IMG_20160318_193147

で、出てきたのが上の写真だがチキンの肉の色が全然広告のと違うじゃん?!って感じなんですが食ってみると「あ、まあ確かにサテの味かな」。広告では微妙な描き方で何のタレだかわからず、「多分ナムチムガイ(いわゆるスイートチリソース)かな?」と思っていたがサテを頼むと一緒に出てくるピーナッツソースだった。ただ色などを見ると明らかに自然な色ではなく着色料バリバリと言った風情。

まずくもないんだが、かと言ってまた食いたくもならない見た目も味も微妙な ไก่ย่างสะเต๊ะ ガイヤーンサテでありました。次はないなあ。。。

簡単で旨い自炊飯 ホイル焼き 2015年05月01日

鮭としめじともやしのホイル焼き
“鮭としめじともやしのホイル焼き by ひぃ, on Flickr”

先日、ふと気が向いてKFCでチキンが食いたくなった。炭水化物でなくタンパク質だからまあいいかと思ったら骨なしチキンのCrispy Stripの6本セットがあってそれを食った。そしたらなんか簡単にファーストフード化調指向に傾いてしまって、次の日もまた食いたくなった。

あ、このまま中途半端にしてたらまたファーストフードばっか食うようになるなと思って、がっつり食った。腹一杯になるまで。そしたらその日の晩にゲップするたびにKFCの臭いで吐きそうになり。嫌になってまたいつもの食生活に戻りました。

最近はこんな行動も稀になり、ファーストフードも外食もそれほどしなくなった。自炊率がかなり上がり、いろいろとマンネリ化しないように考えて作っているが、そんな中でこれはアタリだという自炊向け料理が上記の写真にあるように、

ホイル焼き – Wikipedia

これ、簡単で、かなり自然食に近く、めちゃくちゃうまい。Wikiに書いてあるように難しいことは何もなく、適当な野菜を適当な大きさに切って、僕の場合は鶏の胸肉を一人一枚分、厚いので切込を入れながらひいてトマトやら玉ねぎやらしめじやらを入れて黒胡椒を挽いて入れて、シーイウカーオ(タイなのでこれが醤油代わり)をちょっと多めにふりかけて下ごしえ完了。ホイルを適当に包みます。

フライパンにホイル焼きを置いて、水をホイル焼きの中に入らないぐらいの量で入れて焦げないように中火ぐらい(うちはIHだけど)で生焼けにならんよう20分強の蒸し焼き。途中水が全部蒸発してしまうので焦げないように注意。水を足しながらの20分。

これだけで、化学調味料をほとんど使わず(残念ながらタイのシーイウカーオは化学調味料が入っているので全く使わず、というところまではいかない)に優しい味でコクのあるホイル焼きができる。蒸し焼きなので多少加熱の時間が長すぎてもそれほど鶏肉がパサパサにはならないので火加減がわからなくても失敗が少ない。

多分、上記に唐辛子とマナオ(タイのライム)を入れるとトムヤムよりのホイル焼き、もしくは、シーイウカーオをかけるのではなくタイのレッドカレーやグリーンカレーのスープをかければタイカレー式ホイル焼きもできるはず。普通のホイル焼きは何回か作ってて安定してきてるので次回はこのへんのタイ式ホイル焼きでも作ってみます。