タグ: 塩

バナナに塩 2018年11月21日

IMG_20181126_211910

ベジタリアン復帰して、とある日の晩飯。

時間もなかったのでサラダ菜にアボカドとバナナのぶつ切り、そしてドレッシングも切れていたので塩コショウのみで食べた。バナナに塩というはじめての味を体験したが以外とイケるもんです。

菜食復帰してから、食欲は普通にあるものの晩飯などはこの程度の食事で不満もなく、途中で腹がへることもなくかなり順調。

体重も今年最軽量を更新中。今年の頭から見て-5kgまで到達しております。菜食になってからは炭水化物摂っても減量していきます。個人的には肉食と炭水化物が良くない組み合わせと認定しております。。。

ココナッツミルクを飲む 2018年11月05日

Benefits of Coconut Milk For Healthy Hair

最近またまた菜食づいて来まして、ほとんどお肉の類、乳製品、卵を食わなくなってきております。で、飲み物も断酒傾向にありまして、飲んでいるのは水かコーヒーか、豆乳かココナッツミルクです。なにげにココナッツミルクドリンクが美味しかったのでここに書いておきます。

と言っても非常に単純。グラスにココナッツミルク入れて冷水で割ります。もとのココナッツミルクの濃さにもよりますが、ココナッツミルク:水で4:1ぐらいにして岩塩などの塩を入れます。量としては「ちょっと塩味をかんじるかな~?」というぐらいで。

ココナッツミルクを使うタイのお菓子ってだいたいうっすらと塩味があってそれが非常にココナッツミルクとマッチしてて味が深くなる。これを飲む用のココナッツミルクにも入れてみたらどうなるかと考えてやってみたら結構おいしかった。

しかしながら、家の彼女に聞くと「パック入ののココナッツミルクなんかまずくて飲んでられない」と言う。田舎のほうで自分で熟れたココナッツを取ってきてゴリゴリと胚乳を削いで自分で作るココナッツミルクは数段うまいという。

なので次回イサーンに行ったときはココナッツミルク作りにチャレンジですな。

葛西/西葛西のインド飯、レカ 2018年06月06日

すべての写真-4945

葛西にある南インド飯屋、レカに行って参りました。普段は新宿以西の中央線沿線をウロウロしてることが多いが、東京を去る前に葛西/西葛西リトルインディアのインド飯屋を体験しておこうと東西線に乗って行って参りました。

お店は平日昼過ぎに行ったら閉まってるのかと思うほど静かでした。店内はインド食材も置いていて自炊する人には便利でしょう。食材のブランド名はあまり新大久保などで見ないもので、西葛西のインド食材輸入業者のものなんだろうか?

すべての写真-4940

すべての写真-4941

注文したのはセット大で、チャパティ二枚とライス、ダールとサグのカレー二種プラスサラダという内容。うーん、肉のカレーはわかんないけどベジのプレートという点では中野の南インドダイニングやケララバワンのある高円寺界隈からはわざわざ行くほどではないかな?という感じでした。

すべての写真-4943

しかしながらソルトラッシーが注文できて、塩が入ってるだけでなくて、スパイスまでしっかり入ったふとーい味の甘くないラッシーが飲める、ちゃんとしたATTA(全粒粉)を使ったチャパティが食えるのはいいです。日本ではチャパティと言ってもナンを作るときと一緒で精製した小麦粉のチャパティを出す店も多いが、やはりATTAの方がインド料理には合いますな。

またまたSteak Arno’s Butcher And Eateryでビーフイーティング 2017年07月08日

Steak Arno’s Butcher And Eatery in Bangkok

またまたステーキが食べたくなり、自宅近くのSteak Arno’s Butcher And Eateryに出向いて一人で400gほどのステーキを平らげて来ました。

前回はヒレ肉みたいにほとんど脂肪のない肉を食いましたが今回はそれと比べると若干脂肪の多い部位。「Arno Recommended Beef」みたいな札がかかってたからどこの部位かはよくわからない。しかも焼き方を注文するのも忘れてしまった。でもちゃんとミディアムからちょっとレアよりぐらいの焼き加減にしてくれてたのでちょうど好みの加減だった。

ドライエージングということなのでお肉の中の水分は少ない目の感じ。そして味付けも最低限の塩と胡椒ぐらいしか振ってないと思われる。そのままでは塩気が薄いのでテーブルに置いてあるソルトを振ってガシガシ食べる。水分は少なめなものの、肉の味は口に入れた瞬間からほわーっと広がって来るのでうまい。ここの肉は完全な赤身よりも多少脂入ったところのほうがおいしいかな。肉に余計な味がついてないのが非常にいいです。肉の香りと肉の味をしっかり楽しめる。Sizzlerのステーキなんか肉に振ってある化調とこれまた化調たっぷりのステーキソースで肉の味なんか何も感じない。

お値段も牛ステーキ400gとシーザーサラダ、水で980バーツぐらい。これぐらいの値段ならSizzlerともそれほど変わらない?若干高いぐらいか?

ステーキ食うなら圧倒的にこっちを選びます。Sizzlerはサラダバー食いに行けばいいのですわ。

↑ 場所はこちら。ナラティワート通りのソイです。

ちなみに帰りがけに入り口の給仕のお姉ちゃんに聞きましたが、昼間は予約なしでも大丈夫だけど、今でもやっぱり晩飯の時間帯は毎日満員らしくて要予約らしいです。。。