タグ: フェンダー

Fenderのデジタルモデリングアンプ GT100まで買ってしまう 2020年05月02日

IMG_20200504_150204
↑ やはり100W、12”スピーカー搭載のコンボアンプはでかい。。

うーん、いろいろと考えがめぐって、Laneyのミニアンプ(実は未だにこのミニアンプの出音が一番スキだったりする)→ Orange Crush 20 とトランジスタアンプを買ってみたがどうにもしっくり来ない。

連休が続く&コロナ騒ぎで外出自制(もともと出不精ではあるが)もあって考える時間だけは豊富。やっぱりちゃんとした音を出すにはチューブアンプか? → いややっぱりチューブアンプは重い&小さいチューブアンプを買ったところでやっぱり満足できる音が出ないんじゃない? → 2010年代のスマホテクノロジー革命を経てやっぱりこれからはギターアンプもデジタルやろ!

ということで。。。

IMG_20200504_152829

どーん。100Wのコンボタイプのデジタルアンプ、Fender Mustang GT100を買う。しかし、普通にLazadaでも値引き交渉が通じるとは思ってなかった。ものは試しに、お店に在庫確認したあとで、「もうちょっと安くして」と聞いてみたらディスカウントしてくれた。すぐに話しをしていたチャットに値引きした値段で商品リンクを張ってくれて、そこを踏んで注文。価格は16,000THBでした。

IMG_20200506_075940

Orangeの20Wと比べてもでかい。たぶんDelux Reverbと同じぐらいのデカさはあるんじゃないか?それでもDelux Reverbと比べたら重さは半分以下らしい。

デジタルモデリングでFenderの50年代、60年代それぞれのTwin ReverbやDelux Reverb、などさすが本家なので細かくいろんなモデルのモデリングパターンがある。

こーんなにある。実際使ってみると、「うーん、やっぱりデジタルはそれなりかなあ」と思ったものの、しっかりボリュームを上げて弾いてみたり、ゲインを上げてみたり、ギター本体側のトーンやボリュームを絞るとだいぶ雰囲気の出てくるパターンもあってなかなかおもしろい。スピーカーは12″のCeletionのやつを積んでいる。57年のDeluxなど個人的には結構面白い音してると思う。アンプモデリングはそれなりにいいんだけどReverbのデジタルエフェクトの出来は「うーん、、、」という感じかな。

しかし、100Wのアンプ買って部屋の中で小さい音量でずっとちまちま弾いてるのは逆にストレスが溜まるな。早くどっかスタジオに持ってって豪快な音量で弾きたいもんですわ。

Fenderのソフトケース 2020年04月21日

2020-04-26_10-28-55

Lazadaで購入。実は二個目。

550バーツで、なかなかしっかりした造りでクッション性もよく、よくあるペラペラのソフトケースではない。再度ポケットも自分の持っているBOSSのGT1というマルチエフェクタがすっきり入る大きさ。

基本この季節は酷暑の期間なのでエアコンを入れているが、それでも空気の入れ替えなどに1日数時間は窓開けるんだけど、バンコクは埃っぽくてすぐホコリの層がプリンタやテレビの天面にたまる。ギターもちょっと置くとホコリがたまっていたので気にしないでいいように弾かない時はギタースタンドに立てかけるのではなく、ソフトケースに入れている。(ファスナー開けるだけですぐ取り出せるようにして置いている)

まあFenderというロゴ入りだけど金額的に考えてパチモノかな。それでも基本的な機能が充分なのでこれで満足。

Fender Soft Case Guitar กระเป๋าซอฟเคสกีตาร์ไฟฟ้า – สีดำ | Lazada.co.th

エレキギターの接点掃除 2020年04月12日

IMG_20200330_195418

2018年に購入したoffset mustangの電気部品の接点掃除。劇的にガリとノイズが減った。ちょっとしたことだけどすごい大事なのね。しかし新しく買ったJackson King Vのノイズが酷い。シングルコイルよりもノイズが多いってどういうこと?

King Vも同様に接点掃除してみたがノイズは収まらない。。まあ、音もあまり気に入らないのでそのうちサーキットまるごと入れ替えしようかな。

どうもネットで調べていると、電気部品のはんだ付けが甘いらしく、買った人が自分ではんだ付けし直したらまともになったという記事も。今度やってみるか。


↑ 接点復活にはこれが最高。

限りなくDuo Sonicに近いMustangを買ってしまった 2018年10月31日

すべての写真-7538

フェンジャパのストラトは音は100点満点に気に入っているのだが、一点だけ気に入らないところがあった。それがギターの重さ。自宅のソファーに座って弾いているときでも微妙に肩が凝るのです。んで前々からもうちょっと軽くて頃合いのギターはないかのう。。と探してはいたんですが、ついつい魔が差してFender MexicoのOffset Mustangを買ってしまいました。

このFenderのOffsetシリーズはFender Mexico製でFender製のギターの中でも一番安く、ラインナップはDuo SonicとMustangなのでミディアムスケールとコンパクトなボディで非常に軽い。扱いやすい。音はストラトには少々魅力が及ばないがFenderのシングルピックアップだし、今まで自分の人生の中で一度も持ったことのないメイプルフィンガーボード。このへんにちょっと惹かれて、試奏しているうちに買ってしまった。19300バーツだったかな。

ムスタングとはいえ、あのやっかいなトレモロユニットも付いていないし、ピックアップのセレクターもフロントリアに別れたあのムスタング独特のセレクターでもない。ムスタングという名前だが、ピックガードの形状だけがムスタングでそれ以外は実質Duo Sonicだと考えるほうが腑に落ちるギターであります。

ボディが軽い分かリアピックアップだけの音はかなり軽く、シャリンシャリンした音になるのでデュアルか、フロントピックアップで弾くのがちょうど気持ちのいい音になります。

やっぱ新品のギターのフィンがボードはスムーズで非常に弾きやすい。しばらくこっちを楽しみます。

すべての写真-7518

すべての写真-7524

すべての写真-7522

フェンジャパストラトのフレット磨き 2018年10月30日

すべての写真-7568

自宅近くのいきつけのスーパーの建物の地下にHome Proというタイのホームセンターみたいなお店が出来ていたので研磨剤を見つけて購入してきました。上の写真のやつで85バーツ。

これで何をやるかというと表題のとおりではございますが、数年間放置していたFender Japan製のストラトキャスターのフレット磨きをやります。放置しすぎていて金属パーツがくすんでいるというよりも黒ずんでいるので一気に21フレットがんばって磨こうという魂胆であります。

3Dプリンタを触っていたときの名残でマスキングテープ自体は山ほど家に転がっているのでマスキングテープで指板の部分を隠してフレットだけ露出させて研磨剤を付けて、古いタオルでゴシゴシと磨くとそれほど時間をかけずともすぐにきれいになっていく!以前研磨剤がなくてしょうがなく歯磨き粉で磨いたことがあるが、そのときはなかなかきれいにはならなかった。さすが研磨剤。

小一時間足らずで21フレット全部ピカピカになりました。

が、他の金属パーツがまだサビサビだったり、くすんでたりするんだよなあ。。。でもネジとかピックアップのポールピースとかは磨きようがないしなあ。どうしよ。。。

ピカールネリ 250G
ピカールネリ 250G

posted with amazlet at 18.11.18
日本磨料工業
売り上げランキング: 4,825

↑ 日本だとみんなこのピカールを使ってるみたいですな。