タグ: train

チェンナイでタイのNon-Bビザ取得を試みるも不可 2018年08月20日

20180820-095731-2

私用のインド旅行ですが、ついでにチェンナイで次の仕事のBビザを取得して帰ってこれたら一石二鳥じゃん、と考えて会社からビザ申請用のドキュメントを預かって月曜日の朝イチでビザ発給センターに向かった。次の会社でもチェンナイでのBビザ取得は実績がないが、トライしてみるなら書類は用意すると言ってくれた。なのでドキュメント抱えてチェンナイのタイ領事館に出向くも守衛のおっちゃんにビザはここでは受け付けてないと言われてビザ発給センターに向かう。入り口からインド人が長蛇の列を作っていて不安この上ない。

まず入り口では役所らしい偉そうなオバちゃんがビルに入るにはPCなどは持ち込めないのでロッカーサービスに預けて来いというので預けに行くとなんとロッカーサービスは1時間で100ルピーとのこと。ロッカーもなくただ単に係の人間がカウンター内にバックパックを置いておくだけで1時間100ルピー。超ボッタクリのサービスが役所らしさ爆発。

100ルピーを払って荷物を預け、再度入り口の金属探知機のゲートのキューを待つ。横入りしてくるインド人を押しのけ押しのけなんとかビルに入るも、タイのビザ申請は取りに来る人が少ないのか、中の人に聞いても2度も間違った場所を案内され時間を浪費する。そしてやっと「タイのビザ申請はココか?」「YES」と言ってもらえるも、「Bビザの申請に来ました」というとけんもほろろに「ここはインド人以外のビザ申請は受け付けていない」とのこと。せっかくここまで来たのでいろいろと食い下がって質問してみるもやはりインド人以外は受付ないとのこと。うーん、失敗か。。。おとなしくインドから帰国した後ビエンチャンかどっかで取得することにします。。。

さて、少なくとも半日、場合によっては一日仕事かと覚悟していた作業が早くもなくなったので、そのまま街歩き結構。朝10時ぐらいのチェンナイは容赦ない暑さとなっておりました。

20180820-100713-5

20180820-101034-6

そこからオートリキシャに乗って、これまた事前にyoutubeで調べておいたチェンナイのスタジアム横のベジミールス屋に向かうも時間が早かったのか準備中。しかたなくすぐそばのティファン屋(軽食)でサモサ、パコラとホットチャイで充電してさらにチェンナイの電車に乗ってみる。

これがまたすごい駅で、まさに「廃墟じゃん」と口からポロッと言葉出てくるぐらいのビジュアルでした。。しかも真っ暗でどこでチケットが売っているかわからない。普通にさまよってたら改札もゲートもなくそのままホームに出てしまった。完全にノーチェックの鉄道運営です。

20180820-102007-9

20180820-103027-14

なのでホームに居る駅員に聞いてチケット売り場を確認するともと来た場所のすぐ横だったらしい。暗くてまったく気づかなかった。一回乗車一律5ルピーのチケットを買って電車に乗る。廃墟の駅だが電車はそれなりに10分おきぐらいに来てるようでした。

20180820-103158-15

20180820-104426-20

20180820-110518-25

そこからずっと電車に乗ってネットで見たマイクロソフトのオフィスがある新市街へ。ズズ黒いインドの街が川を渡ると徐々に開けてきて豪華なオフィスビルが見えてくる。新市街は遠目に見ると非常にきれいで同じチェンナイかと思ってしまうが近くまで行ってよく見るとオフィスビル以外には道路しかなく、どこかで飯食ったり、コーヒー飲んで休憩するようなところはまったくなく、手持ち無沙汰だったので早々にまたオートリキシャに乗ってフェニックスモールというインドで一番ナウなショッピングモールに向かう。フェニックスはタイのセントラルみたいにインドの各都市に展開してるハイブランドショップがいっぱい入ってるショッピングモール。

20180820-121015-8

汗が噴き出してくるので地下のスターバックスに避難。月曜の午前中だからか、休みなのかと思うほどスターバックスには人が入っていない。貸し切りスタバで汗がひくまでゆっくりして中を歩いてみるもそれほどおもしろいものもなし。スマホやデジタルガジェットは品揃え的にはタイとあまり大差なし。ただし、タイと違ってインドにはアマゾンがしっかりと進出してるのでKindleやEchoなども普通に売っていていいなあと思う。

20180820-113724-34

そのままホテルに戻って休んでもよかったがどうせなら、とさらにチェンマイで人気のショッピングモールであるExpress Avenueにも向かう。なぜかExpress Avenueのスタバは大盛況。インド人の若いかわいいお姉ちゃんが黙っていてもスターバックスインディアの無料会員カードを作ってくれたがそのカードの柄が非常にアジアンチックでかわいいセンスのいいものでした。

20180820-141743-25

20180820-142134-26

20180820-145647-28

そしてまたオートリキシャでホテルに戻って晩までグダグダし、晩飯にまたポンディ・バザールに出て昨日食い損ねたShri Balaajee Bhavanで晩飯。またベジ・ビリヤニ。

20180820-204220-7

今日は盛り沢山でした。汗かいて疲れて寝ました。。。

新型のネックピローを購入 2018年05月13日

IMG_0396

5月のバンコクへの帰省に備えて知り合いから教えてもらったちょっと新型のネックピローを買ってみました。

今までの首の周りをぐるっと囲む便座みたいなピローではなくこのネックピローは魚の骨みたいなプラスチックのフレームがちょうど鎖骨と顎骨の間に入るように設置されていて、ちょうどウトウトする時に首が舟を漕ぐ方向をしっかりサポートするように出来ている。

下記のアマゾンのリンクの先に色々とメリットが書かれていていて、結構ホントに使いやすいんだけど、唯一不満なのは「軽量で小型」と書かれているが、やはりそれなりにカバンの中ではかさばってしまう点だけなんとかして欲しい感じだ。

フレームの部分は折りたたむことが出来ないため、空気入れて膨らますタイプのネックピローと比べれば確実にかさばる。フレームを折りたたみ出来るように作っておけばかさばるというデメリットはかなり潰すことができると思うのでそこだけ解消すれば旧式のネックピローを使うことはないかと思います。。。

まあ、お安いのでとりあえず試してみるのもいいかとは思いますが。。。。

中央線の急停止 2017年12月26日

tokyo train

年末のとある日に出勤で中央線の満員電車に乗っていると、もうすぐ新宿、というところで急ブレーキがかかった。

これがかなりの急ブレーキで、つり革も持たず車両の真ん中あたりに立っていた自分は慣性の法則と周りの人間が押し寄せてくる力で5mほど前方に移動した。これがまたかなりキツくてコケないようにするのが必死だったが、すぐ後ろで

「ビターン!!!」

という音がした。女性が真っ正面から地面に突っ伏してコケていた。可哀想に。。その女性も数秒は動かなかったが、周りの人に助けられてなんとか立ち上がっていた。鼻血は出てなかったのでよかったね。

しかしJRの電車はすごい。いろんな日本のムリがJRに凝縮されているような気がしますな。はっきり言って新宿駅なんか利用客の数が駅の設計のキャパを完全に超えていると思う。ホームに並ぶ人を避けて歩く客が走る電車に接触してしまうなんてのもあの光景をみてると納得してしまう。今回の急停止も新宿駅ホームで緊急停止ボタンが押されたからだという。

とりあえず新宿駅はもっともっとホームを拡張して欲しいなあ。。。

日本に帰って来て改めての違和感 2017年09月16日

Rush Hour

非常にしょうもない、日本に帰って来て改めての違和感なんですが。。。

「電車やバスの車内で携帯で通話するのがそんなにいかん事なのか??」

車内の通話がそんなにうるさいかねー?確かに遠慮なくアホみたいに下品に話してる輩も居るけどそういう人間はちょっと、、、だけど普通に話するぐらいは何も問題ないと思うけどねー。

11年ぶりの日本での生活なんで浦島太郎状態で、しばらくはこういうバンコクとの落差に違和感ばかり感じてる生活になるんでしょうなー。

電車と汽車は違うのだ!と説教を食らう 2013年04月19日

_MG_3366
“_MG_3366” photo by PlaYWhYzA

・ちょっとお勉強

基礎的なことですが、タイ語でいわゆる

電車は รถไฟฟ้า ロットファイファー
汽車・火車は รถไฟ ロットファイ

これはそもそも

車 รถ ロット
電気 ไฟฟ้า ファイファー
火 ไฟ ファイ

のそれぞれの組み合わせから来ている。

・彼女が地下鉄の話題を振ってきて

「私は昨日、地下鉄(รถไฟฟ้า ロットファイファー)でどこの駅からどこの駅まで行って、うんぬんかんぬん。。。」

適当に聞き流してたら

「สถานีรถไฟ はちょっと汚いね。それにちょっと歩きにくい。」

なんて言ってるから

「あ?どこの駅?もうちょっとちゃんと他の人にわかるようにしゃべりなよ。」

と言ったところ、思い切り怒られまして、

「ちゃんと สถานีรถไฟ (サターニーロットファイ)って言ってるじゃない!地下鉄の駅の中で รถไฟ(ロットファイ)の駅はひとつしかない!フアランポーンだ!」

というではありませんか。ああ、確かにそうだ、適当に聞き流してたけど、สถานีรถไฟฟ้า (電車駅)とは言ってなかったので汽車?火車?の駅だ。そうなると国鉄駅フアランポーンか。

昭和50年生まれの僕でも街中で電車以外の汽車なんぞは走ってるのをほとんど見たことはなく、列車といえば100%電車だと思い込んでいたが、こちらはタイランド、まだまだバンコクのど真ん中の線路をディーゼル車が走っているので、結構ちゃんとタイ人は汽車・火車と電車を言葉で使い分けてるのかもしれない。

当然のことながら環境変われば言葉のひとつひとつの単語に対する意味や認識も異なってくるので、いくら適当なこと言ってやがるなあと思っても聞き流さずやっぱりちゃんと聞いてやることが重要ですな。

と書いてたら思い出した!バンスーの駅も地下鉄と国鉄両方あるぞ!やっぱりあの説明じゃどっちの駅のことかわからないじゃないか!