タグ: Tourism

超ミックスカルチャー、ペナン島 2014年06月13日

duri

6月の13日の午後から14日、15日とペナン島にドリアン食いまくりツアーに行ってきました。ちょうどこの時期、ペナン島はドリアンの収穫がピークらしく街の至るところで屋台のドリアン売りが出て、特にペナンの山の南側部分のBalik Pulauというエリアは森のほとんどがドリアンプラントらしく、どこでもドリアンが食えるぐらいドリアンが溢れまくっているらしい。そして観光客向けにも山の中腹でドリアンフェスティバルという催し物を開催してアピールしているらしい。

ここ最近ダイエットと酒を止めて食い物の嗜好が変わり、フルーツなどもよく食うようになったが、その中で一番ハマったのがドリアンだった。しばらく食ってるうちにタイのドリアンはもとより東南アジア一帯で取れるドリアンを全品種食ってみたいという思いがムクムクと沸き起こってきて、今回ドリアンフェスティバルが開催されてる間にと、AirAsiaでチケットを取って行ってきた。

George Town

今回はAirAsiaでチケット一人往復4500THB。バンコクドンムアン空港からのフライト時間は約1時間半でタイからは国内移動と同じぐらいの時間で行けるマレーシアのリゾート地。

今回ドリアンが一番の目的でペナン観光は二の次、と思っていたのだが、着いてみるとペナンの静かな街とムスリム、インド人、中国人という個性の強いMix Cultureに魅せられて、半分ドリアンを忘れてほっつき歩いた。

また、ペナンで会話をした全員が英語を話せて言語的にはまったく問題がなかった。ジョージタウンのようなメインの観光地に限らず、観光客がいないBalik Pulauの街中やバスターミナルでバスの番号を聞いたおばさん、バスの運転手もすべて英語OK。これは凄い。Wikiで見てみると昔は英領だったからか約50年前までは英語が公用語だったんですな。今も準公用語ぐらいの扱いで話されているらしい。

ムスリムは勤勉で黙って働き、それでもサービスマインドもあって個人的にムスリムに興味が出てきた。インドネシアやイランなんかにも機会があったら旅行に行ってみたい。

さて、次回以降いろいろペナンでの細々したことを書きます。

インドの運転ルール 2012年08月18日

Untitled
↑ こんなのはまだ全然マシ。

終わるかと思ったがまだあったインドネタ。インドの車の運転について。僕の行ったのはコルカタだが、結構渋滞が酷かった。

インドの運転の不文律として、タイのように対向車線を逆走するようなことはほとんどないが、渋滞時に車と車の間隔がわずか10cm、20cmぐらいまで詰め寄ってくる運転が凄まじい。タイでも渋滞になると、往復2車線の車道が路肩を使って走行してくる車が出てきてだいたい4車線になる。つまり車の車幅で侵入できるスペースが空いていればガンガン突っ込んできてそこにまた車列ができるというもの。そこでインドがすごいのはこの道いっぱいに広がった渋滞の車と車の間隔が10cm-20cm程度しか空いておらずバイクが通りぬけできずバイクも渋滞する、下手をすりゃあ人間だってその隙間が通りぬけできず人も渋滞したりする。人が渋滞する国ってのは初めてだ。

幹線道路や街中の大通りなら多少交通ルールみたいなものはあるが、それほど大きくない道路だとタクシー、リキシャーが好き勝手に走る、飛ばす。バイクは縦横無尽に走る。人はもっと自由に路上を歩きまわるのでカオスである。渋滞時の車間間隔そのままに普通の走行時でもリキシャーなんかは歩行人のわずか20cm横を猛スピードですれ違っていくのでなかなか恐怖感がある。リキシャーの運転手の想定外に一歩踏み出しただけですぐ接触しそうな勢いであります。

僕はタイにほぼ6年近く住んでいるので、アジアンな交通事情はある程度免疫があったが、インドの運転事情は結構びっくりする。日本からいきなり来た人は相当びっくりするだろうな。

コルカタのニュータウン 2012年08月16日

Untitled

さあて、苦しくも楽しかったインド滞在4日間も本日で終了、朝10時から空港に向かう手筈となっておりました。最後の晩は皆それぞれバラバラのホテルに宿泊していたので、Fortune Select Loudonのロビーから市内タクシーを呼び出して空港行こうという話になった。

ホテルの兄ちゃんは空港まで大体500THBぐらい、と言っていた。来たのは真っ白のTATAのセダン。アンバサダークラシックのイエロータクシーと違いエアコン付きだ!タクシー到着と前後して雨も降り出し、エアコン付きタクシーを呼んでよかったねという話をしていた。雨の中窓開けて走行とかもう勘弁して欲しい。そんなのはタイの赤バスでも余るほど体験してるのでわざわざしたいことではないのよ。。。

当たり前の話だが荷物もちゃんとトランクに入れてくれた。しかしなんで到着時のタクシーはトランクに荷物入れてくれなかったんだろう?エアコンが効いて爽快な環境でじりじりとコルカタの渋滞の中をタクシーは進んでいく。

Untitled
↑ 相変わらずのイエロータクシーの渋滞。

Untitled
↑ コルカタの交差点にはタイと同じく信号制御用の小屋が。

Untitled
↑ JW MARRIOTT建設中。あたりはどろどろ。でもまわりに高層コンドも見える。

20分ほどしたところだろうか、いきなり風景が開けた。

「あ、IBMビルだ!」

Untitled

Untitled

IBMのロゴをあしらった綺麗な高層ビルが。そしていきなり広くて、舗装状態もよい道路に入った。周りには中流〜上流向けと思われるコンドミニアムも立っている。なんだよコルカタ、こんなハイソタウンもあるんじゃないか。コルカタ到着時に乗ったタクシーは旧市街の道しか通らなかったのでコルカタの街全体がサダルストリートみたいにどこ行っても煤けてるのかと思ってたらこんな街もあるんじゃないか。オフィスビルやコンドのみではなく、ちゃんとショッピングコンプレックスもちらほらと見受けられる。コルカタの行政は旧市街はもう諦めて郊外を新規開発して外資誘致か?なんか明確に貧乏人とハイソの住み分けがされているというか。。さすがに大陸ですな。そのへんは容赦ない。

うーん、帰り道にこんなものを見せられるのは非常に残念。ぜひぜひ旧市街だけではなく、こちらのニュータウンにも来たかった。中・上流の人の生活スタイルやこちらでホテルとって生活した場合の物価の違いなんかを知りたかった。こういうのを見せられるとまだまだインドの広い国土の中で点でしかない部分を知ったにすぎないと思いますな。しかし、地球の歩き方もなんで旧市街しか紹介せず、こういう現在のインドを紹介しないのか。両方見なきゃあ意味ないじゃん。


View Salt Lake City, New town kolkata in a larger map
↑ コルカタのニュータウンというのは多分このあたり。タクシーで通っただけなので全然不明確ですが。。Salt Lake Cityって名前がまたパチモノ臭い。

というわけで最後の最後にめちゃくちゃ興味を引くものを見せつけられた上での帰国となりました。うーん、やっぱもうちょっとコルカタ見てみたいなという印象。また、、、行くかな??でもとりあえずバンガロールやアグラーやら他の都市にまず行ってみたい。

追伸
コルカタ到着時、サダルストリートまでのタクシーは交渉の末、400Rsとなりましたが、帰りのタクシーはホテルに呼びつけて、さらに結構遠回りをされたにもかかわらず500Rsに届かずのお値段だったのでやっぱ中心部ー空港はイエロータクシーだと400Rsでも高いということなんでしょうな。

以上、インド報告を終わります。

Kolkataで中華料理 Tung Fong 2012年08月15日


View Larger Map

さて、コルカタ最後の晩、晩飯はどうしようかと考えてたら「晩飯、中華行ってみませんか?」という同行者からの連絡。最後の晩なのでインド料理を堪能したいのもあったが、以前からインドで食う中華はエセ中華で、チャーハンがマサラ味だったりする、というのを聞いていたのでそれを見てみたい気もして「いいっすよ。行きますか!」ということになった。

サダルストリートと交差するMirza Ghalibの通りはぱっと見るだけで3軒ほど中華料理屋があって結構激戦区なのかもしれない。その中のPark Streetに近いTung Fongという店に入った。ビールを頼んで数品注文。

Untitled
↑ ワンタンスープ。インスタント丸出しだが、一応ちゃんとワンタンスープの味がしてる。インドでインド料理に四方八方を囲まれた中で食う中華料理はその料理の実力以上においしく感じる。

Untitled
↑ チキンのチャーハン。これもインスタント丸出しだが、ちゃんとチャーハン。米はバスマティライスですな。超長粒米。

Untitled
↑ 来た来た!春巻き。チーズコーン春巻き!こんなん中国にはないって。多分。

Untitled
↑ 最後トリ!これ、なんでしょう?答えはなんと麻婆豆腐 with お肉はマトン。これはだいぶ麻婆豆腐からはかけ離れたお味をしておりました。なんというか豆腐のグレービーソース煮と申しましょうか。ま、そういう名前で出されれば、別に普通の料理かな。ま、別に期待からは外れてたものの全然おいしく食えます。

という、中途半端な中華料理をつまみ、ビールを飲みつつコルカタ最後の夜が更けていったのでありました。

OLY PUB、そして夜のPark Street 2012年08月13日

Fortune Selectにチェックイン後はシャワー浴びて休憩して持ってきたウィスキーなんぞをちびりちびりと飲みながら過ごし、日が暮れて来たので飲みに行こうか?ということになりました。

ちなみにインドは人口のほとんどがヒンドゥー教徒とムスリム。片方は宗教的に酒を禁じられているのと片方も飲酒をよしとしない宗教。なので街中で飲めるところは少ないと聞いていたが、コルカタの街の中ではかなり開けている様子のPark Streetなら昼間歩いていた際にBARやらPUBの看板をいっぱい見かけたので、そこで飲みましょうということになった。

適当に入ったのがここOLYPUB。


View Larger Map

中はインド人客でごった返していた。

DSC_0205

DSC_0212
↑ やっぱりマサラフレイバーのスナック。

DSC_0203

King FisherのStrong(アルコール度8%)を頂戴と言ったら何故かこれを持ってきた。TUBORG STRONG。ちょっとネットで調べてみるとCarlsberg Indiaが2010年に発売した新ブランドのビールみたいっすね。


↑ こちらはTUBORG ZeroのCM。いわゆるノンアルコールビール。インドにもこういうのがあるのね。やっぱ西洋文化に憧れる中流〜上流の若い子達が酒は飲めないけどスタイルとして飲みたがるのかね?

しかし、このCMとは反対にこのOLYPUBの雰囲気がまた、昭和の老舗バー(それもトリス系の大衆バーのイメージ)のような佇まいでやっぱり何か煤けている。こういう飲み屋は個人的に非常に居心地がいいので問題はないのだがコルカタってこんなとこばっかりか?こちらのOLYPUB、ビール飲むならやっぱつまみはチキンティッカだね、と言って注文したが、まあ、バーのメニューらしく、鶏はバサバサの鶏肉でしたな。ま、ないよりましだけど。

その後、夜のPark Streetをブラブラと歩いて帰りましたとさ。

DSC_0200

DSC_0214

DSC_0215

DSC_0219

DSC_0220