タグ: sony

ああ買ってしまった Bose QuietControl 30 2018年02月01日

IMG_5434 2

うーん、年始に Sony の MDR-XB950N1 というノイズキャンセリング付きの割といいオーバーイヤーヘッドホンを買ったのに、やはりデカイ!という理由のもとついつい吉祥寺のヨドバシでインイヤーヘッドホンを眺めていたら買ってしまった。

約 34,000円。チャリーン。

IMG_7333 2

うーん、やっぱり使いやすい。小さいから、冬場家や職場から出ていきなり寒風がピューンと吹いて来てフードを被るのも何も引っかからない。オーバーイヤーヘッドホンではイヤーパッドに押さえつけられていたメガネも自由だし。冬場はいいけど夏場は困るであろうオーバーイヤーと違って簡単だ。最近はしんどくなってきたインイヤーのイヤーチップも高い品物だけあって長時間つけてても耳が痛くならない。文句のつけどころは少ない。というかやはり通勤時のメインはこちらになりそうだ。。。

が、やはり耳全体を覆ってより大きな空間を震わせて音を伝えてくるオーバーイヤーヘッドホンの方が音が良い気がする。はっきり言ってノイズキャンセリングの効きなんかは Bose の方がいいと思うんだが、それでも音を出すと個人的にはオーバーイヤーだなあと感じてしまう。

というわけで家では Sony MDR-XB950N1 で通勤時などの外出の際は Bose QuietControl という二本立てとなりそうな予感であります。。

Bose QuietControl 30 wireless headphones
BOSE (2016-10-28)
売り上げランキング: 1,294

身につける今川焼き Sony MDR-XB950N1 2018年1月04日

IMG_2264

最近映画館で映画をよく見るのでドルビーアトモスとかなかなかいい音環境に慣れてしまったせいで、自宅で映画館のような極上音楽環境を、と思って 7.1ch とかのサラウンドヘッドホンが欲しいなあと思って居た。

そこから色々考えあぐねて結局ノイズキャンセリング付きの下品なぐらいベースが鳴る BT ワイヤレスヘッドホンを購入した。大阪に帰省中に実家近くのヤマダ電機で購入。ソニーの MDR-XB950N1 というモデル。ソニーの EXTRA BASS という製品ラインナップのものでクラブのフロアに立っているような音響を目指して作ったらしい。

確かにこれでハウスやドラムンベースあたりを聞いてるとレイブに行ってスピーカーの真ん前に立って踊っている時のような音の聞こえ方になってくる。そういう系統の音楽を聴く時はちょっと音を調整しないと聞きにくいかもしれない。

そしてノイズキャンセリングの効果は絶大。高周波のノイズはほとんどかき消してくれる。音楽かけずにノイズキャンセリングだけしてる状態なら他の人が呼びかけて来てもうっすら聞こえる。外に出て歩きながらスマホ取り出して曲選んで再生、としてパッと前を見たら目の前に車が居たことも。それぐらい周りの音が聞こえない。

ノイズキャンセリング+音楽かけてたら、かなり孤立感+没入感あり。通勤時に電車に乗って目をつぶってると駅に着いたアナウンスも聞こえないし、ドアの開く音も聞こえない。気をつけないと乗り過ごしてしまう。とはいえ音楽聴くには素晴らしいヘッドホンです。

IMG_5318

IMG_1298

そしてこの見た目。まるで左右の耳に今川焼きくっつけてるような出で立ち。ヘッドホンのパッドの厚さがかなりあるため、耳を全く押さえつけることもなくつけてて疲れないし、音漏れもほとんどないぐらいのソフトな密着。

アップルの AirPods も小さくてとても便利なんだが音の上では好み的にもこっちに軍配が上がります。最近はどこに行くにもこのヘッドホンつけて外出してます。

とはいえ、暑そうだから夏場になるとまた AirPods の権威が持ち直すと思います。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple Computer (2016-12-14)
売り上げランキング: 25

ヘッドホン選びでもんもんしつつ買わずにブツクサ 2016年05月08日

すべての写真-407

つい最近自宅のヘッドホンのイヤーパッドが裂け始めた。

使っていたのはJBLのJ55という有線のオンイヤー型のヘッドホンだけどものの見事にたった1年でイヤーパッドが裂け始めて、そろそろパッドの中のスポンジが抜け出て来そうな勢いであります。

すべての写真-492

確か10,000円程度で買った、ヘッドホンとしては全然安物の部類に入るヘッドホンだけどそれにしたって1年は短すぎると思うなあ。もうちょっと持ってほしいもんです。

とはいえ、このくそ暑いタイの酷暑期にこのヘッドホンつけてるともろもろになったイヤーパッドの皮が耳の周りについたりして不快度マックス!

ヘッドホンなんて使わずインイヤー式のヘッドホンで良いじゃん、という考え方もありっちゃありなんですが、やっぱインイヤーの密閉型と、オンイヤーやオーバーイヤーのヘッドホンだと耳たぶ全体を振るわせて音が入ってくるせいなのか、音楽への没入度が大きく変わのでイヤホンではなくヘッドホンを一つは持っていたいのであります。

でも個人的には、音楽再生装置に大きなお金はかけたくないのでそこそこのお値段でそこそこに音のよいヘッドホンが欲しかったりする。

自分なりの条件を考えてみると、

・出来ればオーバーイヤー(耳をすっぽり包む大きさのもの)、最低オンイヤー。
めがねかけてるのでオンイヤーの長時間は耳たぶが痛くなってくる

・出来ればBluetoothのワイヤレス、ダメなら有線。
やっぱワイヤレスは便利。でもここで金がかかりすぎるなら有線も可。

中華ヘッドホンは選ぶのに情報集めがめんどくさいので、欧米メーカーのものがよい。個人的には、元々オーディオ機器メーカーでもついでに出したドローンのほうが有名になってしまったフランスのParrotのZik2.0あたりが周りに持ってる人も少ないので良いかなとは思うが、これまた高い。日本でも30,000円超え、タイでも15,000バーツぐらいの価格帯。いろんなデジタルな音質補正機能がついていて、デジタルなヘッドホン然としていてなかなか面白いモデル。でも高い。

基本的には10,000円前後、タイバーツだと3,000-5,000バーツぐらいのがいい。

しかし、この価格帯で、そこそこ音よくて、Bluetoothワイヤレス対応してるのってちょっとしかないね。。。一番まともそうなのがSonyのMDR-ZX770BNだろうか。Bluetooth、ノイズキャンセルまでついてる。。でも日本メーカー、かつソニーはやだなあ。。ここ15年ぐらいソニー製品を避けまくって生きてきたのにここでまたヘッドホンでソニーに戻るのはホントやだなあ。。(ミラーレスだけは特例的にソニー持ってますが)

とりあえずいいのが見つかるまではイヤホン使うことにします。。。

Moto X 2014、いい機種なんだけどやっぱりあれがダメだった。 2016年03月03日

IMG_20160306_170652

とうわけでやっぱり自分の気持ちは抑えられず、中古ではありますが、Lenovo買収前のMotorola最後のフラッグシップスマホ、Moto X第二世代を買ってしまいました。

ちなみに現在のメインマシンがNexus6。このNexus6も実はMotorola製。ハードがMotorolaでソフトがGoogleという構成のAndroidマシン。しかも同じ頃に発売されたので見た目もソフトウェア構成もほぼ同じ。違うのはディスプレイサイズとストレージやメモリなどのスペック。ソフトウェアはNexus6は当然Google謹製のAOSP系、Moto Xも基本はAOSP系でMotorola製のユーティリティアプリがインストールされている。

すべての写真-2855

並べてみるとこんな感じ。大きさが違うだけの兄弟機??で、違うのは持ち心地ぐらいだろうなと思っていたが、ひとつ忘れていた大きな問題が。。。

カメラ。

Moto XのSony IMX135というカメラモジュールとMotorola Cameraの出来が気に入らず、このタイミングになってNexus6のSony IMX214モジュールとGoogle Cameraの組み合わせが非常に良かったのだと認識。そういえば数年前に試しに初代Moto Gを買った時もカメラが気に入らなくて売っぱらったっけ。。。忘れてたよ。。。

手持ちサイズもちょうどよく、ほぼGoogle謹製ソフトウェア、そしてMotorolaのユーティリティである Moto Displayもめっちゃ使い勝手良くて素晴らしいんだけどカメラのおかげでこれもボツ、またNexus6に戻りそうな予感。。。

ContaxのZeiss Sonnar 50mm f2.0をNEX6で使う 2015年10月12日

image

From Russia with Love、ロシアからContax RFマウントをSonyのNexシリーズおよびαシリーズにマウントできるようにするアダプタがやっと到着。

ロシア語のテープでぐるぐる巻きにされたら中にはダンボールで包まれたレンズとマウントアダプタが。まあ中古で安かったわけだけど結構傷だらけで可動部分も結構ガタガタしてる。でもちゃんと使えるのでまあいいやというところ。

image

ebayで買った時にマウントアダプタ+レンズという名目で購入して先月実家から持ち帰ったContax IIaについていたCarl Zeiss Sonnar 50mm f2.0のレンズをNEX6で使おうと思っていたが、付属で付けてくれるというレンズは正直どうでもよかった。で、実際に届いたレンズはなかなかひどいもので、レンズは曇りまくってるし、絞りの羽になんかよくわからん針金が絡みついている。それでもちゃんと絞りは完動。こちらも可動部分がガタガタと隙間だらけのひどいもの。これはほっておいてSonnarのほうを使います。

image

image

image

とりあえずうちのじいさんが購入してしばらく使っていたが、僕が生まれる頃にはもう使ってなかったらしいので40年以上お蔵入りの憂き目にあっていたZeissのレンズ。試し撮りは夜だったけど、人を撮ってみると「ああ!」とため息が出る写り具合。デジカメってのはフィルムカメラの質感みたいなものを出すのにセンサーとかセンサーで光を受けた後の絵作りをする画像処理エンジンが大事なのかと思っていたが、ほとんどレンズなのね。てか多分フィルムの質感と思っていた部分ってのは、雑誌やら本に載る写真を撮ったプロのカメラマンが世界標準で使っていたのがZeissのレンズで、僕らが今まで心に深く感動を刻んだビジュアルってのはやはりZeissで撮られていて、実質世の中の写真の世界を作り上げていたのがZeissなんじゃないかと思った。自分の撮った写真がこのレンズだけで数段レベルアップする感覚ですな。やっぱ腕じゃなくて道具か??このレンズはそう感じる。他のレンズとはひと目でわかる絵でした。すごいなあこれは写真取るのがたのしくなる。

DSC02822

DSC02840

DSC02842

ちょっといろいろ撮りたいと思います。