タグ: katsu-curry

Veggie May Homeのカツカレーライスお持ち帰り 2019年11月16日

IMG_20191109_142818

またまたバンコクで有名なVeganレストラン、Veggie May Homeのお持ち帰りメニュー。カツカレーライスとはいえVegan仕様なので当然豚肉は使わずフェイクミートです。たぶんこれもソイミート使ってるんだと思います。

お店で食うとこんな感じ。

IMG_20190509_160656

ちなみにカレールーとスープはちゃんとビニール袋に入れて熱圧着でパッキングした状態で入ってました。これだとたしかにプラの蓋付きカップに入れて持ってくるよりも漏れたりすることは少なそう。(配達のバイタクの兄ちゃんが大概何も考えず飛ばすのでよくこぼれる)MKのお持ち帰りもスープはこの方式ですな。

IMG_20191109_142823

ま、味は当然ながらお店で食べるのと一緒です。最近は宅配が楽でどんどん出不精に拍車がかかります。

久々のVeggie Mayでベジカツカレー 2018年10月10日

すべての写真-7374

仕事でバンコク市内を外出する日があったのでふとアソークにまで帰ってきた時にせっかくだからと懐かしのベジタリアンなレストランで昼飯を食いました。

またまたバンコクのベジレストランに。May Veggie Home 2017年04月29日 – 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

こちらも一年ぶりぐらいだろうか?やっぱり食べるのはベジタリアンなカツカレーじゃー。ソイミートのとんかつとココナッツミルクベースのカレーで満足。ベジとはいえ、カツカレーでボリュームはすごいので腹がいっぱいになって午後が眠くて困りましたとさ。

場所を移動しても相変わらず高架下の定食屋クロンボ 2017年11月28日

IMG_5662

そういえば僕が高円寺に住んでいた12年前にも高円寺の高架下にクロンボというカレー屋?洋食屋?みたいなお店があった。あったんだけど一回も行ったことがなかった。

そして今年高円寺に戻ってきてみて、元の場所にクロンボはなくなってたんだが、駅を挟んで反対側の高架下にお店が移動していた。ちょうど桃太郎寿しのあたりです。

呑む予定のない晩に晩飯求めてフラフラしてたら前を通りがかって試しに入ってみました。やっぱり初めて入った洋食屋ではカツカレー食わなければ!と思ってカツカレーを食いました。うーん安い。580円。なんて安さだ。

上の写真がそのカツカレー。580円というお値段もあってかなり手作り感の強いちょっと薄い目のカツがこれまた泣かせる。笑ったのはカレーの味がめちゃくちゃボンカレー的でびっくり。ていうかこれルーはボンカレーじゃないの?と思ってしまった。ボンカレーって業務用に店舗用に出してたりするのかね??

とはいえ、伝統的な高円寺らしさ(良心的な安っぽさ)のあるカツカレーで、たぶん「男おいどん」なんかを読んだ後はここに食いに来たくなることでしょう。

久々の浪花のカツカレー 2015年11月15日

Katsu-Curry in Bangkok

実に久々に、実に久々にタニヤの日本食屋、浪花に行った。お昼に会社の人たちと食いに行って、昼の定食メニューには書かれていないがオーダーするとちゃんと出してくれる「浪花のカツカレー」

どんなにココイチが店舗を増やしても、2,3軒となりにゴールドカレーが出来ようとも、タイのA&Wで売ってるチキンカレーがカレーソースのかかってる量が驚くほど少なく、どうにもカレーは添え物としか思えない様相であっても、浪花のカツカレーこそ僕のバンコクで一番のフェイバリットカレーであります。

さぼてんやまい泉みたいな異常に柔らかい豚ではなく、どっしりとした噛みごたえのある赤身のとんかつとボテッとした濃ゆいカレー。家庭のカレーを思い出す味であります。

量が多い、という点も数年前までは大きなポイントでしたが、最近はこの量がキツくて残すのが勿体無い感じ。写真ではそれほど量が多いように見えないですが、この皿は結構深い皿なんで量はホントに多い。

このカレーも数年ぶりでしたが、今回も食いきれず。お値段は多分昔からは値上げしてるんでしょうけど今回会社の支払いで食わしてもらったのでお値段確認し忘れました。。。

またしばらくしたら食いに行きたいです。

最近の食生活 2012年10月08日

先日よく行く職場裏のパパイヤという飲み屋で飯を食っていたところちょっと頼んだことのないメニューを頼んでみようということになってキノコのラープ、ลาบเห็ด ラープへットを頼んでみた。

Untitled

これが豚や鶏の油の香りもなく、あっさりとしてとても食いやすく、それでいて辛さ十分、シイタケやエリンギなどの香りもしっかり味わえて中々いいおつまみメニューとなりました。摂取カロリーも低そうでいい。

Untitled

これはパッポン通り中程にある老舗みずキッチンのサリカステーキ(200THB)。この立地でステーキがこのお値段であります。お肉は僕の好みの赤身系。ワッシワッシ血の滴る牛肉の赤身を頬張るのが最高。サラダとパンがついててこのお値段ってのは大したもんです。チョクチャイファームのステーキ屋に行くのがめんどくさい時はこれでいいかもね。ただしお店が相当古く、店内の壁など油を吸ってガビガビになっております。そこだけ気にしなければいいお店かと。

Untitled

朝食の食パン。タイはおいしいパンがないと嘆く日本人の方も多いが、7-11で売ってるこの食パンは値段もお安く味もイケてる。パン1斤17THBであります。タイの食パンはなぜかサイズが小さくスライスがとても薄い。大きさは日本の食パンより2割程度小さいんじゃないかな、また、タイの食パンは8枚切りよりもさらに薄い。しばらく日本を出て日本の食パンなんか食ってないから正確にはわからんけど、多分6枚切りのちょうど半分ぐらいの薄さじゃないかな。まあ、そんなんだから毎朝2枚食うんだが、ちょうど腹にもたれない具合のいい量であります。値段が安くて量も少なめ。コストパフォーマンス溢れる朝食。

Untitled

最後は僕の大好物、タニヤの日本食レストラン「浪花」のカツカレー。これ、普通にランチで食えるんだけどお店のメニューには載っていないので店員に「カツカレー」と堂々と告げるべし。こってりぼってりっしたカレーにこれまた脂身の少ないカツが乗り、カツをワッシワッシ食いながらカレーとご飯をかき込む。幸せの一瞬。レストランのなんとか風カレーとかレトルト系ではなく、自炊のこってりカレー系が好きな人にはとてもおいしいカレーだと思われます。

最近また浪花も値上げがあった模様で、このカツカレーが200THB。ついに200THBの大台に乗ってしまった。でもうまいっす。