タグ: ems

Bang goodでの買い物、DHLの落とし穴 2017年01月19日

DHL cornfield

あるものを中国のオンラインショッピングサイト、Bang goodにて購入。タイで購入しようと思えば出来ないことはないが、イマイチ大手通販サイトのLazadaが信用ならないので海外から個人輸入。

Bang goodでは二つの物品を注文。メインの品物は早く手にしたいのでExpedited ShippingというBang Good曰く5~8日で到着するという有料オプションをつけて、もうひとつのアクセサリは別に遅れても問題ないのでAir Parcel Registeredで。要はこれ、AIR便のトラッキングナンバー付き。とりあえず早く着かなくてもいいけど、今荷物がどこにあるのかぐらいのトラッキングはしたい。オプションだが、費用的には非常にお安い。

で、本命の品物がアクセサリと同じタイミングでBang goodを出荷されたが、DHLに配送が引き継がれて香港の倉庫に行ったきりステータスが全然動かない。。

その反面、ただのAIR便のアクセサリ品は香港の空港、タイの空港をポンポンと経て今日家に到着。AIR便ではあるが注文から7日で到着。めっちゃパフォーマンスいいじゃないか。

A package from Bang good.
↑ Bang goodの名前はどこにも書かれていなかった。

10倍近くの送料を払ったDHL配送の本命はまだ香港。。

ネットを検索してみたらどうもOnePlusのオンラインショッピングサイトでスマホを購入した人も同じようにDHLでストップしていたりと、どうやらBang goodではなくDHLが問題のよう。。

アクセサリだけ来てもどうにもならんがな。。タイはお役所である郵便局が何気にしっかりオペレーションしてくれるので下手にDHLみたいな民間に出さなくても十分早くて安全かな。。

次回からDHLはやめてEMS配送オプションにします。。

90日レポート郵送手続きの返送が来た 2016年12月27日

image
↑ 返送用の封筒には次回に使うための新しい申請用紙も同封されていた

前回90日レポートのオンライン申請のエラーの謎をいろいろと考えてみて結果闇の中ということにしておいたが、自分にも90日レポートを申請しないといkないタイミングがやってきました。

タイ在住者の義務、90日レポートのオンライン申請 2016年08月29日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

が、このところ仕事が忙しいのもあって、オンライン申請やってまたドツボにハマり、チェーンワタナのイミグレに行く以上に手間がかかったりすると嫌なんで確実な方法を取りたいと思った。

で、手間をかけずに確実に90日レポートをこなすにはやはり郵送らしい。

郵送で手間を省く! イミグレの90日レポート | タイ・バンコクのDACO

手順はこのDACOのページの通り。何も難しいことはない。気をつけることとしたらパスポートのコピーで、

・顔写真のページ
・最新の入国スタンプ
・TM6の入出国のカード
・入国に使用したビザのページ
・ビザを延長しているならもともとのビザから現在使用している延長分のスタンプが押されているページ(まで順に辿れるように)

のコピーを取れば問題ないはず。

自分はバンコクからコンケンに飛行機で移動する際にドンムアン空港の郵便窓口でA4封筒で発送。発送にEMSのトラッキングナンバー付きで送って37バーツ。そして返信用封筒に必要な金額の切手を貼って、と言ったら窓口の兄ちゃんは16バーツ分を貼ってくれた。(DACOのウェブには10バーツと書いてある)。なので費用合計は53バーツ。

image

本来10バーツでいいのかもしれないけど、16バーツで切手を貼ってあったからか返信封筒もEMSで送られてきた。

肝心の申請のタイムラグは、13日に送付、14日にチェーンワタナのイミグレに到着している、そこから処理完了、返送が27日となっているのでほぼ二週間かかっている。返送は27日だったが、90日レポートの処理は22日に受理されていて、次回の90日レポート申請期限は3月22日となっていた。

とりあえず自宅にプリンタ複合機があってコピーが取れる状態ならオンライン申請より確実だと思います。残念ながら僕も次回以降やはり郵送を使うかな。

ORIENTAL FA’sさんとこのChiangrai Coffee 2015年02月16日

image

家ではめんどくさくてしばらくストップしていた豆から入れるコーヒーだけど
前回にRoots Coffeeに行って豆を買ってきてから結構おいしいコーヒーにはまり、最近はまた毎日飲んでいる。前回日本から遊びに来てくれた元同僚が成城石井で買ってきてくれた浅煎りのコーヒー豆もうまいし、ちょっといろいろ試してみたくなって前々から知っていたが手を出していなかったORIENTAL FA’sさんとこの
Chiangrai Coffeeを2パック注文。

これも浅煎りで挽かずに豆ままを2パック。シッピングの素早さがすごくて金曜日の晩にウェブサイトから注文して月曜日の昼前に会社に戻ったらもうチェンライからEMSで荷物が届いていた。素晴らしい。ただ単純に箱に詰めて送っただけでなく、コーヒー豆だから注文届いてからローストしてるらしいけどそれを含めて月曜日に届いたってのが凄いですわ。

image

梱包も綺麗ですな。特段珍しいものはなくタイの郵便局の標準の箱を使ってるけど、ちゃんと会社のロゴを張って丁寧に梱包されてるのがわかります。素早いシッピング、華美でなく必要最低限だけど丁寧な梱包、今更ながらではありますが最近自分もeBayでモノを売り始めてるのでこういう梱包なんかが今の自分には勉強になったり。

肝心のコーヒー豆は浅煎りだからか、ローストしたての新鮮なんだからか、豆が非常に柔らかくハンドミルでとても挽きやすい。それだけでなく、柔らかいから豆をポリポリかじってみても香りが良くて味もよい。以外とコーヒーって豆のまま食べてもうまいのね。

晩飯食った後でもうすでに22時とかになっていたけどコーヒー入れて飲んでみる。どうもボキャブラリーがなくて細かい味の説明が上手にできないんだけれども、浅煎りなんで飲み口軽くておいしい。ちょっと職場用にドリップバッグのやつも購入しようかしらん。

チェンライコーヒー 日本米 ご自宅まで直送 ORIENTAL FA’S

タイ郵便EMSトラッキングアプリ 2014年09月06日

Evernote Camera Roll 20140909 002608

彼女の実家にインターネット回線を導入して上げるためとりあえずPocket WiFiを買いましたが、月曜日になって会社に出社してPocket WiFiをSilom ComplexのPost Officeから発送。イサーンのヤソトンまでEMSで二日間で届くとの事。費用169THB。EMSなんで荷物のトラッキングコードがついていて、Webとかで荷物の配送状況を確認できます。

んで、ふと思い立ってiPhoneでApp Storeを検索してみたらやっぱりあった、タイ郵便局のiPhoneアプリ。EMSで荷物送った際に貰えるトラッキングのコードを入力するとアプリで荷物の配送状況が確認できる。まあこのへんはWebでもトラッキングできるからまあ大したことないけど、このアプリは配送のステータスが変わるとプッシュで通知を送ってきてくれる。

サービスマインドの表れなんでしょうけど、EMSでプッシュ通知なんて要るか??プッシュで通知来て欲しいのは送り先に配送される10分前とか、まさに「今から行きますよ!」ってタイミングで、それに合わせて玄関に出ていきます、みたいな使い方になるかと思うけど、配送ステータス変わるタイミングって最後の客に荷物手渡した後にハンドスキャナーで伝票のバーコード読み取るか、なんか打ち込んだ時だろうから、タイミングってずれてしまうように思うんだが。。。

昔からタイの郵便局は他のお役所よりも基本サービスがしっかりしてて結構高評価だった。こういうスマホアプリをリリースしてるところも世の流れに出来る限りキャッチアップしようとしてるということか。ただまあプッシュまでは要らないな。これぐらい付けておかないとWeb上でのEMSトラッキングと差別化要素がない、って考えもわかるんだが。。。

NIKKOR AF 28-85mm f3.5-4.5D が来た 2014年05月22日

Nikon 50mm f/1.4 AF-D Lens
“Nikon 50mm f/1.4 AF-D Lens” photo by Harshit Sekhon

Flickrに上がっている自分の好きな写真が以下のような奴です。

DSC_0514
“DSC_0514” photo by Алексей Streltsov

DSC_0102
“DSC_0102” photo by Алексей Streltsov
オリジナルの3872x2592pxとかの画像を見れば綺麗なのがようわかる。

色合いとかがなんとも昔の銀塩写真に近いというかあまりうまく表現できないですが、いい写真と思うんです。んで、こういう写真を撮れるようにしたいと思ったらどうしたらいいのか?てっとり早いのは同じ機材を揃えるということですな。

今の手持ちのD3100に次のレンズは何を買うかと考えていたところ、これらの写真はD80+Nikkor 28-85 f/3.5-4.5Dで撮られているとEXIF見たらわかるので最初はカメラのほうのD80を買えばいいのかと思ってたけど実はそうでなくてレンズのほうが肝なんじゃないか?と考えてeBayなどを見てみるとこのレンズ安い。60USD-100USDで売ってる。1990年代製造のレンズですな。でもまた今持ってるカメラでオートフォーカスの動かないレンズが増えてしまう。。

それでもまあ、もう何も考えずeBayでポチリとしました。レンズ代金が約2,000THB。実は出品者は日本人。日本からわざわざタイまで送ってもらうのに、国際EMSで送料が約900THB。全然お安い。ただ、カメラのレンズなんて通関の時にTaxかけられそうで非常に心配。。。中古価格2000THB程度のものを新品に近い値段(ちなみに新品が売られていた時は600USD程度だったそうな)で判断されて膨大な関税かけられやしないかとちょっとひやひや。以前、日本に一時帰国した際に忘れたiPodを小包で送ってもらったら、中古品輸入と勘違いされていくら自分のだと説明しても聞き入れてもらえず結構な額の関税を払わされた嫌な思い出がある。。。

そして送られてきたEMSのトラッキングコードで荷物を追ってたら、、今日到着!21日にポチッとして、22日に発送されて、24日の今日到着。さすがEMS。国際便でもめちゃくちゃ早い。あ、でも「保管」ステータスになってるな。。。家に帰ると紙切れが一枚届いてました。。。

import tax

ああ良かった、レンズの価格が2500THBになってる。関税125THB、VAT(付加価値税、消費税みたいなもん)184THBで合計309THBのみ。プラスこの関税通知書の送付が20THBの郵便料がかかるとのこと。これぐらいなら問題なし。十分安い。郵便局は日曜日は休みなので月曜日に取りに行ってきます。

さらにこのレンズの型番でFlickrを検索するといい絵ばっかり出てくる。期待大。

Roof Adornments 4
“Roof Adornments 4” photo by Bob Hawley

Fisherman 1
“Fisherman 1” photo by Bob Hawley

Drying Fish 4
“Drying Fish 4” photo by Bob Hawley

あ、全部同じ人のだ。。

Gear Review | Nikon Nikkor 28-85 f/3.5-4.5 | Everyday Elements
Обзор Nikon AF Nikkor 28-85mm 1:3.5-4.5