タグ: au bon pain

au bon painのベジサンドがひどい 2019年02月18日

Au bon painでベジタリアン対応のメニューがある!と思って頼んでみたものの、なんだか145THBとかええお値段ついてるのに品物がかなりやる気のない代物でちょっと困ったというお話。

「Vegetarian Caprese」というベジタリン向けのサンドイッチなんですが、、、

IMG_20190225_170342

とある店舗で食ったときは、アンティパストみたいなソースにレタスやらトマトやら玉ねぎやら挟んだだけのサンドイッチ。145THB、うーん。。。

IMG_20190227_121634

また他の店舗で食った時。。。 ん??

IMG_20190227_121631

レタス1枚とトマトだけ??これで145THBか。しかも店舗によって中身が違うというなんとも脱力してしまうメニュー。これはもう頼まないかな。。。

タイテイスト?サンドイッチ? 2013年05月26日

IMG_20130525_113314

先週末は久しぶりにタイに進出してるアメリカ発のカフェ au bon pain にて昼飯を食う。そしたら新メニューでタイのご当地メニューみたいなものが新しく出来ていた。「タイスパイシーチキンラップ Thai Spicy Chicken Wrap ไทยสไปซี่ชิคเก้นแร็พ」であります。

最近はタイの食事というか、純粋にタイのものに限らず和洋折衷というか、タイの場合だから泰洋折衷みたいな食べ物が結構好きだ。ただ、以外にこういうジャンルのメニューって品数が多くない。日本の場合だと、たらこスパだの、酒盗クリームチーズだの、日本の食材や日本の味付けを洋食と組み合わせたおいしいメニューがいろんなジャンルのメニューで目白押しではありますが、タイの場合まだまだ少ない。

そんな中で、このタイスパイシーチキンラップも面白そうだったので食べてみた。

IMG_20130525_113601

お味のほうはチキンハムとサラダと、店員のお姉ちゃんは「トムヤムテイスト」って言っていたけど、どちらかというとタイのチリソース(シラチャーチリソース系)の味がするんだが、辛さはほとんどなくて白人とかも食いやすいかも。まあ、可でもなく不可でもなくという無難な味でした。

以前も言ってたんだが、タイのトムヤムテイストのハンバーガーなんか、多分うまくやればすんごい美味しいものが作れる気がする。特に、サンドウィッチはベトナムのバインミーというアジア、ヨーロッパ折衷、「亜欧折衷」の素晴らしいプロダクトがあるからあれを見習えば絶対美味しいものはできるはずである。

それをやらないのはタイ飯というのは米と食うのがうまいのであって、パンなんかに乗せて食ったってうまいはずがない、などと思ってたりするんだろうか??確かに二次大戦中に周りの諸外国は欧米列強に植民地化された中で独立を保ってきたタイの教育や文化的な方針として西洋のコーヒーやパンなんかよりタイの地場の食事のほうがもっとも素晴らしいのである!というようにドメスティックな文化の評価を内々にどんどん高めていったおかげでこういうアイデア系の洋食を織り込んだアイデアメニューみたいなものが中々ブレイクしないということもあるのかもしれない。

ちょっくら

タイ式バーガー:ガパオバーガーとかナムトックバーガーとかクワクリンバーガーとか
タイ式サンドイッチ:ガイヤーンサンドイッチやトムカーガイサンドイッチとか

あたりを今週の週末あたりにうまくできないか自分で作ってみます。。うまく出来たらまた報告させて頂きます。。。

快適な読書環境? 2013年03月05日

Cafè amb llet
“Cafè amb llet” photo by Rafel Miro

最近ダイエットの流れで禁酒を始めたが、その結果晩にいろいろなことをやる時間が生まれた。それで本を読んだり、勉強したりとStarbucksやAu Bon Pain、はたまたタイのチェーンカフェDoi Tungなどに夕方から晩にかけて出没するようになった。この時間のカフェというのは中々居心地がよく最近のお気に入りであります。

大体、周りの同僚でもそうだが「夕方以降にコーヒーなんて飲んだら寝れない」なんて人が結構多いのと、呑んべな輩たちはこの時間絶対にカフェなんかには立ち寄らず飲み屋に行く。だから圧倒的に夕方のカフェは空いてる。その中でもちょっとお値段高めのカフェに行けば実に空いていてソファががら空きだったりするので靴脱いで贅沢に足を投げ出してコーヒー飲みながら本を読んだりできるのであります。比較的静かで気になる日本語も聞こえない。会社で本を読むのもいいんだがどうしても日本語の会話が聞こえて来て話の内容にかかわらず気になって気が散ってしまう。なので耳栓したりして本に集中しようとするのだが、夕方のカフェなら大丈夫。(しかし、好きな事に集中するにもそれなりに準備が必要になるというこの状況。。。これも年から来るものなんだろうか。。。)

カフェに居てても、携帯、iPadは常に持ち歩いていて常にオンライン、FBやLINEになんかメッセージが入ればすぐにNotificationがなる状況でこれは家に居てても同じ状況でなんか家と環境が変わるのかというとほとんど変わらない気がするんだが、なんでか知らないが家でなくてカフェに居てるほうが集中できるのが不思議である。ちゃんとこの集中できる理由を解明して家でも同じ状況を作りたいんだが皆目その理由がわからない。同じようにカフェに行ってるほうが集中できるわ、と感じてる人って居ます?

スターバックスコーヒー―豆と、人と、心と。 (THE BRANDING)
ジョン シモンズ
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 134,271

Au Bon PainのChicken Ceasar Wrap 2012年06月18日

さすがau bon painは大体どんなパン食ってもうまいのう。au bon pain、名前を見たらフランス系かと思うけど実はボストン発症?八丁?発祥のカフェチェーンみたい。知らなかったけど日本にも進出してるのね。

んで、以前に書いたCream of Mushroomもうまいんだけど、このChicken Ceasar Wrapもうまい。お値段は135THBもするけどうまいんだ。香ばしい大きなチキンがゴロリと入っていて昼飯にも晩飯にも結構十分なぐらいのボリュームがあって素晴らしいんだごちそうさま。wrapだからもちもちしたロティのような皮に具が包まれてんだけど、もちもち過ぎて臼歯に皮がもっちゃり詰まったりもご愛嬌。

Au bon pain の Cream of Mushroom soup 2011年11月09日

タイは戦前、欧米列強の支配を直接的には受けてなかったのと、そのタイ自身の文化を尊重する教育の中で、ベトナムやラオスでフランスパンやコーヒーを飲む文化が浸透して行ったのに対し、米食を好み、コーヒーを飲む文化もほとんどなかったようです。

だがしかし、もう今は普通にスターバックスもあり、オフィスワークな人たちは朝、昼とみな好んでコーヒーを飲んでおります。そんなバンコクで数あるチェーン系のカフェの中でフランス系の

au bon pain (おーぼんぱん、と読む)

があります。ここはコーヒーもスターバックスほどではないけども結構お高い店ですが、注目すべきはフードメニュー。写真のようなブレッドボウル(パンの器)に入れたスープを出してくれる。写真のものはCream of Mushroom。濃厚なホワイトソースのマッシュルームスープがたっぷりこってりとパンの中に入っているのであります。 Continue Reading